見習い百姓のつぶやき

宮仕えも一段落、半農半Ⅹを本格化。農的暮らしとさまざまなⅩを悩んで、楽しんで一歩づつ。

機織りが自己完結する地域に~第7回 新庄の部屋

2018-11-19 18:30:52 | 新庄の部屋

 いずれの道も、究めようとすると奥が深いものですね。
 特に、古来から受け継がれている我が国の伝統技術の奥深さは、本当に誇らしく思えるものです。
 しかし、その誇るべき伝統技術も経済化、効率化の波に飲み込まれてその継承が困難になり、消えゆく技術の何と多いことか。

機織り作家・矢野まり子さん
 昨日は、第7回新庄の部屋、ゲストは、全国に数人しかいないという繭から糸を紡ぎ、染色、機織りまで一人でこなしてしまう機織り作家の矢野まり子さん。
 美道師・中山ひろみさんとのトークは、時間を忘れて予定を遥かにオーバー、それもむべなるかな。
 養蚕こそしないものの、繭から糸を紡ぎ、紡いだ糸を撚り、稲わらを燃した灰で煮る、自分でデザインをし、山に入って染色に使う草木を採集してきて糸を染め、それを織る。


機織りが自己完結する地域
 これは面白くて深い!という話がてんこ盛りですが、未来に向けての彼女の夢だけ紹介しますね。
 それは、この地域で機織りの物語が自己完結する地域にしたいという壮大な夢。
 絹織物産業で地域が選択し盛んだった養蚕は、今は完全に途絶えてしまい、その他の工程に関わる産業も殖産しなかったためにほぼないに等しいが、紫根や茜を苦労に苦労を重ねて作り始めた方がある。

 それが彼女の夢に火をつけた?かどうかは定かではありませんが、伝統産業の灯は消せない、そして、地域の未来のために、機織り産業が自己完結する地域を作りたいという熱い思い。
 今、それに呼応しようとする熱い女性たちが現れ、紫根や茜も土地の深いエネルギーを得て、自然農業で素晴らしい品質のものができるのではないかとの夢。
 それが可能になるとすれば、後は養蚕に関わる難事業と後継者問題でしょうか。
 後継者は、機織りもですが、支える百姓仕事に情熱と誇りが持てる、そんな変わった若者?

広く深い機の世界
 話を聞いていると、まり子さんの織った反物で仕上がった着物の光沢の見事さや、草木で染めた糸の奥深い味わいと相まって、恍惚としてしまいそうに思える、いや、そんな世界を眼に認められそうな参加者の皆さんの表情、本当にステキなステキなお話会でした。
 そうそう、灰汁で煮だした絹糸、近代化学のお陰を被ったものと全く違う、それは染めも一緒なんですね。
 人の手をかけるということは、人の思いが必ず乗っかっていく、意識が全てのことを成す根源とするならば、手をかけただけ、思いを込めただけ深く素敵なものができる。

 写真の中央下に映り込んだ染色された糸たち、こんな素敵で深い色が出るんだ!
 機の世界、広く、どこまでも深い。

コメント (1)

かぐや姫たちの月まつり~新庄の部屋・特別企画

2018-10-24 21:59:11 | 新庄の部屋

 昨夜は13夜、生憎のお天気でしたが、それでも雲間を割ってちゃんとお月様が顔を出してくださいました。
 そりゃそうですよね、新庄の部屋・特別企画“13夜かぐや姫たちの月まつり”だったんですから。

 主催者でもないのですが、行きがかり上執事役を全うしなくてはならない、そんな身にとっては冷や汗の連続、最初から最後までドタバタな月まつりでしたが、姫たちの温かく鷹揚な心持のお陰で、そこも含めて楽しんでくださった様子、感謝、感謝でした。

