Photo@Y-west

主に山口西部(Y-west)の風景、花などを写真を通じて紹介しています。また夕陽なども掲載しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

晩秋の花火 ~埴生・お祝い夢花火~

2012年10月29日 22時11分52秒 | 2012:花火

晩秋の夜空にたくさんの花火が咲き乱れました。

山陽小野田市埴生漁港で行われた花火「お祝い夢花火」

夏の風物詩である花火、澄んだ秋の夜空ではひときわ綺麗で大きな爆音が胸に響いてきます。

18時~20時30分と2時間半の間で行われたのですが、普通の花火と違うのは花火プログラムの合間に多くのメッセージも読まれ、花火を交えお祝いのイベントでもあるようです。

さて、久々の花火撮影、どこから撮ろうか考えていたんですが、例年撮影している浜辺から撮影しました。

漁港前では露店も出ていて、花火と露店のコラボも考えたのですが、帰りのことや人出の多さで諦め。

途中から海峡フォトグラフのnorinoriさんも来られました。電話を頂いた時点でたぶん来ておられるだろうと直感しました(笑)

まさか50m離れたところにおられるとは。

でもnorinoriさんは最後に月と花火を凄く素敵に撮られていました。

この場所は干潮になって浜辺やゴロ石でできた水溜りに水が溜まると映りこみが綺麗なんですが、今回は満ちこみで逆さ花火が無理でした。

多重露光で浜辺の打ち寄せと花火の風景を狙ったのですが、1回目の花火撮影がだいぶん長く開けてしまい花火のインパクトが小さくなってしまいました(笑)

お月様と(^^)

終盤の大玉、尺玉の連発は特に凄かったです。

この後に不意打ちを食らうように月のある方角に大きな尺玉が。

急いでいてシャッター開いたままカメラを上に動かしたので花火が綺麗に撮れていたんですが、月が線になり(笑)

最後の最後で大失敗とはいかにも自分らしいです(爆)

来週は秋穂でも花火のようですが、仕事が休みだと行けそうなのですが、大分臼杵の竹宵もあったかと思うので迷うところです。

norinoriさん、寒い中お疲れ様でした~♪

 

デジブック 『晩秋の大花火』

 

 

 


 

 

今年はいろんな花火を撮影したのですが、巌流島決闘400年の今年、巌流島で撮影した花火がフォトコンに入選できました。

知人がくれた広告を見てPCにあった今年撮影した花火写真の1つで応募したんですが、まさか入選できるとは(笑)

今年終盤になり一気に運を使ったみたいです(笑)

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

豊北夏祭り2012 ~秋の花火と夕べの集い~

2012年09月02日 11時49分17秒 | 2012:花火

おはようございます。

朝夕の気温も若干下がり、涼しさを感じる季節になりましたね。ふと盆の時期を境に季節の移ろいを感じ始めた感じです。それでも日中は残暑がありますので熱中症には気をつけたいものです。

さて、9月1日(土)、下関市豊北町の阿川では「豊北夏祭り」が開催されました。

夏の風物詩の花火、この夏最後を飾る豊北町の花火大会は和紙や竹の灯篭、ステージ演出、海辺の景観と共に楽しめるダイナミックなお祭りでもあります。

この祭りの魅力の1つは地元青年団をはじめとする方々による手作り、地元ならではの力が入っている祭りでもあること。

竹灯篭や和紙灯篭、イルミネーションといろいろ工夫が練られているところが多々あります。少し前に行った豊浦の花火もそうですが、地域独特の味を生かした祭りはとても魅力ありますね。この豊北夏まつりもそうですが、年々人出がかなり増えている気がします。

それでは祭りと花火の様子をまとめてUPしていきます。

なお今回は撮影オフもあいまって、

海峡フォトグラフのnorinoriさんご家族、Life goes on のフリーマンさん、みちくさのyoshi&ちっちさん、Scenery Photographのはっしーさんとの撮影オフでした。

花火撮影はそれぞれ分かれていたみたいなので、皆さんのブログでいろんな方角からの花火が楽しめると思います(^^)

風がやや強く夕立を心配していたんですが、少しぱらついただけで後は雨はなく良かったです。どんより雲もほんのり夕焼けになってます。この時間はまだ人が少なかったのですが、打ち上げ時間に近づくにつれあっというまに密集してしまうくらいでした。

この場所は阿川ほうせんぐり海岸。

沖には俵島も見え、海水浴もでき、静かな港もあります。

明るいうちにロケーション選択をしに歩いていました。

竹灯篭、ステージ、和太鼓、人・・・・・・花火とどれをコラボしようか考えてたんですが、今年は浜辺の篝火(かがりび)と撮ろうと決めました。が、後で思わぬ失敗が(笑)

