見習い百姓のつぶやき

宮仕えも一段落、半農半Ⅹを本格化。農的暮らしとさまざまなⅩを悩んで、楽しんで一歩づつ。

人の力は無限大~シチェチニン先生の学校

2016-06-27 23:27:37 | 持続可能社会

 究極とも思える教育の姿を教えられたように思います。
 それは、一昨日のアナスタシアお茶会で上映した「シチェチニン先生の学校のドキュメンタリー(第1作)」で紹介された、とあるロシアの緑の渓谷にあるシチェチニン先生の学校です。
 このシチェチニン先生の学校は、アナスタシア3巻にも紹介されていますが、まさにアナスタシアの提唱する教育を体現した、創造力と自主性が重んじられたロシアの公立学校です。

10日間で10年分
 DVDで最大の衝撃は、数学の授業が10日間かけて行われるのですが、ここで、小学校から高校までの10年間分を会得するというのです。日本のようにコマ切れのコマ割りではありません。
 しかも、それは、例えば生物と関連付けられたり、さまざまな教科と関連付けられ、実学として自ら学んでいくんですね。そう、自らですから先生と呼ばれる存在はない。
 きっと、潜在意識と宇宙根源の生命を介して、師とする人の持つ情報を共有化し会得するということなんでしょうね。そして、子どもたちも教師役を務める。
 これは、仏法の九識論を持っても論じられるのだろうと思います。また、僕が敬愛する内田樹先生の教育論とも通底しているように思います。

 もっと驚くことは、ここの子どもたちは、例えば、自分たちで学校の校舎や寄宿舎を造る。
 最初は、能力の高い人から教わるのですが、基本を教わるとあとは自分たちの創造力のままに造っていく。
 外壁や部屋の中には素晴らしい壁画というのか、絵が描かれています。まさに、生きる力です。
 森の幼稚園と通底していると思いますが、スケール感が違うし、公立学校です。ロシアは凄いかも!!

必修科目は武術と伝統舞踊
 この学校の必修科目は武術と伝統舞踊(だったと思います)。
 今日、どうしたことか、娘と教育論で意見交換しました。家庭での教育の在り方、教えるのではなく、学ぶ環境づくり、そんなことになるのかなあ。
 その話の中で、孫の姿勢の話に及びました。彼は、サッカー少年。でも、なかなか上達しない。姿勢がすこぶる悪いんです。体幹が整っていないと上達しないようだって娘が言うのです。

 ネットで検索すると、シチェチニン先生の学校での講演発表会という動画がありました。この動画で、必修科目というわけが分かったように思います。
 島根県の学校では、体幹を鍛える取り組みが広がっていますが、体幹が整ってくると、授業を受ける姿勢が変わり、成績が良くなるんですよね。
 仏法では、色心不二という教えがあります。心と体は一体不二ということなんですが、心は体を作るんだけど、体も心を作るんですね。健全な体は、健全な心を作り上げる。

子どもが教科書を作る
 昨日、ゲストの岩佐さんを次のお茶会会場の世羅まで送ったのですが、車中、素晴らしいお話をたくさん聞くことができました。その話題の一つはシチェチニン先生の学校。
 彼女は、何回か学校を訪れ、シチェチニン先生とも長い時間お話をされています。
 DVDの中に、学校の図書館には、今までの教科書が全て揃えられているとありましたが、それは、子どもたちが自分たちの教科書を作る!ためなんですね。今、その作業が進んでいる。
 人間の力は無限大ですね。

 10年前だったか、人創りこそ国創りと教育に力を入れるシンガポールで出会った教育方針"Teach Less Learn More"、その進化、深化した形がこの学校にあるように思いました。

 こう書いてしまうと、なんか中身が平べったくなってしまいますね。
 真の教育とは?そんなことに興味のある方は、ぜひアナスタシア3巻を読んでみてください。

おへそカフェ&ベーカリー
 最後に、お茶会の次の会場は、世羅の“おへそカフェ&ベーカリー”。
 辺鄙なところですが、この日は?も?大勢のお客様で大盛況。さもありなんですが、ランチ、健康度、味、量どれをとってもすごい!の一言。遠くからの県外車が並ぶわけです。
 そして、こだわりのパンは、世界のパン屋60軒に選ばれたそうですからね。

