風の声

想いつくままあれこれ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

TV番組に出る

2017年09月30日 | 日記
遠方の友人からメールが届いていた。

あるTV番組に出ることになったので暇なら見て、といったもの。
全国ネットの人気番組、放映日が楽しみだ。

しばらく会ってないのでどんな風貌になっていることやら。

しっかり笑わせてもらおう。















楽しみがひとつ終わった

2017年09月30日 | 日記
朝の楽しみにしていた連ドラ「ひよっこ」が終わった。

小ネタを挟んだ絶妙な軽快さが笑えた。
毎日、嫌なニュースばかりが鼻につくご時世。
せめてドラマの世界くらいは明るくて良い人ばかりでちょうどいい。

楽しみがひとつ終わり、ちょっと、寂しげかな。









希望の党に風は吹くのか!?

2017年09月29日 | 日記
「今なら楽勝だ」と読んで解散に打って出た安倍首相。

意表を突いて楽勝のはずだったが、思いもしなかった展開に。

「希望の党」と民進党の合流で、選挙情勢は急変している。

一気に動き出した「希望の党」を中心にした政局。

はたして風は吹くのだろうか。














他愛ない喋り

2017年09月29日 | 日記
昨日のラウンドは雨も明け方あがりゴルフ日和に恵まれた。

プレーの方は後半、チーピン病が出て乱れたが愉快な一日だった。

気の置けない仲間との他愛ない喋りは楽しい。







こんどは公明党国会議員に文春砲

2017年09月27日 | 日記
公明党の長沢復興副大臣が議員を辞職した理由は愛人との「週末同棲」だった。

文春の直撃取材を受け、慌てて議員辞職したようだ。

文春によると、長沢議員は議員宿舎で毎週末、30歳離れた愛人と過ごしていたという。
解散報道があった週末も一緒に過ごしていたというからなかなか図太い。

解散騒動でかすんでラッキーかどうかは知らないが、公明党のイメージダウンは拭えない。

それにしても公明党議員までが、お粗末な話だ。

政界をリセットをするしかない。















政治は水物、何が起こるかわからない

2017年09月26日 | 日記
風雲急を告げる。

意表を突いた明日の解散で楽勝を目論んでいた安倍首相だった。

だが、今日の「希望の党」の立ち上げで急激に政界が動き出した。

昨夜、小池知事と会談した民進党の前原代表。
明日の議員総会で「合流も含めた連携を進める」として動きだしている。

自由党や維新の党も野党合流への流れを模索し始めている。

政治の世界は水物。何が起こるかわからない。

安倍首相の脳裏には、都議選惨敗の悪夢がよみがえっているにちがいない。









国難解散なんかじゃない私難解散

2017年09月26日 | 日記
取ってつけたこじつけの解散理由に国民は失笑している。

こんなことばかりしているから有権者が政治不信になる。

それにしても「国難突破解散」などとよくもまぁ言えたものだ。
「国難」なんかじゃないだろ。
加計疑惑の「難」から逃げるための身勝手な「私難」突破解散だ。

菅官房長官らは「解散は総理の専任事項で憲法で保障されている」と言い張っている。
だから、総理が好き勝手に解散することが出来るのだと。

これも真っ赤なウソ。

憲法7条は「国民のために」解散できるとはしているが「総理のために」解散できるとはしていない。
それで困って、取ってつけたこじつけが「消費税」や「国難」というウソだ。

やましいから、記者の質問にしどろもどろの安倍首相だった。 
やましくないのなら冒頭解散で逃げるな。

仕事人内閣だと豪語していたんだから、せめて初仕事の審議ぐらいしてから解散しろ。









ウソばっかりの「解散」会見に笑ってしまう

2017年09月25日 | 日記
「消費税の使い道を変えるので信を問いたい」
「北朝鮮へ一層圧力を強化することへの信任を得たい」

これが解散の大義だそうだ。

「国難突破解散」だとも述べた。

今、行っている安倍首相の衆議院解散の記者会見だ。

笑ってしまう。

こんなテーマで信を問うというのなら、
なぜあの「戦争法案」といった国の基本にかかわるテーマを問わなかったのか。

嘘つきは安倍首相の十八番とはいえ、ウソばっかりだ。

正体は国民の方がとっくに見破っている。

「内閣改造後の自民党の独自調査で支持率が回復していた」
「そこへ民進党のゴタゴタが生起している」
「小池新党も間に合わない」

それでにわかに企んだのが「解散」だ。
ウソを言わないではっきり言えばいい。

「勝てるのは今しかない」
「加計疑惑を隠すなら解散しかない」
「大義なき解散なら投票率も下がり勝てる」

そう思ったから、解散するんですと正直に言えよ。

笑ってしまう茶番劇の会見がまだ続いている。








小池新党の名は「希望の党」

2017年09月25日 | 日記
小池新党の名は「希望の党」だという。

安倍首相が一番恐れているのが小池新党。

小泉元首相も駆けつけて「原発ゼロ」政策を支持しエールを送った。

民進党からの離党者や無所属議員らが合流する動きを早速みせている。
自民党の内閣府副大臣なる人物らも合流するようだ。

風がないなら自らおこせ、新党の代表につくという小池都知事だ。

先ずは小池のそよ風が吹きだした。











いいイメージが描けない

2017年09月25日 | 日記
夏日和、ゴルフ練習で汗びっしょり。

10発中1発くらいしか満足な球筋にならず。
それでも前回に比べればかなりな進歩。笑

上げて下せば思うところへ飛ばしていた頃の感覚が戻らない。

問題は右手のグリップがしっくりこないこと。
左肩がしっかりあごの下へ入らないのも気になる。

いいイメージを描けることが一番大切なゴルフ。

一夜漬けは間に合いそうもない。







生き方の美学

2017年09月24日 | 日記
生き方の美学がある。

安室奈美恵さんの引退発表に色々な憶測が飛び交う。

その真意のほどはともかくも絶頂期に幕引きをする潔さは凄い。
まず誰もが出来ることではない、というよりもまず出来ないからだ。

引き際の難しさはどの世界にもつきもの。
よほどの美学をもっていなければそうはならない。

あれこれと下衆な憶測をする人たちに生き方の美学はないようだ。









頭痛

2017年09月23日 | 日記
昨夜から頭痛が治まらない。

しばらくベットマットを替えて無かったのに。

たまらず、頭痛薬を飲んだ。








ここでも景観が台無し

2017年09月23日 | 日記
この前出かけた、出雲大社近くの稲佐の浜でのこと。

以前は無かった波消しブロックが海岸に並び、ここでも風情を台無しにしていた。

稲佐の浜は国引きの神話で有名な浜。
10月の神在月には全国の八百万の神々を迎える浜だ。
この浜からずっと続く海岸も、神話で島を結ぶ綱になったとされる砂浜。

そんな神秘的な海岸なのに、波消しブロックが延々と置いてあった。

そのせいで浜の景色は台無しだ。

出雲だけではない。
この数年、海岸線にある観光地のいたるところで波消しのテトラポットが並ぶ。

美観も考えずにコンクリートで固めつくすやり方は見直すべきだ。

景勝地では、もっと景観に配慮しないとかけがえのない観光資源が失われてしまう。

石頭の国交省の役人のみなさん、もっとセンス磨かなきゃダメだよ。















困った

2017年09月22日 | 日記
食べたいものがある。

だが、その食べたいものが何か分からない。

困った。











予報ははずれ

2017年09月22日 | 日記
残暑厳しいと予報されていたが明らかにはずれだ。

9月に入って涼しさは日に日に増して肌寒くなている。

そろそろ夏物を納めなくては。