風の声

想いつくままをあれこれ

我慢もほどほどに

2016年04月30日 | 日記
咳が続くので病院へ。
アレルギー性の喘息とのこと。
花粉症の一つの症状らしい。
吸引薬と目薬をもらい、さっそく吸引した。
ウソのように咳が治った。
これなら、我慢しないで早く病院にくればよかった。

この前受けた腸の検査の結果も全く問題なし。よかった。

ドクターの話だと、アメリカで花粉症のワクチンが開発されたとのこと。
3年後にはワクチンで花粉症を治すようになる。
ただ、日本の場合、厚労省の認可がいつも手間取るから微妙。

今年はホントに花粉症が酷い。
ワクチン、早く出てこい。








違約金にムッとした

2016年04月29日 | 日記
去年の秋、NTTからDocomo光に切り替えていた。
そのほうが月々の使用料が安いと窓口で勧められてのことだった。

常々、固定電話を全く使用しないから、無駄な料金だと思っていた。
携帯と固定の年間の使用料は20万を超える。
10年で200万、高いなぁ。。。

そんな思いもあって、住み替えを機に解約することに。
Docomoの窓口に行き、待つこと30分。
やっと順番が来た。
機械的な応対をする窓口の男性スタッフに解約の旨を伝える。
「今、解約をすると違約金が発生しますよ」
と、威圧的なしゃべり。
ちょっと鼻についた。
いくらかとたずねると、14,300円だという。
変更時に何の特典もなかったのに、バカにした話だ。
違約金がいる事自体、胡散臭い。
解約したからといって工事に来るわけでもない。
こんなからくりがこの業界のやり方なのだろう。

さらにそこから待たされる事30分。
待つ必要もないような、電話の向こうとの確認だけのことだった。

携帯も2年ごとの更新時でない時に解約すると違約金が発生するという。
業界ではそうなのだろうが、解約させないための嫌がらせとしか思えない。

複雑な契約内容に高すぎる料金、この業界の不透明さにムッとした。










椅子の魔力

2016年04月28日 | 日記
毎週末に公用車を使って温泉地の別荘に通っているという舛添都知事。

本人は別荘で公務をしているから問題ないと苦しい答弁をしていた。
庶民派を打ち出して挑んでいた都知事選挙だったのでイメージがズレてしまう。

別荘で過ごしたいのなら公金つかわずに自腹で行けば何の問題もないはず。
ちょっと感覚がわからない。

この前も外遊のファーストクラスやスイートルームの高額な費用が問題にされたばかり。舛添都知事は一回の外遊に2,600万円もかけている。派手なパフォーマンスをしていたように思われる石原都知事の外遊費でさえ1,600万円だったそうだから、いかに超豪華な外遊ぶりかがわかる。もちろん全部税金で賄われる。

都知事の椅子の魔力は人をこんなに変身させてしまうということか。

「国を治める者の暮らしは、その国の平均でなければならない」
ウルグアイのムヒカ大統領の言葉が浮かんできた。
ムヒカ大統領の外遊はエコノミーだった。時にはブラジルの大統領の専用機にのせてもらって国際会議に出席したことも。大統領専用車には乗らず友人にもらった古いワーゲンビートルに乗り通勤。大統領公邸に住めば40人ものスタッフなど高額な維持費がかかると知り、その維持費を教育費などに回せば国のためになると、トタン葺きの自宅に暮らし通した。
世界一貧乏な大統領と呼ばれたムヒカ大統領の生き方だ。

東京にも訪れたことがあるムヒカ大統領だが、
舛添都知事はご存じないようだ。

















努力でなした2,000本に祝福

2016年04月27日 | 日記
カープの新井選手が2,000本安打を達成した。

プロ18年目、39歳での金字塔だ。
才能というよりも努力で達成した2,000本といえる。

古巣、地元の広島に帰ってきて2年目の偉業達成。
2,000本を前にプレッシャーから足踏みする選手が多いのに新井選手にはそれはなかった。ないどころか更に好調をキープしながら、さらっと大記録の達成だった。
そういえば、今年の新井選手は右狙いのバッティングに変身している。どちらかといえば左に引っ掛けて打ってしまうタイプだったから、18年目にしてまだまだ進化しているということだ。その進化がノープレッシャーでの2,000本に繋がったのだろう。

入団当初の評価は低く、打撃も守備も最低だった新井選手。
それでも直向きな研鑽と努力で4番を打てる選手にまで自身を高めてきた。
毎年の新春恒例となっている護摩祈祷がすべてを物語っているように思える。

球界唯一の市民球団の広島カープのコアなファン。
記録達成の瞬間を一目見ようと駆けつけたファンでアウェーの神宮は真っ赤に染まっていた。私のようにカープが勝つよりも巨人が負けるほうが嬉しいようなカープファンとはレベルが違う。

大声援と万歳で歓喜するカープファンの祝福に、最高の笑顔で応えた新井選手。
しんどかった時期の苦悩と苦労が報われた瞬間だ。

良かったねぇ、新井選手。

本当に、おめでとう!






