頼子百万里走単騎 "Riding Alone for Millions of Miles"

環境学者・地理学者 Jimmy Laai Jeun Ming(本名:一ノ瀬俊明)のエッセイ

2010年7月上海&武漢(気象観測)

2019-04-30 12:38:32 | 旅行

 非常に暑いです。日本人の小生は今回も現場立ち入り禁止。小生のところの中国人スタッフ(指導する留学生2名)が、華師大の学生を指揮しての観測です。技術的トラブルが起きなければ、出番のないまま上海滞在が終わることでしょう。普段持ち歩きながら筆の進まない執筆が片付きそうです。
 曹宝路の光大会展中心に泊まっていますが、非常にラッキーなことに標準房(スタンダード)が満室になったせいで、上客の小生はお部屋がアップグレードになりました。4200元の部屋に700元で泊まれることになり、100平米もあるので持てあましています。ジャグジー付、トイレは2つ、テレビも2台、豪華応接ソファー、麻雀卓まであります。緊急出動に備えてなるべくホテルにいますが、ネットでお仕事+QQ、スポーツジム、プールくらいしかやることがなく、今週はすでに3時間以上泳いでます。

 連日の猛暑で、データは完璧のようです。ホテルの裏にある辛いザリガニ(小龍蝦)店のオーナーや常連と意気投合し、おごられっぱなしでした。足浴の店にも夜に連日通いました。25元。
 世博会、今回は1日だけ夜に入りました。現地の友人を接待。中南米連合館も並ばずに行けます。
 スタッフのL君は夜間から朝までの観測担当だったのですが、開始前の半日、ホテルに帰って休むべきところ、だらだら昼の観測に付き合っていたらしく、22時間連続になったというので、小生はお説教モード。徹夜観測では常識です。「没脳子的行為!」
 ホテルへ戻るよう薦めなかった他の学生にもそう戒めました。やはり小生が現場にいないとこういうところがおかしくなるみたい。

 L君が帰国した後、L嬢と2人で3人分の大荷物を持っての移動です。重慶(2004-2005)やソウル(2003-2007)の時よりは楽ですが。
 2号線とつながる虹橋新駅はとてもきれいですが、一部未完成で、未だにコンクリートを打っています。6時間の乗車に備え、大量の飲料とお菓子を買い込みました。2人とも論文を読んでいたら着いてしまったという感じでしたが、東京博多よりも長時間乗ったのは久しぶりでした。食堂はろくなものがありません。一番豪華なのは30元のトンボーロー弁当。お米は最悪。トイレはきれいです。大きな荷物を置く場所はありますが、十分ではありません。指定なしのおばさんとか、結構あつかましく、予約の乗客に追い出されていました。最高速度は250キロくらい。日本製のCRH2でした。

 以前も書きましたが、武漢は人口800万人に対してタクシーがわずかに1万台。4時から6時は運転手が交代するので、市内にもほとんど走っていません。武昌駅で並ぶこと1時間。ようやく大学に向かって走り出しました。割り込みの家族連れや黒車(白タク)の客引きに閉口しましたが、大きな荷物がうまいことブロックになってくれました。
 翌日、朝から観測開始。今回は大学村の中なので移動は簡単。すぐさま軌道に乗り、小生は再び無用の存在に。昼寝(ふて寝?)してから、漢口へ買い出し(学生の使い走り?)に。夕方はタクシーがつかまらないので、バス(公交)を使いました。長江の対岸まで10km以上走っている唯一の路線を捕まえ、タクシーなら60元のところを2元。

 48時間連続の屋内エネルギー消費観測が終わり、今日から老朽化した長江沿いの市街地で野外気象観測です。学生15人が機材を携えて現場に朝から展開しました。ソウルや重慶での知見がフルに生かされた感じです。最近は民工(出稼ぎ農民)も少ないせいか、ギャラリーは生じませんでした。

赤壁出身のウィグル族美女Jさん。2019年現在は地方自治体で設計技師としてご活躍。魚眼で撮ると、、、

 夕方、「唐山大地震」をi-maxシアターで見ました。38元。入場を待っていると、いきなり学生風のカップルから「頼教授!」と呼び止められました。12月に私の講義を聴いていた大学院生のカップルでした。ついに武漢でも変なところをふらふらできないようになってしまったのか、、、。
 お涙ちょうだいの映画ですが、一番泣かせそうなところを視聴者の想像に任せて、いきなりその数日後に飛ぶというアイデアはさすがです。中国の映画館は私語が絶えません。ひどい。買い物に出かけたL嬢から、手机(携帯)をなくしました、と新しい手机からメッセージが。ミッションはまだ終わっていないので、油断モードに怒り心頭。

 武漢最終日。渋滞を予想して、和諧号(武昌駅ではなく漢口駅)の発車2時間前にチェックアウトしたのだが、予想を上回る大渋滞。運転手が考えもなしに一番混むルートに突進してからあわてて無線で本社に指示を仰ぐ始末。無線のやり取りは武漢語なので、断片的にしか聞き取れない。これにはいらいらする。途中から高速道路で大きく遠回りした結果、タッチの差でアウト。夜行寝台での上海行きを覚悟して駅に入ってみると、電光掲示板に「晩点」の文字が。天は我々を見放しませんでした。その後1時間遅れでの発車となった。仮に乗り遅れても、夕方発の便に無座(指定なし)で乗ればよかったのだ。上海までノンストップの便。4時間半で到着した。行きは6時間半であった。最高速度250キロ。駅弁(23元)も行きより格段においしかった。
 虹橋駅から2号線で中山公園へ。そこでL嬢と解散し、小生は体育館近くのホテル(6月と同じ)へ。18時のチェックインには微妙に遅れてしまうので、5分前に電話を入れた。ホテルに着くと、13時に来なかったので14時の段階で予約が取り消されたと、めちゃくちゃなことをいってきた。楽天の予約システムを確認すると、13時~18時に入ればよいとなっている。また、予定時間を過ぎたと思ったのなら、電話してくるのが筋だろう。深圳(2008年3月)の時みたいに。はったりかましていたら、空き部屋があるので、楽天と同じ値段(790元)でどうですか、とのたまう。なら最初からそう言ってくれればいいのに。楽天にはこの件について苦情を入れるしかないであろう。中国語の話せない気弱な日本人なら泣き寝入りしていた場面である。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2014年7月2日(地図を読みなさい!)

2019-04-30 12:32:03 | 日記

大阪西成にて。日本語のわからない韓国人カップルが道に迷っている。どれどれ、見せてごらん。ガイドにある著名な寿司屋を探している。住所からスマホの地図を出してみると、、、、

眼の前じゃないか。馬鹿者。地図を読みなさい!地図を! 

怒れる地理学者(韓国語の反射神経が衰えていないのは確認できたけど)

오사카니시나리에서. 일본어가 모르는 한국인 커플이 길을 잃고 있다. 가이드에게 있는 저명한 초밥집을 찾고 있다. 주소에서 스마트폰의 지도를 발견해 보면 ,,,,눈 앞이 아닐까? 멍청이. 지도를 읽으세요! 지도를!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2014年7月3日(野々村記者会見)

2019-04-30 12:29:47 | 日記

N県議の会見内容は、意味不明に見えて非常に首尾一貫した内容と感じられる。それは以下の2点に特徴的に表れている。
役所の会計に暗い(今時そんな人は少ないと思うが)民間出身の政治家が、手続きを秘書や行政スタッフに任せ、現場では「慣習」(さすがに今現在あんなずさんな申請が数年にわたってまかり通るとは信じられない)に従って、「矛盾がない(ありありだが)ように」書類上の処理を行った結果なのであろうと推察した。しかし驚いたことに、彼も地方公務員の出身である。どこまでの内容なら不自然に見えないか、といったさじ加減ができなかったとは思えない。あんな幼稚な言い訳しかできない申請をするだろうか。
なぜ、数百万におよぶ調査旅行が必要だったのか。会見の後半、彼は大きな「失言」をしてしまったのではないか。「XX費、YY費、、、、やっと議員になったんです。。。」

