宮代NOW(出来事編)

埼玉県宮代町及び周辺のもろもろ情報

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

宮代町の新しい村に「タヌキ」が現れる 一匹は疥癬症か?

2010年07月24日 21時25分43秒 | 宮代ニュース
宮代町の新しい村に24日タヌキが2匹現れ、ひとしきり愛嬌を振りまいて去っていった。



宮代町では現在、郷土資料館で「企画展「みやしろの動物たち~けもの・鳥・昆虫~」を開催中。けものコーナーにはタヌキの剥製も展示されているが、「宮代町にもタヌキがいるの?」との声も。



そんな声に「生きているよ」と、現れたわけではないだろうが、日中にも関わらず散歩。



人間を怖がる風もなく愛嬌を振りまく。人なれした感じ。



しかし、もう一匹現れたタヌキは、疥癬(かいせん)症という病気にかかっているのではないかと見られる。疥癬症は進行すると死に至ることもあるとされる。人間には感染しないとされるが、犬には感染する可能性があるようだ。



疥癬症は広く流行しているといわれており、宮代町でも以前に確認されている。その原因は定かではないが、ゴミや人間の与える餌などでタヌキ同士の接触機会が増えたためひろがっているとの指摘もある。むやみな餌やりはタヌキを危機に陥れることにもなりかねないことから、避けるべきという意見もある。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 高校生の元気な声響く はら... | トップ | 今も残る地域の祭り 宮代町... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (zawazawa)
2010-08-13 22:14:34
8月13日宮代町姫宮駅近くのコンクリートの水路に溺れかけている犬を救出 犬だと思いタオルで拭いたらしていたら どうも犬ではなさそう
お巡りさんも出動 とんだ狸騒動でした

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

宮代ニュース」カテゴリの最新記事