もとむら歯科通信

きょうも元気で、おいしく食べる事ができますように!
あなたにとって何か素晴らしいことが起こりますように。

新しい仲間を募集しています♪

2018-11-29 09:28:06 | もとむら歯科

久留米市の歯科、もとむら歯科院長の大石です

 

もとむら歯科では、歯科助手・受付の求人をしています

「みんながHAPPY」 が合言葉の、女性ばかりの明るい歯科医院です。

チームワークと、コミュニケーション、そして個性を大切にしています

 

スタッフはみな、毎日イキイキと仕事をしています

経験がなくても大丈夫 しっかり勉強会の時間をとって、お教えします

食事会慰安旅行バーベキュー誕生会などの楽しい行事もいろいろありますよ

週休完全二日 土曜日は13時までとなっています。

 

協調性があり、生き甲斐を持って、自分らしく楽しく仕事がしたい方

人の役に立つことが好きな方

学ぶことが好きな方

そんなあなたをお待ちしています

 

応募希望の方は、ハローワークを通してご連絡下さい。

お問い合わせは、

0942-43-8241 もとむら歯科医院 大石まで

 

素敵なあなたに会えるのを楽しみにしています

 

 

 

 

 

 

コメント

2018 社員旅行★

2018-11-05 19:10:39 | もとむら歯科

こんにちは 衛生士の石橋です

先日 社員旅行に行ってきました

新幹線で行く まさかの

日帰りユニバーサルスタジオジャパンへの旅(笑)

 さぁ モタモタしていられませんよっ

朝6時発の 新幹線で出発です(笑)

新大阪駅から在来線に飛び乗り

ついに来ました USJ

まずは ミニオンパークへ

 

街全体がミニオンだらけー!!

ミニオン・ハチャメチャ・ランドのすっごい楽しいアトラクションでした!

 

それから いくつかの人気定番アトラクションも充分楽しんで

あっという間に夕方に

 

すると、街が一転し、おどろおどろしい雰囲気に

ハロウィンのイベントで 街の通りにはオバケが次々と現れました

キャァーキャァー悲鳴や 子供たちの泣き声も響くなか

なかなかない特別イベントまで充分に楽しみました

そんな一日を惜しみながら USJをあとにし 駅へ向かったのでした

帰りの新幹線の久留米駅着は なんと23時(笑)

さすがに新幹線の中では 皆 爆睡(笑)

弾丸でしたが 院長 楽しい旅行をありがとうございました

コメント

H30.8月の誕生日会☆

2018-09-05 11:20:19 | もとむら歯科

こんにちは 衛生士の石橋です

この夏は 天気予報でよく『久留米』の地名が聞かれています

なんと 久留米が全国1位 もしくは2位の気温の高さの日があるらしいです(笑)

毎日暑いなぁと思ってはいたものの こんな最高位はいらないですね

 ということで 先日 涼を求めて滝に行ってきました

熊本 夫婦滝

朝陽が差し込み 見事な光芒を見ることができましたぁ

ありがたや~ です

 

 さて、もうひとつ ありがたや~なイベント

8月のお誕生日会を先月開いていただきました

8月生まれは 院長と私です

季節のフルーツ イチジクを使ったチョコケーキと

皆が作ってくれた 心温まるコメントたくさんの色紙

何回いただいても ほんとに ありがたや~です

これからも 院長 スタッフのみんな よろしくお願いします

ありがとうございました

 

 

コメント (1)

もとむら歯科 祝☆26周年

2018-08-10 14:45:46 | もとむら歯科

こんにちは 衛生士の石橋です

毎日猛暑が続いています

 先日 わが町の一大花火大会

第359回筑後川花火大会 が開催されました

今年も本当にキレイでした

 

 さて、当院も先月にめでたく開業26周年を迎え

久留米市内にある 『和ダイニング ひらかわ』さんで

技工所DENTICさんとお祝いをしました

 

8月は院長もお誕生月

おいしいお料理に 大きなケーキ

そして ご主人からいただいた 誕生日プレゼントのサングラスをして

いつも以上にテンション高めの院長でした

 

 私たちがこうして患者さんのお口の健康に貢献できるのも

ひとえに来院してくださる患者さんのおかげです

これからも 当院もとむら歯科医院を スタッフ一同よろしくお願いいたします

 

 当院は明日11日祭日、日曜日の休診のほか

8月13日~15日まで、お盆休みをいただきます。

その間の急な応対は、休日当番医さんをご来院くださいね

 

 

コメント

7月3日の診療について

2018-07-03 09:25:13 | もとむら歯科

院長の大石です。

台風7号が九州北部に接近しています。

そのため本日7月3日(午前9時現在)の診療は、午後休診とさせていただきます。

 また、午前中もとむら歯科へお越しになる際、およびお帰りは、細心のご注意をい

ただきますようお願いいたします。

予約の方も、通院が危ないと判断されましたら、無理をされず、

キャンセルの電話をお願いいたします。

 

 

コメント

力のコーディネーター入門コース2018

2018-05-28 10:29:31 | もとむら歯科

こんにちは 衛生士の石橋です

本日より 九州北部は梅雨入りしたようですが

先日 朝倉にゲンジボタルを見に行きました

 昨年の大雨で ホタルの鑑賞ポイントは減ってしまいましたが

それでも優しい光で 水辺を照らしてくれていました

 

 さて、5月27日(日)に 天神クリスタルビルにて 

「力のコーディネーター入門コース」が開催されました

 当院に来院された方は ご存知とは思いますが 私たちは患者さんの

「体をゆがませる よくない生活習慣を気を付けていただくお手伝い」

毎日の診療の中で取り組んでいます

咬合療法で理解できたことや アドバイスなどを

筒井先生や 他素晴らしい講師の先生方とともに

私とスタッフTも お話しさせていただきました

 当院スタッフは 毎年受講させてもらっていますが

このセミナーは 初心者向けコースのため 

ひとつでも多くを習得しようとされている皆さんの真剣さが

バンバン伝わってきます

 私たちもそれにこたえられるように 講演はもちろんですが

会場セッティングの不具合などにも くまなく注意していきたいと

あらためて思いました

 そして、今回は私たちにも大変有意義な時間となり

機会をくださった 筒井照子先生

また役員の先生方 本当にありがとうございました

 

コメント

H30.3月のお誕生日会☆

2018-04-05 09:01:45 | もとむら歯科

こんにちは 衛生士の石橋です

 今年は桜の開花とともに 晴天に恵まれ

各地で 春らしい景色に出会えたことと思います

久留米近郊にあります 朝倉市筑前町の 草場川の桜並木のライトアップ

穏やかな水面に写りこむ満開の並木に 今年も感動をいただきました

 

 さて、先月のお誕生日会です

今回の主役は 3名

受付・助手のKさん 歯科衛生士のKさん Tさん

  

向かって左から 年齢順に並んでおりますが(笑)

助手のKさんは 何事にもチャレンジする意欲満々で 可愛い笑顔にいつも癒されています

 また、歯科衛生士Kさん Tさんは ほぼ同期入社のベテランさんで

家事・育児も立派にこなしながら 日々の衛生士業務もバッチリ

本当に見習うところだらけです

 こんな元気なメンバーの揃う当院で

患者さんにも元気をお分けできたらいいなと思っています

 誕生日 おめでとうございました

 

 

 

 

コメント

H30.2月のお誕生日会☆

2018-03-10 09:48:50 | もとむら歯科

こんにちは 衛生士の石橋です

 もとむら歯科のあります 久留米市の 梅で有名な 梅林寺では

梅の花が 現在見頃を迎えています

かわいいメジロちゃんたちにも会えますよ

 

 さて、先月末に 2月のお誕生日会 を行いました

今回の主役は 受付助手のTさん

 

 もとむら歯科の窓口として いつも穏やか朗らかに 

患者さんだけでなく 私たちスタッフにも応対してくれ

本当に 癒しの存在です

仕事もがんばり 遊びも満喫 まだまだ楽しく過ごします

と 笑顔で決意?表明してくれました(笑)