やがて暗くなるので綺麗なおねーさん方が灯篭に火を灯しはじめました。

数も多いですから、大分の灯篭祭りのようにお客さんも点火に参加できる部分もこれから取り入れてみてもいいのではと感じました。

例年このテントの中は灯篭の熱で暑かったのですが、今年は風の影響か涼しかったですね。

会場のテントの中には竹灯篭とペットボトルの和紙の灯篭が飾られてました。

ちとピンボケしたのですが、灯篭を横から撮影。

ハート型の灯篭と子供たち。シャツもハートという偶然も(笑)

こちらは「HOUHOKU」と描かれた灯篭と人。

その後ステージでよさこいもありましたのでそちらも撮影。

 

そして待ちに待った花火の打ち上げです。

今回は浜辺から狙い花火と浜辺の篝火とのコラボを目論んでました。

が、篝火が全部消えてしまい僕の夏はこの時点で終わりました(爆)

素直に灯篭か人のコラボにしとけば良かったですが、これも後の祭りですね

篝火がなくなったので花火と浜だけになりましたが(^^;)

綺麗な小さい連発花火

最近よく見かける破裂後の光が弱く、散った後に光が目立つ花火。

最後だけよく光るので星のように見えます。

失敗したことがもう1つ。後ろの照明がやけに明るくて、自分の三脚の影も入ってしまった(笑)

篝火がついていたらな~

露出長くすると浜の波うちが汚くなるし、短いと映りにくいし。

波うちらしく撮れたのが上の1枚くらいでした。

途中で浜に海に入って火を付けたく思いましたよ(笑)

でも間近で見る花火はとても良かったですね。

そしてフィナーレの大玉連発。

この瞬間が一番はじけますね♪

この方角は台船が見えるのですが、もう少し右側に陣取れば油谷の俵島を背景に入れれます。

ちなみに下の写真は篝火がついていた時の僕のイメージで(笑)

こんなに炎は大きくないですが(笑)

さて、夏の花火もこれにて終了。

ひぐらしの鳴き声も目立ち、風も僅かながらの涼しさを残しつつ、季節は初秋へと移っていきますね。

稲穂の色も変わだし秋の色も目に入ってくるでしょう。

2012年の夏最後を飾るお祭り、花火の轟音が胸に響き山陰の景観の中で楽しめた素敵なお祭りでした。

 

撮影に行かれた皆さん、お疲れ様でした。

いろんなお話もでき、いるもながら凄く楽しめました。

 

 

 

 

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

デジブック 『長州の夏の宴』

2012年08月15日 23時58分40秒 | 2012:花火

こんばんは。

2012年の花火大会もほぼ少なくなってきてます。

今年は残りでいうと豊北町の阿川の花火大会を残すのみとなりました。

仕事で間に合うか分かりませんが、西部では最後の夏の花火撮影にいければいいな。

2012年の花火、仙崎、亀山八幡宮・夏越祭・豊浦・関門をデジブックでまとめました。

お時間がある時に見て頂ければ。

 

デジブック 『長州の夏の宴』

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

海峡花火2012 ~決闘の地の大花火~

2012年08月14日 01時16分14秒 | 2012:花火

こんばんは。

2012年の海峡花火撮影に行ってきました。

撮影場所は昨年と同じ巌流島。武蔵小次郎の決闘の地でもあり、龍馬とお龍がこっそりと花火を見た地でもあります。

今年は武蔵小次郎の決闘から400年。GWにはプロレスイベントもあり、そしてこの夜には海峡花火が関門海峡を彩りました。

雨も心配でしたが、渡船乗り場で強く降った後はこれといった雨がなく、風も南西からの追い風で条件が良かった花火観賞でした。

 

今回はScenery Photographのはっしーさんと彼女さん、Yukii-Yamaguchiのshimaさんご家族、海峡フォトグラフのnorinoriさんご家族での撮影オフでもありました(^^)

さて、渡船を降りて巌流島に着き、先端の武蔵小次郎の像に陣取っていると豪華客船・飛鳥2が海峡を通過。今年は門司港に寄港もなくすんなりと通過してました。

 

決闘の地を横目に通過する飛鳥2。プランによるとこのまま釜山に向かうようですね。

飛鳥2を見送る人と門司の街。

はっしーさんが水溜りに映りこんでいると言われたので1枚。映りこみは大好きなので(^^)

とりあえずこの映りこみと花火は絶対に撮ろうかなって思い後で撮影。

さて、予定の時間もなり花火が打ち上がりました。

例年も狙った武蔵小次郎とのコラボを今年も。今年はやや広めで像を入れて撮影。

花火は下関側のみで。

 武蔵小次郎の間の花火より、武蔵の剣の先に花火の中心が来ないかなって思い。なかなかうまく重ならないですね(笑)

ほぼ同じ構図のものばかりです(^^;)

ちょうどライトが当たっていたのでシルエットでなく像の姿も見えました。

大玉クラス以上を狙っていたので、撮影枚数が少ないのなんの(笑)

最後は雨でできた水溜りに映る武蔵小次郎の像と花火。

失敗したのが雨が止み水溜りが徐々に乾いてきたので肝心な映りこみの武蔵小次郎の像の頭部あたりが映ってないこと。

前に出て撮れたかもしれないけど、後ろの方の邪魔になっていけないのでこの位置で。

そういえば今年は朝日系列のカメラマンの方が撮影に来られてましたね。山口ではYABで放映されるので写真と違った動画での巌流島からの花火が楽しめると思います。放映時間は聞いてなかったですが(^^;)

最後は花火が終わり、見物の漁船が一斉に小倉方面に走っていたので船の光の奇跡を。

が、ほとんど同じ場所を通過していたので綺麗な光の線ができなくて(笑)もう少し高い位置からだと広範囲の奇跡が見れたかと。

その後は船を30分くらい待ち、船着場で解散。

心地よい海峡の風と煌く夜景が海峡花火を一層楽しませてくれました。

来年は巌流島から離れ、パシッフィックビーナスか飛鳥2が下関に寄港したら客船越しの花火を狙おうかな。

 

皆さんお疲れ様でした~。

 

コメント (12)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

明日は海峡花火

2012年08月12日 15時25分38秒 | 2012:花火

こんにちは。

明日8月13日は海峡花火がありますね。

天候はいまいちですが、荒天(強風)でない限り雨でも決行らしいです。ただ、夕立だけは心配ですが。

さて、今年の撮影はどこから撮ろうか迷ってますが(^^;)

例年海峡を取り巻く花火に付き物なのがクルーズ客船。

飛鳥2とパシフィックビーナスなど関門海峡に寄港する客船もあります。

今年はパシフィックビーナスが寄港するようですね。飛鳥2はクルーズプランでは13日あたりに韓国・釜山に行く途中にひょっとして見れるかも。

 

写真は昨年寄港したパシフィックビーナス。反対側の門司には飛鳥2が寄港しました。

 

門司側からも何かを入れて撮りたいのですが、たぶん人がかなり多いだろうね。

客船を入れるか、タワーを入れるか、人の集まりを入れるか、はたまた武蔵小次郎の像を入れるか思案中(^^;)

明日の今頃はもう現地でスタンバイしてるかも。

行かれる方は帰路には十分お気をつけてくださいね。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

豊浦花火大会

2012年08月05日 03時01分53秒 | 2012:花火

8月4日(土)、下関市豊浦町の豊浦花火大会に行ってきました。

例年内陸部にあるスーパー丸和辺りで打ち上げられているのですが、今年は海岸沿いの湧田漁港から打ち上げられました。

この花火大会の見所は氷の彫刻、竹灯篭、大漁旗を掲げた漁船のパレード、夕陽・夕景、そして花火となります。

今回はみちくさのyoshi&ちっちさん、古今東西の雨霧さん、ケイさんとの撮影オフでした。

打ち上げ前は軽く?露店で腹ごしらえも済まし夏の夜空の祭典を待っていました。

まずは17時より行われた氷の彫刻。

 

職人さんがチェーンソー、ノコギリ、ノミなどで四角い氷が削られてます。

最終的には5体の氷の彫刻ができたのですが、撮影したのはほとんど「ととろ」の彫刻だけでした。

出来上がりから少し時間が経つとけっこう解けだしてました。この時間は彫刻を楽しんだり、響灘に沈む夕陽を楽しんだり様々です。

透明と白で涼しい氷の彫刻も夕陽の光を浴びてととろが輝きだしました。

大漁旗を掲げた漁船のパレードも始まります。

光芒も射し込みながら漁船のパレードも。

夕陽も水平線に沈みだし、いよいよ夜の祭典も始まります。

浜に並ぶ竹灯篭の光も優しく、空の夕焼けもとても綺麗でしたね。

町規模の花火大会でしたが、いろんな催し物もあり、綺麗な山陰の情景も混じりとても落ち着けた花火大会でした。

竹灯篭と花火というと阿川の花火も思い出すのですが、海辺に並ぶ竹灯篭と花火は見ていてかなり和みます。

この日だけは海辺のお魚さんも寝れない日ではなかったかな。

そそ、今日は会場には安部元総理の姿もありました。撮影したけど迷った挙句UPは遠慮します。

いい笑顔でラムネのラッパ飲みを披露されてたんですが(^^;)

