Photo@Y-west

主に山口西部(Y-west)の風景、花などを写真を通じて紹介しています。また夕陽なども掲載しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

夏越祭の花火

2012年07月31日 00時42分34秒 | 2012:花火

こんばんは。

亀山八幡宮の夏越祭の花火撮影に。

昨年は帆船が寄港していたのですが、今年は寄港はなし。

打ち上げ1時間前に着いてあちこちを散策。今年の撮影場所は海響館近くからおもいっきり近づいて撮影しました。

風も長府方面から彦島方面にわりと強い風が吹き、風上の市場側のが良かったのですが、あえて風下に。海響館のガラスに映りこむ花火なんかもいいかなって。

こういう状況の時は魚眼レンズだと威力を発揮しそう(^^;)

打ち上げ場所は恋人岬の灯台付近。

さすがにこの風だとおもいっきり煙は来るし、大きな花火のカスも降ってきてましたね。

その後場所を変わり、イルカの像を前景に花火を。

パッと見、フグと間違えないでね(笑)

最後はWBを変えて、水に飛び込むイメージで。

風で舞う花火の火の粉が水しぶきに見えれば(^^;)

人出は多かったですが、帰りはスムーズ。

海峡花火もこれくらいだと唐戸に近寄りやすいんですが(^^)

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

BBQオフ会 ~花火に雷に夕焼けに鷺と~

2012年07月29日 21時18分23秒 | 2012:花火

こんばんは。

土曜日にバーベキューオフ会をしました。事の発端は「うなぎ」から始まり、うなぎよりはスタミナが付くだろうということでホルモンをメインにBBQオフ会。いつも皆さん花火の季節は撮影でお忙しいのですが、たまには花火見ながら焼肉食べたりビールを飲んで夏の夜を楽しもうということで。

自分も食べながらビールばかり飲むかと思ってたんですが、日ごろあまり見ない光景にめぐり合ったので団子より花という感じでした(笑)

参加されたのはみちくさのyoshi&ちっちさん、海峡フォトグラフのnorinoriさん、終盤にScenery Photographのはっしーさんでした。

決まったのが前日の金曜日でかなり戸惑われたと思います(笑)

今回は秋穂?の某所での会合。ここからは小郡の花火も遠くに見られ遠くの空は秋吉の花火の光が雲に照りつけ、心地よい風も吹きいい夏の夜長でした。

 

近くには鷺もたくさんおり、あまり見ない光景も味わえました。

鷺のラブちゅっちゅ!

遠くには周防大橋も。

この日は入道雲もあちこちに見られたんですが、この方角にはちょっと怖い雲も。

山からにょきっと出たような白い雲、中央下側から少し左に見える雲はなんか顔のように見えません?

norinoriさん曰く、ダースベーダーだとか。

夕焼けも綺麗でしたね。ちょうど鷺島の周りに遠くからの鷺が飛んできていいシーンでした。

ちょうどこの時には炭に火がつきだし焼き鳥も焼きだしていたんですが、さすがにこの空と鷺の舞いとかを見れば皆さんお肉はそっちのけでした♪

僕は花より団子ですから(笑)

お肉とビールでほろ酔い撮影♪

う~ん、最近は「ワイルドだぜー」が流行ってますが、撮影中に「ワイルドだべ~」は不意をつく爆笑でしたよ。

暗くなり、小郡の花火も見え出したので焼肉食べながらビールタイム。

ここからだとかなり小さいだろうと思ってたんですが、肉眼でもそこそこの大きさに見えて綺麗でした。

数枚花火を撮影していると背後に稲妻が見えたので、みんなで稲妻撮影。

ちょうど周防大橋の左側に稲妻が見えたので、周防大橋を入れて撮影。

雷様がこっちに来なくて助かりました(^^)

強いて言えば橋の橋脚周りにも1本稲妻が欲しいんですが(^^;)

最後はオフ会とはあまり関係ないですが、かわいいおまけを。

うさちゃんはほんと可愛いですね~♪

ぬいぐるみと遊んでるロック君。

皆さんお疲れ様でした。

今回は前日に決まったので行きたくても行けない方々もおられたんですが、次回はまた近いうちにBBQ&撮影オフ会しようと目論んでますよ♪

 

