池田パソコン塾

池田パソコン塾
「ICT活用で豊かな生活のご提案」をさせていただきます。

日向放送大学 ひまわりふれあい祭に参加

2018-09-23 21:44:23 | 自分史活用

日向放送大学の文化祭である「ひまわりふれあい祭」に参加させていただきました。

大学での授業発表であったり、地域とのつながりを持つためにも外部テナントの一部に入れていただけました。

写真整理のご案内に、マルチブックの展示と自分史活用アドバイザー認定講座のチラシをお配りし、知名度が上がるようになるといいなと思います。

アルバムに興味を持って質問してくださった方もいて、子供たちのアルバムが1冊でも多く出来上がっていくといいなと願っています。

 

プリントスで、携帯写真をプリントしてデコしてもらいました。

これも、写真の見える化の一貫として楽しんでいただくことができました。

まだまだ知ってもらうための活動が必要ですね。

地元のテレビ局の取材で、アルバムが流れてくれたらいいな。

    

コメント

リレ・フォー・ライフ・ジャパンin宮崎に参加!

2018-09-09 22:38:09 | 自分史活用

9月8・9日と予定された「リレ・フォー・ライフ・ジャパンin宮崎」がこどもの国 太陽の広場で雨の中開催されました。

2人に1人ががんになる時代、がんに負けない社会を作るために、私たちにできること。

リレ・フォー・ライフとは

がんサイバー(がん患者・がん経験者)、ケアギバー(患者家族、遺族、支援者)をたたえ、地域社会全体でがん征圧を目指すチャリティーイベントです。

始まりは、助け合おうという思いから

1985年、アメリカのシアトル郊外で、アメリカ人外科医が患者救済とがん征圧・予防を訴えるために始まりました。

「がん患者は24時間、がんと闘っている」をメッセージにトラックを24時間走り続け、寄付を募りました。共に歩き、語らうことで生きる勇気と希望を生み出したいというこのイベントは、世界中で開催されています。日本国内では2006年9月に茨城県つくば市で第1歩を踏み出し、2017年は全国49か所以上で開かれ、年々開催地、参加者増え続けています。

宮崎県では、延岡市にある県病院の看護師さんから始まったと聞きました。

リレ・フォー・ライフが目指すこと

「人の魂を救うこと」を目指しています。

Celebrate がんの告知を乗り越え、がんと共に生きてきたサバイバー、ケアギバーをたたえ、祝福します。

Remember がんでなくなった愛する人をしのび、追悼します。また、病の痛みや悲しみと向き合っている人たちを敬います。

FightBack がんの予防や検診を啓発し、征圧のための寄付を募り、がんに負けない社会を作ることを目指します。

パンフレットより

 

がんになれば、病気になると生活が一変してしまう。

そんな不安の中で、もっと身近に相談できる人がいればもっと違った選択肢があったかもしれない。

こんな人たちが応援、支援してくれる人たちがいることも知ってもらいたい。

多くのボランティアと、協賛いただいた企業または個人の方々の力によって開催されたチャリティーイベントでした。

参加チームは、リレーウォークでたくさんの応援をもらいながら、歩き続けていました。

本当は、24時間誰かが歩き続けるのだそうですが、今回は雨のため夜8時で終了、翌日は中止になってしまいました。

雨のため参加者は少なかったのですが、若いボランティアの学生さんたちが多く参加されており、これからの社会の中で自分たちの役割を認識できるいい機会になったのではないでしょうか。

 

ボランティアをしている娘に誘われての初めての参加。

ブースで私は、チェキを使った写真印刷と未来ギフトアルバムの紹介。

長年保険業をしてきており、FPを持っている娘は多くの方の相談にものってきた経験を生かし「がん制度ドック」を知ってもらい、特に領収書の整理や支払い、申請して受け取れるお金などの相談をしたいと新しく始めました。

また、新しく始まった「日本健康マイスター検定」も試験監督官の資格を取り、これから健康マイスターとして、健康に過ごすための検定試験が多くの企業や、就職する若い人たちにも広がりを持ち始めました。その先駆けとして多くの方に知ってもらい、まずは自らの健康意識を持っていただき、医療費削減にも貢献していきたいと思っています。

本当に、健康であることの方が難しい世の中になってしまいましたが、一人ひとりが意識することで少しずつ変わっていけたらと思います。

明日自分が、または家族のものが告知されるかもしれない時代です。

そんなときに、このような支援をしてくださる方が身近にいることを知っておいてもらえたら、もっと心強くがんと闘えるのではないでしょうか?

毎日元気でいられることに感謝

      

     

     

コメント

ネット契約ちゃんと理解していますか?

