パソコンカレッジ スタッフのひとりごと

パソコンスクールのスタッフが、
初心者から上級者まで役立つ情報をお伝えします。

Windows8.1で回復ドライブの作成

2014-11-14 10:26:51 | Windows 8 ・ Windows 8.1
Windows8.1からは今までCDで作っていた「システム修復ディスク」をUSBメモリで作るように変わりました。

まずは手順です。

コントロールパネルから「ファイル履歴」をクリックします。



「回復」をクリックします。



「回復ドライブの作成」をクリックします。



「次へ」をクリックします。



「次へ」をクリックします。



「作成」をクリックします。





「完了」をクリックします。




これで「回復ドライブ」が作成されます。

使い方はCDで作っていた「システム修復ディスク」と同じですが、USBメモリからのブートになります。


「回復ドライブ」を作成したUSBメモリは空き容量があれば、通常のUSBメモリと同じように使えますよ。




(ケン)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【おすすめ】

パソコン買ったらまず入れる10のアプリ