パソコンカレッジ スタッフのひとりごと

パソコンスクールのスタッフが、
初心者から上級者まで役立つ情報をお伝えします。

Windows 8.1 Preview レビュー Part-6

2013-07-11 08:33:53 | Windows 8.1 Preview
「Windows 8.1 Preview」では「Internet Explorer」は「11」になっています。



しかし、IE11だと色々と不具合が出ています。

↓の画像は「Yahoo! Japan」ですが、レイアウトが変です。



そして、こんな記述が・・・



「Yahoo! Japan」でも、まだIE11に対応していないんですね。
まぁ、まだ正式版ではないですから仕方がないですが・・・


当ブログでも不具合があります。

↓の画像では「マップ」の地図が表示されていますが、



IE11では、地図が表示されません。




その他にも、「Windows 8.1 Preview レビュー」の記事は「Windows 8.1 Preview」の
PCで書いてアップしていますが、画像のアップロードができません。

↓のエラーがでます。



「Windows 8.1 Preview」のOS自体は割と安定していて、大きな不具合もなさそうですが
IE11はダメですねぇ。



次回につづく・・・



(ケン)
コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Windows 8.1 Preview レビュー Part-5

2013-07-10 15:00:17 | Windows 8.1 Preview
今回は「Windows 8」と「Windows 8.1 Preview」のエクスプローラーの違いについて書こうと思います。


まず、↓のキャプチャ画像をみてもらえばすぐに気が付くと思いますが、
今までの「コンピュータ」が「PC」と言う名前に変わっています。



「PC」を開いたウインドウですが、今までの「ライブラリ」のフォルダが「フォルダー」と言う
名前で加わりました。



タスクバーの「エクスプローラー」アイコンを起動しても「PC」と同じウインドウが開きます。




次に「ユーザー」フォルダを開いた時の画像です。



まず、ここに「SkyDrive」と言う「オンライン・ストレージ・サービス」のフォルダが加わりました。

「SkyDrive」については、下記サイトをご参考に。

Microsoft SkyDrive - Microsoft Windows

特集:まだ知らない人のためのSkyDrive入門 - @IT


また、「マイミュージック」や「マイピクチャ」が「音楽」「画像」と漢字に変わりました。
それに、「マイドキュメント」が「ドキュメント」に戻ったりと・・・

Microsoftは何でOS毎に呼び方をコロコロ変えるんでしょうかねぇ。

インストラクターのmihoりんも生徒さんに教えるのに、「OS毎に呼び方を変えないで欲しい!」って
嘆いていましたよ。



次回につづく・・・



(ケン)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

分かりやすい地図を作成する(Word2003)

2013-07-09 11:18:32 | ワード
生徒さんからの質問を取り上げます。

地図に集合場所や細くの情報を書き込んで友人に送りたいとの事です。
今回は、Wordを使って作成してみます。
なお、Word2003を使って解説します(古いバージョンですみません。。。)

さて、地図ですが、手っ取り早くYahoo地図を使わせていただきます。GoogleMapでもかまいません。

◆地図画像をワードに貼り付ける

ブラウザを立ち上げて、目的の地図を表示したら、ハードコピー(画面のキャプチャー)します。
方法は簡単です。キーボードの右上の方に「Prt sc」あるいは「PrintScreen」と書かれたキーがあります。
このキーを押します。
押しても画面に何の変化もありませんが、ご心配なく。
※ノートパソコンや一部のキーボードについては、Fnキー(ファンクションキー)と一緒に押す必要がありますのでご注意ください。



次に、Wordを起動します。(先ほどのブラウザは閉じても閉じなくても構いません。)
この白紙の文書に分かりやすい地図を作成していきます。
「編集」→「貼り付け」とクリックします。
これで、キャプチャーされた画面が画像として貼り付きます。