2018-09-01 23:30:40 | 自分史活用

本日の生徒さんからのご相談は、スマホの契約料金を見直しにショップに行ったことから、意外なことが発覚?

今はどこの携帯会社でも、光回線契約ができるようになりました。

それで提案を受けたのが、携帯と家のネット回線を一緒にまとめたら料金が安くなりますよといわれ、今のプロバイダを解約するための電話で、機械を返却してくださいとのことで箱を確認したら全く使っていない???

「これ全く使っていないのよね」

という何気ない言葉から、今までなんでネットが繋がっていたの???

 

パソコンを購入した時に、ネットも一緒に契約すると安くなるということで、プロバイダ契約をしたのは覚えている。

でもルーターは繋げていない。

ということで、今のルーターを見せてもらったら〇〇光のルーターと繋がっている?

料金明細を見せてもらったら、回線料金がしっかりと引き落とされているということは、パソコン購入後は2社に支払いをしていたというオチでした。

無線LANを使っていたから、そのままwifi設定をしていたので、気が付かないまま4年も2重払い。

何とももったいないことを・・・

プロバイダは、別契約だから料金が引き落とされていても、そんなものだと思っていたというので、まあ支払えるだけの余裕があったということですよね。

また、契約月を過ぎてしまい、解約違約金を支払う羽目に・・・

本当に知らないということは怖いですね。

 

以外に無駄に払っているものがあるかもしれませんよ。

今一度確認が必要ですね。

 

「先生、営業マンの方に褒められました。」

いわれた資料がすぐ出せたので、「凄いですね」って言われたそうです。

私がうるさく、「一つにきちんとまとめておきなさい」ということを実行していてくれたので、無駄に時間を使わずに済んだのでしょう。

きっとその営業マンも、行った先で資料探しに時間を取られていたのでしょうね。

その気持ちわかるわ~

コメント

やましたひでこの断捨離講演会に行ってきました~

2018-08-25 23:58:58 | 自分史活用

台風が近づいている中、「やましたひでこの断捨離講演会」に行ってきました。

以前、宮崎に来たときも台風が近づいていたとかで、「嵐を呼ぶ女」から始まりました。

会場は満席状態。

 

片付かない理由

そして、画像3枚。

想像がつくと思いますが、

キッチンカウンターに所狭しと置かれた物たち

ただ片付かないのではなく、ものが溜まっていて、おさめきれなくてあふれている状態。

これをいじめ空間という。

高かったし、また使うときがあるのではないかという、もったいないの気持ちが思考を停止させているのだとか。

リビングに掛けっぱなしの衣類たち

めんどくさいが掛けっぱなしの原因で、めんどくさい空間となっている。

めんどくさいが、あきらめに代わり絶望し、自分への絶望へと変わっていく。

収納棚に収まりきれない物たち

収納が足りないと収納棚を買ってくるが、結局使わないものであふれて行くだけで、物だけが増えていく現象。

結局、情報が多すぎて、情報に振り回されて物を買っている状態なのに、出すという出口がないためにどんどん溜まっていく。

空間が詰まると、頭、体、心が詰まっていく。つまり鬱の状態になっていくそうです。

 

もっと、物の片付け方の講演かと思っていましたが、「人生が変わる断捨離」とは、出口を作ることなんですね。

不要なものは捨てる。

1つ入ったら、1つ捨てれば物は増えないのだけど、捨てることができないから増えるばかりの現状ですね。

確かに!!

 

断捨離は、思考のトレーニング

住まいを整えると、体も心も整えることになるので、空間から受けている影響を絶つために物を捨てる。

片付かないと思う気持ち、どうにかしなければと思っている毎日の方がもったいない。

すっきりと気持ちよく暮らせれば、もっと楽しいことがありますよね。

なるほどね~

せっかく聞いた講演会なので、実践をせねば・・・

コメント

宮崎で「自分史活用アドバイザー認定講座」を開催します

2018-08-12 22:29:44 | 自分史活用

宮崎で自分史活用推進協議会の「自分史活用アドバイザー認定講座」を開催します。

日時:平成30年10月14日(日) 9時30分~19時まで

場所:日向市「あいとぴあ」

 

「自分史で日本を元気に」を合言葉に、全国で活動しているメンバーさんは200名以上。

各地のアドバイザーメンバーが講座を開催し、広めていっています。

私は4年前に、facebookの知り合いからの情報で知り、一番わかりやすいのが地元名古屋での開催でしたので、即申し込みをして講座を受けに行ったのが始まりです。

まだ、自分史そのものがよくわかっていませんでしたが、まず入ってみなければとの想いだけでした。

その後も、アルバムづくりなどをしながら、自分史のことを話し、また生前整理とのメンバーともつながり、写真整理の大切さも話してきました。

その中で、「自分史活用アドバイザー認定講座」を受けたいとの声が上がり、ではやりましょうということで、皆さん忙しい中での日程合わせは大変でしたが、10月に決まりました。

