見習い百姓のつぶやき

宮仕えも一段落、半農半Ⅹを本格化。農的暮らしとさまざまなⅩを悩んで、楽しんで一歩づつ。

長崎原爆に学ぶ~塩と味噌を摂ろう!

2018-08-12 09:40:19 | 幸せに生きる

 今夜は、8/26日に開催する“いけずご王国”キックオフイベントの最後の打合せ会。
 明日の朝の水やりもあるし、今夜はそのまま新庄のカムの宿(同所にいけずご王国)でお泊り。
 “池月”を飲みながらPCに向かっています。

血が滞っていますよ
 5年も前になりますが、中山さんの施術を受けだした当初、携帯電話をズボンの右ポケットに入れていたんですが~勿論施術中は携帯を預けているけど~ズボンのポケットから出した方が良いと。
 えっ!何でわかっちゃうの?今、入れてないのに、、、
 続けて、電磁波の影響で右の腰や太もも辺りは血が滞っていますよ、って.
 ギョッ(@@
 以来、なるべく体に直接触れない場所に置くことを心掛けていますが、血が滞ってる!?

秋月辰一郎医師
 東京の知り合いから、永井隆はご存知ですか?とのメールが来ました。
 そこには、“長崎原爆 被爆医師の放射性物質対策を見習おう!”というサイトのURLが記されていました。
 この時まで永井博士は雲南市三刀屋町の出身だと思っていましたが、松江で生まれたんだ!
 それはいいとして、URLは、直接永井博士の“放射性物質対策”と関係があるわけではなく、以前、興味を持って読んだ秋月辰一郎医師の実践的体験論なんですね。

 この話は、秋月辰一郎著「長崎原爆記」の第4章“死の同心円”に書かれています。
 秋月医師の診療所は爆心から1.5キロ、ここで被爆した入院患者、診療所スタッフ、治療に通ってきた患者の中から原爆症の患者が1人も出なかった(@@
 あり得るの!?って感じだけど、その秘密は、長崎のストックとして地下に眠っていた味噌醤油、玄米、塩、ワカメなどだったんですね。

塩むすびと塩辛い味噌汁
 秋月医師は、この著書の中や「体質と食物」の中でミネラル栄養論を唱えていらっしゃいますが、味噌醤油、玄米、塩ってその中心。
 特に、患者やスタッフには塩で握った玄米おにぎり、塩辛い味噌汁を摂らせていました。
 生活習慣病対策で減塩って言われているけど、精製しない塩って大切なんですね。
 それと目っきり食べなくなった味噌汁。

 こんな食事は、造血機能や細胞を回復させるし、成人病(生活習慣病)の予防効果が高いとも書かれています。
 ついでに、砂糖は身体によくないとも。
 癌などになり難い体質、それと、放射線からもシールドできる体、これって、携帯電話や電子機器の電磁波の影響を最小限にする食事でもあろうと思います。
 カムの宿、いけずご王国は、そんな食の大切さも発信する場所にしたいもの。

 そうそう、最初に書いた血が滞っている原因の電磁波ですが、ちょっと“怪しい”船瀬俊介のインタビュー記事が掲載された「電磁波はメディアの中で最後のタブー」というサイトは参考になるかも。
 もう一つ、秋月医師って、永井博士の長崎大学放射線科での直弟子なんだ!
 

コメント (3)

やりたい若者、いませんか~~~~!?

2018-07-28 22:50:05 | 幸せに生きる

 


 え~~!!秋の雲じゃないですか(@@
 酷暑だけど、夕方には秋風を感じる、そんなことを書いた気がしますが、今日の午後の雲は秋を感じさせました。
 不思議な気候、季節感があるように思います。

 雇われ大会長ですが、ソフトバレーボールの大会があり、開会式、大交流会に参加しました。
 その話題は置いておき、開会式の後、少し前に紹介させていただきましたが、絹の機を絹糸の紬から染料の採集、染め、織りまで一人で一貫して取り組む絹工房の矢野さんを訪ねました。
 彼女の、蚕を飼い、繭作りから着物にまで仕立てる一貫した工程を、一つの地域で完結したい、そこには深いロマンがありますが、そんな思いに共感し、八束町の素晴らしい思いを持った女性と一緒に工房にお邪魔しました。

