野草(イエツァオ)なくらし!

文京区改め金生町で草をアートし売り、食べています

もしかして

2019-01-19 21:31:44 | 公共事業

 

向山古墳の向かい側あたりの金生川河川敷が大きく掘り起こされている。

以前の工事のセメントが現れているが埋まっていたのだろう。

ちようどカーブするあたりなので大水のとき土砂がたまったようだ。

近くに河川敷の降り口があるが夏には草が生い茂り踏み込むことができない状態だった。

現れたセメントを見ると降り口から歩いて河川敷を楽しむ計画で作られたようだ。

大水が出たときの威力はすごいが何とか夏でも降りられるようになる工事をしてもらえればと思った。

コメント

遺跡発掘だった

2018-12-11 21:47:12 | 公共事業

 

川之江庁舎が解体されると今まで隠れて見えなかった建物が見え始めた。

解体は終わったがなかなか工事が始まらない。

それでも何かは始まっているようで地面が掘られその土がそばに大量に置かれている。

土の部分がブルーのシートで覆われ働いている人の動きが通常の工事現場とは違う。

盛られた土。

近づくと向山古墳見学の時の学芸員さんが働いている。

工事の前に遺跡発掘をしているようだ。

発掘現場を始めて見た。

道具を使い手作業で土を薄く削っている。

盛り土は手作業で掘った土のようだがすごい量だ。

きれいな穴があるので学芸員さんに聞くと柱の穴ではないが何かのために掘った後だと言っていた。

掘った後埋めると断層が途切れているのでわかるのだろう。

キレイに続いている断層。

須恵器が発掘されたり川の跡があったりしたと作業員さんが言っていた。

どんな建物が建つのかも楽しみだが思わぬ発掘の現場を見学でき大きなおまけつきだ。

また見学に来よう。

 

コメント

川之江ふれあい交流センター

2018-07-05 22:08:31 | 公共事業

 

私の思い違いで川之江市民センターの広場の桜の大木を切った後に建った川之江ふれあい交流センターへ行ったので偵察。

中へ入るとシンとしているが人の気配はある。

職員室で聞くと貸館とのこと。

広い空間は子供の遊び場のようだ。

2階では展覧会が開かれているが人は居ず。

天井は凝っていて前方には和室が見える。

金生川がみはらせるベランダには焼き物道具が置かれている。

立派な施設ができたようだ。

川之江市民会館側へ行った。

入り口のドアまで行くのに立派な階段があったのを壊しサクラの大木を切り倒して川之江ふれあい交流センターは建てられた。

文京区暮らしでは不忍池の空間に救われた思いがある。

不忍池を埋め立て駐車場にする計画があったが池を守りぬいた人たちがいた。

金生町暮らしでは妹のきんかんの運転で時々行く愛媛県美術館前のお城を遠望できる広場に貴重な豊かさを感じている。

ネットで調べると”川之江公民館、川之江児童館、川之江老人憩いの家、川之江老人つどいの家の施設機能及びかわのえ高原ふるさと館の貸館・講座機能を集約した施設として整備され、4月2日から供用を開始いたします。

集約された各施設が行う事業のほかに、貸館としても運用いたしますので様々な活動にご活用ください。”と書かれていた。


駐車場は信号がある道路を隔てた場所にあるが駐輪場やバイク置き場はまだ工事中。

 

 

コメント

旧川之江市庁舎解体進む

2018-06-25 21:51:24 | 公共事業

先日妹のきんかんがくるなり暗い顔をして”不気味だった”と言った。

旧川之江市庁舎の解体現場をもろ見たようだ。

懐かしい建物が壊されるさみしさもあったとは思うが建物が大きいだけに不気味さはひとしおだ。

幸い解体現場が見えるのは人通りの少ない道路側でよかった。

交通量の多い道側はきれいなビルが建っているイメージの覆いがされている。

こちらの道をよく通るが怖いもの見たさで行ってみた。

一か月ほど前にこの角度から写したが解体初めでまだこの不気味さは感じられなかった。



 

コメント

思わずいいポイントが・・

2018-05-29 22:12:24 | 公共事業

先日川之江文化会館で開かれた尾藤二州顕彰会の総会へ行ったとき写したが文化会館は解体されている旧川之江市庁舎の裏側に建つので前回写した道路側とは違う角度で見られた。

