見習い百姓のつぶやき

宮仕えも一段落、半農半Ⅹを本格化。農的暮らしとさまざまなⅩを悩んで、楽しんで一歩づつ。

あろうかな、いやあるんですよ

2017-04-30 18:44:45 | 日記

 そんなことあろうかな、いや、あるんですよ(*^^*)
 平飼いで飼っているところも、薄いブルーの綺麗な玉子も見たことあるんですが、そうか、あれが“アロウカナ”だったんだ!
 広島の方なんですが、アロウカナ原種メス5羽、烏骨鶏純粋種メス1羽を飼ってくださる方を探していらっしゃいます。

 アロウカナ、世界で唯一青い卵を産むチリ原産の鶏、卵は栄養価も高いとのことで、値段も高い筈です。
 飼っている方は大の鶏好きですが、体調を崩されて一部を手放したいとのこと。
 連休の最後に松江の親せきに来る用事があり、その時に持参すると仰っています。あっ、無料で良いとのことですよ~ヽ(^o^)丿

雇われ大会長
 午前中、雇われ大会長(^^;; ~へえ、そんなことがあるんだ!てなものですが~の久々の仕事。
 恒例となっている高齢の方、いや、シルバー世代のソフトバレーボールの大会があり出かけました。
 自分では全く心得がないし、もう現役でもないしとお断りしているんですが縁切りしていただけません。


 ただ、「寝たっきりより出たっきり」何ておっしゃる選手の方がありましたが、全国あちこちで開かれる開会に参戦したり、日ごろの練習で出てばかり、そんな元気な姿に出会えるだけでもいいか。

 午後は夕方まで畑。サツマイモと落花生を植えるための畝づくり。
 ついでに自然薯の植え付け。苗が干からびてるけど、ちゃんと芽が出るのやら(^^;;
 あと、ゴボウとカボチャに水やり。
 ゴボウの双葉が開き始めています。

コメント

くうのパンで超贅沢ランチ(≧▽≦)

2017-04-29 21:37:59 | 自然農業

 今日のランチは超贅沢(≧▽≦)
 テーブル代わりのベンチに落ちた菜花を拾って口にしたら、ガリッ!ときましたが、お構いなく(^^;;

国庁跡で超贅沢ランチ
 家で作業をしていたら、11時(@@
 慌てて飛び出し、ゲットしたい日本酒“開春 純米 石の顔”の置いてある店に向かって走っている途中、あっ、そうだ!今日は東風の蕎麦!店があるんですよ、途中に。
 蕎麦屋には準備中の看板。酒屋さんで話してたらすぐじゃん!と思って行ったら、祭日でお休み(><

 てなことで、蕎麦屋の開店を20分以上待つより、当初の予定通り全粒粉のこだわりパン屋の“くう”に。
 ここでは、予定通りゲット!畑に到着する頃にはもうちょっとでお昼の時間。
 ということでしたから、最初に畑の下見とのらぼう菜と絹サヤエンドウを摘み、ランチの場所にゴ~!場所はいつもの出雲国庁跡。洗っていませんが~(@@ 持参のゆず入りドレッシングをからめていただきま~す!


やらなきゃいいのに、公園の一角、草刈り、そして
 くうのパンと摘んだばかりの特製サラダを食べながら、あっ!そうじゃん。
 明後日は、ワイワイサロンの皆さんの植えたジャガイモの芽欠きと土寄せ作業。ついでに里芋の植え付けなんですが、元気な子どもさんも来る予定なので、そうだ!ここで作業の後のお茶だ~~☆☆!
 出雲国庁跡の公園、広いからいくら走っても大丈夫!ってことで、お茶予定地の草刈りをチャチャっと。

 みたいなことをしながら、強風で剥がれかけのビニルマルチの重しに使う竹切り、昨日の薬草園のことが頭をかすめてついついやりすぎ。終わってその竹でマルチの始末。
 小麦を植えた畝周りの草刈り。おっ!畝間に敷いた大豆の残渣からいくつもいくつも本葉がでています。気が早い連中ですが、後作予定の大豆に土寄せする頃には枝豆で食べれる?とか思って残して草刈り。
 場所を取っているカボチャ苗の第2陣を植え付けし、のらぼう菜、白菜の菜花を摘み、絹サヤエンドウを収穫していたら、あれれ、もう4時をかなり回っています。最後に、ちょっぴり草取りで今日の作業は終了!