さて、本当に大変なのはこれから。

県内では、アドバイザーは私だけしかいないので、準備はすべて1人でしないといけません。

会場が決まって、事務局に報告ができただけで、これから集客に、講座での発表もありその資料作りもあります。

後丸2か月。

興味のある方は、ぜひホームページからお申し込みください。

 

2月に鹿児島の「自分史活用アドバイザー認定講座」に、雪の中大変な思いで行ったことも意味があったのですね。

あの時には、まだ宮崎での開催は決まってもいませんでしたから、本当にただ隣県のメンバーに会いたいだけだったのですが、このようなことになるとは思ってもいませんでした。

宮崎に自分史活用アドバイザーが増えますように。

 

コメント

2番目の孫のアルバム

2018-07-31 11:17:41 | 未来ギフト

今日は、息子の次女の誕生日。

あっという間に大きくなっていきますね。

今年は、帰省できないというので台風が来る前にと、誕生日プレゼントにアルバムを贈りました。

県外にいるから会えるのは、夏休みに帰ってきたときだけなのですが、今年は帰れないというので直接手渡しできなくて残念でした。

電話から「おばあちゃんありがとう」の声を聞かせてくれました。

ダンスが好きで練習の毎日、土日はイベントで休む間もないのですが、それでも楽しいといっています。

 

生まれたその時から、人生が始まっています。

この子が大人になるころには、どんな時代になっているのでしょうか?

大人になるにつれ、様々な悩みや問題が生じた時に、アルバムが何かの励ましに、そして、多くの人に愛されてきたことや、たくさんのところへ行ったことも記憶になくても、こうして記録しておけば思い出すことも多くなるでしょう。そして心豊かに育つと思っています。

今私たちには写真が残っていますが、これからの時代の子供たちには親が意識して残していかないと、いくらデジタル写真があっても見ることはないと思います。

 

3年前のお姉ちゃんの時は10歳まで入ったが、2番目なのに写真が多くて1冊に入りきらないほどありました。

次は、二十歳の成人式かな?

あと10年後もまた楽しみですね。

    

 

未来ギフトアルバム

コメント

「未来ギフトアルバム作成資格講座」初級コース開催

2018-07-17 22:24:03 | 未来ギフト

「未来ギフトアルバム作成資格講座」初級コース(デジタル写真の取り扱い)を、2名の参加で講座を開催することができました。

昨年は、補助金申請に追われ、年末に出し終えたころに印刷会社の倒産の情報が・・・

その後は、4月にマルチブックの社長から新製品の案内があり、見本と資料作りに明け暮れ、ようやく開催することができました。

 

データの整理と保存を大切にしていただきたいので、パソコン・スマホ・SDカード・クラウドとばらばらになっている写真をひとまとめに保存してほしいこと。

そして、年代別にフォルダ分け、データが多ければ月ごとのフォルダーで整理してもらうためには、エクスプローラの表示の切り替えなど、知っているようで知らないことが結構あるものですね。

午後からはいよいよ、写真をPowerPointの書式に落とし込んでもらいました。

今の画像処理のツールは、結構楽しめるものがありますので、あれこれ使ってみるのも楽しいですよね。

後は、デザイン力ですね。

 

子供さんの写真を持ってこられた方は、こうしてみるとかわいいころもあったのだと、あれこれ考えながら思い起こしながらする作業もいいものだとの感想をいただきました。

もう一人の方は、2年前の海外への演奏旅行の記録を残すということになりました。

毎日の忙しさの中で、2年前のことも忘れつつあるということで、やはり記録を残すことの大切さを改めて思いました。

いろいろなパンフレットなどをも残しておいてくださり、スキャンして取り込むことになりました。

 

このアルバムづくりの楽しさと、記憶を記録に残すことをぜひお伝えしたいと思っています。

アルバムづくりも、こうしてきっかけがないとなかなか取りかかれないものですね。

そんなことも、改めて感じていただきました。

フイルム時代の写真は、それなりにアルバムに貼ってあるけど、デジタルになってから写真としてみることがなくなったといっていました。

その必要性を感じていただけたのなら、まずは初日はOKですね。

 

今回ページ数が増えたので、宿題になってしまいましたが各自仕上げていただくことになりました。

出来上がりは、まだまだ先ですが完成品を手にするとまた違った感動が味わえると思います。

今はあれこれ迷いながら作るのも、楽しみの一つです。

楽しみに待ちましょう。

次は、いつにしようかな?