 気が付けば、お昼を挟んで4時間余り、熱い熱い思いが機を織るように交差し、何かが少しづつ芽吹いていくような、そんな素敵な時間が過ぎて行きました。
 八束町は、戦後の復興期まで島一面に桑畑が広がり、一大繭生産地でもあったとか。
 今は勿論、その痕跡がかすかに残るだけで、蚕を飼う方はもちろんありません。

延喜式の手法をそのままに
 矢野さんの思いの深さは、平安時代に編纂された延喜式に書かれた手法をそのまま現代に写そうとし、昔の手法そのままに、自然と向き合って先端科学を活用するというようなこと(僕から思うと妥協)をせず、手間暇惜しまず機に取り組む姿にあります。
 だから?見る眼を持った方が見ると、彼女の織った反物の白の輝きは別格だというんですね。
 そんな糸紬から機織りまで一貫して取り組む、全国でも数少ない織姫、そんな織姫の繭は、やはりこの地域のものを使って貰い、一つの物語を編んで行けたらステキだろうと思わずにはいられません。
 しかも、僕の宿のある本庄地域も八束町も生糸の一大生産地だったわけですから。


若者に担って欲しい!
 最後に見せて頂いた紫根、平安時代以来、身分の高い方の召し物にしか使えなかったムラサキという植物の根ですが、栽培は困難で、矢野さんの一反の糸を染めるのに“”十万もするという貴重さ。
 ひょっとしたら大根島ででも?合わせて茜の生産も大根島でもできるかも、、、
 夢のような話は、どんどん大きくなっていくものです。

 だれか、そんなロマンを自分の手で、そんな若者が出てこないかなあ。
 やはり、担って欲しいのは若者だよね。
 経済として成り立つにはハードルが高すぎですが、他の生産と合わせていけたら、こんなロマンあふれる仕事はそうないかも。

 やりたい若者、いませんか?

コメント (4)

震源の地、出雲でありたい

2018-07-02 22:24:36 | 幸せに生きる

 車の温度計が38℃を表示していました(><

さつま芋の苗の植え付け作業
 たまたま芋苗植え付けの話になった何人かの人と、よりによってそんな今日でしたが、シルクスイートの苗が出来たので、先日掘ったジャガイモ畝の草取りをして植え付け。
 この畑、お隣に建った診療所のお陰で、冬には日中の多くが日陰を作って地温が上がらず、春先収穫するお野菜はさっぱりですが、夏場には嬉しい嬉しい日陰を提供してくれる。
 まあ、良いこともあるから差引良しとするか、みたいな、それに、特に蒸し暑い今日でも、時たま陽が陰ると少しは過ごしやすいと言えば言えるし、トータルまあ良しとしよう!

 その畑に芋苗30本ほど植え付け、紫蘇ジュースでお茶。
 日陰に感謝、そして、診療所裏の敷地、舗装がしてあるんですが、黙って使わせてもらってのお茶会(^^;; 感謝!

 終ってエシャロットの収穫作業もやりましたが、いろいろな事情が重なって、厳しい結果。
 隣の畝のニンジン、結果的に種取りでもしてみよう状態ですが、なかなか可愛い花、もわもわした中に小さい足のようなものがついたのが種となります。
 女性陣は、お気に入りだったようです。

震源の地、出雲でありたい 
 人間が創った制度、仕組みに、人間自身が追い詰められている。
 これ至言だなあと思います。

 カタカムナの勉強会での講師の言葉でしたが、更に、、、
 そういう中だからこそ?自然の中に生かされているという確信を得た暮らし、生き方を志向しようとする雰囲気やにおいを持った時代が訪れようとしている。
 
 講師は、2012年、世界を主導してきた西洋文明が東洋文明にその座を明け渡した、と。
 東洋文明への転換は、物質至上、経済至上から心の豊かさを求める時代であり、精神の文明が日本から出て世界に蔓延していく時代だろうとも。
 僕は、その日本から出て世界に蔓延してゆくであろうその源の地こそ出雲でありたい、1周遅れのトップランナーとして、精神の豊かさを再び発信できる出雲の地でありたいものだと思います。