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

中津災害ボランティア

2012年07月25日 08時10分09秒 | 地域情報

今年の梅雨は各地では甚大な水害が頻発に起こりました。その中でも大分県、熊本県などを始めとする吸収北部の地域ではこれまでに見たことのない雨量や河川の氾濫で多くの地域が甚大な被害に遭われました。

梅雨が明けた今ですが、それでも被災された地域では復旧にはまだたどり着けていません。

大分県中津市に災害ボランティアに行ってきました。

今回派遣された地区は中津市の奥にあたる山国地区。中津市より山国川に沿い耶馬渓を経由し日田市に抜ける道を通ると山国という地区があります。ちょうど昨年にかかしワールドが開催されたことが記憶に新しく自分も昨年の秋にこの場所に訪れ、この場所でシャッターを押して山国の素敵な秋を写真に収めたこともありました。今回中津市社会福祉協議会へボランティアの申請をし、案内された場所がまさか昨年訪れた場所に行くとは予想もしてませんでした。秋に訪れた時は温かい秋の田園と地区の方が作られた立派なかかしが町一面に並び素敵な光景でもありました。少し不適切な表現かもしれませんが、山国についた時には不思議な「縁」という思いを抱いてしまいました。1年のうちに山国の素敵な一面と悲惨な一面を見ることになってしまいました。

中津市中心部から山国までは一部道路が遮断され、耶馬溪地区に入ると中津日田道路→耶馬溪ダムを経由し山国に行くことになります。耶馬溪ダム記念公園から左折し山国方面に進むとその甚大な被害を目にすることになりました。報道で流された河川の氾濫も記憶に新しいと思いますが、その増水の河川も今は普段の水位に落ち着いているのですが、濁流が残した爪あとは想像を絶するものでありました。橋は流され、カードレールは破壊され、カーブミラーなどもひん曲がり、家屋の1階部分は破壊され当時の水害の凄さを物語っています。

現状中津から日田への道は迂回路があり、一部片側交互通行などもありますが今は復旧へ進み工事がされています。道も安全なので日田へ向かうには迂回しますがこれといって問題はないと思います。

さて、今回のボランティア、コア山国を基点に山国の奥地の農業用水路の復旧作業をしてきました。山沿いの側を流れる渓流にそって位置する農業用水路には山からの多量の土砂が流れ込み水路の水の流れを止めています。スコップや桑で800mの長さの水路に落ちる土砂を除去する作業、年輩の方々をはじめ多くのボランティアの方々が参加され無事水路に水の流れが戻りました。この時に参加されていたボランティアの方々は総勢20名くらい。早くから来られて除去される方もおられ、人数も徐々に増えていきました。

一面土砂に覆われた水路ですが、無事に水が通りました。はじめは土砂に覆われ、水路には土色の水で覆われていたんですが、今は綺麗な水が戻っています。

当然の事でもありますが、今回はボランティア、及び周辺の様子の写真は掲載はありません。僕は報道関係でもないですし、情報の共有も大事と思われるかもしれませんが、一番の目的はそれではないので。現地の状況は各役所などのHPを通じてご覧になられてください。

 

ただ、山国の自然など素敵な部分は過去の写真と2枚ほど携帯で撮った山国の綺麗な河川を紹介したくて掲載します。

濁流で覆われた川も今は写真のように綺麗な透き通った川の色が戻ってます。

この山国の奥地の川は特に綺麗です。作業を終えて体を拭いているときに思わず川に入りたくなる心境を抱きました。水も冷たく暑かったことさえ忘れてしまうくらい美しい河川と水が疲れを癒してくれました。

1日くらいかかると言われた作業も昼には終了となりました。人がたくさん集まれば復旧もかなり早く進みそうです。暑さとの戦いでもありますが、人が多かったので交替しながら土砂も除去され、水路の水が貫通した時は皆歓喜の声があがってました。年輩の方が多いので、もっと若い男性の方が参加していただけると復旧のスピードも格段と早くなると思います。

作業を終え田んぼを眺めながら昼食タイム。今日のお昼は自作おにぎり。朝4時に作り外観は白飯、海苔なんて巻かず中には梅と塩っぺを入れた塩味を効かせたおにぎり。こういう時はコンビニの弁当だとやや重たいので、塩味のおにぎりは格別。久々に白飯ってこんなに美味しいだと痛感しました。ただ失敗したのがもう少し作っておけばと(笑)

