おもしろき ー熊本、鹿児島、宮崎で過ごした日々🌟🌟🌟 「映画、グルメ、日記」

おもしろきことのなき世をおもしろく!Carpe Diem. 人間万事塞翁が馬。人生いろいろあるから、おもしろい!

passion

2019年11月07日 21時56分37秒 | つぶやき

 

昨夜は映画を観るのを我慢して、早めに眠った。

目覚めると、久々に調子がいい。

授業も少なく、いろいろと業務が進み、ホッとしている。

今日も閉館時間まで、受験生の面接の練習。

熱が入り、気力が戻った。

今、一番大切なもの…

「passion」

二度と戻らぬ時を大切に。

今を生きよう。

今日はそれだけ。

 

断言する。情熱で人生は変えられる。 (中経の文庫)
是久 昌信
KADOKAWA

 

今日の晩御飯

コメント

喜怒哀楽

2019年09月04日 22時15分26秒 | つぶやき

 

昨夜筋トレを頑張りすぎたのか、熟睡したにもかかわらず、朝起きるのがかなりきつかった。

いったん目覚めてしまえば、1日中元気だった。

体のことはよくわからない。

今日も午前中授業、午後から文化祭の準備だった。

僕は演劇指導はノータッチで、裏方の仕事、特に背景を担当の生徒達と頑張っている。

やっと、その背景が完成。

その喜びよりも、ホッとしたのか、どっと疲れがやってきた。

生徒達が一生懸命床の絵の具を落とす姿を見て、心が浄化された気がする。

おかげで、帰りのホームは自然と楽しい雰囲気になった。

帰りの校門での見送りもまた、何かしら気分がよかった。

何事も心の持ちよう。

これから喜怒哀楽を前面に出して、生徒達とワイワイやっていこうと思う。

そして、今日は映画は小休止。

筋トレはしっかりやって、読書しながら眠ろう。

 

今日の晩御飯

 

 

Newton 脳とニューロンシリーズ第3回 喜怒哀楽が生まれるわけ
科学雑誌Newton
株式会社ニュートンプレス
コメント

必要とされる人間

2019年07月18日 22時22分24秒 | つぶやき
マザー・テレサ 愛と祈りのことば (PHP文庫)
ホセ ルイス・ゴンザレス‐バラド,Jos´e Luis Gonz´alez‐Balado,渡辺 和子
PHP研究所

昨夜は大雨の音で熟睡できず。

宮崎のこの辺りはすごい雨量だったと思う。

朝も車がなかなか進まず、渋滞。

それでも学校に行けば、元気になる。

今日も通知表やらホームページ、夏の座席表作成やらで忙しい一日だった。

1学期もあと2日。

5月、時代が平和から令和へと変わった激動の一学期だった。

昨年の夏から春にかけて、なかなかつらい経験をしたが、平成が終わり、いろんなことが好転してきている気がする。

体調もいい。

さてさて、もう一踏ん張りだ。

どんな形であれ、必要とされる人間になりたいものだ。

 

今日の晩御飯

 

コメント

一兵卒

2019年06月06日 21時37分25秒 | つぶやき
今日もよく眠り、気分よく出勤。
たまっていた仕事がずいぶん消化でき、気分よし。
高2の現代社会は僕の代わりに実習生が授業をしてくれた。
僕は生徒とともに机に座り、授業を受ける。
その実習生は理系だったので、高3の時、4ヶ月しか現代社会を教えていない。
4年前、生徒達が覚えやすいように、いろいろと工夫したことを思い出す。
毎日の予習がとにかく大変で、受験生の現代社会の授業を1コマするのに3時間の勉強が必要だった。
難しい言葉や聞き慣れない言葉を覚えさせるために、姑息なネタを作り、生徒に紹介したものだ。
馬鹿馬鹿しいと思われようが、知識を生徒の記憶に残すのに全力だった。
今日、実習生がその一つを授業の中で紹介してくれた。
すぐ感動してしまう僕は、感無量で、涙が出そうになった。
生徒達も喜んでいて、何かしら嬉しい気持ちになった。
と同時に、若い者には負けられぬという感情も湧いてくる。
いつまでも最前線で、戦力外になるまで、一兵卒として戦おうと思う。





