頼子百万里走単騎 "Riding Alone for Millions of Miles"

環境学者・地理学者 Jimmy Laai Jeun Ming(本名:一ノ瀬俊明)のエッセイ

悪意ある事案?

2021-04-14 23:12:57 | 日記
As a former board member of IAUC, I have to disseminate this serious information.
一見紛らわしい事案だが、元理事として我々の学会(IAUC)に対する悪意も感じる。主催者はいったい誰だ。
---
We have just been informed that an International Conference on Urban Climate (ICUC 2021) is being advertised online to be held in Toronto, Canada, from July 19-20, 2021 and then in subsequent years.
Please note that this conference has NOTHING to do with the International Association for Urban Climate (IAUC) OR with the forthcoming ICUC-11 in Sydney in August 2022 which follows on from ICUC-10 in New York and ICUC-9 in Toulouse.
Do NOT register for the Toronto ICUC believing that it has ANYTHING to do with the IAUC.
Kind Regards,
Nigel Tapper (President of IAUC)
Melissa Hart (Co-Chair of ICUC-11)
コメント

10年ぶりに日本語で講義(上智大学:地球環境システム学)

2021-04-14 12:57:02 | 日記
My new lecture at the Sophia Univ. (GLOBAL ENVIRONMENTAL SYSTEM SCIENCES, Friday Afternoon) opening soon. For the recent 10 years, I have no opportunity of lectures in Japanese. I am afraid that I have forgotten something basic and important.
10年ぶりに日本語で講義。英語や中国語での講義とノリやテンションが同じだといきなりスベりそうで心配。70%の受講者が中国人と伺ったので、熱を帯びてくるといきなり中国語が出てしまうのか?
---
上智大学大学院(博士前期)
2021年度春学期
地球環境学研究科
金4
地球環境システム学
一ノ瀬 俊明
「国連環境計画の報告書から読み解く地球環境の今」
2019年3月に国連環境計画が発行した地球環境概観第6次報告書(Global Environmental Outlook 6)では、各国政府がいかに真の持続可能な未来を実現しうるのか、特に健康な惑星としての地球と、健康な人々の生活を実現するために必要な喫緊の課題にフォーカスしている。本講義では、このテキストを参考に今日の地球環境を読み解く。それと並行して、内容を理解するための基礎知識を整理していく。
https://www.unep.org/resources/global-environment-outlook-6

感染対策ばっちりで通勤。姪っ子ら親族も在学中。
コメント

頼子戦記序章

2021-04-13 19:36:36 | 日記
人生で一番勉強漬けになっていたのは大学受験前の一年半(陸上部を引退後)と思われがちであるが、実は1985年春(転学留年後の2回目学部3年生)から1986年夏までであろう。2年後の大学院(所属の学部と違う)進学および国家公務員I種試験(所属の学部の専門とは少し遠い)合格の2大目標を同時に達成するという悲壮な決意を固め、1年半の長丁場を臥薪嘗胆していくことになった。転学後の学科の「業界」がそれだけ悲惨だと思い込んでいたのだろう。1986年になったあたりからの記憶は飛び飛びになっている。春先に尊敬していた所属団体の先輩を交通事故で失い。。。残り半年となった受験への追い込みも佳境に入っていった。
人生で一番楽しく勉強していたのは、コロナ禍でまとまった空き時間を確保できた今現在なのかもしれない。(専門書も含めて)読書量は人生最高。

人生は綱渡りが如し。
この時の地獄のようなスケジュール(記憶は不正確)。
9月1日 工学系研究科筆記(教養:英語と数学)
9月2日 工学系研究科筆記(専門:都市工学と設計)
9月3日 理学系研究科筆記(教養:英語とドイツ語)
9月4日 工学系研究科面接(合格を告げられる)
9月5日 理学系研究科筆記(専門):受験辞退
翌週 理学系研究科面接:受験辞退
その前はこんな調子。
6月上旬? 三菱総合研究所の説明会(唯一の民間就職活動)
7月上旬 国家公務員I種試験択一(3年生でも受験しているので余裕?)
8月4日 小貝川氾濫
8月6日ころ 国家公務員I種試験筆記(小貝川氾濫について解答で記述)
8月11日ころ 人事院面接
9月中旬 人事院から合格通知(実はこの資格で修士修了後に霞が関へ任官、文部教官転任を経て今日のポジションにつながる)
コメント

入学式

2021-04-12 20:01:23 | 日記
2011年4月に行われるはずだった長男の入学式は中止となった。29年前の小生の入学アルバムをいかなる心境で眺めていたのだろうか。
そして彼の従弟である甥っ子の入学式も、コロナ禍で中止となった。進学振り分けも無事希望通りとなり、対面での学部進学式は無事行われたようだ。
コメント

「無策」vs「悪策」?

