見習い百姓のつぶやき

宮仕えも一段落、半農半Ⅹを本格化。農的暮らしとさまざまなⅩを悩んで、楽しんで一歩づつ。

実はすごい方においでいただく!?~いけずご王国キックオフ

2018-08-16 20:20:26 | いけずご王国

 実は、スゴイ方に来て頂くんだろうなあ、今頃改めて納得したりして(^^;;

 今日、首藤先生から聞いたのですが、26日に参加させていただけませんか?と電話がありました。
 どちらの方ですか?と聞くと米子ですと。

 先日は、福岡の女性が子ども二人と一緒に参加させてください!
 どうやっていらっしゃるんですか?
 車ですと軽く。
 そ、そうですか、お気をつけて。
 その前にも米子、その前にも大分から・・・

最右翼!?
 その首藤先生は、“いけずご王国”のキックオフイベント、“シチェチニン先生の学校と共育を語る”のパネラーの一人、大分県で森の学校づくりを準備している学校の先生なんですね。
 最初にパネラーを依頼したアナスタシアジャパンの岩砂さんに、アナスタシアの提案する「子どもが育つ環境づくり」を実現しようと動いている方の紹介をお願いし、真っ先に名前の挙がった方です。

 全国的には、アナスタシアの提案する一族の祖国や子育ての在り方に共感し、その実現に動いている皆さんがたくさんいらっしゃるんですが、首藤先生は最右翼!?という僕が準備する“いけずご王国”も、アナスタシアから大きなサジェッションを受けています。
 そもそもは、ある女性からの「治ちゃん、学校を作ってよ」などという忘年会での無茶振りが
発端でしたが、何ができるか?と、アナスタシア1巻と3巻が合体した結果が“いけずご王国”です。

天への階段になる?
 あっ、もう一人、智頭町の森のようちえん“まるたんぼう”代表の西村さん、驚くなかれ、実は県の職員さんで山が専門の女性なんですね。
 “まるたんぼう”にお邪魔した時、電撃が走るような驚きを感じ、こんな子どもが育ったら、ドロップアウトもヒッキーもないだろうと思ったこと、つい先日のことのように思い出します。
 ただ、西村さんの肉声を聞いた覚えがあまりない、安定した県職員でありながら、
なぜ支援も何もない森の幼稚園にのめり込むのか?

 どんなパネルディスカッションになるのか、楽しみで楽しみでしようがありません。
 一昨日のブログにも書いたように、“いけずご王国”はで何をするのか、全く決まっていませんが、この話し合いが大きな示唆を与えてくれるだろうと思うからです。
 他人任せというのではありませんが、昨日見た雲間から地上に射す陽光のように、この話し合いが天への階段になるかもしれませんね。


ウキウキの一日

 今日は、久しぶりにウキウキの一日でしたね。
 最高潮は、昼前後にかなりの雨脚で降ったの雨、これで当分畑の水やりから解放されると。

現実は甘くない(><
 だが、現実はそう甘くなかったかも。
 3時過ぎ、それでもと思って畑の土を掘り返して見てビックリ(><
 あれだけ降ったと思っていましたが、先日夜に降ったよりも少しだけ雨が浸透した深さが深いだけ。
 明後日?明々後日?水遣り再開は。

コメント (1)

ほんの一瞬、小糠雨

2018-08-15 20:39:51 | 自然農業

 何の変哲もない写真のように見えますが、実は違う、でも、、、
 今日昼過ぎ、窓の外を見ると期待の雨が降りだしたので、慌ててレンズを向けて撮ったんですよね~、でも、よくわかりませんよね、しかもお湿りには程遠い。
 それもそう、雨は小糠(こぬか)雨、しかもほんの一瞬で、道路も濡れない(><


 今日は、その後、26日のお手伝いをしてくださる女性が4人で見学に来てくださいました。
 話題の一つは雨、でもこれじゃあ、話題となるのもほんの一瞬、しかも小糠雨のような話題。

 明日は、雨80%の予報ですが、時間雨量は最大で2mm。
 今日だって、予報は朝からの雨、それが、総雨量でだって1ミリにも達してないだろうと思います。
 明日午前中、Yahooの天気予報では午前中雨、時間雨量2mmとなっていますが、果たして?

