遅咲きアスリートのひとりごと

39歳から本格的に練習を開始し、40歳からレースに参戦した遅咲きアスリートです。元気印を配信してます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

富士山登山の思い出!その1

2009-07-31 22:20:03 | ひとりごと

(山頂にあった案内板です)


次のレースが明後日に控えているのに、筋肉痛が和らぎません。
マジでやばい!こんな時年齢を感じてしまうこうたんです。

気を取り戻してと! 
今日は短文で纏めたいと思います。

これから暫くは富士山登山の思い出を綴っていきます。

そう言えば昨日のネタも思い出だったな!

今回の登山中、こんな大きな岩があちこちにありました。
岩の下が見えているということはいつ動くか分かりませんよね!

ちょっとビビったこうたんでありました。



そして、残雪
9合目には万年雪があります。
初めて見ました。←これ当たり前初登山やったし




そして山頂のお鉢巡りも残雪のため通行止め

7月後半でもまだまだ残雪があるって。

地上ではいつも「暑い暑い」と言ってたのにこの日ばかりは寒かったです。

山頂は2℃でしたから





今日もワンクリックをありがとう!

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへにほんブログ村

コメント (6)

高山病の恐ろしさ!!!

2009-07-30 20:58:48 | ひとりごと

(今回の奇妙な行動を撮影した瞬間です。まさとん何してんの?私を戦慄させた瞬間です。)



高山病の代表的な症状をネットで検索すると
頭痛、めまい、疲労、吐き気などがあるようですが、精神的な症状として日時や場所、行動がわからなくなるなどもあるそうです。

先ずは私。
前日の午後8時前、新5合目にあともう少しの所(海抜2000mは超えてました)
で宮崎の親友から電話がありました。

コーチ「こうたん今どこ?いいないいな僕も行きたかったな
こうたん「ごめん、ごめん、次回必ず一緒に行きましょね。あと少しで5合目です。今日は土曜日なのによく電話してくれましたね
コーチ「こうたん今日火曜日よ?どないしたん」
こうたん「。。。。。。」


次に8合目の山小屋での出来事。
まさとんが急にこんな話をしてきました。

「こうたん。おいらゴアテックスレインウエアの下、表裏逆に履いたようなんで、
ちょっと待ってね」と言った途端、暴風雨の中でズボンを脱ぎ始めるではりませんか

そして脱いで裏返すとどう見てもその方が裏側なんです。
こうたん「まさとんどう見てもさっきので合ってたやん」
まさとん「やっぱ合ってたか?」

この行動。。やっぱ高山病の一種だったのでしょうか
ね。。まさとん



今日もワンクリックをありがとうございます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへにほんブログ村
コメント (18)

暴風雨の中の富士山登頂!そしてサプリの効果とポラールGPS機能について(写真いっぱい)

2009-07-29 18:12:27 | ひとりごと

さーいよいよスタートです。

あっと言う間に6合目。

7合目

7合目を後にして30分。いやいやさっき7合目あったでしょ。。元祖って何?

8合目


9合目を後にして20分。いやいやさっき9合目があったでしょ。。5勺って


富士宮口山頂!


剣ヶ峰は二人だけでしたよ。。


快方祈願中!

皆さん。富士山登頂に成功し無事に帰ってきました。
前日のメッセージやメール、電話までも本当にありがとうございました。


ネタが盛り沢山過ぎて何から綴って行こうか迷ってる所ですが、

先ずご報告したいのは

今回、暴風雨の中でも私の念願を叶えてくれた東京の友人まさとんにお礼を言いたいです。まさとん本当にありがとう

そしてあおちゃんの快方祈願が無事に出来たこと。まさとんも一緒に香川の溝○(鉄さん)の分も祈願してくれました。

最後に今回の登山でサポート下さった大雄産業様。ビヨンドスペース様に感謝申し上げます。

超特急登山になったもののサプリの摂取方法を守った事で高山病は一切罹りませんでした。
本当に「ここでジョミ」素晴らしいサプリメントです。

そしてポラールRS800CX GPS機能。。凄いです。
これは今日その機能の実態を紹介しますね

今回のコースは通常ならガイドブックには、往路4時間20分、復路2時間と書いてあるのですが、トイレ休憩や山頂での一服。
登山途中の写真バシバシ撮影時間に高校生と自衛隊の長蛇の列の渋滞にも巻き込まれながらでも合計4時間30分

友人まさとんと、登山中もしゃべりぱなし 
山頂に着いたらランニング始めるし!
二人とも童心に返って暴風雨の中楽しんできました。

暴風雨の中で登山者途中リタイヤ続出で日本国土最高地点剣ケ峰も二人きり

念願の富士山登頂! 今度はご来光を拝みに行きますよ今年中に

今日一気に写真盛りだくさんです。どうぞご覧ください。。

PS*宮崎のは○しさん(コーチ)今度は鉄さんと一緒に必ず登りましょう!東京のまさとんにまっさんも駆けつけてくれるはずです

今日もワンクリックをありがとうございます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへにほんブログ村

さーーここから、、ポラールRS800CX GPS機能の紹介です。グーグルアースへの表示もワンクリックでOKです。

今回の4時間半のグラフです。
高度計がついているのでその記録が富士山の形になってます。登りは速度が遅い分緩やかですが、帰路は速いので急勾配になってます。横軸が時間です。


データをグーグルアースに転送したところです。ワンクリックで表示しちゃうんですよ!


グーグルアースは残雪のある富士山を表示しています。
表富士、富士宮口5合目からスタートしたのが分かると思います。


山頂到着後,剣ヶ峰までいった跡も分かりますね。その後もあちこち歩いています。


登山中の一部をクローズアップしました。
この表示は登りが心拍数が高いオレンジ色で表示。下りは心拍数が低いブルーで表示されています。圧巻なのは同じ道なのにちょっとした登り下りのズレまでもしっかり表示していることです。



コメント (19)

いざ富士山へ!(今日は写真なし)

2009-07-28 15:37:52 | ひとりごと
フレックスを使って一旦自宅に帰ってきました。
これからもう一度荷物確認をしてから出発します。

東京の友人は一足先に富士宮口新5号目に向かっています。

私のために休暇を取ってくれた友人まさとんに感謝です。

天候が今一つでご来光は拝めそうにありません。

でもご来光を拝む事だけが今回の登山の目的ではありません。

トライアスロンを通じて出会えた10歳以上離れている友人の”心の温かさ”を感じつつ本当に念願だった憧れの山に登ることが出来ることを思い切り楽しみたい。

そして無事に山頂に着いたら祈りたいこと。

それは20年間トライアスロンを愛し続けてきた偉大なる滋賀の仲間あおちゃんが病気を患い今シーズンレースが出来なくなってしまいました。
彼は今週手術します。
その手術が無事に成功することを日本一高い山から祈りたいと思っています。

そして47歳の身体でもこんな風に登れば、高山病にも罹らない。準備したものや身体的な変化などの経過も紹介できれば今回の私の登山目的が果たせます。

では皆さん行って参ります。

PS*昨日の日記でコメントを下さった皆さん。明日帰ってきたら必ず返信しますからね。今日お返しできないことをお許しください。


今日もワンクリックをありがとう!
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへにほんブログ村
コメント (12)

イタリア製スイムゴーグルインプレ!と北極圏ゲル??

2009-07-27 21:36:30 | ひとりごと

ひわさ大会で購入しました。



このゴーグルを付けているのがこうたんです。


これが北極圏ゲルです。
最近の私の必需品

今日のひとりごとはひわさ大会で使用したアイテムの紹介です。

先ずはスイムゴーグル! イタリア製です。
(だったと思います。間違っていたらごめんなさい)
ひわさ大会で出店していたショップで購入しました。

視認性抜群。ヘッドアップの方向確認も容易なんです。
これマジです。

スイムの速い人は購入しないでください。!


次に北極圏ゲルです。
予め小さなジッパー付きのビニール袋にゲルを入れておいて、ランスタート後に首筋や肩に塗ります。結構いけますよ。

ランの速い人は購入しないでくださいね!

今日もワンンクックをありがとうございます!
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへにほんブログ村

コメント (18)

”ひわさ大会最後の写真” と ”富士山登山に向けて”

2009-07-26 20:55:11 | ひとりごと
先ずはひさわ大会の日記(写真)の最終章です。

峠を越え続けている中の一枚です。


そして頑張ったご褒美!です。


では本題に入ります。

先日綴った富士山登頂計画の日記でサポート頂いている企業様から「頑張って」と激励のメールを頂きました。

今回の目的はレースでもなく、あくまで「遊び心のひとつ」なのに富士山登山で実証したサプリの摂り方を伝授してくださいました。

そしてポラールRS800CXは斜度や高度計が標準装備されているのですが、それに加えGPS装置を付けて楽しんでと送って頂いたのです。

また最近相次ぐ登山事故を気にかけてくれてレインウエアまでも!

