心療内科 新(あらた)クリニックのブログ

最新の精神医学に関するトピックスやクリニックの情報などを紹介します

ブレインジムについて

2020年05月29日 | 専門外来
 ブレインジムは、アメリカの教育学博士、ポール・デニソン氏により開発された脳を活性化する画期的なエクササイズです。名前の通り、「ブレイン(脳)」を活性化させるための「ジム(体操)」です。脳の活性化と聞くと、頭を使って訓練するものを連想しがちですが、ブレインジムは体を動かして行う学習プログラムです。
 
 体を動かす、といっても、特に激しい運動や訓練をするわけではなく、簡単な体操を数分間行うだけで、体が楽になって、その後の振る舞いや行動に変化が現れます。「頭がすっきりして、楽に物事を考えられるようになった」という方もいます。
 
 現在、日本をはじめ、イギリス、アメリカ、オーストラリアなどの世界80カ国以上に広がり、たくさんの学校教育の現場、企業、スポーツ機関に取り入れられています。アキレス腱を伸ばしたり、目を大きく動かしたり、耳を引っ張ったりと、簡単にできることから、アメリカやオーストラリアの小学校などではラジオ体操のように取り入れられています。
 
 当初は学習に困難を持つ子供たちに向け、開発されましたが、現在では医療の分野でも導入されつつあります。知的障害の少ない発達障害(ADHDや自閉スペクトラム症)やPTSDにも有効性が認められています。少し時間はかかりますが、地道に継続することで、発達障害などに伴う感覚過敏の改善も期待されます。
 
 その他、パニック障害や社交不安障害、強迫性障害などの不安障害や解離性障害、双極性障害、統合失調症、高次脳機能障害にも効果的です(ただし、ブレインジムだけでこれらすべてが良くなるわけではなく、従来の標準的な治療法に加えることで、補助的に効果を発揮します)。
 
 EMDRとの相性もよく、EMDRにブレインジムを取り入れることで、より効果的にPTSDやトラウマ関連症状を和らげることも可能です。当院では臨床心理士の上野がブレインジムの研修を修了しており、実施しております。興味のある方は、まずは主治医にご相談ください。

(院長 森)

胡蝶蘭お譲りします

2020年05月28日 | ブログ
3月9日の移転・開院祝いの際にたくさんの胡蝶蘭を頂きましたが、最近、残念ながら少しずつ花が落ちてきました。胡蝶蘭は上手に育てると2度咲きが期待できる植物です。が、当院ではうまく育て続ける自信がないため、今後も継続して育てて頂ける方がおられましたら無料でお譲りいたしますので、ご希望の方はぜひ受付までお申し出ください😊


(院長 森)

ストレスに対する生体反応;汎適応症候群

2020年05月03日 | ブログ
約70年前に、カナダの生理学者セリエ(Selye,H.)は、様々なストレスにより引き起こされる心身の変調を“汎適応症候群”と定義しました。

つまり、生体がストレスに晒され続けると、ストレスの種類にかかわらず共通したいくつかの異変が心身に生じることを見出し、これを“汎適応症候群”と名づけました。

汎適応症候群には、以下の3つの段階があります。
1)警告反応期;最初の1ヶ月
2)抵抗期;1~3ヶ月
3)疲はい期;3ヶ月以上

上の図のように、最初の1~2ヶ月(抵抗期)は、ストレスに対して何とか適応し、心身のバランスを保つように生体は反応します。しかし、ストレスが長期化すると(3ヶ月~)、適応が難しくなり、段々と心身の変調をきたすようになります。

精神的には、憂うつ感や不安感、イライラ感、不眠、集中力の低下、物忘れなどが出現し、うつ病などの精神疾患が生じることも少なくありません。

日本で新型コロナウイルス騒動が本格化し始めたのが今年の3月頃ですので、今月で3ヶ月目に突入します。何とか収束に向かってくれるとよいのですが、残念ながらまだその兆しはなく、緊急事態宣言も今月末まで延長されることとなりました。

