風の声

想いつくままをあれこれ

投手交代させないで1イニング10失点のカープ

2018年05月31日 | 日記
1イニング10失点。

2回表の西武の圧倒的な攻撃に、なす術なしのカープだった。
1点先制した直後、1アウトも取れないままの大量失点。

2回表のピッチャー交代はない、のがセオリーとはいえ疑問が残る。

フォアボールを連発する藪田投手の出来を見れば、決断できたはず。
この前の負け試合もピッチャー交代を誤り、みすみす試合を壊した。

勘やセオリーも結構だが、もっとデータ重視の采配が欲しい。
去年のクライマックスの采配は、意表を突いたラミレス采配に敗れた。

10点取られた後、6点返したカープだったが、時すでに遅し。
勝負ごとに「たられば」は無いが、せめて6失点でかわしていたら。
展開は違っていた。
1アウトも取れないのに続投させ、1イニング10点も与えたのは、やり過ぎ。

勿体ない、そんな試合だった。

鬼の霍乱つづくも体重はしっかりキープ

2018年05月30日 | 日記
鬼の撹乱が続く我が家のハニー。
体調の悪いままが、長引く。

仕事から帰ると、倒れるように眠る。
疲れが取れない状態から抜け出せない、のだという。
それでも、食欲の方は衰えない。

持論を持ち出し「疲れには甘いもの」だと、励みだした。
そのおかげもあって、体重キープは抜かりなくこなしてる。

いつになったら、治るんだろ。


セパ1位のカープvs西武は逆転劇の大熱戦!

2018年05月30日 | 日記
セパ交流戦の熱戦が続く。
カープは昨日負けた西武との2戦目。

途中雨で中断されながらも、逆転劇場にスタジアムが湧いた。
西武に2点先制されたカープは松山のホームランで逆転。
すると今度は9回表で西武が追いつき、延長戦へ。

延長10回表、西武が3点を奪い逆転。

「逆転のカープ」を信じファンは大声援を送る。
10回裏、カープは4点を奪い、逆転サヨナラ勝ち。

逆転に次ぐ逆転。
両チームに天晴れ。
両リーグ1位のぶつかり合いらしい熱戦だった。
明日の3戦目が楽しみになってきた。




セパ1位のカープと西武がぶつかるセパ交流戦

2018年05月29日 | 日記
中日にだけ負け越して、今日から交流戦に入ったカープ。

パリーグ1位で走る西武を広島に迎えての初戦だ。
セパトップを走るチームの対決となった。

去年の交流戦は2位、今年はトップをめざす。

今、キャッチャーの會澤が逆転ホームランで2対1とした。
今年は、どんな18試合の交流戦になるのやら。

カープらしく、泥臭く勝て、カープ!

筋肉の衰えが記憶力を衰えさせる

2018年05月29日 | 日記
クイズは得意なのに、おかしい。

なにげなく流れていたクイズ番組を見ていて気づいた。
わかっているのに、写真の人物の名前が出てこない。
驚くのは、好きな人物なのに、とっさに引き出せないのだ。
答えを出されて、「そうよ!なんで?」が、何度もあった。

脳科学など最近の身体に関する研究の成果は著しい。

「筋肉」が脳に与える影響が注目されている。
とりわけ記憶力に与える影響が大きいのだという。

確かに、スポーツらしいことをほとんど止めてしまった。
飯よりも好きだったゴルフの情熱もチーピンのせいで冷めた。

ふくらはぎや腿の筋肉が落ちたのがはっきりわかる。
tyたるんでしまった腹回りは、明らかに腹筋の衰え。

そっか、筋肉の減少が記憶力を衰えさせているということか。

思いもしない落とし穴だった。

生兵法は大怪我のもとだった

2018年05月29日 | 日記
皮膚科に行く。

足の側面にできていた水ぶくれのようなプツプツ。
半年くらい前、気になってドラッグストアーの薬剤師さんに相談した。
「水虫じゃないので、このクリームを」とアドバイスを受け軟膏を買う。
しばらくクリームをつけていたら、プツプツは枯れたのでそのままに。

この前から、また同じ症状が両方の足に出てきた。
病院嫌いなのだが、ハニーのご指導もあり皮膚科に行くことに。
検査の結果は「小水庖」という水虫の一種らしい。
だから、普通のクリームじゃ治らないわけだ。
たまたま、冬の乾燥した時期に治ったようになってたのだろう。

生兵法は大怪我のもととはこのこと。

餅は餅屋、病気は医者ということだ。


「改ざんではない」と言い出した麻生大臣の無恥と無知

2018年05月29日 | 日記
メディアは連日、日大アメフト問題を伝える。

その陰に隠れる、加計疑惑と森友事件。
居直り続ける安倍首相と麻生大臣にとっては、恵みのアメフト騒動だ。

森友文書は「白を黒にしたのではない」から、改ざんではないと言う麻生大臣だ。

「厚顔無恥」というよりも「厚顔無知」の麻生大臣とはいえ、あきれるばかり。

恥も知らなききゃ、知性もない。

いくら大臣の椅子にしがみつきたいからといって不見識すぎる。

前代未聞の隠ぺいに改ざん、そして犯罪まで引き起こしている財務省。
その最高責任者の大臣として無責任すぎる。

秋の自民党総裁選で麻生派の支持を得たい安倍首相は、大臣責任をとらせない。
安倍首相の弱味につけこみ、居直りながら、言いたい放題の麻生大臣だ。

同じ穴のムジナは、同病相哀れみながら居直り続ける。

国会の常識は国民の非常識

2018年05月28日 | 日記
国会中継を見ていて、イライラする。
これほど、不快なものはない。

議席の数で圧倒的な数を占める与党。
野党第一党でさえ自民党の5分の1程度で、偏った国会だ。

その議席数に物言わせる国会議論とあって横柄な物言いが目立つ。
失言名人の麻生大臣は「森友文書まだ出るかも」と無責任な答弁をする。

自分が財務省の最高責任者だという責任も自覚もない。
こんな、お粗末な人物でも大臣に副総理が務まるのだから、恥ずかしい。

「責任」は一切取らず、まるで評論家気分の麻生大臣だ。

加計理事長と飲み食いにゴルフを奢りあった問題性を問われた安倍総理。
「おごってもらいたくて付き合ってるんじゃないよ」と、開き直る始末。

国会の常識は国民の非常識、世間の常識は存在しないようだ。

偏り過ぎた国会のバランスを変えない限り、常識は回復しない。



開学を手にした加計学園のウソと居直り

2018年05月27日 | 日記
ウソもここまで塗り固め過ぎると、逆に本当が丸見えになる。

3年前に加計理事長が安倍首相に会って獣医学部を説明し「いいね」と話した問題。
今度は、加計学園が、あれはウソを愛媛県や今治市に言ったのだとコメントした。

小説なら下手すぎて、読者がしらけてしまうような展開のコメントだ。

「3年前に会っていた」ことになれば、安倍首相の「辞任」は避けられない。
そんな、安倍首相の危機を必死で打ち消そうとする加計理事長。
お世話になったお返しに、加計学園が嘘つきになって、首相を守ろうという腹か。

これまで、雲隠れし続け、「開校」の既成事実を手にしたら居直りだした。

盗人猛々しいにも程があると世間はあきれるばかり。

そこまで、言い張るなら、逃げていないで証人喚問に出ればいいのに。
陰に隠れて、政治家を利用し営利を貪るやり方は、教育とは真逆で汚い。

安倍首相と加計理事長は腹心の友、「類が友を呼ぶ」ということか。

五里霧中の米朝トップ会談

2018年05月26日 | 日記
危うい駆け引きが続くアメリカと北朝鮮。

リビア方式を示唆した米を、激しく牽制した北朝鮮。
核放棄後に体制が崩壊したリビアの二の舞を怖れての警戒だった。

6月12日に開催予定の米朝トップ会談だった。
だが、会談中止の通告を北朝鮮に対してトランプ大統領が行う。
延期ではなく、中止ということで、会談は完全にとん挫したと思えた。

米の中止通告に対して、北朝鮮の反応は意外にも慎重だった。
リビア方式は適用しないとしたトランプ大統領への反応でもある。

今日は急遽、文韓国大統領と金委員長の会談が板門店で、また開かれた。

めまぐるしく展開し、大詰めの駆け引きに揺れる朝鮮半島。

五里霧中の米朝トップ会談だ。


無理やり通した欠陥法案

2018年05月25日 | 日記
「働き方改革法案」が委員会で強行採決された。

法案の基礎資料が虚偽データだったという疑念だらけの欠陥法案。
命にかかわる法案の審議だというのに、デタラメだけが目につく。

長時間労働を助長する「高度プロフェショナル制度」の審議も不十分。
欠陥法案でも、今国会の目玉法案、何としても通したい安倍政権だった。
 
そんな、安倍政権の面目だけが優先され、無理やり通した強行採決だ。

異常国会を招いた張本人の安倍首相は、ロシアでパフォーマンスを楽しむ。
嫌われ役は党に丸投げしての外遊は、さぞや楽しかろう。

安倍一強の自民党、お家の事情が透けて見える強行採決だった。

対応が後手後手なんじゃなくて能力がない日大

2018年05月25日 | 日記
人は危機に直面した時、その本省が表れる。

日本大学のアメフト反則プレーに対する対応がそれだ。
今日も学長の記者会見が行われているが、意味不明だ。
問題の本質的な把握すらなされていない。

「監督らの指示はなかった」という立場を取ったままの大学。
その根本的な過ちのまま、謝罪のホーズを取っても伝わってこない。

反則プレーを命じられた学生に対して「本学で学んでほしい」と話す。
大学として選手だけを犯罪者扱いしておいて、学びたいならいていいよ、はない。

アメフト部のことだから「アメフト部で対処しろ」としてきた日大に問題がある。

肝心な、監督やコーチの「指示」については、コメントを避ける。
一体、この学長、何のために出てきて、会見したのだろう。

初動から、後手後手の対応だと報じられてきたが、能力の問題のようだ。

この前の監督会見の司会をしていた人物といい、対応能力がまったくない。

ピンチに本性が出る、そのまんまをいく日本大学だ。



我が家の一押しは「半分、青い。」

2018年05月24日 | 日記
ドラマファンには嘆かわしいばかりの不作続き。

それでも、我が家の意外に面白いと一押しは、朝ドラ「半分、青い。」。
主人公の鈴愛役の永野芽郁の演技も「個性的でうまいよねぇ」と好評。

NHKらしくお金に物言わせてのキャスティングも豪華だ。
若手の佐藤健をはじめ主役級の俳優がずらりと脇を固める。
ちょっとやり過ぎ感もあるほど。

もっとも、佐藤健ファンのハニーはそれだけでいいようだ。
29歳で高校生役を演じるのを演技力だと思い込んでいる。

笑える小ネタもふんだんに盛り込まれていて面白い。

配役よりもシナリオが決め手となるロングランドラマ。
「あまちゃん」が朝ドラを変えて以来、展開のリズムが違ってきた。
いまのところ、「半分、青い。」も淀みなく展開する。

他に、これというドラマがないのが寂しいところ。



加計疑惑をはぐらかしてくれた日大に感謝する官邸

2018年05月24日 | 日記
もっぱら日大アメフトの反則プレー問題を報じるメディア。

激しく辛辣な物言いで、昨日の日大監督とコーチのウソを暴いている。

この報道に、感謝し胸をなでおろしているのは安倍首相。
愛媛県が新たに示した加計疑惑の「文書」の報道が、陰に隠れたからだ。

「悪運」と「他に適当な人物がいない」強味で綱渡りを続ける政権らしい。

「記録を調べてみましたが、会っていません」と愛媛文書を否定した安倍総理。
だが、今まで官邸の記録は廃棄して「ありません」と言っていたはず。
都合によって、あったり無かったりする官邸記録、アホらしくて笑ってしまう。

日大報道では辛辣なメディアも、時の権力者の疑惑には忖度するおかしな状況。

メディアの注目をはぐらかしてくれた日大に、官邸は感謝状を贈りそうだ。


3年で19回も会いながら「知らなかった」安倍総理

2018年05月23日 | 日記
安倍首相と加計理事長が会っていたのは3年間で19回だった。

いままで、ゴルフや飲み会で14回とされていたが、他にも4回会っていた。

これほど頻繁に会っていながら「獣医学部の話はしてない」という。
今日の国会でも、おどおどした表情で否定した安倍首相だった。

先ほど、会見していた日大のアメフト監督らと同じ表情が、笑える。

愛媛文書だと、加計理事長が獣医学部を説明し「いいね」と安倍首相が答えてる。

だとしたら、安倍総理がウソを言ってるか、愛媛県がウソを書いているかだ。
だが、愛媛県の職員が、ありもしないウソを書く必要はないし、意味もない。

加計疑惑でも「私が関与していたら責任を取る」と言っしまった安倍首相。
いまさら、「ウソでした」などと言えるはずもない。
状況証拠はここまで詰んでいるのに、厚かましく居直る。

どこかの国の、居座り続ける暴君と同じに見えてくる。

もっとも、こんなウソを信じる国民は、この国にはいない。