コメント

心に残るアナスタシアお茶会

2016-06-26 01:17:29 | 持続可能社会

 今朝のブログに書いたアナスタシアお茶会、とっても素敵なお茶会となりました。
 論より証拠、米子の方と雲南の方が岩砂晶子さんをお招きして私たちもやりたいわ!って。
 6巻の発刊に向けた作業のため、年内には岩砂さんをお招きできないと思いますが、来年は、米子と雲南で開催される勢いです。ネットワークがもっと太くなってお迎えできるといいですね。

終わっても終わっても
 さて、そのアナスタシアお茶会、たまたま娘さんのところに逗留していらっしゃる米国在住の奥様、大分から一人車で駆けつけてくださった70代半ばの方、鳥取市や隠岐の島から駆けつけてくださった方など、アナスタシアの提案に心を動かされ、生きるエネルギーを頂かれた皆さんが集ってくださいました。
 ですから、ステキな会になるのは当たり前、って思いますが、そんな思いのある方たちに、新しいエネルギーをさらに吹き込んでくださった岩砂晶子さんのエネルギーレベルは凄いかも。


 お茶会は、最初にシチェチニン先生の学校のドキュメンタリー映画(1作目)上映の後、岩砂晶子さんがアナスタシアの出版をするに至ったお話や、ロシア訪問して見てきた最近の様子などのお話し。
 そして、参加者同士のシェア会で中締め、最後に、交流会も行いましたが、皆さん帰るのが名残惜しい人ばかりで、終わっても終わっても続く感じ。これ、盛り上がった証拠です。

自分のためから地球のため
 その岩砂さんのお話で、一番印象に残ったのは、アナスタシアの提案する祖国コミュニティに関わるお話。
 4巻に詳しく書かれていますが、翻訳にここまで心を砕いた本はそんなに多くないのではないかと思います。
 今現在、1337の祖国コミュニティがあり、ロシア国外でもできつつある。

 この無償提供される1haの土地に家を作り、半分は森に半分はさまざまな果物やお野菜を作り自給しつつ、家族が代々住み続けるという祖国、プーチン大統領も極東の地域に無償提供する区域を設けるべく、ロシアの国会で3回目の審議中とのこと。
 ある夫婦の言葉が胸を打ちました。
 「最初は、自分たちのために祖国を作ったが、今は、地球全体のためにやっている」、現実に地球を視野に入れて生きる何て、余りにもステキすぎませんか?

 もっと多くの伝えたいことがありますが、それは、ぜひ本を読んでアナスタシアのメッセージを直接に、また、岩砂さんが来てくださる機会に直接ご自分の生命で聞いていただきたいものだと。

コメント

このタイミングでアナスタシアお茶会

2016-06-25 10:28:48 | 持続可能社会

キャメロン辞任
 まさか、って思っていましたが、イギリスが国民投票でEU離脱を選択しました。
 この結果を受けて、キャメロン首相は、辞任を表明しました。そりゃ、国の根幹をなす政策を、自分の意志と真反対の方向で推進するなんて、いくら何でもと思いますが・・・
 でも、選挙に大勝し、国民投票をと決めたのだから、いくら違った結果とはいえ、選んだ国民のため職責を全うするのが政治家じゃないの、そんな気がしないでもないけどどうなんだろう?

 この激震のお陰で、円は高騰、株価は急落。大津波が日本を襲っています。
 ただ、自然相手の畑は何も変わらないし、田んぼも変わらない。
 農業機械の燃油の上下とかはあっても、大地に根をおろせば、人の暮らしは変わらない。

このタイミングでアナスタシアお茶会
 折しも、このタイミングで、「アナスタシアシリーズ」監修者の岩砂晶子さんを招いての“アナスタシアお茶会”を15時から。
 しかも、岩砂さんはアナスタシア6巻出版に向けての監修のため、年内の講演活動は次週の静岡が最後。
 勢いで本を読み、勢いでお茶会しよう!って決めた今日のお茶会は、ぎりぎりで日程を頂き、開催する運びとなりました。