対策としては、まずは4月11日に本ブログ上にも掲載しております「新型コロナウイルス対応;こころの健康を維持するために」をご参照いただけると幸いですが、疲はい期の心身の変調を放っておくと生体の恒常性が失われ、最終的には死に至ることもありえます。

そのため、上記のような精神的な不調が続く場合には我慢せずに、なるべく早めに心療内科に受診することをお勧めいたします。

(院長 森)

ADHD適正流通管理システムの本格稼働

2020年04月29日 | 発達障害
ADHD治療薬のうち、コンサータとビバンセ(2019年12月新発売)について、厚生労働省の意向を受け、これらの薬剤が処方される患者さんに関しては、今後はADHD適正流通管理システムへの登録が義務付けられることになりました。登録はオンラインで行います。

今回、両薬剤が登録制となった背景のひとつには、2018年1月にコンサータの不正処方があったためです。


ただし、登録されるのは氏名のイニシャルと生年月日、性別だけですので、個人が特定される心配はありません。

現在、当院でもコンサータを内服中の患者さんについては、同意書を頂き、登録を進めております。登録が完了すると、患者さんごとに「患者カード」が発行され、ADHD適正流通管理システム事務局よりクリニック宛に患者カードが郵送されてきます。その後は受診の際に、必ず患者カードをご提示いただく必要があります。

ただ、一つ問題点としては、登録後、患者カードがクリニックに届くまでに3~4週間を要することです。初めてお薬が処方される患者さんに関しては、初回の処方時には例外的に患者カードなしで処方することができますが、2回目以降の処方は、患者カードがクリニックに届くのをお待ちいただくほかありません😕

上記をご理解の上、ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

(院長 森)

普段の運動が新型コロナウイルスの重篤な合併症のリスクを減らし得る

2020年04月19日 | ブログ
医学雑誌Redox Biologyの3月号より、「普段から運動を行っていると、新型コロナウイルスに罹患したとしても、その主な死因の急性呼吸窮迫症候群(ARDS;acute respiratory distress syndrome)になりにくくなるかもしれない」との研究結果が報告されました。

骨格筋やその他の組織/臓器で多く作られたEcSOD (細胞外スーパーオキシドジスムターゼ)が肺に移行し、ARDSを生じにくくしたり重症化しにくくすることが期待でき、そのため普段の運動でEcSODを増やしておくことは新型コロナウイルスに伴うARDSの予防になり、また、EcSODの補充はその治療法になりうると述べられています。

また、本ブログでも以前から取り上げているように、日頃の運動はうつ病の治療や予防にも効果があるため、メンタルヘルスの向上とコロナ対策の両方に、3密を避けた屋外での運動は強く推奨されます。

ぜひこれを機に、普段から適度な運動を日常生活に取り入れましょう!

(院長 森)

第5回長崎トラウマ関連症状勉強会

2020年04月11日 | 専門外来
4月11日(土)の14時~17時に、ZOOMを用いたリモート講演形式にて、第5回長崎トラウマ関連症状勉強会が開催されました。講師は第2回に続き、竹内 伸先生(崎尾英子 子ども 心のクリニック)にお願いいたしました。

竹内先生は児童精神科医で、日本EMDR学会認定EMDRコンサルタント・EMDR研究所認定ファシリテーターの資格をお持ちで、日本におけるトラウマ治療のエキスパートのお一人です。

勉強会には県内外から約40名の精神科医師および臨床心理士の先生方が参加されました。今回は講義形式で「EMDRと解離」の演題のもと、3時間のご講演を賜りました。トラウマ治療に際して「(解離に)出会わないことはまずない 」と竹内先生からご指摘があり、解離をいかにうまく扱うかがトラウマ治療の成否を握るといっても過言ではありません。

3時間の講義でしたが、あっと言う間のひと時でした。トラウマ治療にEMDRを導入するにあたって、どのように解離を治療するかなど、具体的に詳しくご教示頂き、大変実りある有意義な勉強会となりました。