2階に上がり目の前に解体工事現場が現れたときは驚いた。

道路側より工事現場で働く人たちに気を使いながら写すよりいいポイントが見つかった。

文化会館の2階では書展が開かれスズランの花とよく似た木の花が生けられていた。

名前はスズランの木だそうな。

スズランの木の花を始めてみたが名前を聞いて笑ってしまったが教えてくれた人も同じような笑いをしていた。

初めて見る花に遭遇するのは嬉しい、会場でもう一種目を引く花が生けられていた。

コデマリの一種だそうだが名前はわからず。

花びらがなんとなくうすピンク色で可愛かった。

二州顕彰会総会は財政難に陥ったようでいつもより催しが少なく勢いはなかったがいろいろと新発見があり参加してよかった。

 

 

 

コメント

新設道路完成

2018-05-25 08:57:30 | 公共事業

私が金生町暮らしを始めた1年前ごろよりギャラリー作唯の前の新設道路工事がはじまった。

終点は1キロほど先の川之江高校前の道路だ。

やっとというかとうとうというか無事開通。

開通したばかしなのに眺めると昔からある道路のような感じがした。

 

3月に川之江高校前の道路とつながる最終工事終わった時点で完成。

旧道とつながる場所。

少し移動させられたが川之江新四国札所の社が以前の面影をしのばせてくれる。


コメント

川之江庁舎解体

2018-04-20 09:01:22 | 公共事業

桜も同じだがツツジも花が咲き始めるといきなり華やかな雰囲気になる。

川之江庁舎解体工事が始まっているがツツジがきれいに刈り込まれているので川之江市民センターの敷地に新築工事のため無残に切り倒された桜のようにはならないみたいで一安心。

それにしても人がいない建物は魂が抜けてしまった死体のようだ。

ひときわツツジの花の華やぎが感じられた。

昭和32年7月建設の川之江庁舎解体始まる。

コメント

予定変更

2018-03-22 21:41:39 | 公共事業

文京区の花の店野草(イエツァオ)で開いていた野草(イエツァオ)展とクラフト展(家塚尾グループによる)を金生町暮らしを始めギャラリー作唯で引き続き開いている。

初めのころはギヤラリー作唯の前は道路新設中だった。

その頃より幼馴染は遠方より泊りがけで見に来てくれている。

その新設道路が全線もうすぐ開通だ。

本来だと山小屋に咲くカンピザクラ見物に行くはずだったが満開に遭遇したものの天候には恵まれず雨で中止。

泊り客とは10:00分クラフト展(イエツァオグループによる)を開く前に散歩を楽しむのが恒例だ。

次回来てくれた時には全線開通になっているはずの工事見物に予定変更。

白い家の右側が旧道。

川之江高校の前の道につながれば完成だがその工事中。

川之江高校の塀は2メートルほど内側に新設され新道に入るあたりはかなり広くなりそうだ。

いつもはバイクで走りすぎるが傘を差し雨靴をはいて友達とのそぞろ歩きでは目線が違ってくる。

淡い黄色の花が美しい。

ミズキの類のようだ。

庭先にはライラックが開き始めていた。

かおりのいいヒイラギナンテン。

赤いバラの芽吹きときれいな緑のカラスノエンドウの対比が鮮やかだ。

予定では新設道路終点で引き返すつもりだったが懐かしい川之江高校グラウンドに行くと裏山に行きたくなった。

ついには山越えして山田井橋へ。

橋から眺めると前日の雨にも関わらずカラシナの花が咲いているところへは行けそうだ。

河原へ降りて菜の花を採ってくる。

きになっていた空き家の庭に咲く椿の花見物もした。

楽しみにしていたカンピザクラの花見はできなかったが新設道路見物、春の花たちを楽しんだりと友達は喜んでくれた。

会場を開く前ほんの一時間ほどの散歩だったが一日遊んだ気分。

 

 

 

 

 

 

コメント

もしかしていい空間に

2018-03-04 22:23:34 | 公共事業

文京区暮らしより金生町暮らしになり10年が過ぎた。

我が家が新設道路にかかったことによりもろもろの事情で始まった金生町暮らしだがその新設道路が目的地の道路につながった。

まだ工事中だが今日は工事が休みのため舗装はされてないがまっすぐにバイクで走った。

今までは曲がりくねった細い道をゆっくり走っていた車も気持ちよさそうやってくる。

完成すればかなり幅の広い道路になるみたいだが我が家の前から2キロ足らず、後は従来の道になる。

交通量の多い道とは直接つながってなく広いわりには交通量は少ないと思う。

遊歩道も広いしいい空間になりそうだ。

 