なお 笑顔溢れる楽しい一年にしてくださいね

 

 また、二月は もとむら歯科がいつもお世話になっています

コンサルタントの鈴木さんとご一緒に お食事会もありました

皆で 和気あいあいのごはん 本当に美味しいですね

以上 にぎやかな二月の ご報告でしたーー

 

 

 

コメント

H30.1月のお誕生日会☆

2018-01-26 16:11:54 | もとむら歯科

こんにちは 衛生士の石橋です

毎日 本当に寒いですね

 もとむら歯科があります、ここ久留米市では

例年に比べ 気温の低さだけではなく

珍しいことに積雪も多いです

先日の寒い日 高良山にあります森林公園へ行ってみました

一面真っ白 というほどはありませんが

それでも なかなか見ない雪に

ワクワクしましたっ(笑)

 

 さて、今年初の 誕生日会 を行いました

今月の主役は 衛生士Oさん 衛生士Tさん

若い力で当院をグイグイ引っ張っていってくれる

頼もしい存在です

 

 ふたりは入社の時期も近く お互いに切磋琢磨しながら

日々がんばっています

これからの二人の活躍を 変わらず応援しています

お誕生日 おめでとうございました

 

 

コメント

2018年スタートです☆

2018-01-06 17:27:26 | もとむら歯科

皆さま 明けましておめでとうございます

衛生士の石橋です

 いよいよ新しい年がスタートしましたね

今年は三が日まで そこそこお天気が続き

お休みの皆さんは 初詣などお出掛けたくさんいかれたでしょうね

 私はというと 三が日中に満月も重なり

以前から行きたかった 熊本 宇土の御輿来(おこしき)海岸

月明りに照らされる砂紋を 撮影しに行ってきました

満月の静かな夜に浮かび上がる 波が自然が作り出した曲線

本当に素晴らしかったです

 

 さて、今回は 私事ばかりなのですが

いつもお世話になっております

歯科他医療製品を主に手掛けてあります (株)モリタ 様

昨年春頃に本年度分カレンダー用写真を募集されていまして

当院院長のススメによりチャレンジしましたところっ

508枚の中から 5月分に北九州の河内藤園の藤のお写真を選んでいただきました

『100年後に残したい日本の風景』というテーマでした

モリタ様から 立派な写真立てもいただき

箱を開封した瞬間に感動してしまいました

 

 院内にそのカレンダーが飾られてある歯科医院さん

。。。少しフライングしてしまい 見頃が早すぎて

結果GW中に短期間で二回も通い(笑)

早朝から並んで やっと撮影できた努力の一枚です(笑)

どうぞ見てあげてくださいねっ

 

 P.S あと一名の部員 衛生士のTさんも月夜の御輿来で一緒に撮影したのですが

実はクリスマスイブに

昨年で閉園になりました北九州のスペースワールドにも一緒に行きました(笑)

↓↓↓

衛生士T撮影。メインのスペースシャトルの周りを囲む ジェットコースターの光の軌跡が

なんともかっこいい一枚っ さすがT

ということで 撮影目的のみで遊園地に行けるという 私たち女ふたりの

楽しい?クリスマスイベントもご報告でした(笑)

。。。そんな もとむら写真部を 今年もよろしくお願いいたします(笑)

 

 

 

 

 

コメント

あけましておめでとうございます

2018-01-04 08:35:01 | もとむら歯科

 

あけましておめでとうございます。

もとむら歯科の院長の大石です。

天気に恵まれた良いお正月でしたね。

 

もとむら歯科は、今年も、皆様が、

健康で幸せになっていただけますように、

スタッフ一同なお一層努力してまいります。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

また、今年は来院していただいた方が、

リラックスでき楽しんでいただける企画も計画していますので、

楽しみにしてくださいね。

 

写真は、もとむら歯科写真部 石橋亜矢 作です。

石橋の写真は(この写真ではありませんが)今年のモリタのカレンダーに採用されました!

