労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな~と思いつつ飲んだくれて書いてるっす~(* ̄∀ ̄)ノ■☆

アメリア 永遠の翼 伝記物を面白くするのは難しい?

2010-12-02 | いい映画観てますか?(洋画)

=53 -15-】 「空を愛し、空に挑み、そして彼女は空になった」まったくノーマークの映画だったけど、今週特に見たい映画がないし、TOHOシネマズでは1300円の日だし、このコピーに惹かれて、観に行ってしまった。(ネットでチケット買った時には同じ週に2本も試写会が当たるとは思っていなかったし)

 1928年、大西洋を横断した初の女性となったアメリア・イヤハートは、並外れたカリスマ性で、アメリカ国民に夢を与える伝説の“光の女神”の役目を負う。世界的名声を確立した後も、彼女は空への大きな夢を抱きチャレンジする姿勢は変わらず、数々の記録を打ち立てていったが、一方で、挫折や死への恐怖、中傷、孤独と人知れず戦っていたのだった。そんなアメリアを支えたのは、プロモーターとしてもサポートする夫ジョージの存在だった。1937年夏、アメリアは最難関の飛行を決意する。それは、彼女がジョージと共に「どんな結果になろうと、歴史上もっとも話題の旅になる!」と信じた世界一周飛行だった。

 アメリア・イヤハートについてはまったく予備知識が無かった。大西洋を女性で初めて横断飛行し、数々の記録を打ち立て、「史上最も有名なアメリカ人10人」にも選ばれ、“光の女神”と称えられたた実在の女性飛行士だそうだ。そんな彼女の伝記物だったのだが、これはもう少し彼女のことを勉強してから鑑賞した方が良かったようだ。時代背景が非常に重要で、そして映画ではサラッと流された部分の奥行きを知っておいた方が、映画に入り込むのに役立ったのだ、きっと。とくに前半の部分が淡々としていて、あまりにも平板で、ちっとも面白くなかったと感じでいたのだけど、しかし、さっきWikipediaでアメリア・イアハート(Amelia Mary Earhart)のことを読んだだけで、ものすごくいろんなことがお腹の中にすとんと落ちた。


 また大西洋横断に使われたフォッカーF7、世界一周の挑戦に使われたロッキード・エレクトラ10Eについても予備知識があって観たらもっと面白かったのだ。またアメリアがジーン・ヴィダルとの不倫に走る原因の伏線になる重要なシーンのために出てくるエリノア・スミスが、どんな人物なのかってのも知っていた方が、話しに深みが出たのだ。ちなみに彼女がこの映画で唯一出て来る綺麗な人だった(笑)(彼女は「アリス・イン・ワンダーランド」のアリス役だったのもあとで知った)


 そして予備知識がなかったことによって、ここが自分にとって大問題となるのだが、この映画でのアメリアはちっとも魅力的に感じなかったこと。それはひとえにアメリアを演ずるヒラリー・スワンクがどうもミックジャガーに見えて仕方なかったからだと思う・・・(汗)しかしあとで写真を見て知ったのだけど、ヒラリー・スワンクは恐ろしいくらいアメリアにそっくりなのだ!劇中に実在する昔の映像であろうものが挿入されていて、それがそのままカラーの撮影された映像へと変わっていくのだけど、実際のアメリアからヒラリー・スワンク演ずるアメリアに入れ替わっても違和感がない。映画を見ている時には、わざと昔っぽさを出していたのかと思っていたけど。
 ラストのシーンでは手に汗握った(結末を知らないせいで・・・)、でも最後の締め方までもあっさりとしていて、全体的には淡々としすぎていた。伝記映画だから仕方ないかも知れないけど、でも、「映画なんだから」ということは皆も理解しているんだし、もう少し冒険してもいいんでないかい?アメリアのように。

コメント (2)   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
« キス&キル プー!(*≧m≦)=3... | トップ | SPACE BATTLESHIP ヤマト あ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます。 (KGR)
2010-12-02 11:10:51
アメリアについては「ナイト・ミュージアム2」の時に調べたので少しは知ってましたが、わかりにくかったです。

>時代背景が非常に重要
その通りだと思いますが、映画ではあまりうまく表現できてないように思いました。

>最後の締め方までもあっさりとしていて、全体的には淡々としすぎ
これもその通りですね。
すっきりしませんでした。
行方不明になった理由もその後も分からないのは事実でしょうが、監督なり脚本家なりの新解釈があってもよかったと思います。

  TB&コメントありがとうございます (  KGRさんへ)
2010-12-03 00:30:17
  「ナイト・ミュージアム2」を未見なのです、あれ見とけば予習できたのですね。

>監督なり脚本家なりの新解釈があってもよかったと思います。

  ほんとに僕もそう思います。
  彼女の感情の奥深いところを、もっと掘り下げて欲しかったですし。
  大西洋横断でも、あんだけ思ったところに行けないのに
  太平洋上の砂粒のようなハウランド島は、やはり無謀ですね。

