おもしろき ー熊本、鹿児島、宮崎で過ごした日々🌟🌟🌟 「映画、グルメ、日記」

おもしろきことのなき世をおもしろく!Carpe Diem. 人間万事塞翁が馬。人生いろいろあるから、おもしろい!

講義終了からの東京散歩

2019年08月21日 21時26分09秒 | 旅行 泊まり

 

講義最終日。

昨日は夜中まで勉強したので、さすがに眠かった。

気合で起きて、水道橋へ。

今日もサンマルクカフェで、モーニング。

もうここに二度と来ないかもしれないなんて考えると、寂しくなった。

昼御飯も初日に行った中華でランチを注文し、思い出に浸る。

 

授業は今日も興味深く、白鯨の映画を見て、そのセリフの解説だったり、フェミニズムの問題や原爆に対する日本人とアメリカ人の考え方の違いなど、多岐にわたっていた。もちろん英語で書いてある文学作品を日本語訳しながら、その時の時代背景や作者の考えを教わる。それにしても、多くの作家が自殺しているのは衝撃だった。そんなこんなで、16時から100分間の総まとめのテストが待っていた。

東京に来る際、台風が来たおかげで、往復の飛行機の最終便をキャンセルしたのは正解だった。飛行機には乗り遅れていたに違いない。

時間にゆとりがあったので、焦らず、ゆっくりとテストを解く。日本語訳も講義中の先生の説明がよみがえる。論文問題もポーとホーソンについて1000時以上で書きなさいという問題だったが、詰まることなくスラスラと言葉が出てきた。高校の時にこういう勉強をしていれば、随分といろんな大学が選べたのになんて考えてみるも後の祭りである。

兎にも角にも、お盆をはさんでの11日間の集中講義が終了し、半分ホッとしながら、半分寂しい気持ちになっている。お金は随分使ったけれど、それ以上の経験が出来た。また予備校であれ、大学であれこういう機会を作ろうと思う。

そして今日は打ち上げと言いたいところだが、お酒は控え、散歩することにした。

水道橋から東京駅までJRで向かい、東京駅から市ヶ谷まで、歩いて帰ることにした。

地図を見て、大体のルートを決める。

とりあえず南西に下り、有楽町方面へ。

山手線に沿って南下していると、「ねぎし」を発見。

迷わず、中に入り、定食を注文。

腹がへっていたのか、激うまだった。

有楽町から皇居の方へ北上。

堀の水にビルの光が反射して綺麗だった。

皇居から堀を左回りで、進めば、地図の上では市ヶ谷方面へ着く。

そう思い、堀に沿って西へ向かった。

桜田門を通り過ぎると雨が降り始めた。

蒸し暑かったので、僕には恵みの雨だった。

西へ歩き続けると、国会議事堂に突きあたる。

無論初めて見る生の国会議事堂だった。

そこから右折して北上する。

憲政記念館前を通り、最高裁判所近くに小さな公園を発見。

何と渡辺崋山誕生の地だった。ちょっと感動。

国立劇場を抜け、半蔵門で、左折して四谷の方向へ。

麹町から市ヶ谷へダイレクトに着く道を発見。

市ヶ谷に着いたところで、ずっと気になっていたルノアールに入り、コーヒーフロート的なものを注文。いい経験になった。

 

さてさて、明日は9時間かけて、宮崎に帰る。

明後日から生徒のために全力を尽くそうと思う。

ポー名作集 (中公文庫)
丸谷 才一
中央公論新社

 

コメント

夜回り先生 水谷修

2019年08月20日 21時35分43秒 | 旅行 泊まり

 

アメリカ文学史2日目の講義が終わった。

明日で長い東京生活も終わる。

総括は明日書くことにして、今日のことを書く。

今日もモーニングは水道橋のサンマルクカフェ。

講義の内容は後で書くことにして、昼御飯は大学隣の喫茶店で、800円のランチ。

夕御飯は市ヶ谷駅そばの海鮮の店で、100円ハイボール1杯と500円の刺身だけ。

つきだしに300円の計900円の晩御飯だった。

30分で、夕食を終わらせ、コインランドリーで洗濯をしながら、大浴場で疲れを癒す。

終わったところで、買ってきたアップルパイをかじりながら勉強を始める。

 

さて、本題の講義の内容だが、今日も満足のいくものだった。

今日は有名なアメリカ文学者10名の英文を読んだ。

詩はとても難しく、いい勉強になった。

それ以外がまた多岐にわたっていた。

映像授業がアメリカインディアンの歴史に始まり、日系アメリカ人の差別問題、ハーバード大学紹介、公民権運動の歴史、ホーソンの「緋文字」を映画化した「スカーレット・レター」などなど。

100分以上続く授業もあったが、あっという間の1日だった。

そして、映像授業で、何よりも心に残ったのが、夜回り先生こと水谷修の話だった。

テレビをほとんど見ない僕はその存在すら知らなかったが、話を聞いていると、目頭が熱くなった。

世の中には他人のために全てを捧げ頑張る人がいる。

自分は到底その領域には届かないにしても、少しでも近づきたいものだ。

そういう気持ちになれただけでも、東京にはるばる出てきた甲斐もあるというものだ。

さて、明日で講義も終わる。

最後にテストもあるので、今日は睡眠を削って頑張ろうと思う。

ちなみにこのホテルのカフェテリアでは、全員が夜遅くまで、誰ひとり話すことなく、勉強をしている。僕よりも年上もいれば、外国人もいる。

さすが花の都大東京。

夜回り先生 原点
水谷 修
日本評論社
コメント

アメリカ文学史

2019年08月19日 21時32分11秒 | 旅行 泊まり

 

今日も市ヶ谷のカプセルホテルで目覚め、大浴場に入って、大学へ向かう。

3日連続で、水道橋のサンマルクカフェでモーニング。

 

そして、最後の3日間の集中講義が始まった。

「アメリカ文学史」

アメリカの歴史を勉強しながら、その時の文学作品を英語で読んでいく。

なかなか難解な文章が多く、予習に時間がかかる。

教授の気合いが半端なく、後ろの方に座っている学生は叱られ、前に移動する。

予習チェックと説教から講義が始まった。

すごいスピードで進む。

後ろに座っていた学生がつぶやく。

「俺、この授業無理。ついていけない。」

僕にとっては、感動の授業だった。

テキスト以外に、突然、ヘミングウェイの短編「INDIAN CAMP」が配られ、20分で全て解説が終わる。臨場感あふれた授業で、内容がスラスラと頭に入る。

ヘミングウェイの生い立ちから自殺するまでの映像授業、アランドロン主演のポーの小説の映画、宗教と経済の話、全て計算しつくされている授業だった。

休み時間もほとんどの学生が席を離れず、黙々と予習する。

まるで受験生になった気分で、心踊った。

途中から笑いも起こり始め、気分がハイになった。

昼御飯は近くの中華屋さんで日替わりを食べ、すぐに勉強。

気がつけば、あっという間に17時半になってしまった。

楽しければ、集中力が切れることがない。

あしたの授業が楽しみだ。

そういうわけで、今日はホテル近くで、ハイボール1杯とやきとりを食べ、戻って、ホテルのカフェテリアで、課題に取り組む僕である。

本来なら、明日から仕事が始まるが、代休をもらっている。

少しだけ職場のみんなに甘えさせてもらおうと思う。

 

 

コメント (2)

秋葉原にて

2019年08月18日 21時41分24秒 | 旅行 泊まり

 

今日も朝から大浴場に入り、水道橋の大学へ。

恒例になりつつある、サンマルクカフェでモーニングをとり、講義へ向かった。

3日間の集中講義が終わる。

なかなか難しい講義で、正直きつい3日間だった。

驚いたことに、前の講義で同じグループになった知り合いが、この講義を受けていた。

隣に座り、一緒に勉強した。

帰りに分かったことだが、彼は上智大学を卒業し、働いたり、研究室のお手伝いをしたりしながら、今年からまた勉強を再開したようだ。

130人のクラスだったが、平均年齢は40歳くらいだろうか?