500枚中の12枚です。すごいでしょう

ぜひ見てくださいね

 

1月5日(金)より診療開始いたします。

 

コメント

今年もお世話になりました

2017-12-31 21:26:22 | 自然

 

今日は。院長の大石です。

今年もあと数時間となりました。

皆様に助けられて、もとむら歯科は無事に今年の仕事を終えることができました。

私たちを信頼してきてくださった全ての患者様

良い仕事をしてくださった技工所の皆様

様々な方面から私たちを支えてくださった方々

この一年、また成長して頑張ってくれたスタッフ

全ての方に心より感謝いたします

 

これからも、もとむら歯科は皆様のお役に立てるように努力してまいりますので、

来年も応援よろしくお願いいたします

 

 

 

写真は、もとむら歯科写真部 石橋亜矢 作です。

石橋の写真は(この写真ではありませんが)来年のモリタのカレンダーに採用されました!

500枚中の12枚です。すごいでしょう

ぜひ見てくださいね

 

来年は1月5日より診療いたします。

 
コメント

☆忘年会☆

2017-12-25 11:29:30 | もとむら歯科

こんにちは 衛生士の石橋です

本日は クリスマス ですね

 久留米の街並みも イルミネーションで飾られ

いつもにないステキな夜景を見せてくれています

 

 先日 院長にクリスマスケーキを買っていただき

みんなで一足早く クリスマス気分を 味わいました(笑)

院長 ありがとうございます

 

 また、 DENTICと合同忘年会もありました

今回は花畑にあります 『道安(どうあん)』 さんへ

その日は お昼まで診療し、午後からは恒例の大掃除だったので

のどが渇いているみんなには 本当に美味しかったです

料理も新鮮なお魚がたくさんでした

 

 今年ももうすぐ終わります。

来年も スタッフ一丸となって 患者さんにまだまだ寄り添えるように

頑張っていきたいと思います!

みなさん、よいクリスマスをお過ごしくださいねーー!

 

コメント

メリークリスマス ご親切に感謝します

2017-12-23 00:05:54 | こころ

 

クリスマスですね。

大石家のかわいい天使ちゃんも一年ぶりです💗💗💗

 

 さて、今年は母の近況を書きますね。

この一年も母を車椅子に乗せて、何度も温泉や道の駅に行きました。

歩くのが不自由な母とのお風呂はなかなか大変です。

温泉で母が湯あたりしてのびてしまったり

湯船から上がれなくなったりと、いろいろなことが起こります。

そのような時、いつも誰かが助けてくれました。

「私は介護の仕事で慣れていますから」と言って手早く介助してくれる女性、

「自分の母親はもうなくなって、親孝行できないから」と、手伝ってくれる人など

本当に多くの人に助けられました。

人の親切がこれほど身にしみた年はありません。

 

その母が、先日一人でいる時にこけたのか、胸や腰が痛くていよいよ歩けなくなってきました。

「神様は私になんでこんなひどいことをするのか!」と怒っているので、

密かに「92なら普通だよね」と思いながら苦笑してしまいました。

でも言ったあとすぐに「生かされているのだから感謝しなくちゃね」と反省する可愛い母です。

 

歩けないながらも、家族やヘルパーさんや、デイサービスの介護士さんに助けられながら

なんとか自宅で日常生活を送っています。

本当に皆さんによくしていただいて頭が下がります。

おかげさまで少しづつ痛みがひいてきたようです。

ありがとうございます。

心から感謝します 

 

 近頃は私の時間がとれる時には、食事を介助して、歯磨きをさせ、

トイレのお世話をし、一緒に歌を歌います。

 

私が2.3歳の頃、母はよく童謡を歌ってくれました。

私が歌を歌うのが大好きなのは、きっとそのせいなのでしょう。

 

今の母のお気に入りは「ふるさと」

 

うさぎ追いし かの山 

こぶな釣りし かの川 

夢は今も めぐりて、

忘れがたき ふるさと 

 

