幸彩学習塾 オフィシャルブログ

埼玉県久喜市にある幸彩学習塾のオフィシャルブログです。
日々の塾での出来事を綴ります。

塾からのお知らせ【9/24版】

2020年09月24日 15時32分23秒 | お知らせ

=============
≪10/4までの予定≫
◇9/25(金) 
◇9/26(土)  ◎L&S授業(16:30-17:20) ◎理社国授業(19:00-20:50) ◎【鷲宮東・五霞】勉強会(10:00-21:00)
◇9/27(日)  ◎【鷲宮東・五霞】理社暗記マラソン(10:00-11:50)&勉強会(13:00-21:00)
◇9/28(月) ▽数検申込締切
◇9/29(火) ■期末テスト(五霞)
◇9/30(水) 
◇10/1(木) ■定期テスト(鷲宮東)
◇10/2(金) 
◇10/3(土)  ●英検
◇10/4(日)  ■北辰テスト ◎北辰テスト自己採点
▶予定はやむを得ない理由により変更をする場合があります。その際は、メールなどでお知らせいたします。
=============
【申込み、提出】
◆【希望者】数検の申し込み(9/28締切、10/31実施)
◆【希望者】英検対策の申し込み
◆【希望者】漢検の申し込み(10/5締切、11/6実施、申込書は来週の初めまでに郵送いたします)


≪中学生/勉強会&理社暗記マラソンについて≫
定期テストに向けた勉強会&理社暗記マラソンの日程は、以下の通りです。

【鷲宮東中・五霞中】
◇9/26(土) 勉強会(10:00-21:00)
◇9/27(日) 理社暗記マラソン(10:00-11:50)、勉強会(13:00-21:00) 
※理社暗記マラソンは必修です。何らかの理由で参加できない場合は、事前に塾までご連絡ください。

※鷲宮東中・五霞中以外の生徒さんも自習をすることが可能です。ご希望の際は、予約をお願いします。


≪英検の試験時間をご確認ください≫
10/3(土)は英検実施日になります。詳しい時間割は後日改めてご連絡いたします。


≪数検について≫
10/31実施の数検の申し込みを受け付けております。受験希望者は、申込用紙に費用を添えて塾までお持ちください。実施時間は後日改めてご連絡いたします。申込書は、来週初めまでに郵送いたします。
※詳しくはこちら


≪英検対策講座を実施します≫
10/3の英検に向けた英検対策講座を実施しております。ご希望の皆様は、日程をご確認のうえ、お申込みください。
詳しい日程につきましては、公式LINEにてお知らせしておりますので、そちらをご確認ください。


≪中3/北辰テスト自己採点会を行います≫
10/4の北辰テスト終了後に自己採点会を行います。持ち物や注意項目は以下の通りです。詳しい時間は、決まり次第改めてご連絡いたします。

【持ち物】
当日の問題用紙、解答解説、筆記用具

【注意事項】
・何らかの理由で参加できない場合は、塾までお知らせください。
・自己採点ができるよう、問題用紙に解答を書き写しておいてください。

==============
≪空席状況≫  
【授業】  
◇9/25(金) 19:00- 英数、20:00- 英数、21:00- 英数
◇9/26(土) 個別の授業はありません
◇9/27(日) 個別の授業はありません
◇9/28(月) 空席はありません
◇9/29(火) 空席はありません
◇9/30(水) 19:00- 5教科、21:00- 英語
◇10/1(木) 19:00- 数学、20:00- 英数
◇10/2(金) 19:00- 英数、20:00- 英数、21:00- 英数
◇10/3(土) 個別の授業はありません
◇10/4(日) 休塾日

【習熟】
◇9/25(金) 空席はありません
◇9/26(土) 習熟はありません
◇9/27(日) 習熟はありません
◇9/28(月) 19:00-
◇9/29(火) 19:00-、20:00-
◇9/30(水) 19:00-、20:00-、21:00-
◇10/1(木) 19:00-
◇10/2(金) 空席はありません
◇10/3(土) 習熟はありません
◇10/4(日) 休塾日

≪10/4までの自習時間・受付時間≫
※19時以降の自習は予約制となっております。
◇9/25(金) 15:00-22:00
◇9/26(土) 10:00-21:00
◇9/27(日) 10:00-21:00
◇9/28(月) 15:00-22:00
◇9/29(火) 15:00-22:00
◇9/30(水) 15:00-22:00
◇10/1(木) 15:00-22:00
◇10/2(金) 15:00-22:00
◇10/3(土) 英検のため自習はありません
◇10/4(日) 休塾日
▶自習時間については変更になる場合があります。変更の場合はLINEにておしらせいたしますので、ご確認ください。

≪進路・学習のご相談の受付≫  
◇公式LINEにてご連絡をいただければ、折り返し塾よりご連絡をさせていただきます。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

信じて進めば、いつだって、未来は味方だ

2020年09月23日 16時08分30秒 | 日記・エッセイ・コラム
「いつだって、未来は味方だ」
とてもいい言葉だなあと思います。
ふとあるときに耳に入ってきたこの言葉。
実は、日向坂46のアルバム発売に合わせたCMで聞いた言葉でした

ちょうど北辰テストが返ってきて、
いま皆さんは自分の未来の見通しを考えているときかなと思います。
そんな皆さんに私が伝えたかった言葉とほぼ同じだったので、
今回のブログのタイトルに借用させてもらいました。

北辰テストが返ってきて、いま皆さんは、いろんな思いがあると思います。
これまでの学習の成果が発揮できた人、
思うように成果が出せなかった人、
それぞれにいろんな思いがあるかと思います。

こんな時にしっかりと考えてほしいのは、
今回のブログの表題にもした
「信じて進めば、いつだって、未来は味方だ」
ということです。

今の時点ではこの先を見通すことができない、
中にはそんな人もいると思います。
そんな人は、
まずは自分のこれまでを振り返ってみることが大切だと思います。

勉強法はどうだったのか、
勉強量はどうだったのか、
どんなところができなかったのか、
どうしたらできるようになるのか、

うまくいかなかったときに、こういったことを考えるのはつらいと思います。
でも、ここで立ち止まっていたら、先に進むことはできません。
この先の学習方法が一人では見通せないという人は、一緒に考えていこうと思いますので、
いつでも声をかけてほしいと思います。

そうやって一通りの課題の整理が終わったら、
あとは前へ進んでいきましょう。
いつだって、未来は味方です。
でも、この言葉の前には「信じて進めば」という言葉がついています。
自分自身のことを「信じて進む」からこそ、「未来は味方になる」
それを忘れないでほしいと思います。



うまくいかなかったときほど、自分を信じるなんてできない、
そんな人はきっと多くいると思います。
でも、それはいま時点での話。
未来はどうなっていくのかなんて、だれにも分かりません。
だからこそ、これから自分がすることを信じて
未来へと進んでいってほしいと思うのです。

当塾も来年で20年になります。
これまでに数々の生徒さんを見てきました。
高倍率、難関と呼ばれるところを突破してきた人もたくさんいました。
そういう人達に共通しているのは、心の中で自分の可能性を信じたことだと、
はたで見ていて、私はそう思いました。

自分の未来は自分で作るもの。
諦めたらそこで終わりです。
未来を味方にできるように、自分を信じて
前へ前へと進んでいきましょう!

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

青春の1ページを刻む ~浦和学院高校 訪問記

2020年09月16日 16時11分42秒 | 受験・学校
先日、浦和学院高校の学校説明会に参加してきました。
浦和学院といえば、甲子園に出場した野球部をはじめ、
部活動の強豪校というイメージがあります。
規模の大きな学校ですが、それがゆえにできることもある、
学校説明会では、そのような話もされていました。



大規模校というと、目が届かかないのではないか、
そういう心配は常に付きまとう問題です。
そういった心配にこたえるために、面談を年に5回設けるなどして、
目が届くように指導をしているとのことでした。

そしてむしろ逆に、大規模校ならではのメリットも数多くということでした。
その1つが、「切磋琢磨する仲間がたくさんいること」
勉強で頑張る人がいる、部活で頑張る人がいる、
ボランティアや交流活動で頑張る人がいる、など
さまざまな頑張りが学校の中でみられるというのが
大規模校の1つのメリットだということです。

