うっTと植物たち。

ただいま原稿、執筆中・・

地味だけど好きな野生ラン

2018年06月29日 21時16分23秒 | 野草
つい先日、秋吉台にカキランをみに行きました ^-^。
気のせいかもしれませんが、今年は開花が遅れています。
お隣、九州の平尾台もまだ全然っていうし(汗)。
この調子だと、7月上旬も十分楽しめそうですね。



カキランは湿地性のランなれど
秋吉台では何故か草原に自生しています。
カキランだけでなく、やはり湿地性のイシモチソウなども生えています。
不思議ですね~。



このような感じに生えています。
秋吉台では、私が確認しているだけでも
大群生地が3ヶ所ほどありますが
おそらく探せば、まだあるでしょうね。



この度は、地獄台から良吾松に抜ける散策路にて。
この辺りは、個体数が多く
探さなくても、必ず視界に入るくらいあります(笑)。



たくさんあるということは!
変化花を探す楽しみもあり♪



時間の許す限り探したのですが
結局「変わりもの」はみつかりませんでした(残念;)


カキランよりも、もっと地味ですが(笑)。



「スズサイコ」
準絶滅危惧種(県)で、数の少ない野草です。
コッチみつけたほうが嬉しいかな ^-^;
ちなみに、サイヨウシャジンが咲き始めで
カセンソウが見ごろです♪
コメント

毎日、ぱくぱく

2018年06月28日 21時56分39秒 | ヤサイ系
玄関先に、ミニトマトと、ミニキュウリを
ひと株ずつ、大鉢に植えていますが
どちらも多収性品種につき、生るわ~生るわで ^-^;



ミニトマトは、ぱくぱくつまみ食いしたり、弁当に入れたり。
ミニキュウリはそれこそ、毎朝食べていても食べきれなくて
ぶらさがったままになっています(汗)。

面白い!
そしてスーパーで買わなくて済む!
いや、ちょっと待てよ(笑)。

確かにむちゃくちゃ生りますが・・
まず、苗と鉢、それに用土を買わないといけない。
そして施肥も欠かせません。
大きくなるので、支柱とネットも設置。
密かに資材費、めちゃかかってるやん! ( ゚Д゚)

これ、本当に得しとるんじゃろかい!?
ふと計算してしまった、貧乏人です(笑)。


トマトと同じソラヌム属(ナス属)でも





S.ピラカンスム
マダガスカル原産のトゲトゲ種。
地味ですが展示しました ^-^;

どのような果実がなるのでしょう。
実はまだ一度も生ったことがありません。
有毒のようですから、もし生ったとしたら
それはそれで、展示方法を考えないといけませんが(汗)。
ちょっと興味はあります。

ソラヌム属は珍奇な姿の種類が色々あるのですよ。
国内では、なかなかみることはできませんが。
コメント

オススメのルドベキア

2018年06月27日 20時48分28秒 | 草花


夏の花といえばヒマワリですが
「ルドベキア」もヒマワリに負けないインパクトのある花です。





プレイリー・サン

ルドベキアといえば「タカオ」や
「プレイリー・サン」あたりが有名所ですが
数あるルドベキアの中でも「マキシマ」は格好いい!!
オススメですわ~♪



マキシマの花に、派手さはありませんが・・

草丈は2mにも達するものの
横方向にはさほど広がらず、場所をとりません。
暑さ寒さともに強く安心して植えっぱなしOK
しかも、ルドベキアにしては長命です。
職場のマキシマは植えっぱなしで5年目ですが
まだまだ、全く何ともありません。



すら~りと天高くのびる花茎。

マキシマの最大の魅力は「葉」です。
シルバーグリーンの葉色は抜群に美しく
まばらにつける幅広の葉は、とってもユニーク。



カラーリーフプランツとして、むちゃくちゃ重宝します♪
買いましょう(笑)。
ただ、草丈が非常に高くなるので
支柱をしておかないと、強風で倒されてしまいます ^-^;


明日は毎年恒例の人間ドックでして。
一日中、現場の仕事なもので
身体も適度に!?動かせるし(動き過ぎかも・・)
お陰様で何事もなく過ごせています。
ただ、そろそろ無理がきかない年齢になってきた気もします。
睡眠時間が短いと、翌日がしんどくなってきました
ひ~こら、ひ~こら (;´Д`)
コメント

宇宙ロケット!?

