野良猫岡山の糖尿病・奮闘記

糖尿病治療中の36歳です。6年目。糖尿病、糖尿病性神経障害、糖尿病性ケトアシドーシス、高脂血症、慢性膵炎、肝機能障害など

カロリー制限、やっぱり長寿に効果 論争に終止符

2017年01月18日 | ブログ

 カロリー制限はやはり長寿に効果がある、とする研究結果を米国の二つの研究チームがまとめ、17日付の英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに発表した。両チームは1980年代後半からアカゲザルで実験を続け、効果をめぐって相反する結果を発表。両チームが共同で実験データを再解析し、「効果あり」で結論が一致したという。

 二つの研究チームは米国のウィスコンシン大学と国立加齢研究所。いずれも、好きなだけ食べさせる集団と、それよりも摂取カロリー量を3割減らした集団で生存年数などを比較する実験をしているが、大学は2009年と14年に「効果あり」、研究所は12年に「効果はなかった」と発表していた。

 今回、両チームで15年7月までの互いの実験を比べると、カロリー制限を始めた年齢が大学は大人の7~15歳なのに対し、研究所は1~23歳と幅広かった。このため、研究所のデータについて、実験開始時の年齢を若年(1~14歳)と中高年(16~23歳)に分けて改めて解析すると、若年でカロリー制限を始めた場合は寿命が延びる効果はみられなかったが、中高年で始めた場合は効果がみられ、特にオスは平均寿命の推計が全体よりも9歳ほど長い約35歳だったという。

 また、両チームの解剖データを調べたところ、開始年齢や性別にかかわらず、カロリー制限をしたグループのほうが、がんの発生率が15~20%ほど低かった。糖尿病や脳卒中など加齢に伴う病気も、より遅く発症していた。

 東京都健康長寿医療センター研究所の石神昭人研究部長(老化制御)は「論争に一つの終止符が打たれた。約30年に及ぶカロリー制限の研究データは、人間にも置き換えることができそうだ」と話す。(小川裕介)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170118-00000025-asahi-soci


 

今朝の血糖値です。141(mg/dl)です。まぁまぁかな(´・ω・`) 10~20(mg/dl)はすぐ前後するし。


カロリー制限で長生き!元気!・・・。

先日、病院に検査。患者さんはストレッチャーで処置室に。目の前を通り過ぎていった。2Fの糖尿病専門診察室はCCU・救急外来等の患者さんが通り過ぎる通路に待合用の椅子がある。

患者さん男性・90歳前後、付き添い女性・90歳前後車椅子。典型的な”老老介護”なんしょうが・・・。きついな・・・。

まぁ、子供たちにも迷惑掛けたくないと。老々介護。されど、病気は待ってくれず。悪化すれば入院患者です。

 

(´・ω・`) う~ん。俺もなー、将来がー、下手に長生きしてもなー。

元気よく”ぽっくり”逝きたいな~。

重篤糖尿病患者バツイチ独身年金不要論者なら。60歳前後で(´・ω・`) はい。あと26年後・・・。


また更新します。皆様もご自愛ください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 糖分よりアルコールと脂肪分... | トップ | 正しい朝食時間 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (とほッ)
2017-01-19 00:27:55
はじままして。
<<元気よくぽっくり”逝きたいな~>>
そうなりたいですね・・
<<カロリー制限で長生き!元気!>>
て、言われても、糖尿の者が病院の推奨するカロリー制限の食事したら血糖値爆上りしますがな。。とほほ・・

ブログ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事