関西学院大学体育会サッカー部女子チーム official blog

2009年11月関学女子サッカーチーム設立。現在部員数22名!部員大募集中!!16'秋季リーグ1部6位。

目標内容とテスト期間の練習

2016年01月31日 | 2016
新3回生の中村未波さんから引き継ぎしました、
総合政策学部新2回生の石淵萌実です。

今年は1年間を、春リーグまで、春リーグ中、秋リーグまで、秋リーグ中に4分割し目標を立てる方針になりました。そのうち春リーグまでの期間のチーム目標は「ダイレクトプレーの徹底」です。ダイレクトプレーでリズムをつくることは、パスサッカーにおいて必要な要因の一つです。私たち関学女子サッカー部は、パスサッカーを軸にしており、そのために自分達にいま何が足りないのかを考えて、ミーティングでさらに月目標を立てています。

1月の目標は「パスを受ける準備」でした。
ただパスを受ける準備といっても、そのためには周りをみる、ボールを受けに行く姿勢、体の向き、タイミング、フットワークを軽くしいつボールがきてもワンタッチめで決めれるようにする、など挙げだしたらきりがありません。このように自分達で掲げる目標を熟考し実践していくことは簡単なことではなく、練習中でも意見の違いでプレーが合わなかったり、イメージの共有がうまくいかないことは多々あります。しかし、今はまだ山を登り始めたばかりです。必ず失敗はあります。それでも、自分と仲間とサッカーと真摯に向き合い、インカレという現時点での頂上に辿り着くために、チームの可能性を広げることだと信じで毎日一歩一歩やっていきます。(Step forward)

そして、1月24日でのミーティングでは、2月の目標として「先のプレーを予測して動く」に決まりました。
頭を使ったサッカーを追求してやっていきたいです。


また、1月14日から28日のテスト期間中の練習では、「ハードワーク」というフレーズがよく挙がりました。つまりは、関わり続けること。1人がサボればパスコースは限定され、相手にハメられ、連携は難しくなります。1人1人が1.1人分のハードワークをすれば、12人目のプレーヤーを作り出すことができます。トータルフットボールという言葉があるように、攻守共の意識を持って、流動的にチームがプレーできたら良いと思います。
ハードワークをし続けるというのは難しいことです。でも苦しいのは全員一緒で、苦しい時にこそがんばれる選手、チームを鼓舞できる選手になりたいです。


2月からは、練習場所が西宮浜に変わります。これはOBさんを中心とした方々のサポートのおかげです。今与えられている環境が当たり前ではないということ、常に感謝の気持ちを持ってこれからも取り組んでいきたいと思います。


次は、新4回生主将のたむさんです!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新年の活動

2016年01月24日 | 2016
伊藤千央から引き継ぎました、総合政策学部 新3回生の中村未波です。

新年のご挨拶が遅れてしまい申し訳ありません。
2016年もサッカー部女子チームの新しい歴史を刻むことができるように、また、応援したい、応援してよかった、と思っていただけるチームになれるように、日々の活動に一生懸命取り組みます!
本年も、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。

1月6日に初蹴りを行い、2016年の活動がスタートしました。

初蹴りでは、久しぶりの全体練習ということもあり、良い意味でいつも以上に盛り上がり、サッカーを純粋に楽しむことが出来ました。
新年最初にふさわしい活動となり、2016年、良いスタートを切ることが出来たかと思います。

今月から、目標の設定方法について新たな試みが始まりました。
去年までは、最終目標に向けた、ディフェンス面、オフェンス面それぞれの長期間の目標と、集合時に皆で決める毎練習・試合の目標を掲げ、日々の活動を行っていました。
今月からは、
インカレ出場・勝利という最終目標から逆算した、春リーグまで・春リーグ中・秋リーグまで・秋リーグ中という4つの中期間での目標と、それを達成するための月ごとの目標を、定期的に全体ミーティングを行い設定することに決まりました。
また、毎日の目標を決める制度は廃止して、集合時には、前日に出た反省を振り返ることに重点を置くことになりました。
1月の目標は、1月10日に行ったミーティングで、新4回生がいくつか候補を挙げ、それについて全部員で意見を出し合い絞り込み、決定しました。
一日一日前進(Step Forward)し続けられるように、今月も次月以降も、全部員で時間をかけて決める目標を、全部員で責任を持って意識し続けたいと思います!

次の担当は、新2回生の石渕萌実です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加