 てなこともあるので、勢いで決めた今日のお茶会は、絶妙なタイミングでの開催となりました。
 今日のお茶会の案内には、

 希望溢れる輝かしい未来を、皆の手で開きたい。
 いや、そんな未来は必ず創造できる!
 そんな輝かしい未来を共に、確かなものに創造しようではありませんか。

 という、臭い一文を書いたのですが、輝かしい未来は、安寧の中からは生まれないだろうと思います。
 トランプ主義と言われる排他的な潮流がありますが、流されないよう、大地にしっかり根を張りたいもの。
 今日のお茶会が、根を張る小さな一歩になればいいなあ。

 そうそう、今日は満席の大盛況で受付を締め切っていますが、明日、広島の世羅で14:00からお茶会が開催されます。
 まだ、多少残席があるようです。
 会場は、おへそカフェ&ベーカリー。お問い合わせは、0847-23-0678 まで。

コメント

もうちょい土づくり

2016-06-22 22:22:41 | 自然農業

もうちょい土づくり
 ビニルマルチを張ってはいたんですが、余りの雑草に近づくのさえためらっていた玉ねぎの畝。
 後作のことも考えたりして、意を決して収穫&草取り作業。
 今期の玉ねぎは、完全に無肥料無農薬。当然の結果と言えば結果なんですが、前作が大豆で結構な作柄だったので、窒素を固定化しているはずと期待をしていましたが、やはり(^^;;

 たぶん、草取りをもう一度やっていても、似たような結果になったんだろうなぁ。もうちょい土づくり。
 レギュラーサイズがピンポン玉程度。嫁さんにあのラッキョウどうするの?って言われるのも当然。
 でも、この大きさ、丸のままフライとか、ピクルスとか、結構重宝するんですよね。でも、これだけの量だと、普通このバケツ10杯以上はあるはずなんですが、、、さて、次のシーズンは?


 そんな畑で、おのれ生えの小豆に花が来ています。普通、種蒔きは合歓の花の咲くころ。いくらなんでも、ちょっと早いんじゃないの?
 もうちょっと早く蒔けばよかった枝豆用大豆、花が来ています。たくさん生ってね(*^^*)

 先日、山ほどチビアマガエルって書きましたが、どこから出てくるのか?って思っていましたが、何のことはない、やっぱり隣の田んぼが出生地のようです。

自然淘汰で食用ほうずき
 何年か前、松本にある自然農法国際研究開発センターに行った際、食用ほうずきが美味しかったのですが、種取せずに、側の袋ごと土に埋めて自然淘汰させていました。
 それを狙ったわけではなく、ただ、種取をしそびれていただけなんですが、その手法だとばかり、側の袋ごと土に埋めました。
 やはり(*^^*)見事に発芽。さて自然淘汰でメインで生き残る株はいくつ?

鳥さん用だと思えば
 この写真わかんないだろうなぁ、と思うのが右側の変な花のような写真。
 これは、ネットも被せずに、交雑覚悟で種取やってみようと思っていたのらぼう菜。もう少しで種取できそう、何て思っていたら、スズメさんが来て数日で根こそぎ食べていきました。
 アブラナ科の種、鳥ってすごく好きですよね。まあ、鳥さん用だったと思えば(^^;;

コメント

何気ない日常ですが

2016-06-21 11:31:30 | 日記

 何気ない日常、のように見えていろいろあるんですよね。
 今朝、何気に外を見ていると、一本の庭木に烏が4羽。おっと、何事?まさか巣を作るんじゃないよなあ。
 と思ってよく見ると、盛んについばんでいます。ヤマモモの実です。烏がヤマモモ(@@

 さっき、外から帰ってくると、裏の下屋にトンボが2匹、迷い込んでいます。
 久しぶりに間近で見るシオカラトンボとムギワラトンボです。
 別種と思っていましたが、ムギワラトンボは雌の別名。へえ!


 さて、そのトンボ、下屋の一方はがら空きなんですが、屋根が透明なんで、出れないんですよね。う~~ん、困った。でも、下手に手を下さないことも必要かな。
 いつぞやは、巣立ち間もないヒヨドリが迷い込んで、外の親鳥と盛んに鳴きあっていました。戸や窓を開け放ちましたが、簡単には出れないようなんですね。
 最後は無事に出てくれましたが、自然と人との関係を考えるいいきっかけです。さて、孫たちはどう感じるのか?ひょっとしたら、何も感じないかもしれないし、、、
 

コメント