これで、第1段階完了です。

◆トリミングをする

次に、この画像の余分な部分、つまり上端のアドレス部分や左端の文字情報を削除していきます。この作業を「トリミング」といいます。

トリミングをするためには「図のツールバー」が必要です。
画像をクリックしてください。画面のどこかに「図のツールバー」が表示されます。

もし、表示されない場合は、画像を右クリックしてください。
メニューが表示されます。その中に「図ツールバーの表示」があります。
それをクリックすると画面のどこかに「図のツールバー」が表示されるはずです。





それでは、トリミングを始めます。
「図のツールバー」の中にある「トリミング」をクリックします。
マウスの形状が変わります。




手始めに左端の文字情報部分を削除しましょう。
画像の左の辺の中央にある黒い■ハンドルにマウスをぴったりと合わせます。
そして、左ボタンを押したまま右方向に移動してください(ドラッグといいます。)
マウスから指を離すとトリミングされます。





必要に応じて四方をトリミングしましょう。
トリミングが終了したら、「図ツールバー」の「トリミング」ボタンを再度クリックして解除しておきましょう。(画像以外をクリックしても解除できます。)




◆画像のサイズ変更をする

トリミングをすると、その分画像が小さくなります。
トリミング後の画像のサイズを変更して大きくしましょう。
画像の右下角にマウスを合わせると斜め矢印に形状が変化します。
その状態で、右斜め下方向にドラッグすると、画像のサイズを大きくすることができます。






◆図形を挿入する前に設定を変更しておく

さて、この地図画像にオートシェイプ(図形)を追加してみましょう。
早速・・・と行きたいところですが、ここで作業しやすいようにワードの設定を変更しておきます。
「ツール」→「オプション」とクリックします。





表示されたダイアログボックスの「全般」タブをクリックします。
「オートシェイプの挿入時、自動的に新しい描画キャンパスを作成する」のチェックを外します。
画面下のOKボタンをクリックしてこの画面を閉じます。





◆「図形描画」ツールバーを確認する

仕込みが完了したところで、図形を追加します。
今回は赤い○を追加してみましょう。
ワード画面下に「図形描画」ツールバーがあることを確認します。
画像の赤枠で囲まれたツールバーです。





もし「図形描画」ツールバーが表示されていなかったら、
「表示」→「ツールバー」→「図形描画」とクリックすれば表示されます。






◆地図画像の「テキストの折り返し」の設定を「前面」にしておく

そうそう、図形を追加する前にもう一つやっておくべきことがありました。
この地図画像の「テキストの折り返し」の設定を変更しておきます。
でないと、図形がうまく地図画像の上に乗っかってきません。

「図」ツールバーの「テキストの折り返し」をクリックすると一覧が表示されます。
ワンちゃんの絵のボタンですよ。
一覧の中から「前面」をクリックします。(まあ「行内」以外ならどれでもいいような気がします)







◆丸い図形を追加する

「図形描画」ツールバーの中の「楕円」をクリックします。
地図画像の任意の位置でクリック、もしくはドラッグします。
Shiftキーを押しながらドラッグすると真ん丸な円を描画できます。

なお、この丸い図形のサイズを変更したい場合は、外周にある丸いハンドルに矢印を合わせてドラッグしてください。
また、位置を変更したい場合は、この図形のど真ん中をドラッグしてください。





この状態では、白で塗りつぶされた円です。赤く塗りつぶしてみましょう。
「図形描画」ツールバーの中の「塗りつぶしの色」をクリックします。
色パレットが表示されます。
その中から赤色をクリックします。すると赤く塗りつぶされます。
※別に何色でも構いません。好きな色に塗りつぶしてください。






◆テキストを追加しよう

今度は、文字を追加してみます。
文字を追加するには「テキストボックス」を使います。
「図形描画」ツールバーの中の「テキストボックス」をクリックします。
地図画像の任意の位置でクリックするかドラッグするとテキストボックスが追加されます。
カーソルが点滅するので、文字を入力してください。






文字を入力したら、テキストボックスのサイズを変更して見た目良くしておきましょう。
テキストボックスの外枠にある白い小さな丸をドラッグするとサイズ変更できます。





どうでしたか?
やってみると意外に簡単だと思いませんか?