つまり、浪人生活時に背負った借金返済に、、、という勘繰りをしてください、と言っているようなものだ。

お笑い芸人で、彼のまねをネタにする第一号は誰だろう。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2014年7月3日(大型電子顕微鏡)

2019-04-30 12:27:50 | 日記

大阪大学での特務2件完了。8億円とも言われる大型電子顕微鏡を拝見。分子生物学の世界でスパコンが能力を発揮するのも時間の問題。連夜の飲み会に珍しく二日酔いモード。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2014年7月4日(都市気候と大気環境保全)

2019-04-30 12:23:43 | 日記

Meine Bibel!

古典となりつつあるお気に入りの一冊。

今はこのサイトを使って講義、実習をしている。

http://www.staedtebauliche-klimafibel.de/

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2014年7月5日(国土地理院に怒られ)

2019-04-30 12:21:06 | 日記

10年ほど前、Eastern Sea(東海)の名称を論文に併記して国土地理院に怒られたことがあった。最近の国際会議の質疑で、嫌がらせみたいな質問をしてきた韓国人に、あえてこの名称を使って反撃したこともある。先般九段線の話題を紹介したが、そのうちこんな議論に発展するかもしれない。突然こんな論文の審査が回ってきたら、間違いなくこれを指摘してしまうだろう。
---
警告 「日本海ではなくて、東海(Eastern Sea)と表記する学術論文は却下されます。」 日本国内のみならず、国際誌でもそのはずです。UNでもJapan Sea, Sea of Japanです。

Qeşqer, Yes. Kashigeer, No.

Uyghur, Yes. Weiwuer, No.

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2014年7月7日(賞に失礼)

2019-04-30 12:18:28 | 日記

“How many Nobel prizes(ノーベル賞)” will be a numeric target of university?

かつて、大小あわせて数回受賞したけれど、いずれも楽しく研究した結果がたまたまよい評価をいただいたというもの。受賞そのものを目的化するなんて、賞に失礼では。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2014年7月7日(7月にオクトバーフェスト?)

2019-04-30 12:16:30 | 日記

Warum wird das Oktoberfest in Sommer abgehalten? Heute ist Juli.

名古屋では7月にオクトバーフェストをする。ドイツ語のトレーニングに行ってくるか。

味気ない。コストパフォーマンス最悪。即退散。トルコ飯に移動。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2014年7月8日(新幹線無賃乗車)

2019-04-30 12:14:54 | 日記

乞食のごとき身なりの人物に公園で遭遇すれば、若い場合警察の便衣捜査を疑ってよいだろう。しかし新幹線で、しかも明らかに若いとはいえない場合、、、本物か?
売れ残りの弁当をタダで持って来いとクルーに要求している。
本人供述。「京都から乗車後、名古屋まではデッキをこまめに移動。名古屋で着席。」
検札に捕まる。東京駅にて現行犯逮捕。もちろん無賃乗車。

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2014年7月10日(3日間に2万人)

2019-04-30 12:13:02 | 日記

微博(中国Twitter Weibo)の投稿例。日本語での投稿にも関わらず、3日間に2万人が閲読。日本語が読めなくても、気になる単語があるとつい読んでしまうのだろう。ちなみに、硬い内容だと半月たっても2000くらい(中文の場合でも)。小生のフォロワーは現在23000人ほどであるが、ちゃんと読んでいてコメントなどをくれる方は500人くらい。
---
ラブホテルから一人で出てきた若い女性とすれ違う。薄化粧。ほんのり石鹸の香り。お仕事お疲れ様。ほぼ同じ世代の娘を持つ父親としては心情複雑。
阅读(2.1万) 推广 | (6)| 转发(9)| 收藏| 评论(6)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2009年3月上海&瀋陽&大連