今後も本勉強会を継続的に開催し、自身の研鑽とともに、長崎でのトラウマ治療を発展、普及させていきたいと思っております。

(院長 森)


新型コロナウイルス対応_こころの健康を維持するために

2020年04月11日 | ブログ
 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、福岡を含めた7都府県に対して緊急事態宣言がなされました。長崎においても感染症対応をみなさん実施されていると思います。目で見ることができず、新しい病気でまだわからないことも多いウイルスへ対応する中で不安や恐れを抱くのはとても自然なことです。
本日はこころの健康を保つための情報を紹介したいと思います。

●参考となるもの
①「感染症流行期にこころの健康を保つために」
日本赤十字社のホームページ上で公開されているもの。感染症対応を行っていく中でこころの健康を保つためのヒントとなるサポートガイドが作成されています。

②「感染症対策下における子どもの安心安全を高めるために」
一般社団法人 日本臨床心理士会災害支援プロジェクトチーム
一般社団法人 日本公認心理師協会災害支援委員会
 公益社団法人 セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン
上記3団体共同で発表されたメッセージ

みなさんの安心した生活のお手伝いにつながれば幸いです。
どうぞみなさんお大事にお過ごしください。

(副院長 野畑宏之)



臨床心理士が新たに1名、入職いたしました

2020年04月01日 | 専門外来
4月1日より臨床心理士が新たに1名、入職いたしました。PTSDなどのトラウマ関連症状のケアや児童・思春期領域をはじめ、精神障害全般に精通いたしております。

これまで多くの患者さんに当院のカウンセリングをご希望いただき、待機期間が長くなってしまっており、大変ご不便をおかけしておりましたが、今後は少しでも待機期間を短くできればと思っております。

また、今後もさらにスタッフ皆で研鑽を積み、当院における心理療法および心理検査をますます充実させていきたいと存じます。

当院の様々な新型コロナへの防衛対策について

2020年03月30日 | ブログ
現在、世界中で新型コロナウイルスによる大騒動が起きており、長崎は全国的にみて感染者数はかなり少ない方ですが、それでもコロナ関連のニュースに連日、触れることで、不安感が増したり、気分が落ち込む方が増えてきております。

本日は、安心して当院に受診して頂けるように、当院におけるウイルスや細菌に対する防衛体制についてお伝えさせて頂こうかと存じます。今回、新たに移転するにあたって、実は様々な工夫を施しています。

①密閉対策
・窓の設置
当院は若葉町16番地の角地に位置し、四方に障害物が全くないため、窓をたくさん設置しています。受付・待合室・処置室・診察室・カウンセリング室・相談室のすべてに窓があり、常時、換気を行っています。

また、移転・開業以来、1階のドアは毎日終日、開放したままにしています。現在は2階のエントランスドアも常時、開放しています。


・24時間換気装置
当院ではクリニック内、待合室を含め、すべての部屋で24時間換気を行っております。また、随所に空気清浄機も設置しています。

②密集・密接対策
当院の待合室は広くとってあり、ゆったりとお待ちいただくことが可能です。また、待合室ではお隣の患者さんと会話をする必要もありません。スタッフは、全員マスクを着用しております。

また、診察室やカウンセリング室もゆったりと面接できる作りとなっています。
もちろん毎日欠かさず、クリニック内すべての清掃を行っています。

その他にも、様々な工夫を施しています。
・当然ながら、エントランスや受付などには、患者さん専用の手指消毒液を設置しています。スタッフも頻回に手指消毒を行うとともに、常時、マスクを着用しています。


・トイレには自動の薬用ハンドドープと便座除菌クリーナーを設置しています。

・極め付きは、受付・処置室・診察室・カウンセリング室・相談室のすべての部屋に取り付けてあるライトです!
一見、フツーのライトに見えるかもしれませんが、実はこれ、「イナズマライト」という、除菌と消臭機能を兼ね備えた照明器具なのです!特許も取得している優れものです。点灯中は常に除菌と消臭、脱臭、空気浄化を行ってくれています。

ただし、これらすべては、今回の新型コロナ騒動に端を発して一朝一夕に講じたものではなく、移転前から、常にクリニックを衛生的に保つために、設計段階から計画的に行ってきたことです。 

ですので、基本的には安心してご来院頂いて大丈夫かと思っておりますが、咳やくしゃみなどの呼吸器症状や37.5℃以上の発熱のある方は、事前にお電話にてお問い合わせください。必要に応じて、屋外(当院1階駐車場)にて診察を行っております。

それにしても、一日も早くこの騒動が収束に向かうといいですね...