これで最初の現場での作業が終わったのですが、この現場に地元大分のOBSのテレビ取材が来てまして、人生初めてのインタビューを受けることになりました(笑)自分でも思ってましたけど体がピキーンって緊張しながらインタビューしてましたよ。でもカメラマンの方がひときわ汗かいてますねって突っ込み風に言われたのでその緊張もほぐれいつもの自分に戻ってましたよ(爆)そういえば土砂を除去中に水路間際がわローアングル+接写で撮られているときは発汗がいいから撮っていたのかな(笑)いつもは写真を撮る方だからこうしてカメラ向けられると違和感がありますね。おまけにカメラ意識してか作業スピードが早いこと。まっ、大分での放送だから自分が見ることができないのですが、カットされてなければもう放映されているかもしれませんね(笑)天然ボケなインタビューもしたかもしれないけど。

昼食後は次の現場へ。水田周りの水路の復旧なんですが、1時間くらいで終了。6名くらいだったけど早かったです。ただ、一部大きな石などもあり、人の手だけでは解決できない場所もあります。今回は女性の方々の参加者もおられましたが、石などの除去はどうしても男性の方々の力が必要になります。

下の写真は昨年秋に訪れた時の山国町のカカシワールド。

あの時はたくさんのカカシが多くの方を癒してくれてました。今はあの時の光景とは違い厳しい現実と向き合っておられます。一刻も早く復旧できるようにお力をお借りできればと願ってます。

私もまた8月初旬に中津にボランティアに行こうと思ってます。暑いかもしれませんが、体の調子を考えながら短時間でも復旧へ進んでくれればと。

竹田、日田など昨年訪れた場所も気になりますが、交通にかかる時間と作業効率を考えるとどうしても近場を選択になります。が、それでも一人でも多くのボランティアの方々のお力が必要です。

今回持参した道具は水をポリタンク2つ分、ペットボトルに凍らせた水3つ、タオル3枚+凍らせたタオル1枚、長靴、ビニール手袋(厚いものが望ましい)、帽子、軍手、クールバック、簡易救急箱(消毒、バンドエイド、ガーゼなど)、水筒及び飲料水(うち凍らせたお茶、スポーツ飲料水)、弁当、飴(体力維持)、首巻き冷却タオルなどです。失敗したのがスコップを持っていくこと。今回は現地でお借りできたのですが、作業で使用する道具も各ボランティア受付センターで聞いておくのがよろしいと思います。場所によりボランティア作業が違う地区もあると思いますが、なるべく身軽で持ち運べるバックが望ましいですね。現地では水は復旧したので水の心配はないですが、あらかじめ良く冷やした水を用意できればベストです。また保険証、ボランティア保険加入になります。

それと一番注意しないといけないのが暑さ。熱中症対策は万全に。自分ができるペースでいいので、無理せず水分を取りながら作業するのがいいです。体の調子が悪いと早めに切り上げるのも決断の1つです。そのへんは自分での判断になりますが、人のペースに合わせるとどうしても無理ができてしまいます。気持ちが先走り体力がついていかないのはしょうがないです。無理せずゆっくりでもいいので落ち着いて進めていくのがベストです。参加される事に意義があります。

それと終わってからの気の緩み。自分も経験不足なのだろうか張り詰めていた気が終わった時にいっきに緩んでしまい、それまであった体の力が抜けたような感覚に陥ってしまいました。帰路の車の運転には十分注意されてくださいね。

中津でのボランティアの受付と詳細は下記リンク先をご覧ください

中津市社会福祉協議会
http://www.nakatsu-s.or.jp/

大分県における被害状況、義捐金受付、ボランティアなどの詳細は下記リンクへ。
http://www.city-nakatsu.jp/docs/2012070900041/

 

そろそろオリンピックも始まり、高校野球も始まります。暑さと戦っておられますし、僕も負けずに暑い中ですが頑張りますよ!

最後に、日ごろの運動不足が露呈してしまった(笑)常日ごろから運動しないといけないなぁ・・・・・

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

角島の夕景

2012年07月23日 23時36分30秒 | 夕陽・夕景:2012

こんばんは。

久々にYukii-Yamaguchiのshimaさんと角島の夕陽・夕景撮影に行きました。

日もかなり長くなり、日没も19時くらいなので助かります。

撮影場所は角島灯台の夢ヶ崎近辺。ハマユウと夕陽・夕景、そして灯台の光芒狙いです。

 

漁火も三日月も出て、夕焼けも綺麗でした。

んっ、何か映ってる!

