漢方相談 昌栄薬品

漢方薬・自然薬が体に効きます、自然の生薬で病気に負けない体を作る
漢方相談 ご来店お待ちしています

昨日電話でCちゃんが、一昨日夜40度の熱が出て、麻黄湯を服用したとのこと。翌日朝には39度になったがどうしたらよいかと、汗はにじむ程度とのこと 本日令和元年7月2日は半夏生・うどんの日

2019-07-02 11:28:58 | 日記

昌栄薬品です

昨日電話でCちゃん(2歳未満)が、一昨日夜40度の熱が出て、麻黄湯を服用したとのこと。

翌日朝には39度になったがどうしたらよいかと、汗はにじむ程度とのこと。

麻黄湯と黄連解毒湯と敬震丹を服用するよう指示。

夕方には6.7度になったとのこと、他の処方をお伝えしました。。

今電話で熱は下がったと、鼻水くしゃみがあるので何を飲ませたらいいかと、小青龍湯でよいかとと答えました。

電話からCちゃんの元気な声が聞こえてきました。

風邪を引いても、胃気(脾胃の生理的機能あるいは胃腸を主とする消化吸収機能)のある子で食欲が落ちなかったので回復が早かったようです。

 ※※※※※※※

本日令和元年7月2日は半夏生とうどんの日

半夏 へそくり金の言葉の由来はヘソクリを売って婦女が得た臨時収入だった

半夏 夏至から十一日目の半夏生(はんげしょう)の頃に採集する薬草からです。

うどんの薬味薬性は甘温

味は甘く、温める作用があり、鍋焼きうどんは体が温まります。

そばは体を冷やす作用があり、わさびが付き冷やさないようにして食します(噛まずに食べるものには必ず薬味がつきます)。

以前に書いたかもしれませんが、わたしのひいじいさんはそばを食べると体が冷えるので、部落の会合の終わりに出るそばをうどんにかえてもらっていたそうです。

 

 

ゴールド三養茶

ゴールド三養茶は発芽ハトムギを主成分として、特殊製法でエキスを抽出顆粒にした理想的な健康飲料です。

簡単にお湯にとけますので、ご家族の健康食として手軽にお飲みいただけます。
 ハトムギの成分を十五倍に濃縮した、ゴールド三養茶をお好みの濃さに合わせて美味しくお召し上がり下さい。

 

税込価格

250g 8,640円

500g 16,200円

分包品1包1g入り60包3,500 円

1包60円

コメント