もう夏休みで、お盆がきて秋になってなんて考えたら、本当時に時間の流れの速さを感じます。

いつかしよう いつかはやろうでは、いつまででもできないですね。

  

コメント

パソコンのデータ整理できていますか?

2018-07-03 12:17:15 | パソコン

久しぶりに本業のパソコン記事投稿。

先日、ご家族のぱそこんのデータを整理したいとの依頼がありました。
時々仕事を頼まれるのだけど、何がどこにあるのかがさっぱりわからないということで、いざパソコンを開いてみるとデスクトップの上にはアイコンだらけ。
ドキュメントを開くと、フォルダ整理の仕方がわからないのかド~ッと1200以上ものファイルが…

まずは、仕事ごとのフォルダを作成してもらいました。
それから、ファイル名だけで判断できるものだけを、それぞれのフォルダに移動作業。
それでも、意味不明なファイル名は半分にも減らない。
こんどは、プレビュー画面を表示してファイルの中身を確認しながら移動。

開いてみると一文字だけだったり、わけのわからないファイルもずいぶんありました。
それらは、さっさと削除。
そんなこんなで、あっという間に2時間。
残りは次回までに、処理してもらうこととして、次回は各フォルダー内でまた分類する作業に入ります。
古いファイルと新しいファイルが混在しているのも、名前順で並んでいるときは紛らわしいものです。
最新のだけを開いたフォルダ内ですぐ表示し、使わないものはもう一段中野フォルダに収めてしまう方法です。
そうすれば、最近使っているファイルがすぐ取り出せるようになるので、作業も早くなります。

古いファイルは、2012年ってもう6年以上も前のものです。
それらは、これから開く可能性はほぼないかもしれませんが、何かの時にひょいっと思いだすことがあるのですよね。
そんな時に、一から作成するよりずっと楽です。
そして、パソコン自体も古くなっていますし、バックアップもとっていないという怖い状況でもあります。

デスクトップにデータを置く癖もやめましょう。
パソコンの立ち上がりが遅い原因でもあるし、バックアップの取り忘れもあります。
実際の机の上が散らかっているのと同じ状態ですので、できたらなるべくドキュメントやピクチャに整理しておきましょう。
どうしてもすぐ開きたい場合は、ショートカットアイコンを作っておくと便利です。
その作業が終わったら、ショートカットアイコンだけを削除すれば簡単に片付きます。

ちょっと、自分のパソコンデータを確認してみてください。

コメント

自分史 アルバム作成 ワークショップのご案内

2018-07-02 15:35:47 | 未来ギフト

自分史メンバーの東京在住の彼女が、夏休みに帰省するのに合わせて、二人で開催いたします。

 

一番お気に入りの写真を1枚お持ちください。

その1枚が、さらに輝く1枚に。

これからの写真の撮り方やアルバム整理のコツを伝授しながら、アルバムづくりを体験しお持ち帰りいただけます。

 

日時:平成30年7月29日(日) 13時30分~15時

参加費:材料費込 1,000円

定員:15名

場所:日向市「あいとぴあ」 日向市駅西口を出て右側 徒歩2分

連絡先:池田パソコン塾 こちらへお電話ください。 

コメント

そろそろ梅雨明けなんでしょうかね 

2018-06-30 07:03:17 | 日記

明け方からの凄い雨と、雷の音で眠れぬ夜。

これだけ雷が鳴るということは、梅雨明けもまじかなのかと思うけど、まだ?

今年の雨は、オン・オフがはっきりしていて、降るときはバケツをひっくり返したくらいに激しく降り、2・3日の晴れ間があったりと、私的にはうっとうしさをさほど感じない梅雨だったけど、毎日出かける人にはそうは思えないよね。

出張授業もさほど雨に降られることもなく、緊急事態にも対応でき、出かけることがなく自宅での仕事の時はなぜかどしゃ降りだったりして、いつもタイミングが良くてとてもありがたい。

今は、外は土砂降り。雷ゴロゴロ。

出張授業は夕方からだけど、その頃には小雨になるといいな・・・

 

こんな梅雨時にも、今年も大きなゆりの花が咲きました。

ちょうどコーポの柱のそばから育ち、この激しい雨に打たれることもなく、次々に花を開いています。

凛としたゆりのように生きたいものですね。

今年も半年があっという間に過ぎ、時の流れの速さの中でやり残し感だけが残る毎日。

アルバム講座の準備、生涯学習講座の準備とやるべきことはてんこ盛りなんだから、時間を有効に使わなくっちゃ。

さあ今日も頑張ろう!!

 

コメント