浜の美人・ハマユウと色男の隊長♪

漁火と最高のシーンでしたヾ(@⌒ー⌒@)ノ♪

前回のリベンジ。多重露光で3回撮り。ストロボの光が虫に反射したりで少し苦戦。

浜の美人・ハマユウと雲+お星様少しだけグルグルバージョン♪


さて、明日より大分に災害ボランティアに行ってきます。

天候の変化や都合でなかなか行けなかったのですが、天気も快晴のようですので一刻も早く復旧の手助けになればと思ってます。

荷物も準備でき、あとは明け方に現地に着くのみ。

今回はカメラは持って行きませんが、現地での必要な事、実際の様子など復旧に手助けになれる情報があればいずれブログにて掲載しようと思います。

 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ながと仙崎花火大会 2012

2012年07月22日 05時15分11秒 | 花火:2012

おはようございます。

7月21日(土)、天候の変化で予定していた九州に行くのを諦め、ながと仙崎花火大会に行ってきました。

この日はみちくさのyoshi&ちっちさん、古今東西の雨霧さん&ケイさんも来られ久々の撮影オフにもなりました。

その前に1つ訂正が。

今週の記事にて、「山口は梅雨明けした」と記載しましたが、正確には「山口を除く中国地方が梅雨明け」が正しいです。今回の花火の大会の挨拶で「梅雨明けがまだ」と聞こえてまして。自分の読み間違えでした(^^;)

さて、2012年の仙崎の花火大会、昨年はみすゞ公園から撮影したのですが、今年は仙崎漁港近辺で撮影。

理由は1つ。数年前に漁港近辺から花火を撮影したのですが、風が吹かず煙が留まり船越しの花火が撮影できなかったことと、寄り気味、引き気味とバリエーション多く撮影できるので。

18時くらいから下見をしつつ、撮影ポイントを吟味。暑い中ですが、仙崎湾の向こうにある大島方面から風が吹いているので、青海大橋よりの漁港岸壁で待機。それでもまだ1時間以上あるので、ウォーキングがてらに青海大橋を渡り皆さんのところに。昨日のテレビでロングブレスダイエットをしていたのでそれも試しつつ(笑)

そして打ち上げの時間になりました。

 

序盤の連発花火より。漁船を入れて数枚。

スパーキング!

風があると波風があるので水面の花火が綺麗でないですが、風がなければ水面が綺麗な水鏡になり、綺麗な逆さ花火も狙えます。でも風がないと煙が留まりかなり酷いことにも(笑)

ここから見ると打ち上げ箇所が2箇所。少しづらして水面に映る花火の色合いも。

でもやっぱ船が入ったのがいいな(^^)

横撮り広角気味で。

下見の時に人工島の橋近くで撮影しても良かったのですが、街灯の光が強いので却下。橋越しの花火も狙えてたんですが、フレアが心配で。

今度は漁船を前にしての花火。

お次は手前に人のシルエットを入れて。

夏を楽しむ、花火を楽しむ、人を入れての花火写真。

さて、最後は大玉と共に撮りたかったのが、仙崎を代表する船の1つ。

船と言っても観光遊覧船、水産学校の練習船、漁船、貨物船などでなく、青海島の磯釣りでは乗ったことがあるかもしれない瀬渡し船と花火。

青海島西磯を主に渡しておられる瀬渡し船「新海」。

もう10年くらい前に何度か使ったことがあるのですが、漁船よりはとてもかっこいい船です。

今までと違いメインはこの瀬渡し船。

花火の迫力は欠けますが、船は波の影響をなるべく抑えられたので綺麗に撮れました。

自分の背後に街灯が連なっているんですが、その街灯の光がある程度よく照らしてくれたので思ったより長くシャッター開けずに済みました。

最後の大玉で仙崎の花火は締めとなりました。

撮影が終わるとあとは美祢市のファミレスにてミーティング&お食事。

話が弾み時間もいつの間にか午前様。

皆さんお疲れ様でしたヾ(@⌒ー⌒@)ノ♪

 

