ビールを飲みながら考えてみた…

日常の中でふっと感じたことを、テーマもなく、つれづれなるままに断片を切り取っていく作業です。

思考のスピードでキーを打つということ、空間を共有するということ

2004年07月31日 | Weblog
PCを使いこなすSFCの生徒たちはあたかも「聖徳太子」のようにマルチタスクでコミュニケーションを成立させる――。「脳を繋ぐテキストチャット、空間を繋ぐビデオチャット」の中で紹介されている1コマだ。 脳を繋ぐテキストチャット、空間を繋ぐビデオチャット SFCの学生に限らず、「考えた事がそのままタイピングされているようなスピード感あるタイピング方法」は、パソコンを使って作業する人間からすると、ある . . . 本文を読む
コメント (1)   トラックバック (5)

NTT vs ソフトバンク  IP時代の覇者はどちら?

2004年07月31日 | Weblog
ヤフーBBの登場によって、いよいよブロードバンド時代が始まり、さぁこれからは、映像配信だ、映像コミュニケーションだ、といわれていた時に「音声通信」=「電話」が普及の起爆剤になると踏んだ孫正義さんはやはりただものではない、と思う。 その2~3年前には「マイライン」戦争があり、NTT、新電電を含め体力勝負の低価格化路線を徹底していたはずだ。それは「ユニバーサルサービス」を前提としたいわゆる既存の「電 . . . 本文を読む
コメント (1)   トラックバック (2)

藤巻幸夫の挑戦!

2004年07月30日 | Weblog
先日、NHKで「福助」社長 藤巻幸夫さんの奮闘振りを特集していた。藤巻さんといえば大変情熱溢れる人。その藤巻さんを持ってしても企業の体質を変えるというのは生半可なことではないようだ。 個人的に特に印象的だったのが、「どんなにいい商品を作ったとしても、最後の陳列で手を抜けばその商品は売れない」ということ。「福助」はもちろんメーカーだ。ドラッグストアやデパートなどに商品を卸しているわけで、直営店で販 . . . 本文を読む
コメント

キムタケ×河野太郎×古川元久 公開討論会の模様が配信されてます!

2004年07月29日 | Weblog
7/26に行われた木村剛主催「年金問題公開討論会」の模様が配信されています。それにしてもあぁいう対談がこんなに盛り上がるとは、、、 「木村剛 年金問題公開討論会」はこちら いろんな方の感想もTBされているみたいで、思わずブログサーフィンしてしまいましたが、いや~感想もさまざまですね。 次は「河野&古川の国会ニュース」に期待です。 木村剛主催 「年金問題公開討論会」 の私の感想。 . . . 本文を読む
コメント (1)

住友信託がUFJ統合交渉を差し止め!

2004年07月28日 | Weblog
大前研一さんがけしかけたわけではないだろうが、住友信託がUFJと三菱東京の合弁に待った!をかけた。信託部分以外は合弁の話し合いは可能であるが、実質、とまったも同然だ。 大前研一ライブ ~ニュースの読み方が変わる~ - gooブロードバンドナビ UFJが異議申し立て 信託含む統合方針変えず (共同通信) - goo ニュース 一連のUFJいじめは竹中大臣の感情的なしこりが根っこにあると思う。そ . . . 本文を読む
コメント

今、プロ野球に求められていること―Jリーグの先見性

2004年07月28日 | プロ野球再編
昨日の読売新聞に12球団の経営状況が出ていた。驚くべきことにパ・リーグダントツの観客動員数(322万人)を誇り、両リーグ通じても3位の「ダイエー」までが年間10億円の赤字。これに対して12球団最低の観客動員数(65万人)の「広島」が8千万の黒字。この違いはどこにあるのか。 答えは簡単だ。 1) 巨人戦というテレビ放送権料の有無 2) 選手の年俸 広島というチームは、ある意味残酷で、非常に年俸 . . . 本文を読む
コメント

木村剛主催 「年金問題公開討論会」 の感想

2004年07月27日 | Weblog
非常に盛り上がった討論会で、両議員の話も面白かったし、自民党 河野議員が会場のみんなの前での宣言、ブロードバンド番組「フィナンシャルジャパン オンライン」に新コーナーの設置などいろいろハプニングもあり、非常に面白かった。「抜本的年金制度改革」が何故うまくいかないか、というと結局は古い政治体質が阻害要因なんだ、ということか。 ただ個人的に感じたことといえば、この討論であきらかになったのは「年金」と . . . 本文を読む
コメント (1)

