鹿児島の自然と食

鹿児島の豊かな自然(風景、植物等)、食べ物、史跡を紹介します。

石抱きガジュマル

2009-05-19 | 巨樹・古木
奄美大島の奄美市住用町です。
住用川と役勝川が合流する河口に、マングローブ原生林が広がっています。


海側から見たもの。
このときは干潮で、広大な干潟が広がり、メヒルギなどのマングローブがあります。


湾の南側の道路を東(太平洋側)へ行きます。
道路脇に、石抱きガジュマルというガジュマルの木があります。


石を包み込むようにして根を広げているガジュマル。


別の角度から。


さらに東へ行くと、奄美市重要史跡の山間権現があります。
中世末期まで、海賊の見張り所を設けたところと言われます。
また一説には、壇ノ浦の合戦で敗れた平家一族が、源氏の襲来に備えて番所を築いたところとも言われています。
明治以降は、出征兵士の武運を祈願するところとなりました。


山間権現から湾の出口を望む。


さらに東へ行くと、湾の出口付近にトビラ島があります。
『鹿児島県』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 日木山宝塔と加治木島津家墓地 | トップ | 山田の史跡巡り(1) »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ガジュマル (momomama)
2009-05-19 18:34:03
沖縄で見ましたが キジムナーがいそうでした。
本当に妖精や木魂が棲んでいるようです。
ロマンチックです。。

それに比べ・・・???
住用川と役勝川・・・なんだか現実的な名前ですね。

私 花でも鳥でも 名前をつけるのは人間だし
名前は気になるんです。


平家の落ち武者がひっそりと
暮らすのには とっても美しい場所でよかったですね。
落人伝説 (chiro)
2009-05-19 20:51:09
このガジュマルは、大木と言うわけではありませんが、石を包む根が網の目のようで、珍しいです。

住用川と役勝川・・・
考えませんでしたが、そういえば現実的な名前ですね。
名前には、人間の思いや背景が込められますからね。

平家の落人伝説は、あちこちにありますが、奄美大島にあるとは思いませんでした。
宮崎の山中にもありますが、こちらはいかにもそんな雰囲気です。
ガシュマル (原人)
2009-05-21 05:13:39
いゃー、このくらい強く抱きしめる女性がいたらなー!!
石に恋したガジュマル?かな。
絞め殺し (chiro)
2009-05-21 08:57:19
原人さん

ガジュマルとかアコウは、絞め殺しの木とも言いますからね。
こんな石に絡み付いているうちはいいですが、遺跡に根が侵入して、破壊することもあるそうですね。

コメントを投稿

巨樹・古木」カテゴリの最新記事