2019-04-29 21:52:03 | 旅行

18日
 今回は、キッチン付きマンションタイプの4つ星ホテル(上海・中山公園駅のそば、380元)。書斎が中2階。テレビドラマのサイトもさくさく動いて快適である。呉中路のイスラム屋台のお手伝い小学生に「アッサラーム・アライクン」とあいさつしたらちゃんと通じた。感動。

19日
 朝から大学に出勤。J嬢と2006年5月以来の再会。当時博士3年だった彼女はすでに就職・結婚・出産を経て講師になっている。孫老師と呼んだら恐縮していた。束老板とはニューヨークで会ったばかりだが、数百万元の移動観測車両が完成しご満悦。

20日
 夕方、久しぶりに南京東路を歩いてみる。今回は女性は寄って来なかった。寒い時期は人通りも少ないようだ。民工(出稼ぎ農民)の姿も少ない。客員スタッフのY女史と婁山関路駅で待ち合わせ、四川料理を食べる。このあたりは、最近1年間で急に整備が進んだようだ。

21日
 午後の便で浦東空港から瀋陽へ。1999年11月以来である。空気がすっかりきれいになっている。工場の郊外移転(脱工業化)が大きく進行しているようだ。こちらも準5つ星のマンションタイプ。工場跡地なのでマンションも少なく、周囲に食事するところがほとんどない。というわけで駅前に歩いて繰り出し、大連行の切符(特快軟座87元)を買いがてら、100元超の過橋米線を食す。タクシーの運転手の話では、ここ数年のブームで急激に増えているという。雲南のタイ米で作るより、東北の大米で作るほうがいい米線ができるためであろうとのこと。具も豊富(海鮮を中心に10種類)であるが、舌触りもいい。

22日
 午前中、大原街の商場にて、新しい手机(携帯)を購入。今回は全機種を研究し、最も薄くて画面の大きいものを1000元でゲット。劉徳華(アンディ・ラウ)が宣伝しているブランド(金立)。電子ペンで文字を書いて入力できるタイプ。名前を呼んで電話をかけられるので、ためしにやってみたらかかってしまった。小生の発音でも十分いけるらしい。午後、省の計画院長(私と同年)と昼食。日本の農協のシステムを称賛していた。夕方、瀋陽工業大学で先方と交渉開始。先方は送った資料に十分目を通していなかったのであろうか。ゼロから説明しなくてはならなかった。大連民族学院で建築デザインを教える王先生(満州族の女性、大阪府大出身)が通訳に入り、私の説明を補足、あるいは、私が聞き洩らした部分を補足してくれた。彼女自身もプロジェクトの内容を十分理解しているので、言うべきことはすべて伝えたという感じ。

23日
 市内の再開発現場を数か所チェックして回る。1950年代にソ連が建てた労働者住宅(工人街)はほぼ取り壊され、一部が博物館として保存されており、50年代から現在までの日常生活の変遷を追うことができる。糧票も初めてみた。大変な生活の時代が長く続いたようである。文革期、知識人が福利厚生で冷遇されていたこともよくわかった。昼食は朝鮮料理。オーナーは漢族だが韓国語でお出迎え。こっちもつい韓国語が口にでてしまう。久々に犬の肉を食した。親指大の蚕の蛹もいける。午後は王さんのいとこの男性が合流。空軍将校である。ホンタイジ(清の太宗)の昭陵にもタダで入れてしまう人だ。路面が凍っていて風も冷たかったが、ホッカイロ持参で正解だった。上空を戦闘機(ミグではなく、中国産のチャンシー)が飛んでいる。着陸態勢に入ったところを撮影に成功。王一家の皆さんと羊肉火鍋を食したあとカラオケへ。小生も新曲を練習。北国の冬は、夜人通りが非常に少ない。ヨーロッパの街のようだ。