高校はもちろん勉強をしに行くところでもあります。
ただライバルを過剰に意識するあまり、
勉強だけをしに行くところと化してしまっている、
そんな指摘も最近の高校について時折耳にします。

高校3年間の過ごし方は人それぞれです。
勉強をしっかりとやることも大切ですし、部活に励むことも思い出になります。
ボランティアや地域の活動に参加するのもまた、高校時代に有意義な意味をもたらすことと思います。
浦和学院は、学校の規模が大きいからこそ、いろんなことが経験できる、
そのように話されていたのが印象的でした。

確かに部活などを見てみると、
他校にはなかなかないような部活もあります。
強豪と言われる部活もたくさんあります。
予備校に通うように学校に通うのではなく、
高校3年間という貴重な青春の1ページを刻めるものがある、
浦和学院はそんな学校なのかなとも思います。

グローバルコースや特進類型、進学類型など、進学型のコースのほかに、
医療や美術、そしてアスリートクラスなど、多様なコースがそろう学校でもあります。
いろんな青春の形を見つけいに行く、たくさんの仲間と学び、切磋琢磨する、
そういった意味で浦和学院での高校生活は、価値のあるものになると思います。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

立体像 ~三者面談より

2020年09月14日 17時29分25秒 | 日記・エッセイ・コラム
先月から今月にかけての日曜日を中心に、三者面談を行っています。
1組1時間の時間をとっています。
1時間かからずに終わる場合もありますが、
落ち着いてゆっくりとお話しできるように1時間確保して進めています。

三者面談では、いろいろなことが話題になります。
1学期の成績のこと、高校選びのこと、将来の夢…
様々な話題が1時間という時間の中で交わされていきます。

そのなかでいつも思うのは、
「見えている生徒さんの姿がすべてではない」
ということです。

つまりは、
家庭でしか見せない姿がある
学校でしか見せない姿がある
塾でしか見せない姿がある
ということです。

私たちはどうしても、いま見ている生徒さんの姿がすべてだと思ってしまいます。
でもこうやって面談んでお話を聞いていると、
私の知らない一面が見えてきて、
今までとは違った角度から見た立体像のように浮かび上がってくる、
そんなふうに思います。
そうやって多面的に生徒さんを見ることで、
塾で目の前にいるときにの行動が
どんな意味を持つのかがわかってくるときもあります。
また逆に、
ご家庭では見せない生徒さんの姿をお話しできることもあります。

こうやって面談を通してその生徒さんの姿を見ていくと、
今までとは違った生徒さんのように見えてくるから不思議です。
今まで見てきた生徒さんの姿、
それに加えて改めて知った生徒さんのいろんな姿、
それを参考に、新たに授業に取り組もうと思います。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

10年はやはり一昔 〜昌平高校の説明会 参加記

2020年09月12日 17時55分55秒 | 受験・学校
先日、春日部のふれあいキューブで行われた昌平高校の学校説明会に行ってきました。 

その冒頭、校長の城川先生から、
「校長として今年度で10年を迎えました」
というお話がありました。
「そうか、もう10年経つんだなあ〜」 
と思いながら、私も話を聞かせてもらいました。


↑写真は昨年の当塾の塾生を対象にした高校見学会のときのもの

東大への進学者も毎年のように出るような進学校
野球やサッカーなど、全国レベルの部活動ある、部活の盛んな学校
そんなイメージがありますが、思えばこのイメージのほとんどは、城川先生が校長になってから築かれたものであると言えます。

今から十数年前に、当時教頭だった城川先生が新たに着任され
『進学校を目指します』と言われたときには、
『本当にできるのかな?』という疑心暗鬼な部分があったのも事実です。

でも、そこからのスピード感が半端なかったですね。
新生昌平の1期生が東大に合格したのを皮切りに、あれよあれよという間に人気校になり、
そのレベルや倍率は高くなる一方でした。

