風の声

想いつくままをあれこれ

温泉街を封鎖して裸外交にはしゃぐ

2016年12月15日 | 日記
ロシアのプーチンを招いて、温泉外交を目論む安倍首相。
自分の地元、山口の温泉街を封鎖して、「裸外交」にはしゃぐシーンが報じられるはず。

狙っているのは、北方領土の返還にめどをつけて、それを手柄の解散総選挙。
1月解散はないと思わせといて、得意のだまし討ち解散をやりたくてしょいがないのだ。

そうしないと、2020年の東京オリンピックまで首相の座が安泰しない。

下心が見え見えのプーチン会談、腹黒い2人の腹のアカまで洗い落とす温泉はない。

トランプは、「信頼できる政治家」だと絶賛し、恐怖政治を行うプーチンも賞賛する安倍。
政治の世界も、似た者同士は、仲良くなれるということだ。









今、政治がやることがカジノなのか

2016年12月15日 | 日記
国会を再延長してまで強行可決したカジノ法案。
裏社会への金の流れや、ギャンブル依存の社会を作る危険性は棚上げしたまま。
今回もまた、安倍首相の本性が見事に露呈したやり口となった。

今、やるべき政治課題は他にも山積みされているのにだ。
どこまでも政治音痴は治らない。

最近はテレビニュースに、あのぐちゃぐちゃした喋りの安倍首相の顔が映ると吐き気をもよおす。
あてにならないマスコミは支持率5割以上だというが、そこまで国民が政治音痴とは思えない。

カジノにはしゃいでいるスキにデタラメな安倍内閣は次の悪巧みをしている。






即刻、地獄へ落ちろ

2016年12月15日 | 日記
信義に反する奴は、救いようがない。

地獄が本当にあるのなら、即刻、落ちればいい。

などと、想った、昨日だった。





インフルエンザも、やれやれ

2016年12月15日 | 日記
インフルエンザの熱がやっと落ち着いた。
人生初インフルエンザは、熱に弱い自分には辛い。

ちょうど、何もかもが忙しいピーク。
M&Aも正式契約へ秒読み。
選挙物もバタバタのピーク。

部屋から、受電しながら、ずっと電話をしている。

幸いなのは、どれも順調。
思い通りに進んでいる。

週末には動き出せる。やれやれだ。





患者に「寄り添う」が原点ではないの

2016年12月13日 | 日記
それにしても、市立の緊急外来だというのに、お粗末だった。

先ず、電話をした時、
「うちの病院のカードはあるか?」
「保険証はあるか?」
まるで支払い能力がなければ、観ないよと言わんばかりの応待。

病院に着くと、待合所にはだれもいないのに、何の知らせもない。
しばらくして看護師さんが「どうしました?」から聞き取りがはじまる。

「また先生が聞くから、、、、先生が来るまで 待ってもらいます」
ほんと、そっけない、というよりも、ふてぶてしい物言い。
熱を計ってくれと頼み、39度9。

夜勤でしんどいのはわかるけど、寄り添うのが看護の基本ではないのか、つい思ってしまった。

内科のドクターが来たのは、それから15分後。
診察室に入るのが3分後。

頼りなさそなドクターは、看護士と同じことを聞き、レントゲンを撮ると。
「聴診器の音がきになるのですか?」
そう聞くと、「念のため」だという。

「それなら、しんどいから先ずは熱を下げる措置を先にしてください」と頼む。
なら、坐薬を入れましょうとなり、
「50にしますか25ですか?」と聞いてくる。

意味不明?
そんなこと聞かれても、体重は62キロだと告げ、50に。
結局、レントゲンはなし。

それでも救われたのは、ドクターの横にいた看護師さんは丁寧だった。
「大丈夫ですか、しんどいですね」からはじまり、「大丈夫ですよ」と寄り添ってくれた。
熱でフラフラしながら、優しい対応に、癒された。

人それぞれだろうけど、切羽詰まった患者が駆け込む公営の緊急外来。
大変な勤務で、お疲れモードなのはわかるが、プロであって欲しいと、感じた。








40.4度!A型インフルエンザだった!

2016年12月13日 | 日記
昨夜、7時過ぎ。

激しい悪寒に襲われ、熱を計ると40.4度!
慌てて、緊急外来に電話を入れて病院へ。

ドクターはレントゲンを撮りたいと言う。
先ずは熱を下げる措置をしてくれ、と頼む。

自分で坐薬の措置をして、横になっていると、検査結果が出たとドクターが来た。
結果は、A型インフルエンザだった。

タミフルに代わる新薬の吸引薬のイナビルを吸引。

しばらくすると、悪寒が無くなったので、薬をもらって帰宅した。

人生、初インフルエンザ。
熱にうなされ、死ぬかと思った。




気持ちが負けそうに

2016年12月11日 | 日記
昼過ぎ、熱は37.8度に。
頼りの根性菌は敗れるのか!?

この熱の上がり方ならインフルエンザではなさそう。
膝、腰、そして頭が痛い。

薄情なハニーは「大げさ」だと、笑い者にする。

昔から、熱にはめっぽう弱かった。
38度を超えると、目眩がする。

いかん、気持ちが負けそうになっている。




限りある命は、はかない

2016年12月11日 | 日記
昨夜は通夜に参列する。
社員のお父さんのお通夜。

まだ、69歳。
焼香を終え、言葉を交わすと、健気にこらえていたのだろう涙があふれ出た。

産休を終え、復帰してくれたばかり。
わがままな営業マン達に悩まされながらも、笑顔で懸命に頑張ってくれている。
事務の要だ。

早すぎる逝去。

限りある命は、はかない。











風邪は根性菌で撃退する!

2016年12月11日 | 日記
やられたかも知れない。

ハニーの風邪が感染したような、、、、、
昨日から、喉が痛くて少し咳が出ていた。

今朝、早く起きて、溜まっていた原稿を一気に書き上げた。
が、ゾクゾク感がしている。
関節に痛みも。

熱は、37度。

風邪は、根性ではねのける!

いま、ウイルスと根性菌との体内の闘いが繰り広げられている。

気力に勝る方が勝つ!

否、勝ってやる。





今日やることは 今日やる

2016年12月10日 | 日記
忙しい1日がやっと終わった。

ハニーは今日も風邪でダウン。
看病ができない日に寝込んでしまうという運の悪さ。
だが、仕方ない。
今日やることは今日済ませておかないと間に合わない。

明日は休み。




風邪よりもそっちが重症

2016年12月09日 | 日記
インフルエンザの検査をしてもらわないで出てきた。

39.1度もあったのに、、、。
熱があったことを言わなかったという。

インフルエンザだと、出勤できない。
そこまで考えての浅知恵だろうが、基本が全て間違っている。

風邪の病気よりも、そっちの方が重症だ。




ブラック会社に人の心なし

2016年12月09日 | 日記
ハニーが風邪でダウン。

昨日、熱があったのに無理をして出勤したのがよくなかった。
しかも、根っからのお人好し、残業が終わったのは深夜12時過ぎ。
辛いのに我慢んしていたようだ。

風邪をおして会社のために頑張った方もアホだが、
熱でフラつているような社員に気遣いもしない上司、管理職も大バカ。

さすがに、頭にきた。

残業手当は月20時間でカットし、不当行為を当たり前かのように続けるブラック会社。
先月だけでも50時間を超えて不当労働を強いている。

いま、病院。
肺炎を併発していなければいいのだが。









ひと山越えた

2016年12月08日 | 日記
M&Aの基本合意ができた。
経営方針で意気投合、よかった。

気づけば昼食も忘れて5時間ぶっ通しで議論していた。

これで、ひと山越えた。




ギャンブルみたいな政権運営

2016年12月07日 | 日記
「カジノ法」が強行可決された。
わずか6時間の審議というスピードで。

質問に立った自民党の議員は時間をもてあそび、般若心経を唱える始末。
数で圧倒的な優位にある自民党の おごりは度を増すばかりだ。
与党の公明党は賛否に意見が割れるというお家事情も露呈した。

安倍首相がそんなに急ぐ背景には、一向に効果が現れないアベノミクスにある。
ギャンブル依存で家庭崩壊もおかまいなしで、好景気の虚構を演じ続けたいのだ。

年金基金にまで手を突っ込み、自作自演の株価の吊り上げでアベノミクスを維持している安倍内閣。
そんな、国家的サギ商法で好景気の虚構をでっち上げている安倍内閣にすれば、カジノ法はちょろいもの。

自民党の人材不足は、安倍一強多弱を見れば深刻だ。
人材難にかこつけて安倍首相の総裁任期を9年に延長した自民党の面々。
東京オリンピックを、首相でやりたいというお殿様のわがままに付き合う自民党だ。

ギャンブルみたいな政権運営が続く。









風邪をひくはずがないはずなのに

2016年12月07日 | 日記
ハニーは風邪でダウン。
風邪をひかないはずなのに、おかしい。

熱が39.1度もあると騒いでいたが、36.1度を体温計を逆さまにでも見たのだろう。

やっと起きてきて、揚げたての天ぷらうどんとアン餅をペロリ。
風邪をひいても、旺盛な食欲はいたって健全、衰えを知らない。