見習い百姓のつぶやき

宮仕えも一段落、半農半Ⅹを本格化。農的暮らしとさまざまなⅩを悩んで、楽しんで一歩づつ。

アナスタシアロシアツアー報告会の報告をシェア(*^^*)

2018-10-08 21:21:26 | 幸せに生きる
 昨日、アナスタシアのロシアツアーに参加した方の「アナスタシア~イシスアツミ報告会」が大分で開催されていました。

 参加された田中勤子さんという方が、FBのイベントページに素晴らしい報告会の模様を投稿していらっしゃいましたが、まさに正鵠を射る内容だと感じ、シェアさせていただくようお願いしました。
 実は、アナスタシアのロシアツアーには松江の大谷さんも参加されており、21日には大谷さんの報告会も予定されています。

 その前に、田中さんの報告を一読いただけたら、アナスタシアの思いを更に一歩深く共有できるかもしれないし、大谷さんのお話がもっと深く共有できるかもと思い、田中さんの投稿をシェアさせていただきました。

◇◆◇◆ 田中勤子さんの投稿 ◇◆◇◆ 

1冊の本が、世界を動かしていく。

我らがisis atumiが、ロシアのゲレンジークを訪れ、体感し、帰ってきたばかりのその足で報告会を開いてくれました!

全ての始まりは、1冊の本「アナスタシア」。
ロシアではこれまで10巻が刊行され、日本では今秋、第7巻が翻訳発刊される。現在進行形で本は続き、共鳴した読者が、人生をかけてシフトし、世界を変えていく。
 
読んだことの無い人に、この本を説明するのは難しい。
1つ言えるのは、本は、読む人の為に書かれているということ。
そして、この本は、フィクションかノンフィクションかという問いが、傷付いて疑心暗鬼に生きてきた読者の前に、踏み絵のように立ちはだかる。

けれど、それは問題ではない。軽~く飛び越えていけばよい。
踏み絵を踏む必要はない!
そこを越え、本の間から流れ落ちるエッセンスに浸った時に、自分にとって何が真実で、何を欲しているかということを、自分の感情をもって知ることになる。
真実か否か。それは、読む人が自分自身に向ける疑惑の念。自分を信じること、そうすると、立ちはだかる壁は幻だったと知る。
 
実際にアナスタシアの理念に共感した人々が作ったコミュニティーは、数名~100名程度の規模で現在ロシアに300程あり、その数は増え続けている。今回は、そこで行われている農業の実態や森の学校の視察報告だった。
 
アナスタシアは、1ヘクタールの土地に、家族が自給していける、果樹と作物を育てるとよいと述べる。
舌下に含んだ一粒の種が、その人にとって必要な、唯一無二の栄養素をもった実をつける。それが何代もの子孫に受け継がれていく。
 
そうした、農業や、子育てに関する叡知(これまで地上のどこでも教えられてはこなかった!!)が、本には余すことなく語られている。
でも私の回りには、すでに実現してる友人がたくさんいる!!
美味しくて安全なお野菜を届けてくれるほおのき畑さんや、農園てとてさん。千歳の菊さまや、住んでるところがまるでロシアな飯田の山本家、来鉢の三浦家なんて本当にすごい!
家族と地域を大切にして、コミュニティーを人生をかけて作っていて、そんな人達と繋がれていることを誇りに思う。
 
そして、「山の灯徒ひとり」としては、、絶対にはずせない、2巻の最後にドルメンについての記載があった。今回の視察にドルメンが入ってたことを神に感謝する!!
 
ロシアのドルメンは、1万年以上前に意図して作られたという。生きて中に入った女性は転生の権利を放棄し、訪れる子孫に古代の叡智を伝える。ロシアのドルメンについて知ることは、日本の古代の叡知に光をあてることと同じ。
 
最後、ほんの数名で語り合ったけれど、本宮山の頂上にある古代祭祀場であるイワクラを、地図でまっすぐ北に伸ばしていくと、古宮古墳がある。ここは、石造りの石室がまっすぐ本宮山にむけて開口部をもつ。見えないはずの本宮山にむけて…。これは凄いことだと思う。ロシアでは、一万年の間省みられることのなかったドルメンだが、日本では現代と古代とが有機的に繋がっている。
 
古墳や、支石墓やストーンサークルなどが「何のために」あるかという研究がある。太陽を観測するために、天体を模すために、、(あえて墓とは書くまい…)。では、「何故」、太陽を観測する必要があったか、何故、天体を模す必要があったか、というところに立つと、いつも迷宮に入ったような気になる。けれど、訪れた者にだけに知らされる。だからこそ、何度も何度も訪れてしまう。迷宮こそが答えである…と言ってしまったら語弊があるけど、私は喜んで迷宮に入ろう。
 