 畑の作業は尽きることがありません。
 手を抜くことはできるけど、行ってみるとあれもこれも、ついついやることが目につくんですよね。
 まあ、楽しんでやっているからいいか~ヽ(^o^)丿

コメント

エネニア薬草園で竹と格闘

2017-04-28 21:50:48 | 持続可能社会

 里山の竹林の惨状、知ってはいましたが、ここまでなんだよなあと改めて心が痛みました。

ハーレム、実は男手は一人
 エネルシアさんにお声をかけていただき、“畑作業ワークひみつの薬草園づくり”にお邪魔してきました。
 作業は半日、ここらに小径を作りたい、ここらに小屋、ここには竹の長椅子と骨だけの屋根を作りたいんですけど、お好きなことをしてくださいね、って言われたんですが、、、

 今日も、ハーレム状態ではあるんですが、裏を返すと男手は一人ということでもあり、、、
 ここで竹林に繋がるんですが、エネルシアさんのエネニア薬草園の隣は竹林なんですが、全く手が入っておらずに荒れ放題。だから、竹は進出してくるは、雪で折れたのが覆いかぶさってくるは・・・
 ですから、薬草園のそこかしこに竹の切ったのや竹の枝などが置いてあるんですね。しかも、進出した竹がのさばっている。好きにしてくださいと言われても(^^;;


全国の最前線、エネニア薬草園
 小屋や椅子や屋根づくりのためには、ただ一人の男手でもあるし、先ずは竹の始末をしなくてはと、そのあたりのことから始めたものの、結構手強い。
 休憩もそこそこに、作業再開。ふ~~っ、これは、エネニア薬草園だけじゃだめだ!
 心地い薬草園のためには、お隣の竹林の整備が不可欠ですよね。という状態の場所って、全国に山ほどあるんですよね。松江の市街地の際のようなここでもそうですから、押して知るべし。

 食用になる竹は中国から持ち込まれ、生活を豊かにするために各地に移されて竹林が形成されたのですが、過疎化とともに耕作放棄の畑が増え、竹林や山の荒廃が進む。
 そして、管理されなくなった竹はどんどん繁茂し密林のような竹林になるばかりではなく、テリトリーを広げて森を席巻し森の荒廃も進んでいく、そんな最前線にエネニア薬草園もありました。
 自然は人の手を入れなければ、心地よい自然に帰るものと思っていましたが、何かの本で、一度手を付けた自然は、人の管理がないと荒廃するばかりだと読んだ記憶があるのですが、やはりそうかも。

 エネニア薬草園、やり残した!って思える仕事がいっぱい。
 自然を相手にどれほどのことができる訳でもありませんが、一度縁した場所ですから、何度か通って、そこに生えている植物たちも、そこで自然と交流する人も、心地よい場になるお手伝いがしたいものです。

コメント

コシアブラで99%の敗北

2017-04-27 20:57:19 | 教育

 これ、コシアブラじゃないのか!?初めて見た(*^^*)帰りに写真に収めて帰ろう!
 午前中、ツワブキを採りに行ってふと見上げると、それなんですね。
 コシアブラの苗を買ってきて畑に植えたんですが、早く会いたい会いたいと思っていたので、野で発見してすごく嬉しくなりました(≧▽≦)

 その上、こんなに絢爛豪華なアケビは初めて!もうちょっと楚々と咲いていたようなんだけど、、、
 それにしても、この可笑しな花がどうしてあんなアケビの実になるのか、それもとても不思議です。
 もっとも、アケビの花を見たのは去年が初めて。そうに違いないと写真を撮って帰って調べると、まさしくそうでした。こういうのって、とっても嬉しいものです。


 で、今日のツワブキ、所期の量をさっさと採らせていただき、景色を眺めたりそこらの草や木を眺めながらフラフラしていると、おっと!これって山ウドじゃありませんか!と言っても、初めて見る山ウド。
 念のために書くんですが、口には入っていませんし、予定もありません(^^;;
 そんなこんなしながら、帰りにコシアブラの写真!と思ってファインダーをのぞきながら、あれ?この葉っぱ、行く時見たのとイメージ違うぞ!5枚に分かれてるはずだけど。

 そのコシアブラだと確信していたコシ君らしきものの写真を撮りながら、よく見ると、あれ?実が付いている。
 しかも、この実って、よく見てるぞ!ちっちゃなイチジクのような実、、、
 よく観察すると、コシアブラの葉っぱとは似ても似つかないぞ(@@ もうこの時点で99%の敗北を認めていたのですが、帰って調べてみると、やはり違ってた!これ、イヌビワと言うんですね。
 まあ、このイヌビワも食べられるらしいから、それでよしとするか~(^^;;

コメント

クスリの講演会とアシスト講座のご案内

2017-04-27 19:24:33 | 持続可能な医療・福祉
クスリの講演会と病気やけがのためのアシスト講座のご案内です。

これまで何度か開催してきたクスリの講演会を、初めて出雲市で開催することになりました。

心の病や発達障がいなどに処方される、向精神薬等への依
存や、副作用による自死など、副作用を伴うクスリの在り方、使われ方が大きな社会問題になっています。クスリの影響の大きさや、食事の改善などによって依存体質から脱け出した事例などを学び、医療やクスリに依存しない生活習慣を一緒に考えたいと思います。

また、市民の人権擁護の会の断薬施設、台湾のナルコノンなどで、断薬の苦しい離脱症状を緩和するためサポートの柱の一つとして取り組まれている「病気やけがのためのアシスト」。
古来、わが国でも病気やけがに「手当」と言われる原初的な対応方法がありましたが、「アシスト」は、体や心の機能に則った手技といえるかもしれません。
講演会終了の後、同会場で講演者の小倉謙さんを講師に、ナルコノンなどで取り組まれている手技・手法を学ぶ講座です。お時間の許す方はぜひご参加ください。

◆◇◆◇◆◇ クスリの講演会 ◆◇◆◇◆◇

◇日 時 2017年5月14日(日)10:00~12:30
◇場 所 出雲市民会館 301会議室
◇定 員 120人
◇次 第
 一、基調講演「向精神薬等の影響について」  小倉  謙 氏
 一、基調講演「危険!食卓はミネラル不足」 国光 美佳氏
 一、両氏によるトークセッション...
     (参加者の皆様からテーマを募ってクロストーク)
◇参加費;1,000円(当事者半額・学生以下無料)
 参加申し込みは、facebookか電話による
 問合せ先;090-7548-3708(松林)又は090-2865-5922(津戸)
◇主催者;島根オルタナティブ協議会

◆◇◆◇◆◇ 病気やけがのためのアシスト講座 ◆◇◆◇◆◇
 
◇日 時 5月14日 14:00~15:00
◇場 所 出雲市民会館303研修室(和室)
◇定 員 15人程度
◇参加費 午前の講演会参加者は無料 アシスト講座のみ参加の方は500円
     参加申し込みは、facebookに書き込み頂くか電話でお願い致します。
     090-7548-3708(松林)又は090-2865-5922(津戸)
◇その他 ①資料冊子代として600円、②ヨガマット等お持ちの方はご持参ください。


コメント