アクティブ・ラーニング対応 わかる! 書ける! 授業改善のための学習指導案 教育実習・研究授業に役立つ
藤村 裕一
ジャムハウス
コメント

土砂降り

2019年05月20日 21時38分57秒 | つぶやき
それにしても、今日の雨は凄かった。
風も強く、朝から車が横転しているのを見かける。
普段は水量が少ない学校の横を流れる小川も大河と化していた。
外国人講師がその川を the Mississippi と冗談で言うほど水量が増していた。
そんな中でも、朝から傘をさして校門前で交通整理。
なかなかドタバタだったが、朝からテンションが上がり、気分爽快だった。
帰りも、雨の中、生徒の見送り。
他のどの業務よりもそんな時間に一番やり甲斐を感じる僕である。
家に帰り、4000字のレポートも終わらせた。
筋トレ、ストレッチを終わらせて、今日は早めに眠ろうと思う。
最近はいい夢ばかり見る。
今夜もいい夢に癒されよう。
今、雨音が聞こえない。
もう雨はあがったのかもしれない。
明日が楽しみだ。



高級甲州織 メンズ 長傘 「Tie」 無地 ✕ ストライプ D・NAVY 濃紺 江戸時代から140年以上の歴史を持つ甲州織の老舗傘メーカー 槙田商店 紳士用 高級傘
株式会社槙田商店
株式会社槙田商店
コメント

つぶやき

2019年05月16日 22時21分35秒 | つぶやき

今日も生徒達を見送って帰宅。
心は元気だが、体が少し重い。
それでも、ウッドデッキでバットを振る。
話が変わるが、不眠の時は眠ろうと努力しても眠れないのに、睡眠を削って勉強しようとするとすぐに眠くなる。
困ったものだが、仕方がない。
眠れるときに、しっかり眠っておこう。
最近はいい夢ばかり見る。
正夢になって欲しい。
今日はただのつぶやき。



つぶやき養生
櫻井 大典
幻冬舎
コメント

生徒達の見送り

2019年05月15日 22時43分05秒 | つぶやき

今日もあっという間に生徒達のバスを見送る時間がやってきた。
塾の頃からそうだったが、帰りの見送りの時間や自転車並べの時間が好きだった。
決してそれは雑用の時間ではなく、勉強から離れた生徒達とのコミュニケーションの時間だった。
今年から初めて、校門指導の係になったが、決して指導ではなく、頑張ってやってきた生徒達を見送る気持ちで校門に立っている。
学校に勤め始めてから4年間、ずっと何かが足らない気がしていたが、こういった時間だったのかもしれない。
今週から持ち回り制になり、週一回でよくなったが、僕が僕らしくあるために校門に毎日立ち続けようと思う。



学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)
樺沢紫苑
サンクチュアリ出版
コメント (2)

蚊の音

2019年04月18日 22時39分53秒 | つぶやき

昨日は夜中、早くも蚊が飛んでいる音がする。
蚊ではないにせよ、耳元であの音がすると、目が醒める。
結局、布団に隠れ、眠ったが、朝がちょっぴりきつかった。
今日も4コマの授業に加え、煩雑な業務に追われ、足にきている情けない僕である。
それでも授業が楽しければ、踏ん張れる。
もう少しで10連休がやってくる。
計画はまだない。
暇な人は連絡されたし。
羽根を伸ばそうと思う。
それまでは、仕事に没頭しよう。
PS 餃子がうまかった。



金鳥の渦巻 蚊取り線香 30巻 缶
大日本除虫菊
大日本除虫菊
コメント

飾らず、あるがままに

2019年03月18日 22時31分05秒 | つぶやき
難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください!
クリエーター情報なし
文響社