アナスタシア・ジャパンが選んだ、日本での11名の本気の開拓者に、この大分からイシスさんが選ばれたこと、、この責任は重いな~と思います。庄内の呼吸する村(アナスタシア的森の学校とコミュニティー建設の実現)になにかしら関わって行きたいし、自分の出来ることは何だろうなって考えたいです。
 
でも、今日、ドルメンの叡知と繋ってわかったことは(会の後半から、会場はドルメンと繋がっていました!)、個が叡知と繋がること、つまりは個が幸せであることが、最速最善な現実をつくるということでした。
なので、各自自分の本願を貫くということが、鍵だな~、そして、迷宮には喜んで入るべし!!
 
以上、報告会の報告会おわります(笑)
にしても、本を1冊しかよんでない、若しくは1冊も読んでない!という人の多かったこと・・。イシスさんの熱量だけに感化されて飛び込んだのだとしたら、勇気がありすぎる。。(笑)
 
けれど、まったくその熱量が、世界を動かすし、それが重要なエッセンスなのです!
 
そして、期待して本を読んでも、期待を裏切らないのが、この本の本質です(^^)!
コメント

体外受精って?

2018-09-13 21:14:43 | 幸せに生きる

 いつ苗を植え付けたのか?
 確か、4カ月以上は経っている筈だよなあと思い、さつま芋を試し掘り。

 さつま芋って、苗を植え付けてから110日から150日が収穫期と言われています。
 収穫の目安は20cmから25cm、大きくなりすぎると美味しくなくなるのだとか。
 で、今日のお芋ですが、蔓と葉っぱの勢いは凄かったけど、肝心のお芋は、、、、


 本格的なお芋掘りは、あと2週間後くらいでしょうか (#^^#)

体外受精って?
 今朝の地元紙の社会面に気になる記事。
 「体外受精 18人に1人誕生」、「晩婚化・不妊背景に」との見出しに背筋がス~~ッとしました。
 1802年に10億人だった世界の人口は、2015年には73億人と推計されていますから、全体から見れば晩婚化や不妊を背景とした体外受精を必要としている社会は健全ともいえるかもしれません。

 戦争や飢餓、疫病など、全体で生態系としてバランスがとられようとしているその一環と見るならばとの意味では、それはそれで有り得るかもしれないと思います。
 しかし、そもそも体外受精って自然の摂理から外れているんじゃないかと考えると、とても複雑。
 ヒトは、自然の摂理にどこまで踏み込んでもいいのでしょうか? 

コメント (2)

AI時代を生きるスキルとは?

2018-09-01 21:03:47 | 幸せに生きる

 盲導犬がこんなに集まったところを見たことがない!ってボランティアの女性が仰っていました。
 確かに!いろいろな会に出席させていただきましたが、10匹以上って、初めてかも。

 今日は、全国盲女性研修大会のボランティアスタッフで一日を過ごさせていただきました。
 一つだけ気になったのは、よく知っている県職員の方が偉くなられた?来賓か何かでおいででしたが、片手をポケットに突っ込んでスタッフと立ち話。
 我が身を振り返って、あんな格好していた時があったかもと冷や汗ものでした。

今さら一面記事?
 今朝の地元紙の一面に“中高生ネット依存93万人”“5年で倍増 スマホ普及背景”との記事が掲載されていました(リンクは要旨です)。
 その後には、依存疑いさらに多くと続き、最後に紹介する社会面にもさらに大きく取り上げられていました。
 現職時代、自身のテーマの一つで研修会や講演会、視察などを重ね、議場でも取り上げてきましたが、この調査結果はある程度予想されたこと。

 今さら、一面記事?って思いがないことはない。
 ただ、ネットやスマホが一つの基軸となって社会が動いているから、子どもに責任を転嫁するのは可哀想。

AI時代を生きるスキル?
 このネット依存問題で、気になっていることがあります。
 過日の“いけずご王国”のイベントの際、ゲストの一人が、ネットやゲームが大好きな自分の子どもに聞いた際、そんなのはちゃんと自己管理できるから大丈夫と言った、とことんやらせるのも良いのでは?との発言。
 僕は嫌だけど、それはそれでいいかも、これからのAI時代を生きるのに、そういうスキルは好き嫌いではなく必要不可欠と言えば言える。
 この子のように、分かった上で自己管理ができるのであれば。

 僕も、トランプゲームにはまった時期があり、未明までやってしまうと、翌日ボーっとした頭の中で、マウスでカードを動かしている自分がいて、おっと(@@ これはやばいと思ってやめました。
 メールもそうで、即レスと思って依存症?それとも一歩手前?まで行きました。
 様々な体験を積み重ね、もっと楽しいこと、もっとワクワクしたことがあると体感している子は問題ないけど、経済に絡め取られている子どもは大人になってそこから脱出できるのか?
 東京の電車を見ていると、そう簡単なことではないと思うのですが、どうなんだろう?

 最後に、社会面の記事も掲載しおきますね。

コメント (2)

流れに身を任せる

2018-08-19 21:04:02 | 幸せに生きる

 以前にも同じような言葉を使ったように思いますが、この色って本当に妖艶です。


 畑で水遣り、草刈りを終え、自動車道から夕焼け空を見ながら帰ってきました。
 帰り着いた時もまだまだ、ひょっとしたら一番いい時間?
 比較的空が開ける9号線まで走りました。


そもそも不幸という用語は存在しない
 今読んでいる本に面白いことが書かれていました。
 幸せは、人として当然の状態だと。
 不幸は漢文で読むと「幸せにあらず」で、そもそも不幸という用語は存在しない。

 これ凄いと思いませんか?
 単語が存在しないことは現象としても存在しない、幸せこそがナチュラルであり、不幸は間違いに過ぎない(@@

 宇宙は、ビッグバン以降膨張を続けている、つまり、全て前向きに進んでいる。
 後ろ向きの不幸は乗っている自分の船の中だけで、船の下の川の流れは幸せに幸せに流れている。
 不幸だと感じた時には、力を抜いて、流れに身を任せることだと。なかなかできないけどね。

コメント (2)

長崎原爆に学ぶ~塩と味噌を摂ろう!

2018-08-12 09:40:19 | 幸せに生きる

 今夜は、8/26日に開催する“いけずご王国”キックオフイベントの最後の打合せ会。
 明日の朝の水やりもあるし、今夜はそのまま新庄のカムの宿(同所にいけずご王国)でお泊り。
 “池月”を飲みながらPCに向かっています。

血が滞っていますよ
 5年も前になりますが、中山さんの施術を受けだした当初、携帯電話をズボンの右ポケットに入れていたんですが~勿論施術中は携帯を預けているけど~ズボンのポケットから出した方が良いと。
 えっ!何でわかっちゃうの?今、入れてないのに、、、
 続けて、電磁波の影響で右の腰や太もも辺りは血が滞っていますよ、って.
 ギョッ(@@
 以来、なるべく体に直接触れない場所に置くことを心掛けていますが、血が滞ってる!?

秋月辰一郎医師
 東京の知り合いから、永井隆はご存知ですか?とのメールが来ました。
 そこには、“長崎原爆 被爆医師の放射性物質対策を見習おう!”というサイトのURLが記されていました。
 この時まで永井博士は雲南市三刀屋町の出身だと思っていましたが、松江で生まれたんだ!
 それはいいとして、URLは、直接永井博士の“放射性物質対策”と関係があるわけではなく、以前、興味を持って読んだ秋月辰一郎医師の実践的体験論なんですね。

 この話は、秋月辰一郎著「長崎原爆記」の第4章“死の同心円”に書かれています。
 秋月医師の診療所は爆心から1.5キロ、ここで被爆した入院患者、診療所スタッフ、治療に通ってきた患者の中から原爆症の患者が1人も出なかった(@@
 あり得るの!?って感じだけど、その秘密は、長崎のストックとして地下に眠っていた味噌醤油、玄米、塩、ワカメなどだったんですね。

塩むすびと塩辛い味噌汁
 秋月医師は、この著書の中や「体質と食物」の中でミネラル栄養論を唱えていらっしゃいますが、味噌醤油、玄米、塩ってその中心。
 特に、患者やスタッフには塩で握った玄米おにぎり、塩辛い味噌汁を摂らせていました。
 生活習慣病対策で減塩って言われているけど、精製しない塩って大切なんですね。
 それと目っきり食べなくなった味噌汁。

 こんな食事は、造血機能や細胞を回復させるし、成人病(生活習慣病)の予防効果が高いとも書かれています。
 ついでに、砂糖は身体によくないとも。
 癌などになり難い体質、それと、放射線からもシールドできる体、これって、携帯電話や電子機器の電磁波の影響を最小限にする食事でもあろうと思います。
 カムの宿、いけずご王国は、そんな食の大切さも発信する場所にしたいもの。

 そうそう、最初に書いた血が滞っている原因の電磁波ですが、ちょっと“怪しい”船瀬俊介のインタビュー記事が掲載された「電磁波はメディアの中で最後のタブー」というサイトは参考になるかも。
 もう一つ、秋月医師って、永井博士の長崎大学放射線科での直弟子なんだ!
 

コメント (3)