Photo@Y-west

主に山口西部(Y-west)の風景、花などを写真を通じて紹介しています。また夕陽なども掲載しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ながと仙崎花火大会 2012

2012年07月22日 05時15分11秒 | 花火:2012

おはようございます。

7月21日(土)、天候の変化で予定していた九州に行くのを諦め、ながと仙崎花火大会に行ってきました。

この日はみちくさのyoshi&ちっちさん、古今東西の雨霧さん&ケイさんも来られ久々の撮影オフにもなりました。

その前に1つ訂正が。

今週の記事にて、「山口は梅雨明けした」と記載しましたが、正確には「山口を除く中国地方が梅雨明け」が正しいです。今回の花火の大会の挨拶で「梅雨明けがまだ」と聞こえてまして。自分の読み間違えでした(^^;)

さて、2012年の仙崎の花火大会、昨年はみすゞ公園から撮影したのですが、今年は仙崎漁港近辺で撮影。

理由は1つ。数年前に漁港近辺から花火を撮影したのですが、風が吹かず煙が留まり船越しの花火が撮影できなかったことと、寄り気味、引き気味とバリエーション多く撮影できるので。

18時くらいから下見をしつつ、撮影ポイントを吟味。暑い中ですが、仙崎湾の向こうにある大島方面から風が吹いているので、青海大橋よりの漁港岸壁で待機。それでもまだ1時間以上あるので、ウォーキングがてらに青海大橋を渡り皆さんのところに。昨日のテレビでロングブレスダイエットをしていたのでそれも試しつつ(笑)

そして打ち上げの時間になりました。

 

序盤の連発花火より。漁船を入れて数枚。

スパーキング!

風があると波風があるので水面の花火が綺麗でないですが、風がなければ水面が綺麗な水鏡になり、綺麗な逆さ花火も狙えます。でも風がないと煙が留まりかなり酷いことにも(笑)

ここから見ると打ち上げ箇所が2箇所。少しづらして水面に映る花火の色合いも。

でもやっぱ船が入ったのがいいな(^^)

横撮り広角気味で。

下見の時に人工島の橋近くで撮影しても良かったのですが、街灯の光が強いので却下。橋越しの花火も狙えてたんですが、フレアが心配で。

今度は漁船を前にしての花火。

お次は手前に人のシルエットを入れて。

夏を楽しむ、花火を楽しむ、人を入れての花火写真。

さて、最後は大玉と共に撮りたかったのが、仙崎を代表する船の1つ。

船と言っても観光遊覧船、水産学校の練習船、漁船、貨物船などでなく、青海島の磯釣りでは乗ったことがあるかもしれない瀬渡し船と花火。

青海島西磯を主に渡しておられる瀬渡し船「新海」。

もう10年くらい前に何度か使ったことがあるのですが、漁船よりはとてもかっこいい船です。

今までと違いメインはこの瀬渡し船。

花火の迫力は欠けますが、船は波の影響をなるべく抑えられたので綺麗に撮れました。

自分の背後に街灯が連なっているんですが、その街灯の光がある程度よく照らしてくれたので思ったより長くシャッター開けずに済みました。

最後の大玉で仙崎の花火は締めとなりました。

撮影が終わるとあとは美祢市のファミレスにてミーティング&お食事。

話が弾み時間もいつの間にか午前様。

皆さんお疲れ様でしたヾ(@⌒ー⌒@)ノ♪

 

コメント (7)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする