見習い百姓のつぶやき

宮仕えも一段落、半農半Ⅹを本格化。農的暮らしとさまざまなⅩを悩んで、楽しんで一歩づつ。

規制緩和って、、、

2018-12-05 20:04:49 | カムの宿

 よく見たら、裏の畑のイチョウの木に残った黄色の葉が2枚ありました。
 よくぞ、あの吹き降りの中をです。
 そんな新庄の庭に植えたレモンの木、付けていた実が鮮やかな黄色になりましたが、さて、、

雀が1羽
 サロンの管理を任されているのですが、暫く鉢植えの水やりをしていないことを思い出し、水やりに入ったらどこから入ったのか?雀が1羽こと切れていました。
 兼好法師は、家づくりは夏を旨とすべしと言ったそうですが、すき間があり過ぎるのも考えもの?可愛そうなことをしました。
 いつぞやは、迷い込んだ子ツバメが弱った末にこと切れてしまい、しばらくの間、兄弟や親が近くの電線で悲しむ姿に胸が痛くなりました。
 自然に踏み込んで成り立っている今の我々の暮らしですから、自然との共生は簡単なことではありません。

規制緩和
 今日の新聞に、水道事業の民営化を可能にする水道法改正が参議院委員会で可決の報道がありました。
 Tpp11を前に、各分野の規制緩和が急速に進められていますが、これで本当に国民の命、健康、暮らしが守られるのか、とても心配しています。
 ただ、私たちが信任した安倍総理ですから、何があろうと逍遙として受け入れるのがそもそもの筋かも知れませんね。寂しすぎるけど。

 私たち国民には、現状をしっかり見据え、自分の生き方暮らし方とその延長上にある将来をも考えながら、自分の行動や生き方を考える必要があるのかも知れませんね。

コメント (4)

フレーベルの星づくり~もうすぐクリスマス

2018-12-03 14:51:44 | カムの宿

 12月、クリスマスの話題、年賀状の話題に花が咲いています。
 そういえば、裏庭にあるなんという木でしょうか、クリスマスっぽい可愛い実を付けています。
 新庄の庭、年中無休で何かしらの花や木々の葉の色付きが目を楽しませてくれますが、同じく木の実も目を楽しませてくれます。
 本当に贅沢なこと、有難いことです。

 年末の話題に花を咲かせていた皆さんが、真剣そのものの目でフレーベルの星づくりに取り組んでいらっしゃいます。
 パッと見、何とかできそうかもと思えますが、皆さん悪戦苦闘?大きな笑い声や、困惑の声が聞こえてきます。
 さてさて、クリスマスにはフレーベルの星がそれぞれのお宅を飾ることになるんだろうなあ。


 さあ、一段落したらティータイムの予定です。
 お土産もたくさん届いているし、最近、僕の定番になっている熟柿とアイスクリームなどのデザートもあるし、お話がどこまで盛り上がるのか、ちょっと見ものです。

 おっ、拍手と歓声が上がっていますよ。

コメント (2)

秋の野山は、、、

2018-11-16 21:44:11 | カムの宿

 昨日、大阪からの帰り鳥取経由で帰りましたが、そうだ!と思い立ち、念願のタルマーリーに。


 車ですからビールは断念しましたが、何と薫り高く奥深い珈琲なんだろう!
 そして、野生の菌で醸すパン、何と豊潤で優しい味なんだろう!
 11月23日の“アナスタシアお茶会”の軽食の主役はタルマーリーのパンに決定です。


ジリジリ、ゾワゾワ、エネルギーが高い!
 その足で初めての鳥取城址に。
 なぜ?確か、池田家は徳川家康の二女・督姫の家系で、外様でありながら親藩に準ずる家格、最初に参勤交代を始め旧暦10月10に江戸に入定した、この日って神迎の日。
 そんなことに縁を感じる方があってのことでしたが、鳥取城址に足を踏み入れ、ここの木々の異様なねじれと身体をゾワゾワ、ジリジリさせるエネルギーの高さに圧倒されました。

 カメラをカムの宿に忘れてきてしまい、その木々の様子を見て頂くことはできませんが、そのこともあって本丸の置かれていた久松山山頂までの苦行(^^;;
 わずか262mですが、その急坂と岩山の持つエネルギー、鳥取城址、スゴイ!
 そうそう、下山途中、天然シイタケ発見!細いナラ科の木に1個、有難い。

秋の野山は楽しい
 今日は、東京からの一便で米子空港到着のお客様をピックアップして伯耆の国をご案内。
 今日の一番のトピックは、キノコでしょうか。
 大山で、学術調査をしていた皆さんが取っていたキノコ、一人一人ナイロン袋満杯に取っていたので、帰りにそれらしきところを探そうと思って覗いたら、あった!
 食い意地が張っているので、ナイロン袋に軽く一杯、それでもとかじって見ましたが、聞いていたピリリと感じるものがなかったので、これは!調べてみると、シロシメジかシロノハイイロシメジ。

 そして、最後の目的地、ついでに銀杏を拾いましたが、こんな面白いキノコが。
 やばそうな形ですから、もちろん採集はしませんでしたが、秋の野山は楽しいですね。

 

コメント (3)

ディープな出雲を体感する旅になった?

2018-11-13 20:12:46 | カムの宿

 東京からのお客様をご案内した怒涛の3日間が終わりました。
 初日の日御碕の出来事はブログに書いた通りですが、酔っぱらいで書いたゆえ、書いた内容を心配していましたが、何のことやらわからないという内容ではありますが、まあ、無難な感じで一安心。

 書いていた佳き日、ご案内した大社では2組の結婚式に遭遇、大安でもないのになぜ?って思っていましたが、神在月の11月11日、そんな感じだったんでしょうか?
 それにしても、Apua工房の岡本さんと撮ったあの写真は11月11日11時11分、そんな後でしたから、このおめでたい様子はことのほか喜ばしいことと思えました。


 そして、昨日は大山を中心にディープなスポットを案内し、最後は心地よい疲れを皆生温泉で癒し、カムの宿で飲む酒の美味しいこと。
 そして、何故か二日目にずれ込んだ自己紹介タイムでは、赤裸々で深い衝撃的なそれぞれの話に、新しい何かが生まれ、動き出したであろう実感。
 来春にはこのお客様をゲストにお迎えし、深い意識で変えた衝撃的ともいえるライフストーリーを語って頂くことを快諾頂きました。


 最終日の今日、初めて行った場所も2カ所。
 天然記念物“海潮のカツラ”の圧倒的存在感、そしてその隣の木には見事な見事なサルノコシカケがいくつも。
 この場の持つ高いエネルギーを実感させるものでした。

 ディープなディープな出雲を体感する2泊3日のツアー、きっと、いらっしゃった皆さんには眩暈を覚えるくらいの満足感があったのではと思いますが、どうだったのでしょうか。
 空港に送った後、400本の玉ねぎ苗の植え付けを行いましたが、アッという間に終わった感じ。
 ツアー自体もでしたが、来てくださった皆さんのパワーのお陰だったと思います。
 心地よい疲労感に浸っています。


コメント (6)