2018年06月26日 22時43分22秒 | シクラメン
湿度高し (;´Д`);
車から降りると、むわ~んと眼鏡がくもります(汗)。
嫌なんだよね~、しばらく何も見えない ^-^;

園芸シクラメンが休眠しないのは分かりますが
相変わらず、ヘデリフォリウム(秋咲きの原種)が休眠しません。
去年もそうでしたが、葉を落とすことなく
ポツリポツリと咲き続けています(汗)。
若い実生株はそのような傾向が強いですが
充実した大株もいくつかは、葉を落とさないでいます。
とりあえず毎年、問題なく夏越ししているので
まあ、よしとします ^-^;

いくら乾燥気味に管理しても
空中湿度が高いので、それが原因でしょう。

で、この時期に咲いてしまって、何ですが(汗)
タネまきから、今年初開花のヘデリです。



ぬお ( ゚Д゚)
まさか、宇宙開発でもしようと思ってる!?



通常は、このような咲き方ですからね。
上向きに咲く園芸種として「スターゲイザー」がありますが・・



本株はスターゲイザーではない種子から生じたものです。
私は花にあまり興味がないこともあり
スターゲイザーの種子はまず入手しようと思いません。
まさかコレが出るとは驚きですが
もともとの種子の入手先がヨコ〇さんの農場からなので
どこかしらに、スターゲイザーの遺伝子が入っているのかも?
それとも偶然!?



〇〇ヤマさんのスターゲイザー。

いずれにしても「葉の美しさ」重視で選抜をしていますので
ヘデリとしては、変わった葉模様の株です。
冬頃にアップします ^-^。
コメント

由布岳のウツギ

2018年06月25日 22時05分21秒 | 花木(非園芸)


さあ、由布岳(大分県)に登ります ^-^。
この度のルートは
合野越 → マタエ → 東峰 → マタエ → 合野越
そして、飯盛ヶ城跡。
歩行時間は約5時間です。
アップダウンは殆どなく
基本、登りっぱなしの下りっぱなし。



あともう少し!
人気の山だけに、登山客は多い。



見事に咲いている「ネジキ」の花。
地元の山のネジキは1ヶ月前に終わっていますけどね(汗)。
ドウダンツツジに似た花形ですが
ドウダンツツジの花よりもひとまわり小さいです。
これが地面にばらばら落下すると
まるでお米が落ちているかのように。
紅葉も素晴らしい樹種です♪



標高1300m辺りから出現し始めるのが!



「ベニバナニシキウツギ」であります ^-^。
この花を楽しみにきました♪
「ニシキウツギ」といえば、紅白2色咲きですが
ベニバナニシキウツギは「ニシキ」の名が入っているものの
最初から最後まで紅色です。



極濃色花。
花はミヤマキリシマとバトンタッチで咲き始めます。
派手な花ではありませんが
とにかくたくさんの木がありますので
花スキーならば、大満足できるでしょう。
明るめの緑色と紅色の組み合わせが映えます ^-^。



淡桃色花。
花の濃淡が楽しめます♪



そして、標高1500mを越えた辺りにありました!!
白花です \(^o^)/



ほんのり桃色で、純白ではありませんが
ベニバナニシキウツギの変異としては珍しいものです。
探し回って3本のみでしたが、大満足♪



良い色だ~。



由布岳は先の大地震で、あちこちが崩れています (;´Д`)
もろくなっているのか
台風が通過するたびに
大雨が降るたびに
徐々に崩れていく・・(悲)。



コゴメウツギ
ウツギの名がありますが、バラ科の植物。



シライトソウ

たくさんの素敵な野草に出会えて、楽しい山行でした。
由布岳に感謝 ^-^。
コメント