冬ソナヒット要因~ファミコンからパソコンへの道のりは遠く

2004年07月26日 | ビジネス
インターネットビジネスの飛躍が言われているが、ネットでビジネスをしている人間からいうと、「楽天」「アマゾン」「ヤフオク」といった現実の"モノ"が存在するもの、「飛行機のチケット予約」「ホテルの宿泊予約」など電話からの置き換えのものについては飛躍した実感があるが、ブロードバンド時代の本命といわれた「映像コンテンツ」「ビデオチャット」といったサービスについてはまだまだ実感がない。 1つの販売チャネル . . . 本文を読む
コメント

SFC生にみるソーシャルネットワークの特性

2004年07月25日 | 検索・ポータル
慶応大学SFCでは「ググらずSNるようになった」とあう記事がでていた。以前は人にあった時にすぐその人の本名をGoogleで検索していたのに、最近ではソーシャル・ネットワーク(SNS)を利用するようになったとのこと。 ググらずSNるようになったSFC生 SFCの学生が「ググ」ったのは、検索結果として表示される「その人のウェブサイトやゼミのプロフィールページ、スタッフとして関わっているプロジェクト . . . 本文を読む
コメント (1)

環境シミュレーションゲーム「gumonji」って凄くないですか?

2004年07月23日 | Weblog
僕がゲームのことに詳しくないからかも知れないが、環境シミュレーションゲーム「gumonji」って何か凄くないですか? コミュニティエンジン、環境シミュレーションゲーム「gumonji」のベータテストを再開 これって世界を創造していくってことでしょう。しかも与えられた世界の中で「敵を倒す」とかそういった目的があるわけではなくて、土地の売買だとか、工業生産ネットワークだとか、この世界で「生きる」「 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (3)

「しきりの文化論」~「思考の限界」を超えるために

2004年07月23日 | 読書
「しきるという思考」の中で面白い話が載っていた。「シナのある百科事典」では「動物は次のごとく分けられる」として、以下のものを同列に扱っているそうだ。 (a)皇帝に属するもの (b)香の匂いを放つもの (c)飼いならされたもの (d)乳呑み豚… (f)お話に出てくるもの (g)放し飼いの犬 (h)この分類自体にふくまれているもの (j)数え切れぬもの… (k)駱駝の毛の極細い毛筆で書かれたもの ( . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

Yahoo!アバター、ドコモのキャラ電に!~匿名コミュニケーションの秘密

2004年07月21日 | コンテンツビジネス
人とつながりたいと思いながら、もう一方で知られたくないというこの矛盾!「Yahoo!アバター、ドコモのキャラ電向けコンテンツとして提供開始」という記事が載っていた。詳細は分からないが、やりよう次第では結構面白いと思う。MMORPGも含めてこれら匿名性をベースとしたコミュニケーションの欲求は高い。 Japan.internet.com ワイヤレス - Yahoo!アバター、ドコモのキャラ電向けコ . . . 本文を読む
コメント

西暦2006年「宇宙戦艦ヤマト」復活!

2004年07月21日 | Weblog
「宇宙戦艦ヤマトが復活!」ヤマト世代としては非常に気になるニュースだけれど、果たしてこれが吉と出るか、凶と出るか。 西暦2006年「宇宙戦艦ヤマト」復活! (夕刊フジ) - goo ニュース 「宇宙戦艦ヤマト」シリーズをはじめ、「銀河鉄道999」シリーズ、「我が青春のアルカディア(キャプテン・ハーロック)」「1000年女王」と松本零士アニメは大体見てきたのだけれど、冷静に考えると、松本零士原作 . . . 本文を読む
コメント

BLOGは報道ではない―WBSのブログ特集を見て

2004年07月20日 | Weblog
WBSに「BLOG」の影響力を取り上げていた。しかも「木村剛」まで登場して。まぁ、小谷さんは匿名性の危険を訴えていたけど、「BLOG」がパワーを持っている理由ってやっぱり匿名性にあるんだけどなぁ~ そういう意味じゃ、既存のマスコミと同じ基準で測られるとちょっと違う気がする。 匿名だからこそ発言ができる。匿名だからこそ思ったことを素直に言える。ある意味、無責任ではあるんだけれど、そうした発言の「 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (3)

ウッディ・アレンの「ギター弾きの恋」

2004年07月19日 | 映画♪
世界でジャンゴに次いで世界2番目のギタリスト エメット・レイを追ったドキメンタリー映画、もしくはちょっとセンチメンタルになるウッディアレン風の恋愛映画。これを見てギタージャズを聴きだした人も多いのでは? ギターを弾かせたらジャンゴの次に上手い!けれど、女好きで遊び好きのどうしょうもない破天荒男 エメット・レイ(ショーン・ペン)。ある日、ニュージャージーの浜辺で口のきけない娘ハッティ(サマンサ . . . 本文を読む
コメント