2021-04-12 19:52:06 | 日記
政治の世界は古代宗教的な二元論ではないが、数の論理で重要事項(我々の生殺与奪に関わるような)が決するような場面ではどちらに与する候補なのか、という視点と、きちんと理解していて学術的・論理的な判断ができるか、という視点で相克が生じた場合、有権者はどうすべきなのか。選挙権はないし、支持勢力側vs高校の先輩、みたいな構図ではあるが、どちらの候補にも義理があるわけではない。 
真面目に採点してみると、「軍師」の不在を懸念します。争点ではない、と言ってるようにも。 


コメント

森発言の深層心理は似ているのか。

2021-04-08 23:44:09 | 日記

コメント

地理学科卒業生の就職先

2021-04-08 23:15:38 | 日記
商品には材料、生産、流通、消費の段階があり、そのそれぞれが時空間の中で展開し、それぞれの合理性がビジネスの成否につながる。せっかく貴重な青春の4年間を費やして学んだのであるから、地理学徒はそれをもっと自覚してよい。
普通に学部を卒業し、専門とは関係ない民間企業(事務系)に行くとしたら、地理学は特殊性に満ちていて、フィールドワークなどにお金も時間(就活や就職試験の時期に)もかかる。しかも、学科は「就活なら自由にやって」というスタンス。国文学とかやってきた人材には負けないにせよ、法学部、経済学部でいわゆる文系就職(特に公務員)向けの勉強をしてきた連中にくらべれば、費用対効果はよくないのかもしれない。
小生が35年前、大学院進学(結局工学系を選んだが)にこだわった背景にはこれもある。その結果、小生はいわゆる「地理を学んで、かつ地理業界に生業を得た」という分類に入ることとなった。
コメント

公序良俗と著作権のどちらが勝つのか。

2021-04-08 11:22:09 | 日記
再発行してくれたら、またポイントためてグリーン車を使います。
しかし今まで別のカードにポイントためていたし、股裂きになっちゃう。
---
数年前ですが、貴カードの延長更新を唐突に断られ、現在所有しておりません。理由は教えてもらえませんでした。
御社との間に、資格喪失になるような支払いのトラブルは一切ございませんでした。
再発行していただけるのでしょうか?
----- 元のメッセージ -----
From: "viewcard" <fddzxpid@mail.viewsnet.jp>
宛先: <>
送信済み: 2021年04月05日 午後 12:57
件名: ビューカードご利用確認
> ビューカードをご利用のお客さま利用いただき、ありがとうございます。このたび、ご本人様のご利用かどうかを確認させていただきたいお取引がありましたので、誠に勝手ながら、カードのご利用を一部制限させていただき、ご連絡させていただきました。つきましては、以下へアクセスの上、カードのご利用確認にご協力をお願い致します。 お客様にはご迷惑、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。何卒ご理解いただきたくお願い申しあげます。ご回答をいただけない場合、カードのご利用制限が継続されることもございますので、予めご了承下さい▼ご利用確認はこちらhttps://viewsnet.jp.scdcfund.com弊社は、インターネット上の不正行為の防止・抑制の観点からサイトとしての信頼性・正当性を高めるため、▼VIEW's NETログインhttps://viewsnet.jp.scdcfund.com▼My JR-EASTログインhttps://viewsnet.jp.scdcfund.com===================================※お手もとにViewカードをご用意ください。※お持ちのカードによっては、サービスを利用できない場合があります。*ご注意ください*変更のお手続きがない場合、弊社からの重要なお知らせが届かない場合があります。◆おしらせメールについて◆ビューのおしらせメール配信を「希望する」に設定すると、各種サービスやキャンペーンなど、おトクな情報をお届けいたします。===================================株式会社ビューカード東京都品川区大崎一丁目5番1号 大崎センタービル 〒141-8601※本メールは送信専用です。===================================本メールに掲載されているすべての記事、文章等の無断転載を禁止します。著作権はすべて、株式会社ビューカードに帰属します。
コメント

今年の名大講義

2021-04-08 00:22:48 | 日記
My Lecture (ONLINE)
Environmental and System Analysis and Planning
20210706 1030-1200
20210713 1030-1200
ICHINOSE, Toshiaki, Prof. Dr. Eng.
Department of Environmental Engineering and Architecture, Nagoya University
Part 1 Environmental Physics on Urban Climate Change
Part 2 Skills for Field Work (TBD)
Part 3 Environmental Modeling
コメント

理科と社会だけで勝負できたなら。

2021-04-07 00:05:45 | 日記
「公立生は、国語・数学・英語の成績は悪くないのですが、理科・社会が追いつかない。」(某著名都立高校教師)
今の子供はそうなのか。「三教科よりも理科や社会が好き。理科も社会も両方好き。」という子供はめちゃくちゃ有利ということなのか。小生「三教科」は義務感(ある意味後ろ向き)でやったが、理科と社会は好きだから勉強していたので、追いつかない、とかいってる意味が理解できない。大学に進めば、ほとんどの専門は理科か社会に分類されるし、生業を得る業界にしてもそうだ。「三教科」としかつながっていない専門や生業なんて少数派だし、それだけで飯食おうとしたらすごく大変なのだから。受験科目が国数英の3つだけとか言われたら、小生にはある意味地獄だったと思う。(あくまで競う相手次第の相対的な話になるが、)正直勝てる気がしない。陸上選手だった時代に混成競技(高校生は五種)を選んだ理由に通じるのかも。
三教科はなしで、理科2プラス社会2だけの勝負でいいなら、全国でもかなり上位だった可能性も。 
コメント (1)

13年ぶりの3年1200万

2021-04-05 13:29:43 | 日記
ウソみたいです。今日は4月2日。
ダメ元の基盤研究Bが当たってる。
今まで2回は海外調査だったが、はじめての一般研究。
久々の貧乏暮らしを覚悟していたが。
コメント

2002年ツルネン先生講演会(土木学会)

2021-04-04 22:27:24 | 日記
2002年7月に小生と相方のM先生は土木学会環境システムシンポジウム(だったと思う)において、当時参議院議員に繰り上げ当選されたばかりのツルネン・マルテイ先生の講演会を企画した。現在ではハーフの方は与野党に複数いらっしゃるが、コーカソイド系の国会議員であり、(環境問題の視点から)支持政党のご所属ということで、以前からチャンスを探していたところ、われわれの趣旨にご賛同くださり、実現の運びとなった。議員会館(新人官僚だった1989年以来)にお伺いしたおり、「先生と呼ばないでください」との記事を事前に読んでいたので、心苦しくも「ツルネンさん」で通させていただいた。政策秘書は大橋巨泉氏の秘書さんを引き継いでいらっしゃった。
ミソをつけてしまったのは、シンポジウム当日の司会。半日4万円で某全日本レベルのミスコン入賞者の女性に頼めるという事務所を偶然見つけ、お願いしてみようという話(やや悪乗り)になった。実は環境の分野にご造詣の深い女性ジャーナリスト・キャスターを存じあげていたのだが運悪く連絡がつかず、このような選択になったというわけである。
当日の司会の段取りはいまいちで、かつ力量的にはがっかりする感じでもあったが、連絡の取れなかったジャーナリストさんが来場されていて、ジェンダーの視点から「誰が彼女を手配したんですか(怒)」と厳しいお叱りを。「はい、我々です。」
先生は2013年に落選され、現在は在野にいらっしゃるが、「環境族」の政治評論家としてのさらなるご活躍を期待している。



コメント

今感染している人って、、、

2021-04-03 14:45:24 | 日記
こういう(緊急事態宣言解除)タイミングで感染する人が多いということと、教育における理科離れ(悪い意味での文系人間が増えている)ということが、密接に関係しているのではないかと思えてならない。そもそもなぜ感染がおこるのかということすら理解していない人が、実はまだ多かったりするのではないか。
コメント

赤崎勇先生の訃報

2021-04-02 19:32:22 | 日記
R.I.P. Prof. Dr. Isamu Akasaki, the father of the high-brightness GaN blue LED. 


コメント (1)

“まんなか”からまちおこし(報告論文出ました)

2021-04-01 14:20:59 | 日記
一ノ瀬俊明(2021):
G空間EXPO2020日本地理学会主催シンポジウム
“まんなか”からまちおこし 日本の中心・重心(へそ)を地域資源として
E-journal GEO
16 巻 1 号 p. 156-159
https://doi.org/10.4157/ejgeo.16.156
コメント