進学はもちろんですが、部活動でも、サッカー部が全国大会のきっぷを掴んだのを皮切りに、
様々な部活が全国レベルへと成長してきました。


↑写真は昨年の当塾の塾生を対象にした高校見学会のときのもの

それにはもちろん集う生徒さんの力が大きかったとは思いますが、
学校説明会から垣間見れる先生方の頑張りと、
それを支える様々な仕組みが今日の昌平高校を作っていったように感じます。

私立高校を選ぶときに、どんなふうにして選ぶのか、
それは様々な基準や味方があると思います。
その一つに私は、その学校の持つ『勢い』というのも、大切な要素の一つだろうと思っています。

進学校と呼ばれているところでも、それに胡座を書いてしまっている学校は勢いがありません。
逆にこれから進学校を目指すという学校は、実績はなくとも勢いがあったりします。
そういった勢いのある学校は、周囲の環境から刺激を受けることも多いので、人として成長できる、そんな気もします。

城川先生が校長先生になられてからの昌平には、この勢いがあったように感じます。
そしてその勢いが人を集めて今日の昌平高校になっていったのだと思います。

こうやって振り返ってみると、10年はやはり一昔なんだなあと感じさせられますね。


↑今回の説明会はクレヨンしんちゃんの故郷、春日部のふれあいキューブで行われました

当塾から一番近い私立のひとつである昌平高校。これから先もどんな学校になっていくのか、そこに集う人やシステムも見ながら、見続けていこうと思います

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

付属校の強みに触れる ~國學院栃木高校 説明会参加記

2020年09月11日 15時45分38秒 | 受験・学校
先日、國學院栃木高校の説明会に行ってきました。
昨年はお隣の佐野日大高校と並んで、
当塾からの受験者が多かった高校です。
その理由の一つが付属高校としての強みです。

↑昨年実施した当塾塾生を対象にした見学会の写真より

付属高校といっても、いろんなタイプがあります。
いわゆるエスカレーター式と呼ばれるような、
入学と同時にほぼ自動的にで大学まで進学できる、
そんな付属校もあります。

國學院栃木高校から國學院大學に進学する場合、
一定の要件を満たすことが必要なようですので、
いわゆるエスカレーター式ではないとは思いますが、
それでも外部の高校から國學院大學を受験するよりは、
はるかに入学しやすい、それが現実だと思います。

國學院大學は都内の大学なので、
いわゆる「大学の定員厳格化」の影響を受け、合格者を絞り込んできています。
その影響でレベルもアップしているようで、大学受験の模試の判定でも、
偏差値的には3~5ぐらい、以前よりも難しくなってきています。

そのようなこともあり、
外部から特に都内の私立大学への進学は厳しい状況ではありますが、
そんな時に生きてくるのが、付属校の強みだといえると思います。

↑太平山の麓にあり、自然環境は抜群に良いところです
(昨年の見学会の写真)

埼玉県内の私立高校には、付属の高校が少ないので、
付属校のメリットについて聞くことが少ないかと思います。
当地区は埼玉の北東の端にある関係で、栃木県にも進学できることから、
栃木県の付属高校へ進学した生徒さんからの話を聞くことが多くあります。
その話を聞いていると、全員ではないものの、外から入学するよりも、
そのメリットは大きいと私には感じられます。

卒業した生徒さんの中にも、國學院栃木高校から國學院大學へ進学した生徒さんがたくさんいます。
中には、中学の時の成績から考えみれば、大学への進学は難しいのでは、という生徒さんが、
國學院大學へ進学をしていった例もありました。

そういった付属校のメリットを持ちながらも、
上位のコースでは、他大進学に向けた取り組みも盛んにおこなわれています。
東大や京大を目指す生徒たちの特別講習などもありますが、
職員室前の廊下に机といすを置き、いつでも先生に質問できる環境を作っているのも
進学校としての顔の一面があらわれた部分ではないかなと思います。

↑廊下には、いつでも質問ができるように、机といすが並んでいます
(昨年の見学会の写真)

このように、付属校としてのメリットも生かしつつ、
伸びたい人をさらに伸ばし、他の大学への進学させていく進学校としての一面も、
國學院栃木高校は持っているのではないかなと思います。

付属校としての顔と進学校としての顔。
その両方を持ち合わせているのが、國學院栃木高校だと思います。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

塾からのお知らせ【9/10版】

2020年09月10日 15時36分57秒 | お知らせ

=============
≪9/20までの予定≫
◇9/11(金)
◇9/12(土) ▼臨時休塾日
◇9/13(日) ▲三者面談
◇9/14(月) ▽北辰申込み締切
◇9/15(火) 
◇9/16(水) 
◇9/17(木) 
◇9/18(金) 
◇9/19(土)  ◎L&S授業(16:30-17:20) ◎理社国授業(19:00-20:50) 
◇9/20(日)  ▲三者面談 
▶予定はやむを得ない理由により変更をする場合があります。その際は、メールなどでお知らせいたします。
=============
【申込み、提出】
◆【中1・中2】三者面談の日程表
◆【中3】北辰テストの申し込み(9/14締切、10/4実施)
◆【希望者】数検の申し込み(9/28締切、10/31実施)
◆【希望者】英検対策の申し込み


≪9/12は臨時休塾日となります≫
9/12(土)は栗橋地区が体育祭のため、臨時休塾日とさせていただきます。授業・自習は全てお休みとなりますのでご注意ください。


≪数検について≫
10/31実施の数検の申し込みを受け付けております。受験希望者は、申込用紙に費用を添えて塾までお持ちください。実施時間は後日改めてご連絡いたします。申込書は、来週初めまでに郵送いたします。
※詳しくはこちら


≪英検対策講座を実施します≫
10/3の英検に向けた英検対策講座を実施いたします。ご希望の皆様は、日程をご確認のうえ、お申込みください。
詳しい日程につきましては、後日改めてお知らせさせていただきます。

==============
≪空席状況≫  
【授業】  
◇9/11(金) 20:00- 英数、21:00- 英数
◇9/12(土) 個別の授業はありません
◇9/13(日) 休塾日
◇9/14(月) 空席はありません
◇9/15(火) 空席はありません
◇9/16(水) 19:00- 5教科、21:00- 英語
◇9/17(木) 19:00- 数学、20:00- 英数
◇9/18(金) 19:00- 英数、20:00- 英数、21:00- 英数
◇9/19(土) 個別の授業はありません
◇9/20(日) 休塾日

【習熟】
◇9/11(金) 空席はありません
◇9/12(土) 習熟はありません
◇9/13(日) 休塾日
◇9/14(月) 19:00-
◇9/15(火) 19:00-、20:00-
◇9/16(水) 19:00-、20:00-、21:00-
◇9/17(木) 19:00-
◇9/18(金) 空席はありません
◇9/19(土) 習熟はありません
◇9/20(日) 休塾日

≪9/20までの自習時間・受付時間≫
※19時以降の自習は予約制となっております。
◇9/11(金) 15:00-22:00
◇9/12(土) 休塾日
◇9/13(日) 休塾日
◇9/14(月) 15:00-22:00
◇9/15(火) 15:00-22:00
◇9/16(水) 15:00-22:00
◇9/17(木) 15:00-22:00
◇9/19(金) 15:00-22:00
◇9/19(土) 15:00-17:20
◇9/20(日) 休塾日
▶自習時間については変更になる場合があります。変更の場合はLINEにておしらせいたしますので、ご確認ください。

≪進路・学習のご相談の受付≫  
◇公式LINEにてご連絡をいただければ、折り返し塾よりご連絡をさせていただきます。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

グローバル教育の本当の目的 〜潤徳女子高 訪問記

2020年09月08日 02時45分08秒 | 受験・学校
先日、NPO埼玉教育ネット主催の潤徳女子高の説明会に行ってきました。

今年度の入学者は239名。
共学校が全盛期のいま、都内私立の女子校で200名を越える入学者を集めた学校は数少ないと聞いています。
女子高の共学化が進む中、女子高としては多くの生徒さんが選択をしてくれている学校、そんなふうに言えると思います。
その理由はやはり、こだわりの教育内容にあるようと思います。



潤徳女子高の説明の中で印象に残ったのは、
『グローバル教育』についてです。
いまや、グローバル教育全盛期。
学校説明会で聞かないことがないワードの1つとなっていますね。
でも、グローバル教育=英語教育なのでしょうか?
私は常にそこに疑問を感じていました。
そんなときに、グローバル教育とはこういうものだと言う、一つの答えをくれたのが潤徳女子高のグローバル教育に対する考え方でした。

潤徳女子高のグローバル教育、それは、
『様々な価値観や背景を持つ人とともに生きるためのコミュニケーション能力』
という言葉で表現されていました。
この話を聞いたときに、『これだ!』と私も思いました。

グローバル教育の本当の目的は、『他者理解』だと思います。
そのための道具であるはずの英語。
それがいつしかグローバル教育の目的そのものになってしまって、グローバル教育=英語学習という構図ができあがったのかもしれまさん。

でも、本来のグローバル教育の目的は、他文化理解のはずです。他の話を聞き、多様性を受け入れ、他と協力して何かを成し遂げること、それが本来の姿なのではないかなとも思います。

そういった意味では、潤徳女子高の考えるグローバル教育は、もちろん英語も学ぶでしょうが、ユニバーサルフォレストなどを通して、他者を理解していくことに重点が置かれていて、本来の目的にちかくなってる、そんな感じがしました。

ユニバーサルフォレストでは、手話など、障害を持った人たちとのコミュニケーションを考えた授業も行っているそうです。
障害を乗り越えて生きようとする人たちとのコミュニケーション、これもまたある意味の他者理解であり、ある意味のグローバル教育なのかもしれません。

ユニバーサルフォレストは、幅広い分野の学習することで、自分の知らない世界を知り、自分が見ている世界だけが全てではないということを教えてくれているように感じます。

↑潤徳女子高の近くの東京芸術センターより。
この写真の左側に潤徳女子高があり、写真では写ってはいませんが、写真の右に少し行ったところに北千住駅があります。駅まで徒歩5分の駅近です。

勉強というと、とかく目の前の自分の成果だったり進路だったりに目が行きがちです。
でも本当の教育の目的は、「学ぶことで視野を広げ、多様な価値観を受け入れていくこと」だとも思います。
そういった意味で、潤徳女子高の取り組みは、1つの新しい取り組みと言えるのではないかなと思います。

女子校が共学化していく中で、女子校であり続けようとする背景には、きっとこだわりがあるのだと思います。その1つがこのユニバーサルフォレストなのかなと思います。
様々な背景を知ることや、様々な立場の人を知ることで心優しい女性の育成を考えているのかなとも思います。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

転換点

2020年09月07日 17時12分52秒 | 日記・エッセイ・コラム
昨日、北辰テストが実施されました。
それを受けて当塾では、そのあとに自己採点と二者面談を行いました。
皆さんには厳しいことも言いましたね。
でもそれが私の偽りのない本当の気持ちです。

当たりさわりのないようにすることは簡単です。
でも、そうすればそうするほど、皆さんは真実から遠ざかってしまう、
私はそう感じたので、
厳しい言葉も使いましたが、
塾の先生として、一人の大人として、
今の皆さんの現状を伝えられるようにお話をしたつもりです。



私が皆さんにお話しするときに心得たのは、
今日という日を「転換点」にしてほしい、
という思いでした。

人は変化を嫌います。
できれば、今までのほうがいい、変わらないほうがいい、
そう思って生きている人がほとんどだと思います。
だから現状を肯定してくれる人、否定しない人に人気が集まるのだと思います。

でも、今のままでは変われないという時に、
現状を肯定するだけでは、私はいけないと思っています。
このままではこの人は変われないし成長できない、そう思ったときは、
私は躊躇なくその人にそのことを伝えるようにしています。
そんな感じで物事をストレートに言うので、きっと生徒さんからは疎まれているとは思いますが(笑)、
今回も、「このテストが皆さんにとって転換点になってほしい」
そんなことを意識して、皆さんと面談を進めていきました。

言葉がきつかったのか、図星を言われたからなのか、
はたまた、悔しかったのか、不甲斐ない結果だったからかはわかりませんが、
何人かの生徒さんは、涙を見せていたようにも感じました。
でも、それくらいの感情の動きがなかったら、
人は変われないとも思います。

私が話したことで、すぐに今日から何かが変わるとも思えませんが、
私の言ったことが皆さんの心の奥で何らかの意味を持つことになれば、
私はそれで十分だと思っています。

さあ、
今日から変われることは何かないかな?
変わることほどしんどいことはないけれど、
心の奥底で「このままじゃいけない!」と思っているのなら、
ここを転換点にして、歩みだしていきましょう!

