見習い百姓のつぶやき

宮仕えも一段落、半農半Ⅹを本格化。農的暮らしとさまざまなⅩを悩んで、楽しんで一歩づつ。

アナスタシアお茶会@いけずご王国

2018-11-10 21:21:36 | いけずご王国

 秋晴れの清々しい今日、昨夜のシーバスフィシングのノーフィッシュ&ルアーロストの悔しさも吹っ飛び、朝から最後のさつまいも芋掘りや収穫物のラッピングなど、気が付けばもう夕方。
 明日からは、東京からの団体のお客様をカムの宿へお迎えし、出雲や伯耆の各地をご案内することにしていますので、その準備も怠りなくのつもりでしたが、、、
 かなり濃い皆さんですが、ディープなご案内プログラムを気に入って貰えますでしょうか。

 明日の夕方には、滞在期間のお買い物をとのことですが、地元のお魚屋さんとお豆腐屋さんでも買い物をしていただき、定番の地魚のムニエル、がんもとお野菜の炊き合わせを作ってあげたらとか。
 めぐる場所もですが、地元の季節の美味しいものも堪能して頂きたいものと思っています。

アナスタシアお茶会
 先日、やっとのことで“アナスタシアお茶会@いけずご王国”のチケットを作り、田和山の今井書店センター店に預託させていただく手続きを完了しました。
 
 アナスタシアお茶会@いけずご王国”、もう一度UPしておきますね。
 感動の7巻の余韻が、どんなお話やシェア会の意見交換・情報交換に繋がっていくのか、とても楽しみです。

◆◇◆◇ アナスタシアお茶会@いけずご王国 ◆◇◆◇

 希望溢れる輝かしい未来を、皆の手で開きたい。いや、そんな未来は必ず創造できる!
 そんな希望と確信を持たせてくれ、輝かしい私たちの未来の形を見せてくれたアナスタシア。
 そのアナスタシアシリーズ、待望の第7巻「生命のエネルギー」が10月12日に発刊されました。

 輝ける時代の夜明けを確信させる7巻を始めとしたアナスタシアのメッセージを、私たち一人一人が日々の生活でどう実践するのか、シリーズの監修者でありアナスタシア・ジャパン代表の岩砂晶子さんとともに語りあいませんか?
 そして、自然とともに、地球とともに、毎日をもっと心地よく愉しく暮らしませんか?

◇日 時 2018年11月23日(金・祭日)10:30~15時30分
◇場 所 いけずご王国 (松江市新庄町146番地)
  ※駐車場は申し込まれた方に別途お知らせします
◇内 容 
 ◆ドキュメンタリー映画上映60分 “シチェチニン先生の学校”
 ◆昼食 
 ◆岩砂晶子さんのお話
 ◆シェア会
◇定 員 25人
  ※アナスタシアシリーズを1冊でも読んでいる方
  ※申し込みは、アナスタシア・ジャパンからはできません
◇参加費 3,000円(軽い昼食、お菓子・ドリンク付き)
  ※入場券が必要です
◇その他
 当日はアナスタシア・ジャパンさんより、シベリア杉のオイル、シロップ、木製製品、書籍の展示販売があります
 (オイル・シロップはマイバックと保冷剤ご持参ください) 

◇交流会 1,500円
  ◆16時00分~18時30分
  ◆いけずご王国
  ◆飲み物(アルコール類)は別途

◇申込みとお問い合わせは 三島(090-7895-9418)まで。
 参加申し込みは、お電話でお名前、連絡先、人数、交流会への参加の有無を連絡ください。


コメント (2)

フリーペーパーに紹介されました (#^^#)

2018-10-18 20:34:52 | いけずご王国

 自分の姿が公衆の眼に触れるって、気恥ずかしいことですから構えますが、ちょぴり見てもみたい。
 今日、6月だったか7月だったか、取材を受けた子育て支援系フリーペーパーの「みちょって」、出来上がりましたからと届けに来てくださいました。


 どうぞと促され、開いてみましたらたもをもって得意げに立つ写真、面映ゆくて閉じたい衝動。
 取材を受けながら、立ち上げようとした今の思いやこれからのことを、尋ねられるままに答えていましたが、なんとまあ、思っていることを余すことなく短い文章にまとめてくださっていました。

 改めてですが、いけずご王国の国づくり、一緒にいかがですか?
 