忘れずに、任意の名前で保存してくださいね。それではまた。



だい
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Windows 8.1 Preview レビュー Part-4

2013-07-05 08:35:27 | Windows 8.1 Preview
「Windows 8.1 Preview」にして、私はまずセキュリティソフトインストールしようとしました。

とりあえず、無料のセキュリティソフトをダウンロードしてインストールしようとしたら、
↓のメッセージがでて、インストールできません。



違うセキュリティソフトではどうかと思い、他のソフトをインストールしようとしても



インストールできません。


ネットで調べてみると「Windows 8.1 Preview」に、セキュリティソフトをインストールできないらしい。

また、「Windows 8」にセキュリティソフトをインストールした状態で「Windows 8.1 Preview」
にすると、セキュリティソフトが正常に動かないみたいです。

さらに調べてみると「Windows 8」から「Windows Defender」に「Microsoft Security Essentials」 と同レベル
セキュリティ対策がされているそうです。

WindowsWindows Defender と Windows SmartScreen でウイルスやその他のマルウェアに対処する - Microsoft Windows

しかし、「Windows 8」ではセキュリティソフトのインストールはできるんですよね。
その代りインストールしたセキュリティソフトとの競合を防ぐため「Windows Defender」は使えなくなります。

↓が「Windows 8.1 Preview」の「Windows Defender」を起動した画像です。



ちゃんとウイルススキャンなどしてくれているみたいです。

「Windows 8.1」の正式版ではどうなるんでしょうかね?
このままでは、セキュリティソフトのメーカーから苦情があると思うんですが・・・



次回につづく・・・



(ケン)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Windows 8.1 Preview レビュー Part-3

2013-07-04 13:41:02 | Windows 8.1 Preview
今回は昨日の記事にコメントいただいた、「起動時にデスクトップを表示させる」方法です。


タスクバーで右クリックして、「プロパティ」をクリックします。



「ナビゲーション」タブをクリックします。



↓の画像の赤枠の「サインイン時にスタート画面ではなくデスクトップに移動する」に
チェックを入れ、「OK」をクリックします。




これでサインイン後にデスクトップ画面が表示されるようになります。

ただし、サインインからデスクトップ画面の表示までに多少時間がかかりますが。



次回につづく・・・



(ケン)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Windows 8.1 Preview レビュー Part-2

2013-07-03 09:01:47 | Windows 8.1 Preview
さて、今回からは「Windows 8」と「Windows 8.1 Preview」との違いをレビューしていこうと
思います。

だいぶ以前からネットで噂になっていた「スタートボタン」の復活ですが、一応「スタートチップ」と
言う名前で復活しました。
しかし、「Windows 7」までの「スタートボタン」とは機能が違いますが。

↓の画像の赤枠が「スタートチップ」です。



クリックすると「スタート画面」に切り替わるだけですが、右クリックするとメニューが現れます。
ここで注目は「シャットダウン」の項目がある事です。

これで、今まで面倒だったシャットダウンが簡単にできるようになりました。




次に「スタート画面」も少し変わりました。

↓の画像の赤枠の矢印をクリックすると、「すべてのアプリ」に移動できます。



「すべてのアプリ」にも同じ矢印があるので、これをクリックすると「スタート画面」に戻れます。




そして、チャームの「設定」→「パーソナル設定」で「スタート画面」の背景をデスクトップ画面の
背景にする事ができるようになりました。

↓の画像の赤い矢印のところをクリックすると「スタート画面」の背景もデスクトップ画面の背景と
同じになります。






これらの変更のうち私が良いと思ったのは、やはり「スタートチップ」からシャットダウンや再起動ができるようになった点ですね。
これだけでも使い勝手がかなり良くなりました。



次回につづく・・・



(ケン)
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Windows 8.1 Preview レビュー Part-1

2013-07-02 14:22:00 | Windows 8.1 Preview
今年の後半(10月頃)に「Windows 8」の改良版「Windows 8.1」がリリースされるみたいですね。
6月27日から「Windows 8.1」のプレビュー版がリリースされたので、早速インストールしてみました。