24日
 鉄道で大連へ向かう。軟座のコンパートメントの向かいの男性は無錫のエンジニア(環境保全)で、日本で研修していたという。3時間半で到着。中国語教室の先輩が紹介してくれたF嬢(武漢出身)と、お友達のS嬢(大連出身)が出迎えてくれた。またしても四川料理。日本留学のための戦略を指南。大連の町並みは美しい。不動産価格はつくば並みである。ロシアと日本と中国が混在している感じ。夜は海鮮のつもりだったが、辛い鯉の水煮(ボールに入って出てくる)を1人で平らげてみた。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2014年7月11日(国際結婚詐欺)

2019-04-29 21:45:56 | 日記

「2011年10月の日記から」
日本人男性と中国人女性の結婚を仲介する会社には、かなり悪どいものもあるとは聞いていましたが、たいていは人のよい日本人男性が被害にあうものと思っていました。
QQで知り合い、たまたま彼女の家の近くに出張した時、情報収集がてら一緒にお茶したことのある36歳の日系デパート店員。バツイチ。小生的にはかなりの美人さん。月収1500元。苦労してためた5万元を払って、30歳、神奈川県在住、バツイチの杜氏(酒造技術者)と成婚。以降、彼は2回ほど中国へ渡航して、数日一緒に過ごしたという。彼女が日本への渡航準備を始めた矢先、突然音信不通となり、彼女は離婚して出直そうと考え始めたという。我々の感覚からすれば、500万円を捨てる覚悟なのか。
男性側に、女性の実家への心付けも含め、なにもかもぶらさがる構造の一般的な仲介会社と異なり、これは中国版貧困ビジネスのような気もします。そもそも年下の男性で、普通に嫁も来そうな相手なのに、と考えるにつけ、これは男性もグルだったのでは、と思えてきます。彼女はほとんど日本語ができず、その男性もほとんど中国語ができなかったそうです。
一般的な仲介会社のサイトに掲載された女性候補の学歴、言語能力を見ると、高い人は滅多にいません。なぜか。彼女たちは、こんな会社に頼らずとも、会社なり学校なり、別途日本にコネを作って相手を見つけられるからでしょう。
日本に嫁に行こうと大学などで日本語を勉強する人はいません。日本関係の仕事で身を立てたいから勉強するのでしょう。それに対し、嫁さん候補としてする日本語の勉強は付け焼刃のようなものかもしれません。学歴に付随する種類の能力を含め、日本人男性側も新婚の時点で相手に多くを望むのは無理と思います。10年前の中国ドラマ「遠嫁日本」のお嫁さんは大学の同級生だった元日本人留学生と結婚しました。彼女たちの一般的な事例とは異なるので、これを見て憧れを持ってもこのようにはいきませんね。
あちら(中国の某市)で知り合った女性に仲介を持ちかけられ、その後一度も会社のプロフィール(名称を含め)を確認することもないまま、成婚手続きを進め、そのあと、その女性は国外(日本へ)逃亡したようです。当然、会社にもコンタクトは不可能。日本人の亭主はというと、当然ドロン。現在その住所は空家になっていて、電話番号などすべて契約解除になっているようです。この場合、どう攻めたらよいのでしょう。いかに親しいとはいえ、小生が深入りするのには限界があります。中国でその女性を立件、日本でその男性を立件、という筋道になるのでしょうか。本当に泣けてきます。

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2014年7月12日(連帯責任です)

2019-04-29 21:40:19 | 日記

中国人の方に伺います。みなさんこういう考えですか?

