見習い百姓のつぶやき

宮仕えも一段落、半農半Ⅹを本格化。農的暮らしとさまざまなⅩを悩んで、楽しんで一歩づつ。

食で日本を建て直せ

2018-07-27 21:17:54 | 持続可能な医療・福祉

 たまたま入ったスーパーで、目的の品はなかったけど、思わぬものに目が行きました。
 僕の好きな小泉武夫先生の著作「食で日本を建て直せ」、曽田文庫を支えて頂いているゆうあいの古本文庫に並んでいた一冊、で、衝動買いしました。

 今日の隙間時間、出して読み始めましたが、この本、とても優れモノです。
 09年刊行の新書、150ページ余りですから、すぐに読み終わりそうですが、エッセンスが詰まっています。
 内容的には、幕内秀夫さんの「ごはんと味噌汁」推奨と軌を一にしていて、例えば、沖縄の米国統治で食が様変わり、平均寿命がどんどんさがってしまい、真の伝統食が味わえなくなったと。

 ドイツ発祥の近代栄養学を基本に据える我が国ですが、学校給食もその路線でさまざまな料理を体験させるという名のもとに、食の欧米化を担っているのかな?
 2025年問題などで、医療保険、介護保険の破たんが現実化している中ですが、なぜ日本人の健康を担ってきた伝統食を見直さないのか、小泉先生の叫びじゃないかなあと思います。

 面白い話が満載のこの本、機会があったらぜひ手に取って見てください。

コメント (6)

梅ジャム、美味しくできました!

2018-06-28 18:12:28 | 持続可能な医療・福祉

 確か、アラームをセットしたはずだったのに、、、
 今頃になって気付きましたが、常会でマナーにセットしてそのままだった!どうりで(^^;;
 というようなことで、目が覚めたのは8時前、健康的な睡眠時間ではありますが。

 朝ごはんは、酵素玄米のお粥に梅干しと青じそ、キュウリと大豆と紫蘇のサラダ、がんもとタケノコ煮、蜆の味噌汁に青じそ、朝っぱらから何と豪華じゃないですかヽ(^o^)丿
 自分で作って食べるって、なかなかのものです。


 雨でしたから、お風呂の大掃除をしたりしていましたが、止み間にタケノコ取りを兼ねた竹林整備。
 その合間に、丁度いい加減に追熟できた梅ジャムづくり。
 首尾は上々、美味しくできましたよ~~

コメント (2)

やくざが可愛く見える!~断薬実践講習会

2018-01-25 14:44:14 | 持続可能な医療・福祉

 やはり!外国の専門家はそんな評価をしているんだ!
当たり前と言えば当たり前かもですが、知らされていないから、本当に井の中の蛙です(^^;;

 と、ここまで書いて凍結していた「断薬講習会」のブログ、少しでも書いてUPしようと4日ぶり。

突出して世界一
 最初に書いたこと、1818人という数字なんですが、「オグラ、それ間違ってんじゃない?」
 イタリアの専門家はあり得ない数字だと疑い、クロアチアの専門家は、寛解して退院した人だろうと決めてかかられた、でも実は・・・
 日本の精神科病院(入院者数32万人)から、死亡退院した人のひと月平均の数で、突出して世界一、クロアチアの専門家の指摘した数は、およそ300人なんですね(涙)

 この数字に、日本の精神医療の実態が凝縮されていますが、ひょっとしたら家畜以下かもしれません。


 21日、CCHR日本支部の小倉さんを招いて「断薬実践講習会」が開催されました。
 小倉さんに来ていただくのは今回で5回目となるでしょうか、いつも衝撃的なお話で、私たちは如何に知らされていないか、ということを知るのですが、、、
 今回は、断薬を決意し、本当に断薬できるまでの方法のイロハについて、徹底して学びましたが、もっと多くの皆さんに知って欲しい、学んで欲しいお話とワークショップでした。

やくざが可愛く見える
 その中から、そういうことか!と思ったことを一つだけ紹介します。
 それは、薬物(精神薬、麻薬、睡眠薬など)の基本的な働きなんですが、その前に「基本的に毒」だということを知っておく必要があります。
 そして、働きですが、少量だと活動をより活発にし、多量だと活動を抑制し、更に多量だと毒として機能し、死に至る可能性があるということ。

 な~んだ、それでか!母は睡眠導入剤を1/6とか1/4に割って飲んで寝ることがあるようですが、薬を飲んだのに眠れない、って言うのはそういうことか。
 それに覚せい剤、少量だから効くわけか。
 向精神薬って、活動を抑制させるためいきなり多量から始める!ADHD・自閉症・発達障害・自閉症などの子どもに処方されるコンサータやストラテラ、覚せい剤の成分メチルフェニデートが主成分、だから、劇的な効果を発揮し、寝たきりになってしまう子どももいるんだ!