   本年度の授業ももうすぐ終わる。

来年どの授業クラスを持ち、どこの担任になるかは4月になるまで分からない。

今教えている生徒達に来年教えるとは限らない。

そういう気持ちで、授業に向かう。

今日は中2の歴史、中3の英語、高2の英語3コマだった。

高2生の最後のコマは張り切りすぎて、喉が痛くなってしまった。

   今教えている高2生は、ほとんどの生徒を中2の頃から教えていて、もう何時間接したか分からない。

腹が立って怒鳴ったこともあれば、生徒が僕に腹を立てたこともある。

自由奔放な生徒が多く、手がかかるが、反面、よく笑ってくれるし、楽しく授業ができる。

お互いに一喜一憂しているうちに、もうすぐ高3生になる。

来年教えるにせよ、教えないにせよ全力で応援しようと思う。

   さてさて、明日も4コマの授業と、いろんな業務が僕を待っている。

自分らしく、飾らず、あるがままに…

コメント

時を待つ心

2019年02月26日 22時39分39秒 | つぶやき
道をひらく
クリエーター情報なし
PHP研究所

   今日も授業4つ。 楽しくできた授業もあれば、怒りが込み上げ声を張り上げてしまった授業もある。 最近は怒りは長く続かず、2分も経てば、元通りの自分に戻る。 怒りが込み上げるほど元気が出てきたのだと前向きに考えている。 今日も補習やら質問受けやらで帰りが遅くなってしまったが、そのくらいがいい。 疲れがたまっていないといえば嘘になるけれど、心は健康である。 最近は母親が夜御飯を待っていてくれ、一緒に食べる。 内容がないにせよ、会話することが多くなった。 なかなか映画を見る時間が確保できないが、それはそれでいい。 それでも寝る前のルーティーンは欠かさない。 ストレッチと松下幸之助1日1話。 今日、2月26日は「時を待つ心」 あせらずとも、毎日できることをコツコツ積み重ねる。 時を得る日が必ず来る。 その時に一気に勝負をかけたいものだ。 明後日は卒業式。 中3の時、副担で、一緒に掃除をしていた生徒達が卒業する。 寂しくなるが、仕方がない。 本当にあっという間に時が過ぎていく。 いつまでも心を輝かせていたいものだ。

コメント

健康第一

2019年02月25日 21時39分56秒 | つぶやき
仕事は楽しむが勝ち!
クリエーター情報なし
かんき出版

連勤8日目。

休まないくらいが調子がいい。

授業は4つで、学年末テストも1つ作り上げ、気分上々。

今日も生徒達とよくしゃべった。

帰りが遅くなって、映画を見る暇はないものの、心は満たされている。

さてさて、平成最後の冬もあと数日で終わる。

昨年の夏からこの冬まで大変な時期を過ごしたが、随分と人間力は上がったと信じている。

必死に頑張ることも大切だけれど、それよりも心と体が健康であることが一番だと思う。

この春はきっといい波がやってくる。

楽しく、頑張ろう。

コメント

何事も気持ち次第

2019年02月20日 21時20分56秒 | つぶやき
生きるのが楽しくなる15の習慣 (講談社+α文庫)
クリエーター情報なし

講談社

 

 

今日も5コマ。 高2英語のセンター試験解説で、テンションが上がり、楽しい時間になった。

僕はやはり、文法よりも長文の解説が好きなのかもしれない。

生徒が笑ってくれると、ついつい頑張ってしまう単純な僕である。

いくつになっても、人はそんなものだと思う。

中3の英語でも、いつも眠そうにしている生徒が一生懸命メモをとっている姿を見るとついつい頑張ってしまう。

授業がうまくいくと、昼ごはんも旨い。

中2の担任クラスのLHR・総合の時間はテスト前なので、勉強と質問受けの時間。

4教科の質問を受け、一緒に考える。

勉強に苦戦している生徒ばかりが質問に来た。

どんな生徒もできるようになりたいのだと思う。

無論、自分の教科ではないので、全てわかるわけではない。

それでも一緒に考えてあげることで、気持ちは伝わったのではないかと前向きに考えている。

放課後にも勉強の相談なんかもあって、少しずつ本来の姿に戻りつつある。

何事も気持ち次第。

ちょっとした変化が大きなうねりをもたらすかもしれない。

やれるだけやってみようと思う。

47歳になり、苦戦が続いていたけれど、ここに来てやっと運気が上がってきた気がする。

春には天をも掴める勢いになっているかもしれない。

 