会社には火曜日フレックスを使わせてもらって午後8時頃には富士スカイラインに
入る予定です。

ここで東京の友人まさとんと久々の再会!
そして深夜からアタックをかけご来光を拝む予定です。

今の所、天候が心配なのですが、、気合いで晴れさせます。!

これまで飛行機や新幹線の中からは幾度となく眺めてきた富士山。

その憧れの山に登る日まであと3日です。





今日もワンクリックをありがとうございます!
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへにほんブログ村


コメント (13)

ひわさうみがめトライアスロンを振り返る(最終ラン編+写真付き)

2009-07-25 21:01:47 | ひとりごと





今日は最終ラン編です。

昨日と同じプロの写真を付けて綴りますね。
になみに今回の日和佐大会には写真会社が2社来てましたよ。

でもその前に
今回の大会では、バイクのセッティングを従来より
ハンドル位置を50mm高くし、サドルを20mm後ろに下げて挑みました。
峠対策です。!


チェーンの脱落というトラブルで、30秒以上ロスした私の前にバイクラックで
は誰一人残っていないと思っていたのですが、
ランをスタートして真っ先に視界に飛び込んできたのは、滋賀の仲間杉○さんがヤンキー座りしながら、クーラーボックスから取り出したペットボトルをのんびりと飲んでいるではありませんか?
一瞬目を疑いましたよ!

エリート選手含めて550人の中で20位以内にバイクを終了しているのに
それはないでしょ

昨年より3分以上縮めたバイク。
峠を攻め続けた分、最終ランでどうなるのか
でも自分なりにその想いを消しながら1km、また1kmを乗り切っていきました。

折り返して200m地点で平○さんとすれ違います。
流石にいい走りをしている。

彼にとってこの差は射程圏内と思っているはず


残りの5kmは今までにないプレッシャーで走り続けます。
そして残り2kmで200m以内まで詰め寄られているのを確認。

ここからが本当の勝負となりました。

最後の交差点を左折すると残り500m。。

ゴールテープが見えた時は”自分に勝てた!”と思えた瞬間でした。

そしてそこまで自分を奮い立たせてくれた平○さんを、私はゴール前で待っていたのです。

今シーズン第6戦目。。。今回の大会もいい思い出になった大会となりました。

今回の大会でも沢山の応援本当にありがとうございました。

来週はいよいよ富士山登山です。!

終わり!






今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへにほんブログ村
コメント (14)

たった1枚のモノクロイメージカットに???

2009-07-24 19:38:32 | ひとりごと
今日は一気に最終ラン編の予定でしたが、今日は短文で終了です。
ひわさ大会をプロが撮影した専用サイトが公開されました。

その中の写真を掲載させてもらいました。本来ならダメなんですけどね

千枚以上撮影されている中でたった1枚モノクロの写真がイメージカット集に掲載されていました。

その被写体が私だったのです。

ゴール直後のシーンです。

私なりに戦い抜いた”証”だと思っています。

その後、私は30秒後にゴールする三重の平○さんを待ちました。

お互いに健闘を称え合える。

トライアスロンって本当に素晴らしいスポーツですね













今日もワンクリックをありがとうございます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへにほんブログ村
コメント (10)

ひわさうみがめトライアスロンを振り返る(バイク編)写真付き!

2009-07-23 20:51:15 | レースレポート











さーて今日はバイク編です。
先日も紹介したようにドラフティング無用の峠コース。
トライアスロンの醍醐味を味わうには申し分の無い大会ですね。
この大会の人気はここにあるのでしょうね

長文になりましたが、読んでやってくださいね

バイクをスタートして1km地点辺りで昨年の覇者高○さんにパスされます。
昨年と同様の展開でしたが、昨年よりは少し付いていける時間が長かったのは嬉しかったですね。しかし恐るべし40代

その後4km手前辺りからいよいよ山の中に本格的に入っていきます。先ずは10%。
ここで同じ40代の三重の強豪森○さんがバイクから降りてリタイヤしているではありませんか?
意識ははっきりしているようでしたが、バイク序盤で脱水とは考えられない。なにか身体にアクシデントがあったのでしょうか? トップエイジでもこんなことがあるんですね。
気を取り戻してまたまた10%の坂を登り切ると視界が広がってきます。
そうこの時点でかなり高い所まで登ってきているのです。300mくらいのトンネルを抜けると景色を堪能しながら第一展望台を通過。
この後このような展望台は第4まで続いていくのです。

第4展望台を過ぎると後は下りのみ、、、そして下りきった所が折り返し地点。このコースをまた戻っていくのです。

ライバルと呼んでくれている三重の平○さんは10km地点手前で背中を確認。
その後一気にパスさせてもらいました。
今回はしっかり挨拶をさせてもらいました。(蒲郡ではバレないように抜いたのですが、ZIPP1080の轟音ですぐにバレていたようです。)バイクでどれだけ離すかが今回のレースのポイントとなる。そう言い聞かせて今回のレースも攻めていきましたよ。

そして行動を共にした同じ滋賀の仲間40歳代杉○さんを15km地点辺りでロックオン。
折り返しではお互いに“にんやり”どっちが余裕あるやろ。。
駆け引きが始まっていたのです。

ここから杉○さんは逃げきる作戦か?まったく追いつけない。そしてようやく30KM地点辺りでパスし、兵庫の若○君や、愛知の40代元プロもこの辺りで抜いたものの、ここでアクシデント!!!!!!

50km以上は出せる下りの真っ最中に、アウターからチェーンが外れた。。。。

乗車しながらチェーンをはめようと試みるも、、次々コーナーがやってくる!

危ない!

そうこうしている間に、、にんやりして抜いていく杉○さん
そして若○君、、、またさらに4人も、、、、
結局トンネル入口でフルブレーキをかけて降車。チェーンをはめ直してレースに復帰するも、その集団はまったく見えないくらい先に行ってました。

でも集中力は途切れなかった。残り5kmを我慢しなんとか無事にゴールし最終のランに入っていったのです。

アクシデントは誰にでも付きもの。しかしそれを未然に防ぐのも自分次第なんですよね

今日の練習:ジム休みのため13km外ラン


今日もワンクリックをありがとう!
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへにほんブログ村

コメント (11)

ひわさうみがめトライアスロンを振り返る(スイム編)

2009-07-22 20:17:37 | レースレポート






第10回となったひわさうみがめトライアスロン大会。
当日は時折厳しい暑さとなる太陽も照る中のレースとなりました。

JTU記事を一部引用させてもらうと。。。

「ウミガメが産卵にくる大浜海岸でのスイム、太平洋を望む阿波サンライ
ンを走るバイク、そして日和佐川の清流沿いを町民の声援を受けながら
のラン。風光明媚なコースと人情あふれる町の人たちの優しさで国内で
も有数の人気大会に成長した本大会は過去最高の参加者620名、リレ
ー32チームが出場。」


今大会は四国4県の国体代表選考会も兼ねたことからエリート選手の顔ぶれも凄かったです。

さー今日からレースを振り返っていきます。今日はスイム編です。

スイム会場はうみがめが産卵にやってくる海岸を使います。
海に入ると1m程で足が付かなくなるほどでビビリのこうたんは恐怖を感じます。

この海岸からビーチスタートで沖合い750m先まで進み折り返してくる設定です。今年も右から左に潮流があり、コースロープは大きく弓なりになってました。

午前9時。
私は第一ウエーブでて51.5km先のゴールを目指していきました。

今年も最も左よりに位置取りスタートしていきましたが、同じ泳力のアスリートが多いんですよね。

バトルが300mくらいまで続きました。

沖に出て行くに従ってどんどん大きなうねりが押し寄せてきます。
ヘッドアップしても、左ブレスで呼吸してもどんどん海水を飲み込んでいきます。
合計10回くらいは飲んだでしょうか?

またまたスイムで出遅れるのか?
そんな心配もしながら、とにかく1秒でも早く上陸するためにボディを水平に保つことを意識しながら泳いでいました。

そしてようやくスイムゴール。上陸後最初に飛び込んできた計測ボードのタイムは25分10秒。。。よしいける

そこから300m以上走ってようやくバイクラックに到着。
私より1番若いゼッケンNO三重の平○さんのバイクは既に無かったものの「絶対にバイク序盤で追いつく。」
その気合いで山岳コースに入っていったのです。 続く

今日もワンクリックをありがとうございます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへにほんブログ村

コメント (7)