 

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

夏越祭の花火

2012年07月31日 00時42分34秒 | 2012:花火

こんばんは。

亀山八幡宮の夏越祭の花火撮影に。

昨年は帆船が寄港していたのですが、今年は寄港はなし。

打ち上げ1時間前に着いてあちこちを散策。今年の撮影場所は海響館近くからおもいっきり近づいて撮影しました。

風も長府方面から彦島方面にわりと強い風が吹き、風上の市場側のが良かったのですが、あえて風下に。海響館のガラスに映りこむ花火なんかもいいかなって。

こういう状況の時は魚眼レンズだと威力を発揮しそう(^^;)

打ち上げ場所は恋人岬の灯台付近。

さすがにこの風だとおもいっきり煙は来るし、大きな花火のカスも降ってきてましたね。

その後場所を変わり、イルカの像を前景に花火を。

パッと見、フグと間違えないでね(笑)

最後はWBを変えて、水に飛び込むイメージで。

風で舞う花火の火の粉が水しぶきに見えれば(^^;)

人出は多かったですが、帰りはスムーズ。

海峡花火もこれくらいだと唐戸に近寄りやすいんですが(^^)

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

BBQオフ会 ~花火に雷に夕焼けに鷺と~

2012年07月29日 21時18分23秒 | 2012:花火

こんばんは。

土曜日にバーベキューオフ会をしました。事の発端は「うなぎ」から始まり、うなぎよりはスタミナが付くだろうということでホルモンをメインにBBQオフ会。いつも皆さん花火の季節は撮影でお忙しいのですが、たまには花火見ながら焼肉食べたりビールを飲んで夏の夜を楽しもうということで。

自分も食べながらビールばかり飲むかと思ってたんですが、日ごろあまり見ない光景にめぐり合ったので団子より花という感じでした(笑)

参加されたのはみちくさのyoshi&ちっちさん、海峡フォトグラフのnorinoriさん、終盤にScenery Photographのはっしーさんでした。

決まったのが前日の金曜日でかなり戸惑われたと思います(笑)

今回は秋穂?の某所での会合。ここからは小郡の花火も遠くに見られ遠くの空は秋吉の花火の光が雲に照りつけ、心地よい風も吹きいい夏の夜長でした。

 

近くには鷺もたくさんおり、あまり見ない光景も味わえました。

鷺のラブちゅっちゅ!

遠くには周防大橋も。

この日は入道雲もあちこちに見られたんですが、この方角にはちょっと怖い雲も。

山からにょきっと出たような白い雲、中央下側から少し左に見える雲はなんか顔のように見えません?

norinoriさん曰く、ダースベーダーだとか。

夕焼けも綺麗でしたね。ちょうど鷺島の周りに遠くからの鷺が飛んできていいシーンでした。

ちょうどこの時には炭に火がつきだし焼き鳥も焼きだしていたんですが、さすがにこの空と鷺の舞いとかを見れば皆さんお肉はそっちのけでした♪

僕は花より団子ですから(笑)

お肉とビールでほろ酔い撮影♪

う~ん、最近は「ワイルドだぜー」が流行ってますが、撮影中に「ワイルドだべ~」は不意をつく爆笑でしたよ。

暗くなり、小郡の花火も見え出したので焼肉食べながらビールタイム。

ここからだとかなり小さいだろうと思ってたんですが、肉眼でもそこそこの大きさに見えて綺麗でした。

数枚花火を撮影していると背後に稲妻が見えたので、みんなで稲妻撮影。

ちょうど周防大橋の左側に稲妻が見えたので、周防大橋を入れて撮影。

雷様がこっちに来なくて助かりました(^^)

強いて言えば橋の橋脚周りにも1本稲妻が欲しいんですが(^^;)

最後はオフ会とはあまり関係ないですが、かわいいおまけを。

うさちゃんはほんと可愛いですね~♪

ぬいぐるみと遊んでるロック君。

皆さんお疲れ様でした。

今回は前日に決まったので行きたくても行けない方々もおられたんですが、次回はまた近いうちにBBQ&撮影オフ会しようと目論んでますよ♪

 

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする