見習い百姓のつぶやき

宮仕えも一段落、半農半Ⅹを本格化。農的暮らしとさまざまなⅩを悩んで、楽しんで一歩づつ。

へえ、ムジナ!!~何ともスゴイ一日

2016-02-22 22:07:26 | 自然農業

 今日は、いや、も?スゴイ日でしたね(*^^*)その代わり、何やらミイリもすごそう。
 仕事やり過ぎ、いろいろ起こりすぎで刺激多すぎ!の一日。



 そもそもは、シイタケの榾木の伐採と竹伐り、の予定でしたが、榾木は、やっぱり時期は秋か!ということで諦め今秋に。まずは竹伐りですが、ことのほかエネルギーを使ってしまい、明日から筋肉痛?状態。
 この竹切り山の隣に梅の木、しかも、写真にちょうどいい開き加減。3部くらいでしょうか。雲の広がるお天気でしたが、ちょうど鱗雲?鰯雲?と絶妙の取り合わせ。
 竹伐りをした杉林に、何やらかわいい赤い実がひっそりと。なにやら、マンリョウというらしい。


いやはや、贅沢
 そして、竹伐りと出しが終わって杉林の下の道路でお茶。美味しいハーブティー。
 ここって、王禄の黄金の井戸のすぐ近く。
 水も良し、ロケーションも良し、お天気も良し。体には適度な刺激。いやはや、贅沢ですね(*^^*)

 あっ、いつの間にやらお昼!
 帰ったら、注文していたエンドウ豆が届いていました。
 種子消毒してなくて、今時でも蒔ける、で探しました。
 いつもの野口種苗で日本絹鞘豌豆、在来種のようです。

情報は伝わったかな?
 そそくさとお昼を済ませ、先日、種蒔きできるよう仕込んでおいたいまみやの圃場に。
 「アナスタシア」に書かれていた方法で種を蒔きました。
 愛おしく、愛おしく感じながら。でも、裸足はちょっぴり冷たい。

 エンドウ豆って、本当は、11月に播種なんですが、作業に追われていて種まきを忘れちゃったんですよね。
 播種期はきちんと守ることってあったんですが、2月3月でもというのを頼りに、黒マルチとトンネルで保温。どうなんだろう。いやきっと大丈夫。


へえ、ムジナ!!
 種まきが終わって、国庁跡周辺をウォーキング。
 お天気もいいし、風もそこそこ。ツグミもあっちにもこっちにも。
 歩いていると、国庁跡でそそくさと歩く?走る?動物発見。ありゃりゃ?狸?にしては前のめり。ひょっとしてアナグマ?アライグマ?慌てて携帯を取り出してパチリ。へえ、ムジナ!!いや、一緒!

 もう少し歩いて意宇川の川土手、いつもは岸辺から慌てて逃げだす水鳥たちが今日はいたって静か。
 な~んだ、今日は対岸の岸辺にたむろっています。
 おっと、面白いものを発見!ヌートリアの夫婦でしょうか、2匹が川から上がったりまた川に入ったり。

 帰って日が暮れるまでお百姓仕事。
 何ともスゴイ一日。本当にお楽しみさま!でした(*^^*)

コメント