コメント

完成まじか

2018-02-13 21:47:50 | 公共事業

ギャラリー作唯前よりの新しい道路が金生橋につながり橋の補強工事を終え川之江高校脇を通り前の道路へ続く最終工事が始まっていた。

高校の新しい塀や歩道も現れた。

今は立ち退きになった場所を道路にする工事中だ。

それにしても一年前に川之江高校前の道が見えもうすぐ完成だと思ったが200メートルほどの距離にもう一年以上かかりいまだ未完成。

 

金生橋を渡った場所より写す。

このあたりの風景は全く変わってしまった。

よく行く図書館へはバイクで快適に行けるが。


 

コメント

一年たてば

2018-01-06 22:12:51 | 公共事業

一年前市民会館川之江会館の前に植わっていた桜の大木が切り倒され撤去されたので川之江会館が建て替えられると思っていたが市民会館は建て替えられず元のままで完成ではないが並びに新しい施設が建った。

同じく並びに建つ紙の資料館より写す。

反対側に回ると川之江市民会館の側面に前にはなかったがチンケナ階段がつけっれていた。

川之江市民会館と新しい施設の間は狭い。

まさかと思うがこの階段が市民会館への入り口かもしれない。

以前は桜が植わっていた広場より立派な階段が付き優雅な気分になりながら登ったのに。

新しい施設、川之江市民会館、旧図書館。

の先は国道11号線。

新しい施設の玄関前のスペースが狭い。

前の道は栄町へと続く。


新しい施設、川之江市民会館、紙の資料館と続く。

道路は金生川に沿ってあり国道11号線に出る。

切り倒された桜と同じ時期に植えられたと思う桜が3本残っているが枝が切られ元気がない。

切り倒された桜は見事に咲いていたのに。

去年のクラフト展(イエツァオグループによる)野草(イエツアオ)展では切り倒された桜の大木の根っこで作品を作ることができたがその代償を払って建てられた建物群はちぐはぐで息苦しい。

周りにどんな植物が植えられるのだろう。




 

 

コメント

ミキャンガンバレ

2017-12-12 17:17:06 | 公共事業

やっと川之江高校の塀が取り除かれた。

4月に古い塀があるときにもう新しい塀ができていたのになかなか工事は進まなかった。

工事現場のミキャンのしきりに心和む。

そうかここは県道になるんだ。


1月に法皇山脈側から川之江高校の前の道が見えたときより一年近くかかっている。

200メートルほどだと思うが。

もうあと少しだ。

ミキャンガンバレ。。



 

コメント

すべて元のように

2017-07-27 21:38:03 | 公共事業

山田井橋補強工事のため河川敷につけられた道路はまだ草たちに侵略されることなく鮮やかなグリーンの中に残っていたがそのうち草で覆われるだろう。

橋桁の下がブロックで補強されていた。

従来なら補強されているあたりを水が流れているが流れを迂回させている(左に少し写ってている)。

迂回して流れる水。

大雨が降ったときは工事された橋の下を流れていたのでそのうち元の流れになるだろう。

掘り起こされた土からは夏草が力強く茂っていた。

元の流れになるとこの場所は流れの真ん中で今しか写せない風景。

工事中の山田井橋




コメント

川之江高校の塀は・・

2017-04-24 22:22:21 | 公共事業

川之江高校の塀が道路拡張のため撤去されることは知っていた。

まじかまで工事が進んでいるにもかかわらず元のまんまだ。

いつから工事が始まるのだろうと思いながら通っていたが新しい塀と門はもう出来上がっていた。

スッキリとした新しい門。

新旧の塀。

古い塀に沿って駐輪場があったが徒歩通学だったのであまりなじみがない。

外塀に沿う側溝は蓋がされるだろう。

長年の風雨にさらされた塀の模様は趣がある。

痛々しい箇所もあり。

神社仏閣、公共施設は時代に流されることが少ないと思っていたが川之江高校の塀も車社会の波をもろかぶてしまったようだ。





 

コメント

先が見えたが

2017-01-29 22:38:55 | 公共事業

金生橋拡張工事に続き川之江高校前の道に出るための工事ははかどらない。

それでも昨日通った時川之江高校前の道に通る車が見えて感激。

バイクは通れるが旧道は一部片道通行で車は不便だった。

まだまだ通れるまでに時間がかかると思うが先が見えたというのか一安心。

便利になるが拡張工事のためかかわった道路沿いの人たちは長い間いろんな心労があったことだろう。



 

コメント