トラウマ回復ルーム;心と体の回復エクササイズ

2020年03月29日 | 専門外来
当院の多目的室にて、トラウマ治療の一環として、本年4月より「心と体の回復エクササイズ」を本格的に開始します(当院通院中の一部の患者さんには、すでに開始しています)。

虐待やネグレクトなどに起因する発達性トラウマ障害や複雑性PTSDの治療は一筋縄ではいかず、段階的な治療が必要となります。というのも、そのようなクライエントに対しては、いきなりトラウマに焦点をあてた治療(EMDRなど)を行うと、返って情緒的に不安定になったり、問題行動が激しくなる懸念があるためです。

まず一番に大事なことは、心身ともに安全で安心を感じられる環境を確保することです。次に、トラウマを想起させてもある程度、耐えることが出来るようになるための作業が必要となります(これを“安定化”と呼びます)。

その安定化に必要なエクササイズには、表情筋を使ったり(変顔体操など)、体幹を鍛えバランス感覚を養ったり、歌を歌ったり、ボイストレーニングをしたり、ヨガをしたりすることなどが有効ということがこれまでのトラウマ研究から分かってきています。

そのため、当院では多目的室に“トラウマ回復ルーム”を設置し、本格的にトラウマを処理するEMDRを行う前準備として、上記の安定化を図ることができる「心と体の回復エクササイズ」を実施できる体制を整えました。

今後も多様なニーズに応えられるよう、さらにハード面・ソフト面ともに充実させていきたいと考えております。


精神保健福祉士が入職しました

2020年03月26日 | ブログ
3月25日より精神保健福祉士が1名、入職いたしました。

精神保健福祉士は、精神障害を抱える方やそのご家族の相談を受け、日常の生活訓練をする施設を紹介したり、就職に対するアドバイスを行ったりして、よりよい生活を送ることができるように援助する役割を担います。

また、他の医療機関や保険、福祉、介護、司法施設などの各分野と連携・調整しながら、相談者にとってより過ごしやすいライフスタイルを考えていきます。

これまでは、当院では精神保健福祉士が不在であったため、患者さんからの精神保健福祉関連のご相談に充分には応じることができておりませんでしたが、今後は精神保健福祉士による相談援助を通して、よりよい日常生活を送れるようにサポートしていきたいと存じます。 

当院に通院中の患者さんで、精神保健福祉に関するご相談のある方は、どうぞお気軽にお申し出ください。

ネット・ゲーム依存専門外来を開設します 

2020年03月16日 | 専門外来
近年のインターネットの普及およびそれに付随するサービスの発展は著しく、日本でもネット依存に陥る人々(特に中高生の若年者)の増加が懸念されています。

2017年12月~2018年2月に実施された厚生労働省の調査では、この5年間で病的なインターネット依存が疑われる生徒は中学生、高校生ともにほぼ倍増しており、病的なインターネット依存が疑われる中高生は推計93万人にのぼります。インターネットの使い過ぎで発生した問題では「成績低下」と「授業中の居眠り」が際立って高く、不登校に陥る生徒も少なくありません。

また、過剰なインターネットの使用が原因で、うつや自殺、攻撃的行動、不安感、対人恐怖、睡眠障害など様々な精神的な問題が生じることも明らかになっています。発達障害との関連も示唆されており、特にADHDでは約8%がネット依存の疑いがあることが報告されています。

2018年6月にWHOが新たに改訂・発刊したICD-11(国際疾病分類第11回改訂版)には、新たに「Gaming disorder (ゲーム障害)」が掲載されました。しかし、日本ではまだネットやゲーム依存の治療に専門的に取り組んでいる医療機関や施設は非常に少ないのが現状です。