教育ではなく共育
 最後に、“いけずご王国”への思いと完全に重なるのですが、学校方式では本当の仕組みを教えられないとの言葉。
 皆で情報を共有してしまうと、自分の見たままを心に映し込み、本当の自然を見抜く力、本質を見抜く力が養えなくなると。
 アナスタシアの教育論とも重なるのですが、人は自ら育つもの、教育ではなく共育なんですね。

コメント (2)

憧れの三砂さん、僕は戦うより楽しみたいなあ

2018-02-17 16:59:15 | 幸せに生きる

 憧れだった三砂ちづるさんにお会いしてきました!
 津田塾の教授なんですが、たまたま数年前に手に取った「女子学生、渡辺京二に会いに行く」でとても共感したんですね。

 渡辺京二は、日本人論の原点とも言われる「逝きし世の面影」などを世に出している思想家なんですが、三砂ゼミの女子学生が6人?渡辺京二を訪ね、自分の卒論を開陳し、その卒論について渡辺京二と議論をした記録がその本。
 その中で、三砂さんが卒論のテーマを決めるのをとことん引っ張る、って仰ってたんです。
 これ凄い!って思いました。

 だから?来た学生のうち一人だったか二人だったか、渡辺京二にそのテーマはあなたの一生のテーマだねと言わせた。
 テーマって、絞って広げ、絞って広げる作業を重ねると素晴らしく深いものになるし、テーマが決まった時にはストーリーはほぼ出来ていることになるだろうと思います。
 安易な妥協をせずに、自らの体験を通してそのことを学生に教える、見事だなあと。

 三砂先生は、「オニババ化する女たち」などでもつとに有名ですが、愛着の問題の調査を進める中で改めて何冊かの本を読み、身体論や出産にかかる保健衛生など、とても共感したものでした。

 昨年末、東京のとても個性的な本屋さんから「相似象」を取り寄せたんですが、同封されていたチラシに三砂先生と島唄のユニット“寿”のナビィさんのトークの案内があり、すぐに電話しました。
 テーマは、「女たちのその後~年をとること、自由でいること」、2年前からジャワに住みついているというナビィさんもメチャはじけた方で、いつになっても止まらない感じ。


 お二人の赤裸々な体験等も語られ、最後は「自己憐憫、罪悪感と戦い続けよう」という閉めだったのですが、僕は戦うのではなく、楽しむ方が良いなあと。
 僕も当然、「自己憐憫、罪悪感」がないと言えば嘘になるんですが、そこも含めて包摂し、楽しむ生き方をしたいと思うようになり、僕の人生は大きく変わってきたかなあと思っています。

 それはそれとして、とても素晴らしいあっという間の2時間、感謝!感謝!でした。


 その前、少し時間があったので、これも楽しみにしていた上野の科学博物館で開催されている「南方熊楠展」に行ってきました。
 これも書きたいことがあるんですが、改めてかな?

コメント

電磁波?何やら今日はスゴイ(><

2018-02-05 21:09:03 | 幸せに生きる

 一日パソコン名前にいたせいでしょうか?
 携帯電話やPCに触ると、指先や掌がジリジリします。

 今日、知人から、長らくPCの前にいるときは、いい水を飲みながら作業する、かならずお風呂に入ってデドックスをした方が良いですよ。
 特にこの時期は、炬燵で電磁波を受ける時間が多くなるし、体に厳しい季節だから体調を崩しやすい、その上、さらに電子機器に長らく接する時はしっかり流すことを心掛けた方が良い、と。
 そういう心がけ次第で、この時期や季節の変わり目に体調を崩すリスクが変わるんだとか。
 それでかな?ジリジリって、電磁波の影響を体が受けているのかも。

 一応、PCには、電磁波をカットするというグッズを貼っているけど、携帯電話は、先日の機種変以来外した電磁波カットグッズをそのままにしているからなあ(^^;;
 1年以上前、同じような感覚があって、電磁波をカットするグッズを貼って使っていました。
 グッズを貼ってからは、それほど感じることはなかったけど、なにやら今日は凄い。


 というのもなあ、任意団体ですが、年間幾つものプログラムを実施している「子どもの発達を考える会」、今年度も社協の助成事業を受けており、助成金を受け取るためには、報告書は必須。
 ということで、今日は朝からさっきまで、報告書の作成でPCの前にへばりついていましたから(^^;;

コメント