 降るだろうと確信して水やりしなかったのに(><

コメント (4)

もっと落ちこぼれていたら

2018-08-14 21:03:13 | いけずご王国

 今日の地元紙の論説には、“島根の算数学力”“読解力不足が原因では”との見出しが躍っています。
 新聞、特に論説ってあまり読まないんだけど、ついつい読んでしまいました。

結局根付いてない?
 議員時代、学校図書館はライフワークとの思いでその充実に取り組んできましたが、そうか、学校司書配置事業に一番求めたいと思ったことは結局根付いてないのかと。
 読解力の向上を学校司書に求めるのは酷というもの、その力を伸ばすための環境整備がそれで、論説の趣旨を敷衍した、教委、学校管理職、司書教諭、担任の意識改革による授業改善こそ必須と訴えてきたつもりですが、読解力向上という視点では、徒手空拳だった?

 ただ、ことの本質はそういう皮相的なことじゃないんだよなあ、と思わずにいられないこの頃。
 白石県議が羨ましい日本での実現はあり得ないだろうなあ(/--)/と長嘆息しながら?シェアした、世界一の教育の国!フィンランドの教育がやばい!というマイケル・ムアが取材した10分弱の動画。
 宿題なし、テストなし、小学校低学年の週の授業時数20時間、そして、子どもの自主性尊重。

もっと落ちこぼれていたら
 この動画やフィンランドの教育については、内外から様々な興味深い意見がありますが、それもむべなるかな。
 ただ、僕は、世間で言われるであろう自分の落ちこぼれた生き方に照らして、このフィンランドの行き方には大賛成です。
 本当は、もっと落ちこぼれていたら、もっとクリエイティブで、もっと早くから楽しめたかもしれないと。

 こんな時代ですから、ある型では無理という子がたくさんいるので、様々あっていいと思う。
 さまざまな選択肢や支え方、寄り添い方があってしかるべしだし、準備してあげたいものです。

 しかし、学校も社会も、同調圧力がとても強く、読解力不足だとなると一斉にそっちを向いてしまう、学校図書館活用教育は、それぞれの子どもをさまざまな形、レベルで支え、寄り添うものなのかなあ。
 だから、ちょっと違うんだろうなあ。

 “いけずご王国”キックオフイベントは、そんなあり方や支え方など、実践者の皆さんと、子どもたちが真に子どもらしく生きるためには
大人はどうしたらいいのか、どう支えたらいいのか、そんなことを考え、王国の活動に生かせるパネルディスカッションになるといいなあと思っています。

じっと見ていたくなる
 今朝の畑では、こんな光景を目にしました。
 こんな光景に気付き、目の前の全てを放っておいてじっと見ていたくなる子ども、これを見たら、他にはないかと目を皿のようにして探す子ども、そうあって欲しいし、それを許す環境を作っていきたいものだと思います。
 そうなれば、知らず知らずに毒されてしまっている、経済優先の拝金主義社会がちょっとは変わるかな?

コメント (3)

蝉の声のシャワーの中、彩雲

2018-08-13 20:47:28 | いけずご王国

 カウンターでお昼を食べながら、あの入道雲、もっと発達しないかなあ、と思いながら空を見ていると、あっ!筋雲がかすかに虹色に染まっている!
 ってことで、入道雲から彩雲を眺めながらのランチ、蝉と虫の声のシャワーの中、彩雲までも、これ、田舎の超贅沢~~ヽ(^o^)丿


 夕方、東出雲に水遣りに行くと、畑のは入り口のお宅ではビニールシート張り、ひょっとしてBBQの準備なんでしょうね。
 声をかけられましたが、こんなところでポンプのエンジンはないよなあと、失礼しました。
 何しろお盆、お盆に畑の水遣り、普通はしないよなあ(^^;;

 途中でタンクに水を汲み、西津田の畑に帰って水遣り、今日も一日無事終了。

コメント (2)

お盆ですが、早朝から畑に

2018-08-13 10:28:13 | いけずご王国

 昨日の庭の様子を見て、早朝、水やりに出かけました。
 いけずご王国の朝、とても清々しく嬉しい朝焼けでした。


 さて、新庄の地に着くと、庭も畑も土がしっとり濡れています。
 ひょっとして、暫く水遣りは不要かもと思いましたが、念のために畑を掘り起こして見るとしっとり濡れていたのは表面から2~3センチだけ。
 取りあえず朝の水やりはパスして、ニンジンの種蒔き、里芋の土寄せと追肥で汗をかきました。


 何もお盆にすることではありませんが、折角来たことだし、作業が山ほど溜まっていますから。
 この日照りの期間、何度かでも雨が降れば、もう少し作業も進むんですが、水遣りに手を取られて、、、ただ、畑に水遣りができる水があるだけでも感謝ですね。
 という水遣り、夕方には東出雲と我が家近くの畑の水遣りしなくちゃ(#^^#)


 大山を望む今朝の朝焼け、綺麗でした。

コメント (2)