皆、何かしら夢に向かって挑戦しているのだと思う。

それはそれとして、お昼ご飯は同じ店に行かず、行ったことのない店に挑戦する。

近くのグリル屋さんで焼肉丼を注文。

午後から眠くならないようにご飯を減らしてもらうと、異常に少なかった。

でもそのくらいがいい。

帰りは、この大学知り合いになった友達❔と一緒に駅に向かい、連絡先を交換した。

そして、今日もまっすぐ帰らず、新しい場所を目指す。

今日はサブカルチャーの中心である秋葉原へ。

街中を歩き回ると、なるほどメイド服の女の子達がゾロゾロといる。

それに負けじと外国人観光客も多い。

それにしても今日も東京は暑かった。

歩き回ると汗が止まらなくなる。

あまり中年にとっては楽しい街には思えなかったが、いい経験になった。

駅近くに昭和食堂という店を見つけ、そこで晩御飯を食べることにした。

昭和という響きが昭和生まれにはたまらなく魅力的に感じる。

チキンカツあいがけカレーなるものを注文するとすごい量だった。

気合いで何とか食べてしまった。

 

店の中では坂上次郎、二郎❔の歌が流れていて、歌詞が心に沁みた。

明日から、また別の三日間の集中講義が始まる。

予習はすでに終わっているので、気分がいい。

もう一踏ん張り。

頑張ろう。

 

特濃! あなたの知らない秋葉原オタクスポットガイド
髙橋敏也
インプレス
コメント

縁あって…

2019年08月17日 22時48分02秒 | 旅行 泊まり

 

昨夜はカプセルホテルで爆睡。

朝まで一度も目が覚めなかった。 

カプセルホテルで絶好調の朝を迎え、大学へ向かった。

水道橋のサンマルクカフェでモーニング。

講義は集中力がきれずに、勉強に励んだ。

休み時間もレポートに勤しむ。

昼ご飯は、近くの辛麺屋で、麺をすする。

東京は異常な暑さだというのに、辛いものを食べる天邪鬼の僕。

 

講義を17時半に終え、ある青年と飲み会。

僕が熊本に赴任して間もない頃、彼は夏の合宿で僕の部屋担当になった生徒だった。

彼の親友が僕の生徒だった関係で、この縁もある。

今回、僕が東京にいるのを知り、連絡をくれた。

ありがたい。

 

彼は熊本の済済黌を卒業し明治大学に進学した。

今は東京でシステムエンジニアとして頑張りながらさらに高みを目指している。

御茶ノ水に詳しいということで、安くて美味しい店を紹介してくれた。

結局、二次会にも行き、よか晩になった。

何かの縁あってとはこのことだろう。

こういう人との繋がりを大切にしたい。

一流の人は小さな「ご縁」を大切にしている
高井伸夫
かんき出版

 

コメント

御茶ノ水にて

2019年08月16日 20時33分55秒 | 旅行 泊まり

 

今日から大学で、勉強再開。

6日連続で、9時から17時半まで集中講義を受ける。

独学に比べると、ずいぶん勉強しやすい。

気負って、昨日なかなか寝つけず、きつかったが、気合いで乗り切った。

昼ご飯は、近くの中華屋さんで、麻婆飯。

 

ご飯半分でとお願いしたのに、それでも多かった。

残すのは悪いので、気合いで食べきる。

昼から、睡魔が襲ってきたのは言うまでもない。

生徒の気持ちがよくわかる。

ずっと椅子に座っておくのもまた、気力が必要だ。

それはそれとして、今日も講義を終えて、そのまま散歩に出かける。

水道橋から、歩いてそのままお茶の水へ。

駅近くにニコライ堂を見つけ、ひとり喜ぶ僕。

お酒なしの夕御飯を求め、しばらくさまよった。

麦めし、とろろ、牛タン ねぎしというお店を見つけ、定食を注文。

これがまた無茶苦茶うまかった。

体が健康的なものを欲していたのだと思う。

 

7時すぎに、市ヶ谷のホテルに戻り、一人で大浴場を満喫。

スッキリしたところで、明日以降の予習に励んでいる。

もう一踏ん張り。

頑張ろう。

【土・日も即日発送OK&送料無料】焼くだけ簡単!霜降り 厚切り 味付き 牛タン [500g] [約4人前] 仙台 名物 冷凍 焼肉 焼き肉 牛肉 専門店の味 BBQ バーベキュー bbq
まごころファーム
まごころファーム

 

 

コメント

浅草・アメ横・池袋、夜は卒業生と食事

2019年08月15日 21時45分48秒 | 旅行 泊まり

 

今日は15日、終戦記念日でもあり、お盆も今日でおしまい。

弟から、しっかりお盆の行事を終わらせた写真が送ってきて、ありがたい気持ちでいっぱいである。

明日から講義が始まる。

集中して勉強しようと思う。

それはそれとして、今日も気合いで、東京観光に勤しむ。

市ヶ谷から浅草橋まで行き、そこの喫茶店でサンドイッチをかじる。

これが激ウマだった。

そこから電車で浅草へ。

30年ぶりの雷門だったが、昔のイメージと何かが違う気がした。

そのまま浅草寺へ。外国人観光客でいっぱいだった。

今日も「いい世の中になりますように」と手を合わせた。

突然の雨と蒸し暑さにはうんざりだったが、気合いで今日も歩く、また歩く。

そのまま歩いて上野に向かった。

着いたときには汗が滝のように流れていた。

アメ横を抜けて御徒町まで歩く。

お昼はその近くの年期の入った寿司屋さんへ。

980円の10貫セットを注文。

歩き疲れ、腹が減っていたので、また激ウマだった。

 

歩いて、上野に戻り池袋へ。

足が疲れていたので、雰囲気だけ味わって、市ヶ谷のホテルに戻った。

カプセルの中でちょっと疲れを癒し、晩御飯。

昨日、連絡をくれた卒業生が、湘南からわざわざ会いにきてくれた。

とはいえ、教えたことはないのだが、それはそれで、ありがたいことだと思う。

結局、新宿で会うことになった。

人にまみれて、道に迷う僕。

何とか合流して、やきとりを食べた。

 

その後、お茶の水に通っている卒業生が来てくれた。

3人で、寿司屋さんへ。

僕は腹一杯で食べれなかったが、若者は元気がいい。

近況を聞いたりして、解散。

そして、帰りも道に迷う僕だった。

気がつけば、今日も20000歩、距離にして15Km歩いていた。

2日で30Km。

我ながら、大したものだ。

さてさて、明日からまた勉強だ。

英語史概説〈第1巻〉外面史
Jacek Fisiak,小林 正成,中本 明子,下内 充
青山社

 

コメント

新宿にて

2019年08月14日 21時37分08秒 | 旅行 泊まり

 

すっかりカプセルホテルに慣れてしまったのか、昨夜も爆睡。

朝、8時まで眠り続け、絶好調。

朝から、カプセルの中でチューブを引っ張り、筋トレ。

大浴場でゆっくりしてから、計画を練る。

せっかく手に入れた貴重な時間なので、ゆっくりしているだけではダメだ。

そう思い、新宿へ向かった。

駅西口から出ると、いきなりの高層ビルにビビる僕。

しばらく歩いたところで、駅に戻り、喫茶店でモーニング。

それから東口に出て、さらに歩き回った。

ネットで調べた新宿ゴールデン街は昭和の匂いがするいい街並みだった。

そのまま、昼の歌舞伎町へ。

一通り回ったので、生涯行くことはないだろう。

歩き続けていると、汗が滝のように流れた。

旅はそのくらいがいい。

その後、紀伊國屋に行ったり、いろんなデパートに行ったりと忙しく動き回った。

お昼は、駅近くの思い出横丁でやきとりとレモンサワー1杯。

動き回っていたせいで、たった1杯でずいぶんと酔ってしまった。

レバーが激ウマだった。

それから雨が降り始めた。

昼からアルコールが入り、睡魔が襲ってきたので、市ヶ谷のホテルに戻り、仮眠。

眠い特に眠れるのが最高だ。

いい夢を見たようだ。

1時間で目覚め、再出発。

市ヶ谷で有名な場所を検索すると、東郷公園や靖国神社がすぐにヒットした。

先ずは、東郷公園へ向かったものの改装中で、目立って何もなかった。

そのまま遠回りして、九段下の方から靖国神社へ。

個人的なお願いはせず、「いい世の中になりますように」と手を合わせ、靖国神社を後にした。

そのまま市ヶ谷駅の方へ戻り、行ったことのない方向へ歩くと、ハイボール200円の文字が目にとまり、そこ(銀だこ)で、夕食をとることにした。

2品だけ注文し、ハイボールを3杯。

歩き疲れていたので、幸せなひと時だった。

せっかくなので、もう一軒。

近くのバーで、一杯だけ、オリジナルカクテルを飲み、終了。

我ながら、一人でよく行動したと思う。

そう思いながら、ホテルに戻り、スマホをチェックすると、20000歩以上、距離にして15Km以上歩いていた。

人生一回きり。

明日も新しい何かを探しに出かけようと思う。

 

歌舞伎の解剖図鑑 (イラストで小粋に読み解く歌舞伎ことはじめ)
辻 和子
エクスナレッジ

 

コメント

苦渋の末、東京へ

2019年08月13日 23時41分55秒 | 旅行 泊まり

 

昨夜は、数日ぶりに自宅で眠り、10時間眠り続けた。

目覚めると、清々しい気持ちになっていた。

朝8時、僕以外はみな目覚めて動き回っていた。

朝食を食べ、台風情報を調べると、15日に直撃の予報。

16日、朝から大学で講義を受ける。

飛行機の予約は15日の最終便。

前回に続き、運が悪い。

もじもじしていると、母親から、「運は自分で切り開きなさい。」の一言。

「飛行機はキャンセルして、今からJRで行けば問題ない。思い立ったら即行動。」と続けざまに言葉が飛んできた。

弟からも、こっちは大丈夫という背中を押す言葉をもらい、決断した。

「そうしよう。」

母と弟とその家族全員で昼ご飯を食べた。

ありがたい気持ちでいっぱいになった。

父親の位牌に手を合わせ、いざ出発。

今回はカプセルホテルに9泊することになる。

弟に駅まで送ってもらい、乗り換えなどのアドバイスをもらった。

弟には頭が上がらない。

1時15分、日向市駅を出発、大分駅で乗り換え、小倉からは新幹線。

通り過ぎていく景色を眺めているとうとうとしながらいい夢を見る。

昨年の夏とは打って変わって、心が浄化されているのが実感できる。

小倉で、おにぎり、サンドイッチ、アップルパイを買って、久しぶりの新幹線へ。

窓際の最後尾の席で、ゆったりと座ることができた。

地図で場所を確かめながら、東京を目指した。

広島を通過すると、市民球場が見えたので、写真を撮る。

広島市民球場には、20年前くらいに数年連続で足を運んだのを思い出す。

夜は必ず、飲みに出て数人で騒ぐ。

楽しき日々だった。

そんなことが走馬灯のように頭の中を駆け巡る。

母親が強力にrecommendしてくれたこの電車の旅で、運命が好転した気がする。

夜10時過ぎに東京駅に到着。

さすがにもう電車で迷うことはない。

3日前まで泊まっていた市ヶ谷のカプセルホテルにチェックイン。

すぐに見慣れた大浴場で身体を癒す。

父の初盆に来てくれた人、これから来てくれる人、ありがとうございます。

そして何よりも、母親と弟家族に感謝です。

 

新装版・真説「陽明学」入門 (ワニプラス)
林田 明大
ワニブックス

 

コメント (2)

集中講義終了

2019年08月12日 00時10分31秒 | 旅行 泊まり

 

集中講義最終日。

朝、今日も大学の隣のドトールで朝食をとりながらお勉強。

今日は実践演習で、1日、グループ討議と発表会。

昨日のグループと同じ6人でほとんどの時間を過ごした。

年齢は僕よりも年配の方もいれば、20代もいる。

全員なんらかの形で働いていて、僕以外は5人とも関東の人だった。

同じ境遇なので、連帯感が生まれた。

お昼は近くのカレー屋さんで、メンチカツカレー。

なかなかきつい5日間だったが、生涯忘れ得ぬ5日間になるだろう。

終わった時は、何故か寂しい気持ちになった。

やはり、人間、何かに向かって頑張っている時が一番楽しいのかもしれない。

それはそれとして、夕方講義を終えて、そのまま空港を目指した。

ずいぶんと電車にも慣れてた。

市ヶ谷からお茶の水で山手線の東京方面に乗り換え、浜松町へ。

そして浜松町から羽田へ向かった。

予想以上に早く着き、コーヒーを飲んだりして5日間を振り返った。

バスで飛行機まで行き、乗り込んだ時はくたくたになっていた。

夜、空港に到着。

宮崎駅に着いたところで、腹を満たすため、閉店前のお好み焼き屋さんで、1人ステーキを焼く。

1000円という安さにも関わらず、激うまだった。

そして今夜は駅前の東横インで、疲れを癒している。

さすがにカプセルホテル5日間は他人のいびきが響き、しんどかった。

さてさて、明日は、大きな本屋で16日からの課題のための本を探しに行こうと思う。

それから弟家族が帰省している我が実家に帰ろう。

マズロー心理学入門: 人間性心理学の源流を求めて (FLoW ePublication)
中野明
メーカー情報なし
コメント

飯田橋・神楽坂にて

2019年08月10日 22時16分01秒 | 旅行 泊まり

 

今日からまた新しい集中講義が始まった。

会場は市ヶ谷だったので、歩いて五分の距離だった。

時間があったので、朝からドトールで、朝食をとりながら勉強。

完全に学生になりきっている自分が素敵に思えた。

午前中は講義のみだったが、内容が明治以降の道徳の歴史だったので、楽しく感じられた。

昼は近くのタリーズでパスタ。

昼はこのくらいの量がいい。

午後からはいわゆるグループ学習とプレゼンテーション。

今日もまた知らない人達との交流ができ、ステップアップした気がする。

5時、テストを終え、そのまま散歩に出かけた。

ずいぶんと暑さも和らいできた気がする。

そのまま飯田橋の方へ。

そのまま、夕御飯を食べるべく、神楽坂を上がっていった。

 

結局、店が多すぎて決めきれず、市ヶ谷まで歩いて帰り、近くの中華で豚角煮を楽しんだ。

さすがに汗だくになったものの、大浴場に入ると、気分爽快だった。

さてさて、今夜はカプセルの中で筋トレをして眠ろうと思う。

 

HMB POWER BOOST HMB サプリメント 360タブレット 1袋 90000mg
RISEONE
RISEONE

 

コメント

水道橋にて

2019年08月09日 22時50分20秒 | 旅行 泊まり

今日もカプセルホテルでお目覚め。

大学での3日間の集中講義も今日でおしまい。

明日からまた新しい講義を別の会場で受ける。

今日は午前中はみっちり授業。

昼御飯は近くの居酒屋でカレーを食べた。

午後からはプレゼンテーション。

神奈川や東京の若者たちと仲良くなった。

そして最後にテスト。

しっかり授業を聞いていたので、大丈夫だろう。

かなりハードな3日間だったが、いろんな知識が増え、人間力もアップしたのではなんて考えている。

3日間の授業をしてくれたのは杉森知也教授で、バイタリティーに溢れた素晴らしい先生だった。

先生もこれでひと段落ということで、飲みに連れていってくれた。

水道橋で教授と沖縄からきている受講生と近くの居酒屋へ。

結局、先生におごってもらい、感謝。

電車も同じ方向だったので、電車の中でいろいろとアドバイスをもらった。

市ヶ谷のホテルに戻り、大浴場に入って、ホテルのカフェテリアで明日の準備。

明日からは2日間の集中講義。

もう一踏ん張りだ。

現代の教育改革 (MINERVAはじめて学ぶ教職 〈別巻〉)
德永 保,吉田武男
ミネルヴァ書房

 

コメント

四谷にて

2019年08月08日 21時24分50秒 | 旅行 泊まり

市ヶ谷のカプセルホテルにも慣れてきて、随分と眠れるようになった。

今日はすんなりと水道橋の大学に到着して、いい気分。

授業はなかなかハードで、午前の部が90分、110分。午後の部が80分、120分だった。120分喋り通せる教授に驚きだった。

内容も昨日よりも濃く、そのほうがむしろテンションが上がる。

さすがに最後の120分は身体がこりはじめたが、せっかく東京まで来て勉強しているので、気合いを入れ直した。

ちなみに昼御飯は近くの喫茶店で日替わりランチ。

これがまた旨かった。

今日も5時半に授業が終わり、市ヶ谷のホテルに戻った。

すぐに大浴場に行き、疲れを癒す。

すっきりしたところで、夕御を求め、外出。

頭は使うも、運動不足なので、隣の駅の四谷まで散歩に出かけた。

 BAMBIという洋食屋さんで、腹一杯食べた。

安くて、旨いうえに、量も多い。

満たされたところで、四谷の居酒屋が並んだ通りをスルーして、ちょっと遠回りして、市ヶ谷へ戻った。

ホテルに着くと、カフェテリアで、明日までの課題に取り組んでいる。

リッチな大学生みたいで、何だか気分がいい。

もうしばらく頑張ろうと思う。

 

憲法問答
橋下徹,木村草太
徳間書店
コメント

市ヶ谷にて

2019年08月07日 21時44分17秒 | 旅行 泊まり

昨夜はなかなか眠れず、2時に眠り、今朝は6時半起き。

なかなかきつかったが、朝からホテルの大浴場で満喫。

7時過ぎに大学へ向かった。

市ヶ谷から水道橋まで二駅分しかない。

ラッシュアワーにうんざりしていると、いつの間にかスルーしていた。

結局、お茶の水で降り、あせって、東京方面に乗る始末。

神田で降りて、反対方向に乗るも、快速のため、水道橋には止まらないとわかり、お茶の水で各駅停車に乗り換えた。

やっと水道橋に着いた時にはクタクタだった。

講義の5分前に何とか教室にたどり着き、汗だくで授業を受ける。

今日は90分✖️4の授業で、最後まで集中力が切れることはなかった。

学生の時、こんなに集中力があれば、もっともっと変わった人生がおくれていたのではなんて考えるも、後の祭りである。

昼飯は近くの中華で茄子豚炒め定食。

朝飯が食べれなかったので、激ウマだった。

5時半に講義終了。

疲れていたので、速攻でホテルに戻った。

すぐに大浴場に入って、汗を流すと気分爽快に。

晩御飯は一人で食べるのも寂しいと思い、卒業生の一人に連絡をすると、何人か集めてくれた。

ホテルから1分のところの赤提灯の店で、楽しき時間を過ごした。

昨日の台風による飛行機の遅れと寝不足と今日道に迷ったことも重なって、2時間が限界。

今夜はゆっくり眠ろうと思う。

 

必携教職六法〈2019年度版〉
高見 茂,坂田 仰,梅野 正信,若井 彌一
協同出版
コメント

東京へ 2019夏

2019年08月06日 23時09分30秒 | 旅行 泊まり

今朝は宮崎市内のホテルで早起き。

東京へ行くのに台風の状況が気になって仕方ない。

朝一番、ネットで調べると、欠航の文字が目に入った。

航空会社に何度も予約変更の電話をするが、繋がらない。

空港に行って、直接予約をとりつけることにした。

まずは腹ごしらえ。

ホテルの無料バイキングで腹一杯に。

朝8時、宮崎駅に向かうべく、タクシーに乗った。

駅の中は何故か閑散としていた。

掲示板を見ると、始発が昼過ぎになっている。

背に腹は変えられず、2500円かかるタクシーで空港に向かった。

これまた大渋滞。

タクシーの運転手の提案で、有料道路の提案があり、受け入れた。

ところが、有料は通行止め。

結局、元の道に戻る始末に。

タクシーの運転手も悪気がなかったので、文句ひとつ言わず、楽しく会話をした。

空港に9時に到着。

電話はつながらないのに、すぐに予約変更できた。

ところが、最初の空きは、18時20分。

選択の余地はなく、半日、空港で過ごすことにした。

テレビを見たり、おみやげ物を見てみたりと、のんべんだらりんと半日を過ごした。

昼食はトーストセット。

3時のおやつにホットサンドセット。

 

18時半、ようやくフライトにこぎつけた。

雲がたまらなく綺麗で、何度も虹を目撃した。

到着手前にどこかの球場の花火も見れたし、遅れたおかげだと思っている。

結局羽田のロビーに着いたのが、20時30分。

浜松町までモノレールに乗り、山手線に乗り換え、神田から中央線へ。

市ヶ谷駅に着いたのは21時30分だった。

そこのカプセルホテルに今日から5泊する。

合計16000円だった。

チェックインして、隣のビルの、富士そばで腹ごしらえ。

腹が満たされたところで、ホテルに戻り大浴場へ。

疲れていたので、最高の風呂だった。

さてさて、明日の朝から夕方まで毎日、大学で講義を受ける。

せっかくなので、鬼のように勉強しようと思う。

「富士そば」は、なぜアルバイトにもボーナスを出すのか (集英社新書)
丹 道夫
集英社
コメント