コメント (2)

秋の鮮烈

2018-10-17 22:15:49 | いけずご王国

 黄色いヤマブキの花が一挙に咲き始めました。
 あっ、蕾がついているのは気付いていたのですが、その後、頭の片隅にも蕾はなかったので衝撃にも似た感覚です。
 
 それにしても、毎年ヤマブキ取りに行っていましたが、居ながらにして欲しいだけ、欲しい時に手に入る新庄の家、そのうえ、庭のあちこちに鮮烈とも思える黄色で秋の一コマを満喫できる、贅沢だなあ。

 秋の鮮烈、楽しみに来ませんか?

愛嬌のある目と手足の指
 最近になって、生まれて間もなくの可愛い可愛い写真の御仁が、あの部屋のカーテン、この部屋の椅子の上等々、家のあちこちに度々登場してくれています。
 卵から孵る時期なんでしょうか。

 最初にこの家を見た時、天井や壁、鴨居の溝など、あちこちに白いものが付いていて、何だろう?と思っていました。
 ある時には、物を動かしたら、途端にこの物の下で、隅っこに数十匹もの御仁が一斉に動き出して度肝を抜かれたことがありますし、カーテンや建具を開け閉めすると、ポトンと落ちてくるものがある。
 そんなことを重ねている中で、あの白いもの、この御仁の卵だ!とガッテンしました。
 いや、きっと。

 この御仁、家守というくらいですから、人様にはあまり嬉しくない動くものたちを好むんでしょうね。
 愛嬌のある目と手足の指、僕はヤモリ君が好きですね。

コメント (2)

いけずご王国でゴズ釣り

2018-10-08 18:30:13 | いけずご王国

 子どもも全員釣ることができたし、何とか、一人2匹くらいは行き渡ったかなあ?
 今日は、いけずご王国の中海をフィールドにしたゴズ釣りとニガニシ貝取り体験プログラム。
 ただ、ニガニシ貝取りまでやる時間がなく、代わりに小さいけれどアサリ掘り。



貝取りをしたことがない?!
 そうかもしれないなあと思いますが、貝取りした子っていないんですよね。
 いや待てよ、聞かなかったけど、シジミが取れたよ~って持ってきた子がいたなあ。
 知ってるってことは、シジミ取りはしたことがある?

 漁業権があるので、大っぴらにはできないかもですが、子どもが1時間ほど体験する位は許して頂けるでしょう。
 というか、それくらいなことは原体験として持たせてやりたいものだと思います。


指を切る
 薪割りをさせたんですが、一人の子どもが鉈で指を切って大泣きを始めた。
 何事かと思いましたが、見るとほんのちょっと切っただけ。
 でも、その子はかなりの時間引きずって「痛い、痛い」と泣きべそ、お母さんもつきっきり。

 小学校低学年とは言え、今時だからなあ、指を切るという体験をしていないんですね。
 指を切るという体験をした子がいただけでも、今日のプログラムは大成功で満足すべきかなあと。

 また、子どもたちでおにぎりを握らせ、ゴズのシゴをさせましたが、見よう見まねでできるもんだし、きっと、自分で取った貝の汁、自分で作ったものだからとても美味しかっただろうなあ。
 片付け中に、納屋の梁からロープを降ろしたのですが、男の子も女の子も自分も自分もと並んでいました。
 子どもは身体を動かすことや、何かをやってみることが大好きですね。


 大人の自分も、いろいろな学びをさせてもらった一日。
 とにかく、さまざまな体験とともに、自分で工夫する遊びを思いっきりさせてやりたいもの。
 何にでも首を突っ込んでみる好奇心、つい妄想がどんどん広がる、そんな子どもがいいなあ。

コメント (4)

夜釣りは無理か?

2018-10-07 20:29:24 | いけずご王国

 手元不如意、うまいこと言ったものですね。
 眼鏡はちゃんと機能しているはずですが、なかなかうまく鈎を結ぶことができません。

 明日のゴズ釣り体験のために、竹竿の仕上げと仕掛け作りに汗を流した一日でした。
 主な仕事は、夕方までに終わらせたのですが、ハリスを鈎に結ぶ作業を最後にしたのが間違い?
 最新のLEDライトとは言え、自然光には敵わない?それとも、、、、


 別に、飲みながら始めたからではないと思うのですが、、、
 鈎結び、相当長い間やっていないとは言え、やたらと手間がかかり、こんなことじゃあ夜釣りは無理か?とまで思わせる、これって!?


 今夜は、新庄でお泊り。
 ゴズ釣り体験のために、落ち度があっても早めに対応ができるようにと考えて何ですが、、、
 単に飲みたいだけ?いや、飲むのは家でもできるし、、、

コメント