コメント (7)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

デジブック 『道』

2012年07月20日 06時16分47秒 | デジブック

おはようございます。

今日は少し趣向の違うというか、最近のニュースの出来事を見て感じたことをデジブックで作成しました。

とてもナイーブな問題でもあり、撲滅したくてもなくならないことでもあります。

理想だけでは解決できないことですが、もっと支え助けあって欲しい思いからこのデジブックを。

過去写真ばかりですが、ほとんどが人が入った写真。それと昨年大分県の山国町で出会ったカカシの写真も入れてます。

誰かが解決しないといけない、誰かが教えていけないといけない、でないとこうした問題は減らないと思います。

人により感じ方が違うとは思いますが、思いは同じと思います。

デジブック「道」

お時間があれば見ていただければ・・・・・

 

デジブック 『道』

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

羽ばたく

2012年07月20日 00時47分39秒 | 過去Photo

デジブック作成で昔の写真を探してたら、懐かしいものなど。4年くらい前のものかな。

トンビとカモメがちょうど羽を広げた時の瞬間だったんですが(^^;)

 

久々に写真を整理しているといろんなものが出たりと。

う~ん、ハマユウ、蓮、ひまわりとか撮影できるんですが、そろそろ花火も楽しめますね。

ネタが少なくなったんですが、花火の撮影は8月くらいからかな。

さて、今週末か来週末は大分へ行きますのでしばし更新が疎かになるか、蔵出し的な記事で繋いでいこうかな。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

梅雨明け

2012年07月18日 20時59分56秒 | 花:2012

7月17日(火)、山口も梅雨明けしたと報道がありました。

例年より4日早いということでしたが、今年の豪雨などを見ていると早く梅雨明けして欲しい思いがありました。

 

 

写真は太陽のような花、ひまわり。我が家の庭に植えたひまわりもかなり大きくなり、高いもので2m50cmくらいはありそうな。三脚の脚と首を最大に伸ばしても2m。それでも届かず。

品種は分かりませんが、比較的高く育つひまわりのようでした。園芸センターで見た皇帝ダリアに勝るとも劣らない高さかな。

さて、ひまわりの高さ、世界記録はアメリカの7.76m。7m級というとNTTの電話回線用の短い電柱に近いように思えますが、それだけ高くなると支柱も電柱クラスの高さが必要ですね。世界記録には到底及ばない我が家のひまわりですが、次回は電柱の側に植えてみようかな(笑)

そのひまわりの高さ、下関市の園芸センターで今年記録に挑戦されたひまわりがあったようで、5.1mくらいまで成長したようです。

残念ながら記録更新にまでは至らなかったのですが、5m級の高さは凄いものです。

品種は「サンジラ」という品種らしいです。

 

せっかくの梅雨明けですが、台風の余波もあり風が強いです。

ひまわりも折れないかとちと心配ですが、晴れ間が広がればローアングルで青空と撮影してみよう。

 

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

デジブック 『西の楽園』

2012年07月17日 06時00分00秒 | 下関:2012

新しいBGMで角島の写真をまとめてみました。

過去に撮影したものも含め30枚弱。

英語のボーカル付きの曲で、テキストも英文を使用。英語を並べてみたんですが、一部意味が通じない部分もあるかもしれません。その辺は突っ込まないで(笑)

物は試しということで、少しプチグローバル的な要素を取り入れて(^^;)

デジブック 『西の楽園』

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ハマユウと夕景

2012年07月16日 00時16分40秒 | 下関:2012

とてもいい天気で、それとなく夕焼けなんかを期待したんですが・・・・・

陽が傾くに連れて・・・・・・

なかなか上手くはいきませんね。

夕焼け小焼けの赤とんぼ・・・赤トンボではないですが、不運な天候を慰めてくれるトンボ君

7月上旬のような真っ赤な夕焼けだと白のハマユウとのコントラストが面白いなぁ~て思いつつ訪れたのですが。

水平線は諦め、灯台側に微かに夕焼けが残るのでハマユウと。花の開きが悪いですが、後々考えても自分の選んだ構図も悪かったですね(^^;)

辺りが暗くなり始め、灯台の光芒とハマユウを。

天気が良ければ星と組み合わせてたり、ギリギリまで微かに空の赤みが残れば夕焼けとのコラボも面白いかな。

今日はカメラマンの方も多く、同じ町内の先輩カメラマンの方ともお話ができて良かったです。

ハマユウの先がまちまちですが、次回は角度を変えて撮影してみよう。

それと光の扱いも練習しつつ。

 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする