Photo@Y-west

主に山口西部(Y-west)の風景、花などを写真を通じて紹介しています。また夕陽なども掲載しています。

羽ばたく

2012年07月20日 00時47分39秒 | 過去Photo

デジブック作成で昔の写真を探してたら、懐かしいものなど。4年くらい前のものかな。

トンビとカモメがちょうど羽を広げた時の瞬間だったんですが(^^;)

 

久々に写真を整理しているといろんなものが出たりと。

う~ん、ハマユウ、蓮、ひまわりとか撮影できるんですが、そろそろ花火も楽しめますね。

ネタが少なくなったんですが、花火の撮影は8月くらいからかな。

さて、今週末か来週末は大分へ行きますのでしばし更新が疎かになるか、蔵出し的な記事で繋いでいこうかな。


2011年・秋 紅葉特集

2011年12月05日 20時52分15秒 | 過去Photo

紅葉企画・2011年用の記事になります。

2011年の紅葉撮影、色づきが遅く終盤はあまり撮影に行ってないですが、ふと街中で見た木々の変わり様などでちょっとした秋の移ろいを感じながら楽しんだ年だったと思います。

さて、灯篭イベントなどがあった関係で大分には今年よく行ったのですが、県外では深耶馬溪での紅葉撮影が日中の撮影では一番最初だったかな。

見頃までにはいきませんが、本耶馬渓を過ぎた辺りから部分的に霧が立ち込めていて幻想的な山並みも見れたりと。その時は撮影してなかったですが。

冷たそうな川周りの木々の寂しさの中で小屋から出た煙が妙に暖かかった印象を抱いた1枚。木々の葉も色づきというより落葉に近いものもあり、この時ばかりは何となく真冬の到来さえも感じたときでした。

結局大分に行ったけど灯篭がメインになった旅でもありましたね(笑)

竹田では岡城址が今まで見たことがないくらい深い霧が立ち込めていて、これはこれで幻想的な感じでもありました。

後で思ったのですが、谷の向こうの城跡からここを狙ったら天空の城みたいに見えてかなって。もっといろいろ動いてたらと後で思うも遅し。

 

その後はほとんど山口にて紅葉撮影ばかりです。

様子見も含めいろいろ見て周りましたが、先週行った時が最後の見頃だったように思えます。

たしか様子見で住吉神社に行った時に撮影した葉っぱ。これではどこで撮ったか分かりませんが、その時はほとんどが青葉でしたので(汗)

あと、長府周りでの撮影が多かったですね。

功山寺、覚苑寺、長府毛利邸など有名なスポットもありますが、ふと城下町を歩いてみるといろんな紅葉も拝見できます。

覚苑寺にて。

長府毛利邸にて。

先日UPしたもの。長府毛利邸にて。今年は人が入った紅葉写真が多かったように思えます。あまり近くだと顔が分かるので分からない範囲で気をつけて(^^;)

反省というべきか、あまりレンズ交換をしてなかったのでほとんどが寄り気味の写真が多かったように思えます。広角での撮影がほんと少なかったような気が。

 

あとは長門市大寧寺での鯉とモミジ。この鯉君だったかな。色が同じなので。ジャンプする瞬間とモミジを撮れた嬉しさがあったんですが、後でよく考えてみると、この鯉君。身体が重たいのかモグラたたきのように頭が出てそのまま尾びれから戻っていくので何となく笑えたような。捻りがあり、頭から水中に入ってくれればまたいいんですが。

 

てな感じでUPしていると規定の10枚になってしまった。シーズンの紅葉写真を絞るものまた難しいもんですね。

さて、紅葉の写真とは別に地域のグルメ的なものを。

大分・中津で食べたダンゴ汁。ネギの下にうっすら見えるのが平べったいダンゴにあたるのですが、今回食べたのはかぼちゃが入ったもの。それに加えゆず味噌みたいな調味料を加えるとまた美味しいみたいです。ゆず味噌を入れて味が濃くなり風味豊かになりました。地域によって入る具財が若干異なりますが、早朝の冷えた時には食べてみたい一品です。

お次は地鶏の炭火焼き。

味付けは塩コショーですが、一杯ほしくなる一品です。

歯ごたえも良く、炭火の風味がまたいいですね。

あとは写真を撮ってなかったのですが、竹田の岡城址の下にあるお土産屋さんで試食したゴボウの佃煮?みたいなものは美味しかったですね~。ご飯が欲しくなるし、また側で売られていたカボス入りの椎茸の佃煮も美味でした。

後は日田では食べた日田やきそば。初めての食感でペロリとたいらげました。

余談ですが、B級グルメではヤキソバなど麺が多いみたいですが、以前山口市で食べたバリソバもけっこう美味しかったですけど。一見皿うどんみたいな感じですけど、歯ごたえある麺とあんはいいコンビネーションだったんだけどな~。店の名前なんていったかな~、春○○って名前だったような気が。

以上が今年の僕の紅葉企画の記事になります。


紅葉狩り(4) ~長府毛利邸~

2011年12月04日 20時03分48秒 | 過去Photo

こんばんは。

紅葉も終盤になってきました。

どこもかしこも葉が散るばかりで、長府・功山寺も例年より散りが目立ったようでした。

朝、陽の光が色づき始めたモミジに当たり綺麗でしたの。

同じく朝の陽の光がモミジの紅い葉に当たり綺麗でしたので。もちろん人も入れて。

今回は長府毛利邸がけっこう綺麗でしたので。散りも多いですが、和に調和したいい光景でした。

人の入った紅葉風景。和みある温かさがあるのでけっこう好きです。

ちょうど障子にいい光が入り、人も入ってきたので1枚。

覚苑寺で乃木将軍を。よく見ると乃木将軍の銅像に左目にモミジが・・・・。

蜘蛛の巣のイタズラですね。

 

あとは丸ボケを背景にモミジを。でも痛んだ葉がけっこうありますね(^^;)

いろいろ撮ったのですが、後は紅葉企画にて掲載の予定です。

さて、秋のデジブックコンテストの「秋のぬくもり」を作成していたんですが、50%くらい作成でまた一から出直しとなりました。構想が変わったというか「ぬくもり」という部分が凄く難しく。

通常コンテスト用のデジブックは20~30枚が適正な枚数なんですが、今回いっちょ博打というか100枚での超長編を作成してみようかなって思ってます。見る人にとっては苦になる枚数。デジブックコンテスト初の試みをしてもまた面白いかなって(笑)

と言いながら、残り日数も20日少し。作っては壊して、時間を空けては考えたりと出来上がりまではあと2週間はかかるかな。


今日の夕空

2011年12月03日 19時28分35秒 | 過去Photo

こんばんは。

久々に角島、正確には島戸に夕陽撮影に行きました。

が、雲に覆われ綺麗な夕陽までとはいきませんでしたが(^^;)

そろそろ角島大橋に掛かる夕陽なんて考えてたんですが、今日の雲だとまず無理ということで。

最後の最後に水平線にちょこっと顔を出しました(笑)

今日の日本海側は時化てましたね。白波もあり一段と寒い晩秋、いや冬の冷たい風が吹きつけてました。

 


紅葉狩り (3) ~長門市・能満寺~

2011年11月28日 21時05分30秒 | 過去Photo

こんばんは。

ネタ的に今は紅葉くらいしかないですが、今回は銀杏で・・・・。

豊田の神上寺の紅葉を撮影後、向かった先は能満寺の銀杏。国道からもはっきり分かるくらい色づきの頃は綺麗な黄色の銀杏が2本見えるんですが、今の状況的には散りだしてはいるものの、木の下の方は若干薄緑色が目立つ色合いでした。たぶん完全に散っているだろうと思ってたんですが、けっこう葉が残ってくれて良かったです。

さて、着いてから少し撮影すると何やらブログにて何度か見た事がある色の車があったので様子見に。実はこの時点で予感的なものが脳裏に走っていたんですが、うっすらある昨年の記憶から何となく確信してお声をかけてみました。

な、なんと・・・・・やはり・・・・

いつも卓越した文章で僕の笑いのツボにヒットさせておられる「萩コンバットフィルムメーカーHP」のBARAさんでありました。トレッキングやキャンプ、他県の紀行記事などとても詳しく書かれ、時にはユーモアある文で書いておられるBARAさんには一度お目にかかってみたいと思ってましたから(^^)

あれほど長い文でも柔軟に書かれていていつも感心する次第であります。

いきなりの初対面でHNを尋ねてみると少し驚かれたみたいですが、そういえば昨年の大寧寺のライトアップの撮影ですれ違っており、あの時は後で知ったという結末でしたが、今回はある意味念願がかなったみたいで嬉しかったですね。BARAさんも良く行かれるこのお寺の銀杏、当日は空が少し霞んでいたんですが、青空の時に行けば銀杏の黄色と空の青が綺麗ないい場所ですよ。

もっぱらこの俵山にはいろいな名所、珍所があるので秋の紅葉狩り散策がてらに温泉に浸かりながら歩くのもいいかもしれませんね。

さてと、能満寺の銀杏状況は下記の写真で。

そういえば階段下から2本の銀杏の樹を入れて撮影するのを忘れてました(^^;)

たぶん若干庭を掃除されたかもしれませんが、枝にはまだしっかり葉が付いているので今週くらいが見頃と言った感じでしょうか。

そういえば無数のぎんなんが落ちていたので若干異臭がしてましたが(^^;)

で・・・・・・・・・・・・

 

落ち葉といえば・・・・・・・・・・・

お約束の1枚・・・・・この罰当たりが~・・・・・・・・・・この石造の顔を見るとさりげなく置きたくなるんです・・・・・

後で思ったのですが、帽子に挟んでも良かったかな~♪

 

いろいろ見回っているとこういう1枚も。

う~ん、こればかりは自分の手を使ってないので。誰かが挟んでそのままだったのか分かりませんが、偶然にしては不思議なシーンでした。

モミジに比べ銀杏は葉の傷みとかは目立たないですが、この能満寺んも銀杏は落ちてからも綺麗な絨毯になるのでこれからが楽しみですね。

次回は豊田神上寺のモミジ状況です。

 


鯉とモミジ

2011年11月27日 20時33分31秒 | 過去Photo

写真展に行く前に長門市大寧寺に寄ってみました。

実はこの前に俵山の能満寺の銀杏も見に行き、ここで山口ブログのあるお方に遭遇。ふふふ・・・・

これについては後の記事でのお楽しみに(^^)

さて、大寧寺の紅葉、見頃というか昨年に比べると色づきが遅い感じでもありました。

人が入る紅葉写真でもと思ったのですが、今年から緑のフェンスのようなものもあり、遠景での撮影は諦めました。

で、もう一方の撮影はというと「モミジと鯉」のコラボを。

実は写真展に出展した鯉とモミジはこの池で撮影したものなんです。ただ、会場の照明でちと暗い写真になってしまいましたが(^^;)

さて、今年の鯉とモミジは思わぬ出来事もあり、ちょっと面白い写真が撮れました。

大寧寺本殿前の池にはたくさんのモミジの葉が落ちてました。

見ているだけでとても風情がある大寧寺の池でした。

ここで1つ挑戦を。

鯉の流し撮りなんて(汗)

やや無理がありましたが、SSが1/20~1/15くらいで試しみました。脚がないとむづいです(笑)

で、ちょこちょこ撮影していると1匹の鯉が跳ねだしたので、池から顔を出した瞬間を撮影。

驚きました!

この前にこの白い鯉が平を打ちながら泳いでいたので怪しいな~と思ってたんですが、まさか目の前でジャンプするとは。

白い鯉が大きく見えるというより、光の屈折で池の中の鯉のが小さく見えているから目の錯覚に陥っている感じかも。

最近撮影した鯉の写真では納得のいく1枚となりました(^^)

これが間に合えば出展したかったのですが、当日なので(汗)

秋の雅の画から飛び出たような鯉君、また来年よろしくっす!


紅葉狩り

2011年11月26日 23時24分43秒 | 過去Photo

山口の紅葉も各地で見頃を迎える所が増え、今回は市内の住吉神社、長府庭園などに行きました。

住吉神社はさほど全体的に色づいてないのですが、部分的に綺麗なモミジが見れました。

赤く色づいたモミジが見れるようになりました。

上記写真は住吉神社での葉の様子の一部です。

写真は長府庭園。かなりの人が紅葉を楽しんでおられました。カメラマンも多かったですね。

小川沿いにはツワブキも咲いてます。

 

 


宇部のイルミネーション

2011年11月26日 23時11分17秒 | 過去Photo

こんばんは。

今日は午後から写真展会場に行った後、夕方から「太陽がいっぱい」のつよしさんのお薦めで宇部市内にあるイルミネーションの撮影に行きました。今日が点灯式のようでたくさんの人で賑わった宇部市の街中でした。詳しい街の名は知りませんが、写真展会場から歩いて10分くらいでした。

サンタさん、トナカイさん、そしてイルミネーションとクリスマスムードが満載でしたよ(^^)

会場ではこんな可愛いお子さんがサンタの衣装で。

光のトンネルを通る子供達。

その後、海峡フォトグラフのnorinoriさんと全日空ホテル前のサンタのイルミネーション撮影に。

光量が少なくけっこうむづい結果になりました(^^;)

イルミネーション撮影に行くまでにとても香ばしい匂いが漂い店に入りたくなる気分でした(笑)

 


霧幻荒城 ~岡城址の紅葉~

2011年11月20日 19時31分48秒 | 過去Photo

こんばんは。

今日は久々に紅葉記事で。とは言っても先日行った大分竹田の岡城址の紅葉です。

状況的に、色づき的には見頃前、が落葉が目立つと言った状況です。ただ、目を凝らせば色が悪い部分もあります。落葉はこの雨と風で増した部分もある感じに。ただ、今回は朝からの濃い霧のせいで思いがけない岡城址の紅葉の光景が堪能できた部分もあります。

岡城址の紅葉狩りでは今までに体験したことがない深い霧でした。時折小雨が混じり撮影にはちと苦難な状況も。

深い霧で覆われた城跡の石垣とモミジ。荒城を覆う霧が霧幻のごとく・・・

石垣あたりのモミジを撮影していたら、傘にはたくさんのモミジの葉っぱが。それほど落葉が多かったんです。けっしてヤラセではないですよ(^^)

霧も少しづつ消えだし、しばらくすると青空が見えるようになりました。この岡城址には1時間半くらいいました。

 

秋も深まる山々の色。この方向は滝廉太郎のメロディーロードの音が聞こえてきます。

 

陽が当たりだし、霧が消え去ろうとし、また違った荒城の紅葉を見る事になりました。

霧幻が消え、本来の荒城の秋がそこにありました。

1時間半くらいの間にこういった移り変わりは今まで見たことがなかったです。

晴れだした後、もっとゆっくりと散策してみたかったですが、竹田の町の散策もあったので。

ここ最近の紅葉狩りでは一番綺麗な色が見れた場所でもありました。

 

 


竹田・竹楽

2011年11月20日 09時07分51秒 | 過去Photo

おはようございます。

今日の午前2時に帰ってきました(笑)

往復で450kmのドライブを兼ねて、片道ほぼ4時間。でもその疲労をかき消してくれるように素敵な竹灯篭のイベントが大分県竹田で行われました。

行きは湯布院、やまなみハイウェイ、久住のルートで行き、帰りは久住から九重までがかなり深い霧になっているので、小国、日田経由で。2週連続日田に行くことになりました。

さて、竹田の竹楽。とても幻想的なイベントです。人気のスポットをはじめ、様々の演奏、灯篭の配置など行くごとに期待とボリュームが増しています。

たくさん撮影したのですが、一部ほど掲載し、残りはデジブックで「竹撮物語(たけとり物語)」として作成します(笑)公開は未定ですが、日田の千年あかりを含め作成します。

夕暮れ後、竹灯篭が点灯しモミジのライトアップがはじまった直後の撮影です。今までは真っ暗の中で撮影してたので綺麗な赤色が出ていたのですが、時間も気になり他の人への配慮も気になるので次の場所へ。

なんだってこの場所。ちと忘れましたが、この近くの屋台村からとてもいい匂いも立ち込めていました。

旧竹田荘下の石垣。竹灯篭の道に沿う石垣に映る人影を入れて撮影。

昨年も撮影した武家屋敷前のミラーより。町にあるカーブミラーなど映るものは全て被写体でもあります。

同じく武家屋敷前の屋敷での演奏風景。

お琴の音色が城下町にはとてもマッチしてました。

輝く竹灯篭でできた、まるで花のような花灯篭。

キリシタン礼拝堂で行われていたハーブの演奏。ハーブと綺麗な歌声が響き渡ります。僅かな光を頼りに手持ち高感度撮影。身体のブレがなければ若干スローで撮り演奏する時の腕の動きを流れるように撮れたならと思いながら撮影したんですが、難しかったです(涙)

狛犬?少し狐に見えたけど竹灯篭とのコラボ。狛犬にはライトアップはされてないので、持参の照明にて狛犬をライトアップ。

でも一番好きなのはこの1枚かな。なんか妙に落ち着きます(笑)