 その姫たちの月まつり、姫たちは皆さんあでやかな着物姿で異空間。
 主催者のお一人から、竹筒で蝋燭の灯りを準備せよとのお達し、当日の昼に竹きりと加工、そして、蝋燭の加工、蝋燭って、ロウを流すのはごく簡単なんですが、芯を設置するのは至難。
 そんなこんなの執事の仕事に追われて、本番の時間になだれ込み(^^;;

 それでも、エネルシアさんのインディアンフルート演奏(残念ながら、ドタバタしていて聞かずじまい)と、深い深い出雲族に関する歴史のお話(これも途中からで悔やみきれません)に感動のさざ波。
 そして、美味しいお酒とお料理、そしてそしてのサプライズ!お料理を楽しみながら、日本髪が結いあがるのを垣間見させていただきました。
 中山さんの手にかかると、自毛と糸引き、びんつけ油でさも簡単そうに結上がって行きましたが、髪結いの亭主とのことばがあるように、髪結いって大したものなんですよね~。

 また、中山さんの日本舞踊を楽しませてもらい、その上、のりちゃんのお召替え、ヒェ~~!!なんと、ステキな振袖で再登場したではありませんか。
 姫たちの目線が熱い熱い!もちろん、殿方の目線はもっと熱い!
 日本髪を結った美和さんも大正時代の振袖と、とても艶やかな振袖を羽織ると、これまた~!殿方目線は危険水域。

 美和さんが選んでくださった月にまつわる島根の地酒、池月と月山、そして、貢物で届いた幸の縁と美味しいお料理の数々に舌鼓、舌の廻りも良くなること良くなること。
 最初から最後までドタバタでしたが、本当に気持ちのいい皆さんのお陰で、とても和やかでとても楽しく、月との深い交流もある何とも不思議な一夜が更けていきました。

コメント (3)

魚も畑も秋本番

2018-10-10 18:45:47 | 新庄の部屋


 昼過ぎまで雨、やってしまいたい畑仕事は後回しにして、気になっていたアジゴ釣り。
 1時間半ほどですが、どうやって食べる?というほど釣れてしまい、、、
 へえ、中海でも釣れるんだ!あっ、半数は、こちらではほとんど食べることのないママカリ。

 今夜は、これで一杯。
 お酒が美味い!と舌鼓の予定(*^^*)

畑も秋本番
 釣果を我が家に降ろし、畑の様子見に。
 いよいよ畑も秋野菜の収穫シーズン、またまた忙しくなりそうです。


①大納言小豆も順調のようです。やはり、風が通るって大切ですね。
②ヤブツルアズキも収穫時期を迎えています。ただ、今年は相当刈り取ったなあ。
③青大豆も黒大豆も、枝豆での食べ頃を迎えました。まいう~~!なんですよ。
④今宮ではコスモスが満開!畑のあちこちに蔓延るがごとく。
⑤条件が厳しいので、虫食いだらけですが、マコモタケもできました。
⑥種蒔きして育てている大きい実を選抜したヤブツルアズキも色づき始めました。
⑦この雑草の中ですが、健気なものです。

 

コメント (2)

和気あいあいでヒンメリ作り

2018-10-02 17:21:54 | 新庄の部屋

 第4回の新庄の部屋、小人数でしたが、和気あいあいのヒンメリ作りのワークショップでした。
 一度勝本さんを講師に作ったことがあるので、てっきり同じものを作るんだろうと思っていたら、な、な、なんと、こんな手の込んだものだったのか(@@
 そんなことなら、一緒にやるんだった!って。


 せっかく、来てくれた皆さんですから、サツマイモの時期でもあるし、試し掘りをして持って帰ってもらおう、少なくとも芋づるはあるだろうからと取り掛かったのですが、、、
 ここまで苦戦するとは(>< 苦戦のもとは、竹と近くに植わっている木の根っこ。
 たった4株だったのに、大汗をかいた上に筋肉痛の予感、そして、肝心の芋はというと、弦と葉っぱは凄いけど、ここまで悲惨だとは。
 弦がえしもできなかったしなあ、この夏のお天気もあるんだろうなあ(^^;;

 来た方に持って帰っていただけたお芋はというと、申し訳にみそ汁の具程度、ただ、芋づるはあったので、しょうがない良しとしなきゃ、、、

 皆さんが作られたヒンメリは左上の写真のもの、下にクリスタルを吊るしたり、房をを吊るしたりすると、おう!これは~~~!!
 また、会場となったサロンには、勝本さんの作られた素敵なヒンメリの数々や思わずスゴイ!って声が出てしまう写真、写真のテーマに合わせたお人形屋小物などを飾っていただき、勝本さんのメルヘンワールドの一端を堪能させていただきました。
 右上の鳥の置物で小鳥が入っているのは本物の鳥の巣、いやなかなか~~!


 最後の仕上げは、お茶とケーキ、お茶は僕の畑のフレッシュハーブ、ケーキは蕎麦のガレットに僕の畑で作った者たちが大活躍するケーキで、中山さん作。
 大歓声が上がり、話も一段と盛り上がり、気が付けばあっという間に予定時間をはるかにオーバーでしたが、とても和やかで笑顔があふれる集まりでした。

コメント (3)

メルヘンワールドにワクワク~「第4回 新庄の部屋」

2018-09-20 22:47:28 | 新庄の部屋

 じっとしていると肌寒さを感じるお天気でしたね。
 それにしてもこの変化、あの酷暑はつい先日だったような。

 そんな今日、10月1日の「第4回 新庄の部屋」のゲスト・勝本さんが打ち合わせに来てくださり、会場の下見や材料の下ごしらえなどについて打合せ。
 また、お願いしていた写真のデータも届けてくださいました。

 その写真、帰りがけに写真屋さんに寄ってプリントさせていただきましたが、思った通り、勝本さんのメルヘン世界が垣間見えるステキな作品ばかりです。
 やっぱり~~!これは圧巻!!!という作品もあるので、ぜひお楽しみください。
 また、勝本さんのメルヘンワールドの入り口が紹介できたらと思い、ちょっぴりご持参くださいとお願いしましたが、さて、どんな異空間になることやら、今からワクワクです。



 「第4回新庄の部屋」の詳細は、下記の通りです。

美道師・中山ひろみさんの「新庄の部屋」、第4回・10月のゲストは、メルヘンの世界で時を過ごし、伝染させる天才!?とも思える勝本修子さん。

勝本さんを講師に、「光のモビール」とも言われ、フィンランドの伝統的なヨウルトイというお祭りに使う装飾品「ヒンメリ」を作ってみませんか?
あなたが作ったヒンメリにクリスタルガラスを吊るせば、ステキなステキなサンキャッチャー。たちまちお部屋が妖精ワールドに!

 ◇日 時 2018年10月1日(月)13:30~15:30
 ◇場 所 Blooming出雲(松江市新庄町146)
 ◇参加費 1,500円(ティータイム付き)
 ◇定 員 12名様(お申し込みは 090-7895-9418 三島まで)


勝本修子さんのプロフィール
松江市西生馬町でシュタイナー関連商品、ライアー、ウォルドルフ人形関係、ドイツ、ヨーロッパの木の商品を扱う夢のような“トライアングル”に遊ぶ。
隠れ家のようなお店で、普段はご存知の方が予約でいらっしゃるお店ですが、クリスマスには、にぎやかに「トライアングルのクリスマス」を開催。
子ともが小さいときにウォルドルフ人形の特集を雑誌で見て、キットを取り寄せ、本を見て一生懸命作ったお人形は娘の大切なお友達に。学校に行けなくなった時もいつも一緒。
このお人形を若いお母さんに伝えたいという思いが湧き上がり、正しいお人形の作り方を学び2010年に講師となり、現在に。さまざまなメルヘンワールドで遊び、伝えるのを喜びにしている。

コメント (3)