そのため、当院では令和2年4月よりインターネット・ゲーム依存外来を開設いたします。トレーニングを受けた医師および臨床心理士が連携し、必要に応じて各種検査や集団認知行動療法、心理士による個別カウンセリングを行い、ネット・ゲーム依存からの回復を支援いたします。

背景にADHDや精神障害が併存している場合には、薬物療法を併用することで治療効果が高まるため、積極的な薬物治療の導入も検討いたします。まずはお電話にて、初診のご予約をお願いいたします。

診療支援プログラム
集団認知行動療法(Regardプログラム);現在、第1期生を募集中です(各期10名まで)

御礼

2020年03月09日 | ブログ
本日の移転・開業に伴いまして、多くの皆様からお祝いのお花などを頂きました。本当に有難く存じております。今回の移転は、通院中の患者さん以外には実はあまりオープンにしておりませんでしたので、正直、このようにたくさんのお祝いのお花を頂けるとは思っておりませんでした。

本当に多くの方々に支えられ、今日という日を迎えることができ、感慨深いです。改めて、皆様に心より感謝申し上げます。

本日は移転の初日でしたが、大きなトラブルもなく一日を終えることができ、ホッといたしております。これもひとえに皆様のお力添えのおかげと、深く感謝しております。地域の皆様に愛されるクリニックを作っていきたいと思っております。また明日からも頑張ります。どうぞよろしくお願い申し上げます。



若葉町に移転しました!

2020年03月08日 | ブログ
昨日午後と本日で、無事に若葉町の新しいクリニックに引越しをいたしました。今回のビル新築・移転に際しましては、建築士の先生や現場監督、電気工事、設備の担当の方々、現場の作業員をはじめ、多くの方々にご尽力いただき、皆様に心から感謝いたしております。

また、昨日午後と本日はお休みの中、当院のスタッフも皆、引越しのために出勤してくれました。スタッフの皆にもとても感謝しております 。多くの方々に支えられ、ここまでくることができ、本当に有り難く思っております。おかげさまで予定通り、明日からの診療を開始することができそうです。

まだまだ至らないところもあるかと存じますが、スタッフ一同、精進いたしますので、引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

晴天の霹靂;テトラミド10mg錠の自主回収・出荷停止の衝撃!

2020年02月22日 | 抗うつ薬
製薬企業のMSDは、2月17日より四環系抗うつ薬のテトラミド錠10mgの自主回収を開始しました。理由は、安定性モニタリングで、2つの製造番号の製品について溶出性が承認規格に適合しないことが判明したためです。あわせて、出荷停止も行うことが決定されました。

溶出性の遅れにより、「吸収に遅れが生じ、効果発現が遅延する可能性を否定できない」とのことですが、効果の発現が多少遅延したとしても、患者さんに大きな不利益が生じるとは考えにくいです。現に、MSDも「重篤な健康被害の恐れはまずない」 と表明しており、今回の自主回収・出荷停止には疑問を感じざるを得ません。

というのも、過去に本ブログでも取り上げたことがあるように(https://blog.goo.ne.jp/mori8701/e/104482fd616fe986948f66beba4ac30f)、テトラミドは非常に優れた薬剤であり、当院の主力商品で、最も処方の多いお薬のひとつだからです。 

テトラミドには30mg錠もあり、こちらは特に問題はないため引き続き供給されるものの、10mg錠の出荷停止に伴い、出荷制限が行われます。そのため、テトラミドの今後の処方に大きな影響が出るのは必至で、非常に困っています...。

一番にご迷惑をかけてしまうのは現在、テトラミドで良い調子を保っている患者さんの皆様です。正直、テトラミドに代わるお薬はないため、どのような対策を立てるか、頭を抱えています😕

今回のMSDの責任は非常に重く、事の重大さを真摯に受け止め、一日も早くテトラミド10mg錠の出荷を再開してほしいです😟