コメントを投稿

関連するみんなの記事

15 トラックバック

試写会「アメリア 永遠の翼」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
毎度ピンぼけな副題はなんとかならんものでしょうか。 2010/11/15、神保町の一ツ橋ホールでの開催。 最初に書いておくが、映写のピントのボケボケ度はかなりひどかった。 まるで、言ってみればアナログTV画質かそれ以下。 以前、ここで...
アメリア 永遠の翼 (LOVE Cinemas 調布)
女性として初めての大西洋単独横断飛行に成功したアメリヤ・イヤハートの半生を綴った伝記映画だ。女性の地位向上にも熱心だったアメリアを象徴するかのようにその役を演じたのは、オスカーを2度受賞しているヒラリー・スワンク。その夫で公私共に彼女を支えたジョージ役...
アメリア 永遠の翼 (試写会) (風に吹かれて)
飛び続ける夢を追いかけて公式サイト http://amelia-movie.com11月27日公開監督: ミーラー・ナーイル 「その名にちなんで」少女の頃から空を飛ぶ事に憧れていたアメリア・イヤハート
「アメリア 永遠の翼」そして彼女は空になった…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ヒラリー・スワンク] ブログ村キーワード  2度のアカデミー賞主演女優賞に輝く、ヒラリー・スワンクの最新主演作。「アメリア 永遠の翼」(ショウゲート)。“偉人”とも言える実在の女性飛行士アメリア・イヤハートの半生を、製作総指揮にも名を連ねるほどの強い思いで...
アメリア 永遠の翼 (ダイターンクラッシュ!!)
2010年11月28日(日) 17:50~ TOHOシネマズららぽーと横浜5 料金:0円(フリーパス) パンフレット:未確認 『アメリア 永遠の翼』公式サイト フリーパス24本目。 アメリカの歴史的に有名な偉人の一人のようだが、この人の存在は「ナイト・ミュージアム」で初め...
アメリア 永遠の翼 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Amelia。ミーラー・ナーイル監督、ヒラリー・スワンク、リチャード・ギア、ユアン・マクレガー、ミア・ワシコウスカ、ジョー・アンダーソン。 「翼よ!あれが巴里の ...
アメリア 永遠の翼 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
Amelia (Score)実在した女性飛行家アメリア・イヤハートの半生を描く伝記映画だが、物語が表層的で魅力に欠ける。アメリア自身の人生には興味深い素材が多いのに、この映画ではそれに踏 ...
アメリア 永遠の翼 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】 アメリアが「ワタシはカモメ」と言ったとか言わないとか。
映画:アメリア 永遠の翼 (経験もしていない)あの時代へのノスタルジアを感じさせるのが、マル! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
アメリア、と聞くと自分の脳裏に浮かぶのが、御大 Joni Mitchellの同タイトル・ソング。 なんともしみじみしたスローな一曲。 日本では無名だが、アメリカではあのウーマンリブ以前の時代を代表する女性として生き抜いた彼女に、やはり自分の時代を生き抜いた Jon...
★「アメリア 永遠の翼」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週もシネマイレージカードの一ヶ月フリーパスを使ってTOHOシネマズに。
アメリア 永遠の翼 (とりあえず、コメントです)
女性で初めて大西洋横断に成功した飛行士アメリア・イヤハートを描いた作品です。 主演のヒラリー・スワンクが今度はどんな演技を見せてくれるのだろうと期待していました。 まるで本人が甦ったような姿に、1920~30年代の世界へと引き込まれていきました。
映画『アメリア-永遠の翼』を観て (KINTYRE’SDIARY)
10-76.アメリア-永遠の翼■原題:Amelia■製作年・国:2009年、アメリカ■上映時間:111分■字幕:栗原とみ子■鑑賞日:12月1日、新宿武蔵野館(新宿)■料金:1,000円...
アメリア 永遠の翼 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
オスカー女優であるヒラリー・スワンクを主演に、リチャード・ギアが夫役で共演している。ヒラリー・スワンクは製作総指揮もやっている熱の入れようだ。自由に空を飛び続けたいというアメリアの情熱には感動するしかない。映画としては偉業を次々に紹介している伝記映画の...
アメリア永遠の翼 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【AMELIA】 2010/11/27公開 アメリカ 112分監督:ミーラー・ナーイル出演:ヒラリー・スワンク、リチャード・ギア、ユアン・マクレガー、クリストファー・エクルストン、ジョー・アンダーソン、ミア・ワシコウスカ 空を愛し 空に挑みそして彼女は空になった── 少女...
【映画】アメリア 永遠の翼…ロンブー亮に思えて話が入って来ない罠 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
折角のお休みは寝てるかモンハンのピロEKです …モンハンは意外と疲れるので眠くなります 映画観賞記録です 「アメリア 永遠の翼」 (監督:ミーラー・ナーイル、出演:ヒラリー・スワンク、リチャード・ギア、ユアン・マクレガー、2009年アメリカ/カナダ) TSUTA...