かしょうの絵と雑記

ときどき描いている水彩スケッチや素人仲間の「絵の会」で描いている油絵などを中心に雑記を載せます。

伊豆・伊東でのスケッチ

2018年11月09日 | スケッチ、油絵、写真

ー伊東漁港ー

年に1回の虹遊会の2泊3日のスケッチ旅行、今年は伊豆・伊東温泉。

初日は道の駅・伊東マリンタウンで、2日目は初島の見える海岸と船のある漁港、

3日目は昭和初期の建物・東洋館をスケッチした。温泉なので食事やミニ観光にも時間をとり、

初心者グループの指導?もあり、手を入れなけばならない絵ばかりだった。

船のある漁港の絵はラフスケッチをペンで描き直したもの。

2枚めは現地でのスケッチに少し色を加えた。

ー伊東海岸から三浦半島と神奈川の大山ー

 

コメント

北山公園の秋

2018年10月28日 | スケッチ、油絵、写真

 

-公園の中の田んぼー

東村山市の北山公園は菖蒲で有名。その水田の一部が稲作に使われており、

刈り取られた稲穂が秋晴れに輝いていた。後ろの山は狭山丘陵の東端にある八国山。

狭山丘陵の向こう側ー所沢市にはトトロの森が広がる。

スケッチのまえに八国山に登ったが、台風で倒木が増えたとかで立ち入り禁止地域が

多く人けがなかった。その方がトトロにはいいなと思われた。

 

 

コメント

ペン画習作ー南仏カルカソンヌ

2018年10月24日 | スケッチ、油絵、写真

 

城壁都市カルカソンヌーー

ペン画はどうも建物のある風景に向いているように思える。

数年前に訪れたフランスやイタリアの古い城壁のある風景写真を見ていると

ダーマ―トではなく、ペンで描いてみたくなる。

カルカソンヌの風景を同じ写真から構図を変えて2枚描いてみた。


コメント

国立天文台ー

2018年10月04日 | スケッチ、油絵、写真

スケッチ・小さな天文台

三鷹にある国立天文台には望遠鏡がある建物が3つあり、この建物は一番小さい「第一赤道儀室」。

国立天文台は大正期に麻布から自然豊かな三鷹に移った。

今も木々の多い地域だが、空気はハワイなどに比べものにならず、望遠鏡も古い。

いま、どう役立っているのだろうかと考えながらスケッチした。

構内で最も大きなドームの天文台歴史館。

 

 

コメント

スケッチ・田無神社

2018年09月24日 | スケッチ、油絵、写真

―田無神社ー

東久留米の風景スケッチの皆さんと隣の西東京市の田無神社に行ってスケッチ。

この近くには東大農場があり、かってスケッチに来たことがあるが、目当ての

サイロとポプラ並木がなくなり人気がなくなった。

田無神社には横綱・大鵬が寄進した土俵がある。最近は使われることが

ないのか、土俵上にハトが遊んでいた。

コメント

ペン画2点ー日比谷公園とベネチャア

2018年09月11日 | スケッチ、油絵、写真

ー日比谷公園でー

日比谷公園の鶴の噴水のある池でスケッチ。木々の多い風景はペン画では描きづらい。

建物が多いベネチャアのような風景が向いているようだ。

 

ーベネチャア2ー

前回同様にかって訪問した時に撮った写真を見ながら描いた。

思い出があるのでスケッチしていると変わらない気分になれた。

コメント

ペン画ーベネチャ

2018年08月27日 | スケッチ、油絵、写真

ーベネチアー

8月は暑いので東久留米のスケッチの会は室内でペン画の練習となった。

写真からということでかって現地でスケッチを試みたベネチャの写真にした。

消しゴムの使えないダーマ―ト以上にペンの線は消せないし修正できない。

正確にと真っすぐな線ばかり引いたのでは面白くない。

ということで納得のいく絵が描けるようになるにはがかかりそうだ。

コメント

小平の”ふるさと村”

2018年07月31日 | スケッチ、油絵、写真

最近は暑くて野外スケッチを休んでいる。このスケッチは6月初めのもの。

小平市の”ふるさと村”は多摩湖サイクリングロードが青梅街道と交差する箇所の近くにあり、サイクリングや

散策の人達には良く知られている。

毎年春には地元農協などの協力で花や野菜の苗の直売がこの広場で行われ、今年も花や苗をかった。

この建物の裏には小川と水車小屋もあるので、涼しくなったら描きに行きたい。

コメント

ペンと水彩のスケッチ

2018年07月10日 | スケッチ、油絵、写真

―横浜元町のカフェ

東久留米のスケッチの会の7月例会は室内でペン画の練習だった。ダーマ―トの使い方はなれてきたが、

ペン画は素人。各種のペンにインクを付けてといった練習もあるらしいが、とりあえず一般に使われている

パイロットのレタリングペンで練習した。この絵は帰宅してから写真をもとに描いたもの。

レタリングペンでも太さやタッチの強弱をいろいろ出せそうなので、ときどき使ってみたい。

 