もちろん、応援していますよ!

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

塾からのお知らせ【9/3版】

2020年09月03日 15時49分48秒 | お知らせ

=============
≪9/13までの予定≫
◇9/4(金)
◇9/5(土) ◎L&S授業(16:30-17:20) ◎理社国授業(19:00-20:50) ▲三者面談
◇9/6(日) ■北辰テスト ◎北辰テスト自己採点 ▲三者面談
◇9/7(月) ▽英検申込締切
◇9/8(火) 
◇9/9(水) 
◇9/10(木) 
◇9/11(金) 
◇9/12(土)  ◎L&S授業(16:30-17:20) ◎理社国授業(19:00-20:50) 
◇9/13(日)  ▲三者面談 
▶予定はやむを得ない理由により変更をする場合があります。その際は、メールなどでお知らせいたします。
=============
【申込み、提出】
◆【中1・中2】三者面談の日程表
◆【希望者】英検の申し込み(9/9締切、10/3実施)
◆【中3】北辰テストの申し込み(9/14締切、10/4実施)


≪中3/北辰テスト自己採点会を行います≫
9/6の北辰テスト終了後に自己採点会を行います。持ち物や注意項目は以下の通りです。詳しい時間は、決まり次第改めてご連絡いたします。

【持ち物】
当日の問題用紙、解答解説、筆記用具

【注意事項】
・何らかの理由で参加できない場合は、塾までお知らせください。
・自己採点ができるよう、問題用紙に解答を書き写しておいてください。


≪英検 申込み受付中≫
ただいま当塾では英検の申込みを受け付けています。お申込みをされる皆さんは、申込書に費用を添えて9/9までにお申込みください。


≪中1・中2/三者面談について≫
三者面談が満席で日程が確保できなかったみなさんむけに臨時の日程を設定いたします。決まり次第改めてご連絡いたします。

==============
≪空席状況≫  
【授業】  
◇9/4(金) 19:00- 英数、20:00- 英数、21:00- 英数
◇9/5(土) 個別の授業はありません
◇9/6(日) 休塾日
◇9/7(月) 空席はありません
◇9/8(火) 空席はありません
◇9/9(水) 19:00- 5教科、21:00- 英語
◇9/10(木) 19:00- 数学、20:00- 英数
◇9/11(金) 19:00- 英数、20:00- 英数、21:00- 英数
◇9/12(土) 個別の授業はありません
◇9/13(日) 休塾日

【習熟】
◇9/4(金) 空席はありません
◇9/5(土) 習熟はありません
◇9/6(日) 休塾日
◇9/7(月) 19:00-
◇9/8(火) 19:00-、20:00-
◇9/9(水) 19:00-、20:00-、21:00-
◇9/10(木) 19:00-
◇9/11(金) 空席はありません
◇9/12(土) 習熟はありません
◇9/13(日) 休塾日

≪9/13までの自習時間・受付時間≫
※19時以降の自習は予約制となっております。
◇9/4(金) 15:00-22:00
◇9/5(土) 15:00-17:20
◇9/6(日) 休塾日
◇9/7(月) 15:00-22:00
◇9/8(火) 15:00-22:00
◇9/9(水) 15:00-22:00
◇9/10(木) 15:00-22:00
◇9/11(金) 15:00-22:00
◇9/12(土) 15:00-17:20
◇9/13(日) 休塾日
▶自習時間については変更になる場合があります。変更の場合はLINEにておしらせいたしますので、ご確認ください。

≪進路・学習のご相談の受付≫  
◇公式LINEにてご連絡をいただければ、折り返し塾よりご連絡をさせていただきます。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする