見習い百姓のつぶやき

宮仕えも一段落、半農半Ⅹを本格化。農的暮らしとさまざまなⅩを悩んで、楽しんで一歩づつ。

中洲のムード

2018-09-25 15:09:56 | 日記

 所変わればですが、今時分煙もなし、禁煙席もない飲食店が大手を振っている、聞いてみると、禁煙席を持つ飲食店はごく少数派?のようです。
 今時、喫煙天国、タバコを吸わない人が肩身を狭くし、遠慮する地域があるんですね。

 その所とは、博多なんですが、たまたま所用があって来たので、昼間でしたがかの“中洲”の中心を歩いてみました。
 ランチを食べようと入ったお店がその界隈の外れでしたから、後学のため?にと、雰囲気の一端を垣間見ようとの野次馬根性でした。
 あっ、冒頭の話はこのお店と、そこで聞いてみた話です。

 一番中洲のムードを感じたのはお花屋さん。
 “〇〇ちゃん、誕生日おめでとう”と大書きされ、ハート型にデコレーションされた超豪華なお花や、ゴージャスな色とりどりの胡蝶蘭、数々のデコレーション花束などなど、、、
 夜、疲れた男たちでにぎわっているだろうと思えるたくさんのお店もですが、いちばんはこの手のお花屋さんの多さは、風俗店が軒を連ねる夜の繁華街とは一味違う中洲らしさなんでしょうか?

 あっ、写真の花屋さんも超豪華でしたが、ハート形は違うお花屋さん。
 カメラで撮ったので、出先で出力できず、やむなく携帯で撮った他の写真をUPすることにしました。

コメント (1)

衝撃波は今日の喜びに

2018-09-23 21:15:21 | 日記

 不思議な不思議なご縁で繋がった牧ちゃんが、結構年下の男の子と結婚。
 その男の子、大志君と繋ぐことに一役買った?

 結婚しようと思うと聞かされたのは、ついこの前、と言ってもいいくらいな時。
 相手を聞いて、うへ(@@、まあ驚いたのなんのって、、、
 瓢箪から駒って言葉があるけど、青天の霹靂とその言葉が掛け合わされたような、ビックリカメラなんて全く問題じゃないくらいの衝撃波。

 でもまあ、涙が出るほど嬉しかったのも事実。
 実の娘よりも、もっと気になる娘とでもいうのか、ともかく、良かった~~~!!(*^^)v
 幸せにな~~~~~~~!!!!




コメント (1)

酷暑に続く長雨、それでもお野菜は

2018-09-22 10:32:41 | 自然農業

 やろうと思えば、すぐ脇の水路からいくらでも水やりでき、しかも地下水位の高い新庄の畑。
 一方、頑丈して遠くからタンクで水を運び、せいぜい二日に1回の水やりしかできない、その上、地下水位の低い家の近くの畑。
 水が大好きな里芋、成長に大きな差があり、本当にみすぼらしかった家近くの畑の里芋も、9月に入って続く雨のお陰で、グングン成長、今年も美味しい里芋がたくさん食べれそうです。


 その隣には、選別したヤブツルアズキを育てていますが、こっちも水が好きですから、やっと一息入れてグングン育っている感じです。
 鞘も次々と実を結んでいますし、いつの間にか大きく膨らんでいました。
 今年も、ヤブツルアズキ入りの美味しい寝かせ玄米が食べれる、有難いですね (#^^#)


 もう一つ、庭の片隅でたわわに実った西条柿ですが、今年の色付きはやけに早い。
 いつも買いに行っていたドライアイスやさん、後継者がいないとのことで廃業されたとか。
 どこかでドライアイスを手に入れて、柿取りしないと次々熟柿になってしまいそうです。
 長い長い酷暑の影響はこんなところにも

コメント (3)

エノハ、まいよね~~!

2018-09-21 21:16:41 | いけずご王国

 来月8日に予定するいけずご王国のゴズ釣り、保険をかけとかなきゃと思って地元の魚屋さんに。
 ゴズ、標準語ではハゼ、まさか坊主はないだろうと思いますが、試し釣りのこともあるし、、、

 魚屋さんでは、まだゴズは出ていません、12月に子持ちのゴズが出ますが、と。
 え~~~(@@、そんな~~~!!と困惑顔をすると、小さいのでいいなら、少しづつストックしておくことはできるかもと。
 へえ、地元の漁師さんからもお魚が入るし、そんなことも頼めるんですね、スゴ!