今回から数回にわたってレビューしますね。

この「Windows 8.1 プレビュー版」は「Windows 8」に対してOSの上書きインストールをするようなもので、
「ダメだったらすぐに戻す」ということはできないので、インストール時には注意して下さい。

私は、余っていたSSDに交換後「Windows 8」をインストール、その後「Windows 8.1 Preview」に
アップデートしました。

余っていたSSDには「Windows XP」がインストールしてあったのですが、「Windows 8」の
起動時に「Windows ブートマネージャー」が起動してしまうと言うトラブルが。
これは、自力が解決しましたが、後で解決法を説明しますね。

それでは、簡単にインストールの方法を。もっと詳しく知りたい方はネットで検索すれば
画像付でかなり詳しく解説してあるサイトがありますので、そちらもご参考に。


まず、下記サイトから「更新プログラム」をダウンロードします。

※↓のキャプチャ画像はOSが「Windows 8」で、アクセスした時のものです。
他のOSだと「更新プログラムの入手」と言うのはありません。

Windows 8.1 Preview のダウンロード - Microsoft Windows



「更新プログラムの入手」をクリックすると「Windows8-RT-KB2849636-x86.msu」がダウンロードされます。
ダウンロードした「Windows8-RT-KB2849636-x86.msu」をダブルクリックしてインストールします。



再起動後、「Windows ストア」から「Windows 8.1」のプレビュー版をダウンロードしてインストール可能になります。



「ダウンロード」をクリックするとダウンロードからインストールまで行われます。





何回か再起動され、各種設定が終わるとインストールが終了します。

↓の画像は「Windows 8.1 Pro Preview」のブート画面です。熱帯魚の画像に変わっています。



ちなみに↓の画像は現行の「Windows 8」のブート画面です。




最初に書いた、起動時に「Windows ブートマネージャー」が起動してしまうと言うトラブルですが、
Cドライブ直下に「boot.ini」ファイルが残っていて起動時にこれを読み込んでいたみたいです。

ちなみに、XPまでは「boot.ini」ファイルで「ブートマネージャー」の編集ができましたが、
Vista以降では、ブート構成データ (BCD) が使用されていてコマンドプロンプトで「bcdedit」コマンドを
使わないと編集できません。

残っていた「boot.ini」ファイルをメモ帳で開いて見てみると「回復コンソール」の記述が残っていました。
これが「boot.ini」ファイルが残ってしまった原因かな?

「boot.ini」ファイルを削除して再起動すると「Windows ブートマネージャー」が起動する事もなく
正常に起動しました。



次回につづく・・・



(ケン)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ある年度時の年齢が知りたい

2013-07-01 13:43:34 | エクセル
みなさんこんにちは。

今日も生徒さんからの質問を取り上げましょう(*^_^*)

生徒のYちゃんは今、Excelを一生懸命お勉強しています。

先日はDATEDIF関数を使って、"今日現在の満年齢"を求めるレッスンをしました。

ちなみに、DATEDIF関数とは

ある期間内の日数や月数、年数を求めてくれるとても便利な関数です。



しかし実は

Excelの関数ではなく、ほかのアプリケーションとの互換のために用意された

陰の関数なので、関数の一覧には表示されません。

でも、すべて手入力すれば使用できますからね(*^_^*)

みなさんもぜひ覚えてください。




さて質問はというと・・

「先生、私の会社の社員さんの年度満年齢を計算したいんですが・・」

年度満年齢?ですか・・

えーっと、たとえば今年度末時点での年齢が今わかればよいということですか?

「あーそうそう(*^_^*)そんな感じです」

「・・・あれ? そうゆうことなら・・・もしかして・・」

うんうん、やってみて(*^_^*)

「こおゆう考え方でいいのですか?」



うんうん いいんじゃない?

「ではやってみますね(*^_^*)」



「数式ををコピーして」



「先生、できちゃいました」

よかったですねっ(*^_^*)

そうなんです。ポイントは「年度末時点での年齢」ということなんですね。

mihoりん



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【おすすめ】

パソコン買ったらまず入れる10のアプリ