幸彩学習塾 オフィシャルブログ

令和が始まった日

今日5月1日は令和が始まった日です。
ちょうど3年前の今日に改元。
令和も始まって3年が経ちました。



令和が始まってまだ3年ですが、この3年間で世界は大きく変わったと思います。
特にこのコロナの流行による影響は計り知れないほど、私達の生活にも大きな影響を与えました。

マスクをして過ごす日々。
画面の向こうの先生や友達を見ながらのオンライン授業。
旅行や食べに行くのもなかなか自由にできない日々。
3年前に今日のような状況を誰が想像し得たでしょうか。

令和が始まって3年間ですが、この間だけでも人々の生活は大きく変わってしまいました。
たった3年でこれだけの大きな変化ですから、10年、20年というスパンで見たら、
これから先、どんな変化がやってくるかなんて、想像すらできません。



コロナウイルスの流行はたしかに特殊な出来事なのかもしれません。
しかし、仮にこれがなかったとしても、これから先は変化の激しい、昨日の常識が今日の非常識になるような世界が待っているのかもしれません。

だからこそ、これからの時代を生きていく生徒の皆さんには、"学ぶ"ということをしっかりとして欲しいのです。
学ぶという習慣があれば、
どんなに時代が変わったとしても、新しい知識をもとに、その時代を渡り歩くことができると思います。

いま世界は日進月歩で進化をつづけています。
いま学んでいることなんて、10年もしたら古びた知識に成り下がってしまうかもしれません。
たからこそ、いつまでも学ぶ気持ちを忘れないでほしいと思います。

その入り口になるのが中学生の3年間の学びです。
ここで学ぶことももちろんですが、
学ぶということに対しての意義を知り、学ぶ習慣を身につけておくことが、
変化の激しい時代を渡り歩く上で大切になってくると思います。



令和の最初の3年間はとても激しい流れの3年間でした。
この流れはもしかしたらこれから、もっともっと激しくなってくるかもしれません。
そのときに、時代の流れを泳いでいくことのできる逞しい人になっていて欲しいと思います。

よろしければ、クリックをお願いいたします!

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最近の「日記・エッセイ・コラム」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事