エノハ、まい~!
 ということで、当日、例え坊主でもゴズの煮付けか佃煮か、何とか確保できるかな?
 冷や汗ものの魚屋さんでしたが、店先の展示ケースに“エノハ”があるじゃありませんか!
 久しぶりに見るエノハ、煮つけると旨いんだよね、ゴズだけ頼むつもりで衝動買い。
 豆腐屋で厚揚げとがんもを買うつもりだけで出たので、なけなしの小銭を払ったため、もう一度新庄の家まで取って返し、300円を持って豆腐屋に走りました。


 やっぱり!エノハの煮付け、まいよね~~ (#^^#)
 あっ、それでもと思って調べると、和名“ヒイラギ”とあります。
 中海から境水道で取れるし、釣りの対象魚だったはずだけど、今でも狙って釣る人あるのかなあ。

ハデ干しのお米も、まいよね~~!
 一昨日になりましたが、久しぶりにハデを生で見ました。
 新庄でも数日前から稲刈りが本格化、回りの家の軒先には袋詰めされたもみ殻が積まれています。
 そう、稲刈りと同時に、脱穀も終わって稲わらはカットされて田んぼに撒かれ、もみ殻はビニル袋詰め、脱穀された玄米が収穫されるという簡便さ。
 でも、ハデ干ししたお米、手間がかかる分、これも格別に旨いんだよね。

コメント (2)

メルヘンワールドにワクワク~「第4回 新庄の部屋」

2018-09-20 22:47:28 | 新庄の部屋

 じっとしていると肌寒さを感じるお天気でしたね。
 それにしてもこの変化、あの酷暑はつい先日だったような。

 そんな今日、10月1日の「第4回 新庄の部屋」のゲスト・勝本さんが打ち合わせに来てくださり、会場の下見や材料の下ごしらえなどについて打合せ。
 また、お願いしていた写真のデータも届けてくださいました。

 その写真、帰りがけに写真屋さんに寄ってプリントさせていただきましたが、思った通り、勝本さんのメルヘン世界が垣間見えるステキな作品ばかりです。
 やっぱり~~!これは圧巻!!!という作品もあるので、ぜひお楽しみください。
 また、勝本さんのメルヘンワールドの入り口が紹介できたらと思い、ちょっぴりご持参くださいとお願いしましたが、さて、どんな異空間になることやら、今からワクワクです。



 「第4回新庄の部屋」の詳細は、下記の通りです。

美道師・中山ひろみさんの「新庄の部屋」、第4回・10月のゲストは、メルヘンの世界で時を過ごし、伝染させる天才!?とも思える勝本修子さん。

勝本さんを講師に、「光のモビール」とも言われ、フィンランドの伝統的なヨウルトイというお祭りに使う装飾品「ヒンメリ」を作ってみませんか?
あなたが作ったヒンメリにクリスタルガラスを吊るせば、ステキなステキなサンキャッチャー。たちまちお部屋が妖精ワールドに!

 ◇日 時 2018年10月1日(月)13:30~15:30
 ◇場 所 Blooming出雲(松江市新庄町146)
 ◇参加費 1,500円(ティータイム付き)
 ◇定 員 12名様(お申し込みは 090-7895-9418 三島まで)


勝本修子さんのプロフィール
松江市西生馬町でシュタイナー関連商品、ライアー、ウォルドルフ人形関係、ドイツ、ヨーロッパの木の商品を扱う夢のような“トライアングル”に遊ぶ。
隠れ家のようなお店で、普段はご存知の方が予約でいらっしゃるお店ですが、クリスマスには、にぎやかに「トライアングルのクリスマス」を開催。
子ともが小さいときにウォルドルフ人形の特集を雑誌で見て、キットを取り寄せ、本を見て一生懸命作ったお人形は娘の大切なお友達に。学校に行けなくなった時もいつも一緒。
このお人形を若いお母さんに伝えたいという思いが湧き上がり、正しいお人形の作り方を学び2010年に講師となり、現在に。さまざまなメルヘンワールドで遊び、伝えるのを喜びにしている。

コメント (3)