見習い百姓のつぶやき

宮仕えも一段落、半農半Ⅹを本格化。農的暮らしとさまざまなⅩを悩んで、楽しんで一歩づつ。

シュトーレン

2018-12-12 17:36:36 | 日記

 ベッカライ・コンディトライ・ヒダカ、大森銀山にあるドイツパンのお店ですが、引きも切らず、押し寄せるようにお客さんが、美味しいんだよね。
 松江でヒダカのパンが買える、しかも、シュトーレンまで買えちゃうって、これ凄すぎ。
 何は差し置いてもと、販売開始の時間前に駆けつけました。

 聞けば、自分のお店以外で売るのは、お店をオープンしてから初めてとのこと。
 薄暗闇でしたから、まあ、食べてのお楽しみと適当に選んでパンを買い込み、シュトーレンを二つゲット(*^_^*)
 これ、おいし過ぎでしたが、ある友人は一世一代の量のパンを買い込み、クリスマスツリーに飾ったとか。


消費税をやめたマハティール、民間出身役員全員辞任の日本
 話は変わって、今年の6月1日、マレーシアでは92歳のマハティール氏が15年ぶりに首相に返り咲き、国民との約束通り就任一月を経ずして消費税を廃止したのだとか。
 マレーシアの消費税は、食料品や農産物、公共交通や居住する不動産、金融や医療や教育などには一切かからないけれど、それでも消費税そのものに国民は不満を持っていた。
 消費税に詳しい元大学教授の湖東税理士は、法人税を消費税導入前の税率に戻すと国税と地方税合わせて30兆円を超える財源が確保されると試算していますが、消費税の廃止で景気が回復し、法人税等の税収も伸びるというのに、国民負担だけが増えているとも言われています。

 昨日の新聞に、産業革新投資機構の民間出身役員全員が辞任するとの報道がありました。
 法人税減税は、法人税率を外国並みに合わせて、産業振興を図るってことでしたが、産業革新投資機構問題を見る限り、自分たちの腹は据えずに付け回しは取りやすい国民に持くという図式?
 ある方が、私たちが選んだトップを低偏差値宰相と呼ばわっていらっしゃいましたが、まあ、トップがそうだと全体も靡いていくということかもしれません。

 やることが中途半端で、強大な力の前には次々白旗を上げてしまう。
 取りやすいところからは取るだけ取るけど、リターンはどこかに吸い尽くさせてしまう、私たちの国はそんな寂しい国柄だったんですかねえ。
 これ、ちょっと言いすぎ?

コメント (5)

パソコンが来ました(≧▽≦)

2018-12-11 21:23:22 | 日記

 やっとパソコンで作業できるようになりました。
 今まで使っていたパソコンもとりあえずの復旧はしてもらいましたが、動作が遅いうえにムラがあり、いつダウンするかわからない状態です。
 ということで、清水の舞台から飛び降り、新しいパソコンを導入、サクサク仕事ができる~~(*^^*)

 今朝はゆっくりと惰眠を貪り、畑に着いたのは11時前。
 今日は、昨日に続いて畝に張ったビニルマルチ剥がしをしましたが、1年使ったあと1年放置していると雑草がビニルを侵略して剥がすのは容易ではありません。
 1時間ほどの作業でやっと一畝を終わらすことができました。
 あと、6畝ちょい。
 立つ鳥跡を濁さず、まだまだ重労働が待っています。

 そんな作業の行き帰り、雲が空一面を覆っていたのに、冠雪した大山がくっきりと優美な姿を楽しませてくれていました。
 山の威容って、畏怖の思いもですが、心に安らぎを与えてくれるものですね。

コメント (4)

我を超えたいけれど

2018-12-09 20:54:03 | 日記

 寒い!エアコンをかけていても、足元からサワサワゾクゾク、底冷えのする1日でした。

 やっと農薬が片付きました。
 液体のもの、粉のもの、空き瓶、空きプラスチックボトルと分けたのですが、作業中に農薬を吸い込んだららしく、2日ほど体調がすぐれませんでした。
 子どもの手に触れることなく片付けが済んで何より、それにしても、持ち込んだ量が計量されると全部で25キロを超えていました。
 きっと、農薬全盛、科学絶対の時代の遺物だと思いますが、今も体を壊しながらも使う人まであるんですよね。

 紆余曲折、いけずご王国で準備する予定のドラム缶風呂、スケッチと拾い出し、積算を終えました。
 週末にはワークショップの日程を決めたり、今後の活動を検討することにしていますが、ドラム缶風呂の活躍の場がたくさんあるといいけどなあ。


 そんなコザコザ仕事を片付け、書道のお稽古、先生の筆運びをイメージしながらも、なんで思うように筆が運ばないのか?と自問しつつ、書き進めました。
 始めたばかりですから当たり前でしょうが、1枚の半紙の中で、おっ!となんで?が必ずと言っていいほど表れる。
 我を超えて行きたいものだと思いますが、いつのことやら。


 もう1~2回、お稽古して添削をお願いしようと思っています。
 右から、先生のお手本、今日最初の作品、6枚目の作品、11枚目の作品ですが、眺めながら、う~ん、と唸っています。

コメント (2)

見えないところに奥深さが、、

2018-11-29 20:10:44 | 日記

 朝、コピーをしに行って思わず柚子を衝動買い(・_・;) お茶もそこそこに書道のお稽古を始めたものの、兎に角ノリが悪い。
 てなこともあり、最近はまっているかも知れないマーマレード作り、ジャムとコンポートとマーマレード、どう違うのか知りませんが、お稽古の途中で始めました。

 ネット環境のせい?新庄ではクックパッドの相性が極めて悪い、で、幾つか比べてNHKの パディントンのマーマレード作りをお手本にしたのですが、これ行けてます。
 皮から袋をはずす作業が驚くほど軽快です。
 ただ、かなり水分が多い、まあ、好みかも知れませんけどね。

 手ごろな鍋がないので、2回にわけてつくることにし、夕方4時頃に半分終了、後は明日。
 終わってから、お稽古を再開、お稽古指南のビデオを10回位見たかもしれません。
 知りませんでしたが、書って決まりごとがあって、ひょっとすると見えないところに奥深さがあるのかも知れません。
 私たちの生きて行く術も、同じような事が言えるのかも知れませんね。


 満足にはほど遠いものですが、とりあえず区切りを付けて添削をお願いすることにしました。
 

コメント (4)

11111111

2018-11-12 00:29:07 | 日記

  11111111、おっと~!!!?
 すげえ!今日、東京の皆さんをお迎えして、ディープなディープな時間だったかも。

 その象徴は、この写真。
 日御碕沖に沈んだというこの地域の中心的なもともとのエネルギースポット、そんな話を聞いていてそれはApua工房の岡本さんに聞け!といわれて尋ねたのですが、、、
 Apua工房の岡本さん、出会いは15年くらい前の一回だけだけど、こういう劇的な再開があるんだ!

 きっと、そんな意識で訪れる観光客は皆無だろうと思えるのですが、そんな場面を演出する場の力。 
 しかも、話を聞いて、皆で写真をとカメラの前に勢揃いした写真、驚くなかれ11111111、複数の結婚式に出会えるような佳き日、幾つもが重なり合ってのこの時なんでしょうね。


 

コメント (2)