根っからの貧乏性

2016年04月26日 | 日記
昼から気温は28度。
いきなりの夏日になった。

古着を処分しようと思うのだが迷ってしまう。
もう5年は着てないスーツにジャケットにコート。
生地はお気に入りのもの。
最近の服にはない手の込んだいいものだ、と思うと捨てられない。
以前、今風のデザインに仕立て直そうとして、見積もりの高さに躊躇した。
もったいないなー。
でももう着ることはないだろうな……

超お気に入りだった3着だけは残すことにして、他は大胆に処分。

根からの貧乏性、とても高かったカシミアのコートも捨てられなかった。笑




またもミスした五輪組織

2016年04月25日 | 日記
またしてもミス。

2020東京五輪組織委員会は本日3時にエンブレムを発表するはずだった。
だが、リークされて正式発表の30分前にTVニュース速報で流れてしまった。

3時からの公式発表の会場はどっしらけ。
TVで生中継されていたが、ワクワク感はない。
予定のシナリオ通りに進行するのが滑稽に見える。笑
発表役を務められた王貞治さんが気の毒だった。

最初の一歩の競技場計画の撤回でつまずき、二歩目のエンブレム盗作騒動で転んでしまった五輪組織委員会。さらには聖火台がまったく議論されていなかったというお粗末さも露呈。その度に見苦しい責任のがれ発言をくりかえす面々。そんなシーンが今もよぎる。

今日のシラけた発表会もその流れと同じもの。

主導するのが五輪組織委員会なのか東京都なのか政府なのか不明瞭なまま進めてきた。そのための無責任体制が招いた騒動。五輪を楽しみにしてる国民の期待を裏切らないようにちゃんとしてほしい。

あいつぐミスに、一事が万事にならないようにと願いたくなる。

スポーツ日和

2016年04月24日 | 日記
雨は上がった。

近くにある運動場からアナウンスがながれているのが聞こえてくる。
陸上大会が催されているようだ。
スポーツにはちょうどいい天候でよかった。

昨夜は錦織選手の準決勝のライブを観た。
苦手としていた対戦相手に圧巻の勝利。
絶好調のようだから、決勝戦が楽しみになってきた。

そうだ、気になっていたジーンズの直しをしよう。





小さな思いが

2016年04月23日 | 日記
うちの社長をトップにスタッフを募り熊本へ救援物資を届ける。
物資協力の呼びかけに多くの方々の善意が集まった。
物資を3台の車に積み込み、現地の迷惑にならないように昼間の時間帯を外して、雨の中を夜通し走り南阿蘇村へ物資を配送。

現地の要望を受けて再び救援物資を届けることになった。

知り合い達も今日、募った物資を届けに出発する。

「できることを」できるところからする。
小さな思いが集まってひとつの力になればいい。




男も女も愛嬌

2016年04月22日 | 日記
昔から、男は度胸女は愛嬌といわれるが、女も男も愛嬌があった方がいい。
愛嬌の無い男も女もいただけない。

他人ならまだしも身近なひとの無愛想は本当に困ったもんだ。
日々の暮らしがギスギスしてしまう。
もっともパートナーのそれは、割れ鍋にとじ蓋のたとえのように似た者同士、相手だけのせいではない。どちらもどっち、目くそ鼻くそを笑うの世界。

さてさて、我が家の鼻くそ、辞書にはやっぱり愛嬌はないようだ。






懲りない三菱

2016年04月21日 | 日記
三菱自動車の燃費表示の不正が発覚した。
ekワゴンやデイズなどの燃費をごまかして騙していたのだという。

三菱自動車といえば過去にリコール隠しで倒産の危機を招いたこともある会社。
あんなに企業体質の改善を誓っていただけに、車好きにとっては残念だ。
悪しき体質の根は相当、深そう。

燃費をごまかし高性能を装って売り込もうとしたのだろうが、モノづくりのプライドを失った手口はあまりにも姑息すぎる。

以前のリコール隠しのように安全に直結することではないまでも、命を乗せる自動車を売る企業とすれば「ウソ」は致命傷、決して許されない。

懲りない三菱自動車。
再び失った信用の損失は大きい。



一本桜

2016年04月20日 | 日記
今年も一本桜を見に車を走らす。

例年なら4月末が見頃なのだが今年はもう散り始めていた。
里山に立つ山桜。
推定樹齢は400年だという。
凛と立つ一本桜は見事だ。

平日だというのに多くの人がきている。
出店もあってちょっとした賑わい。
明日は雨予報。
一本桜も今日が最後の花見になりそうだ。

出店の焼きたてのアップルパイを手に、一本桜を見入った。

今日もダイエット

2016年04月19日 | 日記
ダイエットを口にしながらまったくできない人がいる。

もちろん目標数値も立てている。
いつまでに達成するかも明言した。

なのに、やってることは逆なことばかり。笑

夕食をしっかり食べたばかりなのに、つまみとビールを取りだしてグイグイ。
かと思えば、次はフランスパンにアイスクリームを所望。
こんな調子で毎日が過ぎていく。

そんなわけで、今日も我が家のハニーはすくすく育っている。






いつもながらの後手後手

2016年04月18日 | 日記
熊本地震の被災地各地の状況が明らかになっている。
水や電気といったライフラインの復旧が急がれる。
避難者への食べ物も行き届いていない。

大震災の時と同じように、拠点まで物資は届いているのに、そこから被災地へ届ける最後の段取りが出来ずにいるのだ。アメリカ軍のオスプレイが沖縄からやってきて今日から輸送に当たるのだという。

自衛隊にも輸送用のヘリもトラックもあるのになぜ一番に手配できないのか不思議に思う。自衛隊の部隊を投入する際に、被災地での人命救護に当たるものと食料などの必需品の輸送とを同時に手配すればいいのに、いつも後手後手だ。15,000人からの自衛隊の部隊を投入しながら食料の輸送に手が回らないというのは理解できない。

アメリカ軍の助けを得るのも良いことだろうが、優秀な自衛隊がいるのに十分に使いこなせない政治と行政の段取りの下手さがいつも目立ってしまう。
被災者の一番大切なことを一刻も早く対応することが急がれる。

なのに、肝心な政治は今朝からTPPの審議を再開している。
そんな呑気なことをしていないで、現地へ担当大臣らを派遣して、被災地の実状と被災者の生の声を聞きスピーディな対応をすればいいのに、もどかしくなる。

政治は、国民の暮らしを守るためにある。
その国民の暮らしが破壊されて大変なことになっているというのに、国民はそっちのけでTPP審議をする無神経さにあきれてしまう。

アメリカには大災害などの緊急事態に対応する連邦緊急事態管理庁(Federal Emer-gency M anagement Agency.)の FEMAがある。FEMAはハリケーンカトリーナの被害を受けて強化され、大統領に次ぐ権限や予算まで持ち、緊急時の現地指揮から復興までを掌握する。

日本も阪神大震災や東日本大震災などの経験をいかし、大規模災害の度にバタバタしないでFEMAのような組織がただちに被災地に飛んでいき対応できるように法整備をすべきだ。

国民の命と暮らしを守るために、もしもに備えて法整備することこそ国会の使命のはず。本当にすべきことをちゃんとやってほしい。

現地では、今も余震が襲いかかっている。












「みえる」人に図星され大爆笑

2016年04月17日 | 日記
友人から頼まれて「みえる」という知り合いのところに行くことになった。

その友人の周りで、癌に侵され病んでいる人や逝ってしまった人が相次いでいて、
自分の身体のことが心配になり不安になってしまったのだという。

高速インターの出口で待ち合わせ、彼女と二人で来た友人と合流。
約束の時間に遅れて到着する。

部屋に入るといきなり「おじいさんも一緒にこられてますね」で始まった。
おじいさんの風貌などを聞いていくうちに、父方のお爺ちゃんだとわかってきた。
ちょうど来月が33回忌になるのに身内の誰もが忘れているらしく、寂しいようだ。
煮物好きのお爺ちゃん、それも欲しがっておられるとか。

仕事のことや人生のこれからについてお爺ちゃんの教えと願いが次々と伝えられる。
本人しか知らない秘密事も沢山出てきたりして冷や汗の連続の友人だ。笑
経営の方はこれからますます絶好調になるらしく、一安心。
身体の健康の方も全く心配無い。

その後からが、大笑いの連続だった。

「女性の生霊が腰にがっちりしがみついてるよ」
一同、大爆笑。
本人は彼女の手前もあってか、「心当たりがない」を連発をしていた。
が、「こう言ってます」と、話は具体的になる。
このあたりから、昔別れた元カノの絞り込みができたみたいだ。笑

救われたのは、同席した今カノは最高のパートナーとのこと。
見た目とは全く違って、真面目で優しくしっかり者らしい。
彼女を代表にして商売を始めれば超儲かるみたいだ。
「この人を逃したらこんないい女性はもう無いよ」と釘を刺されていた。

「私はお祓いは出来ないからどこかでしてもらいなさい」
そう言われながら、部屋を後にした。
お礼は一切取ろうとされない。感謝感謝。

生霊は私の友人の真言宗の大阿闍梨のお寺に頼むことになった。
和尚に電話をすると、明後日が護摩焚きの日でちょうどいいようだ。
予約を入れ、安心した友人。
お爺ちゃんの墓参りや33回忌の法要をさっそく手配していた。

これまでも「よくみえる」シーンは何度も見てきたが、ここまでの大爆笑は初めて。

友人のキャラもあって、実に愉快な時間となった。










地震の終息を祈る

2016年04月16日 | 日記
本震、あいつぐ余震、そしてまた本震と被害が拡大している熊本地震。
活断層が集中した地帯の連続地震の恐怖がなおも続いている。
ただただ、一早い人命の救助を願う。

41人もの命が奪われ、負傷者は1,100人を超え避難者は11万人に及んでいる。

崩落寸前の熊本城や宇土市役所、崩れた阿蘇神社がこの地震の激しさを伝える。

熊本地震の終息を祈りたい。