コメント

初心に戻ろう

2019年02月19日 21時29分54秒 | つぶやき
いい空気を一瞬でつくる 誰とでも会話がはずむ42の法則
クリエーター情報なし
朝日新聞出版

   今日は何かと忙しかったが、よく生徒達とコミュニケーションをとった。 中3に公民のテストを1人1人コメントをしながら返したが、楽しい時間だった。 週一回の英語の選択授業は、並び替えプリントを個人的に持ってきてもらう方式をとっている。 1回目は間違っていたら、ヒントなしでもう一度考えさせる。 2回目はヒントをあげて、できれば、次へ進めるというやり方。 生徒が待つ間の時間がもったいないが、生徒達がどのくらい理解しているか把握できる。 生徒達は楽しそうにしているが、しゃべり続けるので、なかなかしんどい。 それでも、食らいついてくる生徒がいると、心が躍る。 今日は放課後も数人の生徒から質問があり、何かしら嬉しい気持ちになった。 無論、学校の業務は教えるばかりではない。 煩雑な業務が次々に舞い込んでくる。 煩雑な業務に追われていると、この仕事の本来のあるべき姿を見失いそうになる。 初心に戻ろう。

コメント

長いトンネル

2019年02月13日 22時12分50秒 | つぶやき

 

 昨夜は雨が降っていて、何となく気分も重く、なかなか寝つけない。体調もイマイチだったが、高2の英語の授業をすると随分と元気になった。LHRは担任クラスの月一回の席変え。委員長、副委員長が全て仕切って、僕は見守るだけなのだが、その時の生徒のざわつきがあまりにも心地よく、椅子に座って眠ってしまった。何分眠ったかわからないが、席変えは終盤にさしかかっていた。窓の外を眺めると、すっかり雨もあがっていて、光が差していた。男子生徒が数名、僕の体調を心配してくれ、幸せな気持ちになった。

   47歳を迎え、なかなか思うようにいかないことが続いているが、他人の苦しみによく共感できるようになっている。無論、これまで希薄だった親戚との繋がりや、母親に対する優しさも芽生えた気がする。この抜け出れそうで、なかなか抜け出れない長いトンネルは、僕を立派で優しく、人の気持ちがわかる人間に育ててくれるに違いない。

コメント

父の死から学ぶ

2019年02月09日 22時38分58秒 | つぶやき

   今日も朝から母と弟と3人で郵便局に行ったり、docomoショップに名義変更に出かけたりと、せわしい日々を過ごしている。その後3人で南郷温泉へ。1月の終わりからバタバタだったので、たまらなく気持ちよかった。施設内の食堂で天丼を食べると、物凄い睡魔が襲ってきて、帰りは弟の車の中で、爆睡だった。家に帰っても、眠り足りず、コタツの中で眠る僕。不眠の周期に終わりを告げ、眠りの周期がやってきたのかもしれない。お酒も久しぶりに解禁し、長いトンネルを抜けた気がする。

   普通であることがいかに素晴らしいものであるのかは、普通でなくなってみないと気づかないものだ。数日間の父の病気の苦しみと死の経験は辛いもので、非日常のものであったが、しっかり向き合ったことが、今後の自分の生き方に大きな影響を与えてくれるだろう。これからもまた恐ろしい波が襲ってくるかもしれない。それでも、それを受け入れる準備ができている。いろんな人と話をするが、みんな苦しみを背負っている。病気の人で、治る見込みがない人はたまらない心境だと思う。そうでなければ、苦しい時があるから、楽しい時が際立つ。そして必ず楽しい日々が誰にもやってくる。みんなで、壁を乗り越えよう。壁が乗り越えれそうにない時は、連絡が欲しい。少しでも手を差し伸べれば幸いである。人は誰かに手を差し伸べている時が一番幸せであるに違いない。

コメント