いかに在ます 父母

つつがなしや 友がき

雨に風に つけても 

思い出いずる 故郷

 

  「誰もいなくなって、ここがふるさとになった・・」

  「この歌良いねえ。ずっと歌っていたいね」

 

母は、遠くを見るように、味わうように歌っています。

 

 こころざしを はたして

いつの日にか 帰らん

山は青き 故郷

水は清き 故郷

 

  私たちは皆、この世での使命を果たして、

  どこか懐かしい場所に帰っていくのでしょうか。

 

 温泉も楽しい思い出ですが、

母との不思議な緩やかな時間も大切にしたいと思います 

 

クリスマスの夜に世界中の人々が、心穏やかでいられますように💗💗💗

 

コメント

ブラジルからの手紙

2017-11-18 23:19:42 | 読書

 

院長の大石です。

 先日、ブラジルから、とても嬉しいお手紙をいただきました。

5年ほど前に、私がブログで紹介した本『魔境マットグロッソ」の作者の平島さんからのお手紙です。

ネットに縁のなかった平島さんが、ある事情で仕方なくメールを見た時に、偶然、私のブログの感想に気づかれ、お礼の手紙をくださったのです。

 「魔境マットグロッソ」は、平島さんが20代の時に、ジャングルの中に一人で5年間、暮らした時の体験を書かれたものです。

これはどこにもない、誰の体験にも似ていない強烈な体験を書いた本です。

 私の想像力では到底およばない世界ですが、それでも、ぐんぐん引き込まれ圧倒されました。

 是非是非、もっと多くの方に読んでいただきたいと心から思います。

前回書いたブログより引用します。

 

                                       

マットグロッソとは、南米大陸の真ん中、アマゾン河とラプラタ河の間のジャングルです。かつて地上最後の秘境と呼ばれ、人跡未踏の地域があった所です。

ノンフィクションはあまり読みませんが、本をつくった不知火書房の、yさんに本当に面白いですよと言われて、期待して読んだら、yさんの言葉どおり、
夢中になって読んでしまいました。

時代は1960年代なかごろ、日本は東京オリンピックが開催されたころの話です。

子供の頃からジャングルに憧れて、いつかすんでみたいと思っていた作者が、25歳の時マットグロッソのジャングルの奥深くに分け入り
山小屋を建てて、ポアイアという、薬になる植物の採集と、狩猟をしながら、5年間、単身、ジャングルで過ごした記録です。

ジャングルの灼熱の太陽や、大旱魃、マラリヤなどの疫病、ジャガーや、毒蛇との死闘など、想像を絶する世界が、実際に経験した人間の圧倒的な迫力で書かれています。

一方、作者が過ごした5年の間に、ジャングルの開発が凄まじいスピードですすめられていきました。森林野生動物は、激減し、河や沼は干上がり、作者のジャングルでの生活も
終止符を打たざるを得ない状況になります。

ジャングルが消えつつある事をきいてはいても、遠い国の話として、あまり現実感は持っていませんでした。
この本を読むと、自然も、数百年続いて来た森の民の文化も押し流す、開発の波の凄まじさに、南米だけでなく、地球全体に対しての鳥肌が立つような危機感を覚えます。
ぜひ読んで頂きたい一冊です。

魔境 マットグロッソ アマゾン・ラプラタ分水嶺 

平島征也著     不知火書房

お問い合わせは不知火書房へぞうぞ。092-781-6962

     

                       

 

平島さんは未知の世界への強い憧れから、その後もブラジルの奥地などを放浪され、先住民族や自然採集人などの、「今尚、世の流れから忘れ去られた人々」に出会い、その文明から全く遮断された厳しい世界を見てこられたそうです。

次回の作品は、原始と文明の間に生きて世の中を見てこられた平島さんの、誰にも真似できない、独自の視点から見えた問題について書かれるそうです。

 

とても楽しみです。

今からワクワクしています。

平島さん! 日本から、心より応援のエールを送ります💗

 

コメント