 向精神薬の処方の現状を見ると、「やくざが可愛く見える」と言った小倉さんの言葉、至言ですね。

コメント

火渡りの儀式

2017-12-05 23:51:44 | 持続可能な医療・福祉

 寒い一日でしたね~~(><
 でも、白いものが積もらなくてよかった!
 広瀬の友人からは、初雪の便りが届きましたから、まだ良しとしなくちゃ。

火渡りの儀式
 そんな寒い日に、熱~~い話題はいかがですか?というか、この話題に引き込まれた?
 勿体ぶった言い方になりましたが、今日の話題は「火渡りの儀式」。
 僕のブログに3回目の登場となるアンドルー・ワイル著「人はなぜ治るのか」、それだけインパクトがあるんですが、わかったつもりで正面から見ようとしなかったところをグサッと。

 皆さんご存知の「火渡りの儀式」、ニュースなどでよく報道されていますが、何か仕掛けでもあるんだろう、胡散臭いしまやかし、自分には関係ないし、まあ、そんな気持ちでした。
 それが、著者から直接投げかけられると、思わずその世界に入ってしまいます。
 その前に、1988年刊ですから、文字も小さいのでボリュームたっぷり、その本もいよいよ最後に近づいてきましたが、最初から著者の言葉に想いを添わせて読んできたので、ある意味当然?

なぜ火傷をしないのか?
 火渡りの儀式ですが、日本のみならず東洋を中心に世界各地で行われているのだそうです。
 わが国でも、神道や仏教の儀式で行われており、多くの行者や信者が参加し、その様子は、TVや新聞などで報道され、多くの一般人も目の当たりにしています。
 あるサイトには、炭を使う、早く歩く、塩や水を使うと火傷しないと実証されているとありました。

 しかし、世界には、燃え盛る石炭の上を歩く、焼けた石の上を歩く、しかもすり足でゆっくり、何てのもあると書かれています。
 1974年には、ミュンヘンの研究所の原子物理学者が、フィジー島の火渡りの火床と人の足の温度を正確に計測し、焼け石は316℃だったが、人の足は何度測っても66℃を超えなかったと。
 その物理学者の結論は、メカニズムが何であれ、既知の物理法則では説明できないというもの。

人間の能力は深遠
 前述のサイトに書かれた火傷をしない理論では、焼け石は説明できそうにないと思えるのですが、それをも科学的に説明できるようになったのか?
 著者は、この火渡りの事例を挙げて人間の心の働きの深遠さ、潜在力に言及しています。
 それこそが、人間の持つ力(病気であれば治癒力)が如何なく働くことで、さまざまな療法が不治とも思える病を癒すという現実と同様のメカニズムではないでしょうか。

 私たちは、生きている間の学びの中で、“常識”という硬い硬い鎧をまとうようになっていますが、この鎧を脱ぎ捨てた時に、輝かしい生の地平が開けるのかもしれません。
 ただ、“常識の鎧”は心地よいですからね。

コメント

薬草も身土不二で行けるかも

2017-12-04 22:08:35 | 持続可能な医療・福祉

 お宝って、身近にあるものですね。
 というか、身近にあるからこそ未病の状態にある身体を整え、健康生活を支えるのかも。

 14時からでしたから、このお天気の中で戸外でのワークショップかよ~、とか思った今日の“🐍神送り日🍁薬草師サムと奏でる🌿森ガーデン交響曲~序曲🍁冬の野草&薬草の秘密~”
 ですが、現金なもので、実際に戸外に出て、身近にある薬草を教えて貰い、それを採取し、薬効や利用方法などを教えて貰うと意識が変わるものですね。

改めてですが、身辺は薬草だらけ
 最初に、エネルシアさんの川津のアトリエ回りで五味子、クコ、仙人草、野ばらの実(営実)、野菊の花(花頭)などを採取、歩いてすぐの野原でタンポポの根や〇〇(忘れた)などを採取。
 この野原にクコの木、気が付けばあるもんですね。

 今日のハイライトは、エネルシア薬草園の山茱萸(サンシュユ)、何のことはない、春によく見かける可愛い黄色い花、ハルコガネバナのことなんですが、実を付けるのはとても珍しいのだとか。
 そして、仙人草の根っこを幾重にも絡まる太い竹の根と格闘しながら掘りあげたり、なにこれ!?ひっつき草じゃんという、今すごい薬効で注目を浴びるキンミズヒキ。


易しい薬効のお話
 さてさて、今日の講師・薬草師サムさんは、無理がたたって前夜強烈なギックリ腰、それを軟骨再生や関節痛、リウマチなどに素晴らしく効くという薬膳酒のお陰で呉から駆けつけてお勤め。
 お陰で、仙人草掘りで格闘、それもですが、クコとネズミモチの実、仙人草とイノコヅチの根っこを漬けた骨の関係に極めて薬効が高いという薬膳酒のことを学ばせていただきました。
 合わせて、ミント、香附子(カヤツリグサ)、+トリカブトによる鎮痛作用。

 座学では、先ずは薬効と加温の関係についての解説。
 ハーブ類にしても、水から煮だして薬効が抽出されるのは14分後、それも急激に抽出され40分後に急降下していくのだという目から鱗の解説!
 ハーブ教室などで、そういう教え方がされないのは、薬効が出過ぎるからなんだとか。
 そして、煎じる際の目安は合わせて10gで、600ccの水を300ccに煮だして飲むのが一番治療効果が高い。

 自分をチェックすると、結構腎臓がイジメられやすい体質。
 なので、時々山茱萸を使おうかなあと、それと視神経を癒すクコや野菊の頭花。
 後は、癌の未病対策にキンミズヒキを時々加えるのもいいかも。

 ハーブティー止まりで、本格的な実践というところまでは行っていないのですが、少しづつレパートリーや知識を増やし、齢を重ねてピンピンコロリ人生を創造するとしますか。

コメント