 

コメント

井草の森公園

2018年07月01日 | スケッチ、油絵、写真

           ー梅雨の晴れ間

 

井草の森公園は西武新宿線井荻駅からすぐのところにある。この沿線では哲学堂公園、

石神井公園、武蔵関公園などでスケッチしたが、井草の森公園は初めてだった。

森はそんなに大きくはない林だが、せせらぎの遊水地は幼い子供親子には人気だった。

この日は梅雨の合間の日和で、梅雨明けのスケッチが楽しみだった。

だが、急な梅雨明けでいきなり猛暑となり,この絵のような木陰と水辺があればいいなと

戸惑っている。

コメント

野火止緑地(東大和市)

2018年06月24日 | スケッチ、油絵、写真

ー野火止用水の林ー

玉川上水の小平監視場から分水された野火止用水が埼玉県の新座市野火止に向けて流れている。分水されてから東大和市駅までは暗渠だが東大和駅の先でせせらぎとして整備され(写真)、さらに昔の姿の林の中の流れになっている。今回はその林「野火止緑地」でスケッチした。新青梅街道の先の東村山市の野火止用水を描いたことがあるが、次は新座市の平林寺を流れる用水を描きたいなと思っている。

旧野火止用水はこの散策路の下にある。

柵の向こうが用水。林の中で散策に来た年配のグループが宴会を始めたのには驚いた。

コメント

あじさいの咲く小公園

2018年06月22日 | スケッチ、油絵、写真

グリーロードのあじさい

西武新宿線の花小金井駅南口をでるとすぐ多摩湖自転車道路(グリーンロード)がある。

そこから小平駅までのグリーンロードは春は桜で梅雨時はあじさいが楽しい。

小平駅ちかくのあじさい公園は良く行くが、今回はロード沿いの花小金井の小公園で描いた。

 

コメント

北海道・古平の浜にて

2018年06月04日 | スケッチ、油絵、写真


スケッチ・古平海岸のロウソク岩

先週、北海道・積丹の古平に行き2泊3日楽しんだ。古平は母方の親戚があり学生時代から何回も行っている。従弟とその子供たちと「畑の小屋」と称している別荘?にとまり、遅い桜(写真=リンゴの花と一緒)を愛でながらジンギスカンなど楽しんだ。この絵はラフスケッチに帰ってから彩色してみたもの。

かって生協が無着色たらこを取り扱うため古平漁協にお世話になった。東京の生活クラブ生協は同漁協と魚の産直をやり、農協とは牧場経営で提携した。そのことに当時、組合長で町議だった従弟が関わり、従弟の長男も元牧場に生協がつくった福祉施設に関わるといった縁があった。写真は絵にした海岸と従弟の畑の周辺の風景。手が回らなくなった畑にフキが生え、笹やぶが侵食しており、そのフキと竹の子は楽しい食材になった。

 

コメント

清瀬のせせらぎ公園で

2018年05月12日 | スケッチ、油絵、写真


初夏のせせらぎ

西武池袋線の秋津駅から歩いて10分ほどで空堀川へ。

川原に降りて一枚描いた後、明治薬科大学にそって下流に行くと清瀬市のせせらぎ公園。

この絵は公園の入り口のせせらぎの風景。この小川の先で空堀川は柳瀬川に合流する。

 

”グループM作品展”のご案内

毎年6月に開催しているグループM作品展が5月13日~18日、国分寺駅近くの司画廊で

開催されます。かしょうの絵はこの”せせらぎ公園”をふくめ4点展示されます。

水彩の風景画が中心ですが、なかなかの力作揃いですのでお立ち寄りください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメント

横浜ー港の見える丘公園

2018年04月30日 | スケッチ、油絵、写真

      スケッチー山手111番館

 一週間前になるが、横浜の「港の見える丘公園」でスケッチした。かって神奈川の生協でトップを務めていたYさんに夫婦で誘われ、中華街でご馳走になった。二人も20年ぶりだったが、妻とY夫人は「50年ぶりかしら」という久しぶりの再会で、4人共通の大学生協時代のことなど思い出を楽しんだ。そのあと久しぶりに港の見える丘公園に行き、妻が夫人の案内で観光している間にスケッチした。イギリス館はイングリッシュローズが有名らしいがまだ蕾が多かった。今が盛りだと思う。写真はイギリス館まえの山手111番館と大佛次郎記念館と中華街の二人。

コメント