頼子百万里走単騎 "Riding Alone for Millions of Miles"

環境学者・地理学者 Jimmy Laai Jeun Ming(本名:一ノ瀬俊明)のエッセイ

2018年1月6日(東大生のノート)

2019-07-10 23:43:30 | 日記

My notebooks from the liberal arts stage to the master course (1982 to 1988).

25年前に焼却処分を免れ、蔵の二階に眠っていた学部前期~修士時代のノート。長らく忘れていたが、意外にもマメに勉強していたようだ。保存価値がないことを確認したので廃棄。

1982年教養西洋史(西川先生)、1982年教養解析学、1986年国家公務員試験砂防工学(試験準備)、1987年都市工学専攻修士水環境学(花木先生)。

板書の時代です。先生も大変だったのでしょう。聞き取ったことを新聞記者のごとくひたすら書いていました。いわゆる東大生ノート(本が出ています)の魁かな。小生が講義するようになった時はスライドだけになっていました。筆圧弱いので助かります。

全部廃棄すると言ったら、甥っ子(高校1年)に見せるからと、妹が引き取りました。有効活用。

コメント   この記事についてブログを書く
« 2018年1月9日(千葉県鋸南町) | トップ | 2018年1月6日(住みたい田舎... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事