(悪く表現するなら)自分の都合だけで勝手にふるまって、簡単に予測できたはずの相手のリアクションに直面してから狼狽する。

最もバカな人の行動パターンそのものじゃないですか。

最近、反日の憤怒(糞奴)青年や五毛党に元気がなく、微博(weibo)はとても静かです。一方、なぜか嫌中の在日中国人が日本のネット右翼みたいな人々と大いに盛り上がっているようです。そんな中で、久々に小生が体験した対話の機会に、ストレートな質問をぶつけてみました。

---

民主党政権を失敗に終わらせ、自民党反動政権の復活をゆるし、アジアにさらなる軍事的緊張を招いたのは、尖閣での中国の対応(漁船衝突)にも責任がある。あれで「2009年日本小革命」はとん挫してしまった。自民党を復活させたのは自業自得。我々日本の良民はただただ迷惑。

<中国人>
中国も日本も同じ愚民政策を行ってきたが中国人は段々わかってきた、自分たちが少しでも現状をかえようとしている。一方、日本の方は一時的に民主党に政権を任したが、結局、無能、しかも右翼になった自民を頼りになった。完全に逆戻り!!

日本人にそんな自民党を選ばせる状況を作らせないように頑張ってきた我々の努力は無駄になってしまった。両国の連帯責任だ。

<中国人>
連帯責任と言われたら心外だ、日本はこうなったのは石原の仕掛けにはめられたから。尖閣を国有化しない限り、こうならなかった。まあ、民主党はついてないからね、地震はなければ、もうちょっともったでしょう。経験不足だけて時間があれば、なんとかなる。もうちょっと辛抱すれば良かったのにね。

愚民化した日本人が安易に自民党を選ぶのは予測できたこと。中国は、日本人にそうさせないためのアクションができたはず。
日本人が自民党を選んだことは中国(軍部)にとって好都合だった? という意見を聞いたことがある。本当ですか?

<中国人>
好都合?? そんな馬鹿なこと!! 自分のことで精一杯だから日本にかまう暇がない、ただ、安倍のやり方に黙ってはいられない。でも、こうなった以上、格好の標的になったよ。安倍はまた自覚してないよね。

自分のことで精一杯な人に振り回されるのは迷惑です。そういうことなら相手国に配慮するのは無駄ですね。

---

ちなみにこの相手は上海の弁護士。日本語はOK。しかし、途中まで小生が台湾からの帰化人だと思い込んでいた。小生の不自然で下手な中国語に気が付かないとはなんとも間抜けだ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2014年7月13日(日本人が考案)

2019-04-29 21:37:47 | 日記

この著名な旗は日本人が考案したものらしい。しかし、

雪山狮子旗是1912年访藏的日本高僧青木文教大师考案的。刚知道。

と書いただけでこんな警告が来ます。旗の固有名詞が「禁句」なんですね。「金楯」が発動したようです。

您好,您被其他用户举报涉嫌违规。根据《微博社区管理规定(试行)》,您于2014-07-13 00:00:42发表的微博“雪山狮子旗是1912年访藏的日...”已被设置为不适宜对外公开。

ちなみに、チベット国歌「輪廻」は。
「涅槃における平和と幸福への,あらゆる願いの宝蔵にして 願いを意のままに叶えることができる,宝石の如き仏陀の 教えの光明を輝かせよう そして,仏教と衆生の持宝たる大地を育み,守護する御法神よ 汝の徳の高い偉業の大海が広がり 金剛のように固く,慈悲をもって全てのものをお守りください 百の歓喜を備えた天授の法が,我々の頭上に留まり 四徳の力が増大し チベットの三区全土が,幸福で円満な時代で満たされ, 政教が盛行しますように 仏陀の教えが十方に広がることによって 世界中の全ての人々が平安を享受できますように そして,チベットの仏教と衆生の吉兆なる陽光と 十万に広がる吉兆なる光明の輝きが 邪悪な暗闇との戦いに勝利しますように」
だそうな。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2014年7月14日(フラックス)

2019-04-29 21:35:24 | 日記

"Foreign military invasion" is one of flows and movements (fluxes) observed in urban coastal area. (Forman, 2014; Urban Ecology)

都市の沿岸部における流れと動き。他国軍の侵略ってなんだ? 
講義の予習で発見。これもフラックス(Flux)と呼ぶのか。。。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする