南の国の会社社長の「遅ればせながら青春」

50を過ぎてからの青春時代があってもいい。香港から東京に移った南の国の会社社長が引き続き体験する青春の日々。

永遠の清純派、ヴィヴィアン・チョウの結婚

2009-01-07 18:08:33 | HONG KONG
香港の永遠の清純派アイドル、ヴィヴィアン・チョウ(周慧敏)
が、1月5日の月曜日、香港島の自宅で結婚式をしたそうです。
上の写真はその時のものですが、ヴィヴィアン・チョウは90年
代に活躍した香港の歌手で、90年代後半から芸能活動を控えて
いました。当時は一世を風靡したアイドルなので、芸能界から
遠ざかった今でも根強い人気を誇り、41才になった今でも、
「永遠の清純派」としてマスコミに注目され続けています。



さてこのお相手の男性は、作家兼ラジオDJのジョニー・ニー。
じつは19年もつきあってきた末の結婚なののですが、これがまた
ジェットコースターのように破局と結婚宣言を繰り返してきた
お騒がせカップル。昨年末、ジョニー(44才)が女子大生の
ミッフィーちゃんと浮気をしていたのが発覚、怒ったヴィビアン
はジョニーに愛想をつかし、破局宣言。すぐに泣いて謝り、復縁
をせまるジョニーの真剣さにヴィヴィアンは心を開く。昨年、
12月18日の突如の結婚宣言。破局とラブラブを繰り返すこの
カップルには、マスコミもあきれ果てておりました。

ジョニーは、このため昨年は香港一の「最低男」とまで呼ばれる
栄冠を勝ちえました。ヴィヴィアンのほうも、せっかくの美貌と
名声がありながら、なんでよりによってこんな最悪の男と付き合
うのかということで非難の的になっておりました。

それが、この1月5日の結婚式。何かかなり焦った感じで、
「やっちまったなー!」(クールポコ風に)的状況ですね。
これは、このままではすまされない、このジョニーという男は
絶対にまた浮気事件を起こし、このカップルは遠からずして
離婚となるのではないかと確信している人も多いのだと思います。

さて、このヴィヴィアン・チョウ、この人のことは日本では
あまり知られていませんが、90年代には日本の雑誌にもちら
ほらと取り上げられたことはあります。
たとえばこのスーパージャンプの表紙、

これは1997年のもののようです。またこの年、I want to see
youという意味の日本語のシングルCDも出したようですが、
これはYou Tubeには見当たりませんでした。

じつは、私が1997年にシンガポールに行った頃、たまたま
見つけた彼女のCDの写真を見て、香港にはこんなに素敵な
人がいるのか、とびっくりしてファンになったのでした。
彼女の曲の中では、北京語で歌ったデュエット曲の『流言』
というのがとくに好きでした。この曲です。
http://jp.youtube.com/watch?v=CIHFbSNOA1Q

ヴィヴィアンは1967年11月20日生まれの21才。
My Wifeは、1968年5月生まれなので
ほぼ同年代のアラフォー世代。ウィキペディアを見ると、
90年代後半にカナダに移住し、それをきっかけに一切の
芸能活動から引退したと書かれていますが、じつは2003
年に香港に戻り、いろいろと活動をしていたのですね。

2004年から香港資生堂の広告キャラクターに起用されます。
それが香港だけでなく、アジア向けのキャラクターとなり、
何年も契約更新されています。こちらがその広告の一つ。



この広告見た事があったんですけど、まさかこれがあの
ヴィヴィアン・チョウだとは思わなかったです。しかし、
90年代に高校生の間で絶大な人気があったという彼女は、
まさにリバイタルのターゲット層をがっちり押さえている
わけで、マーケティング的には見事な選択といえるのでは
ないかと思います。しかも彼女は、「永遠の清純派」と
言われるだけあって、40を過ぎてもその美貌は健在。
まさに、アンチ・エージングですなあ。

この広告以外にも、パンテーンとかその他いくつかの広告
キャンペーンで起用されています。この人のことをもっと
詳しく調べたいかたはこちらのサイトをおすすめします。

こちらは英語と中国語ですが、情報満載です。
http://www.vivianchow.info/

またこちらは、オフィシャルウェブサイトです。最近の
雑誌記事や、広告の写真もいっぱい出ています。
http://www.vivianchow.asia/en-us/home

みなさん、ヴィヴィアン・チョウをよろしくお願いいたします。

コメントを投稿