Photo@Y-west

主に山口西部(Y-west)の風景、花などを写真を通じて紹介しています。また夕陽なども掲載しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

デジブック 『MIYABI』

2011年11月30日 00時02分41秒 | デジブック

デジブック 『MIYABI』

2011年、秋の和のカットを主に入れています。

BGMは琴を使いたかったのですが、これしかなかったので(^^;)

けっして正月を意識したわけではないので(笑)

時間がないのでテキストはなしです。

 

さて、秋のデジブックコンテスト用もそろそろ作らないといけないのですが、1冊を今半分くらいまで作成しています。残り1冊も予定してますが間に合うか否か。

 

さて、しばし記載してなかった「紅葉企画」の件ですが、今週末くらいに詳細を掲載し、近いうちにトラックバックページを設けようとは思ってます。

 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

紅葉狩り (3) ~長門市・能満寺~

2011年11月28日 21時05分30秒 | 過去Photo

こんばんは。

ネタ的に今は紅葉くらいしかないですが、今回は銀杏で・・・・。

豊田の神上寺の紅葉を撮影後、向かった先は能満寺の銀杏。国道からもはっきり分かるくらい色づきの頃は綺麗な黄色の銀杏が2本見えるんですが、今の状況的には散りだしてはいるものの、木の下の方は若干薄緑色が目立つ色合いでした。たぶん完全に散っているだろうと思ってたんですが、けっこう葉が残ってくれて良かったです。

さて、着いてから少し撮影すると何やらブログにて何度か見た事がある色の車があったので様子見に。実はこの時点で予感的なものが脳裏に走っていたんですが、うっすらある昨年の記憶から何となく確信してお声をかけてみました。

な、なんと・・・・・やはり・・・・

いつも卓越した文章で僕の笑いのツボにヒットさせておられる「萩コンバットフィルムメーカーHP」のBARAさんでありました。トレッキングやキャンプ、他県の紀行記事などとても詳しく書かれ、時にはユーモアある文で書いておられるBARAさんには一度お目にかかってみたいと思ってましたから(^^)

あれほど長い文でも柔軟に書かれていていつも感心する次第であります。

いきなりの初対面でHNを尋ねてみると少し驚かれたみたいですが、そういえば昨年の大寧寺のライトアップの撮影ですれ違っており、あの時は後で知ったという結末でしたが、今回はある意味念願がかなったみたいで嬉しかったですね。BARAさんも良く行かれるこのお寺の銀杏、当日は空が少し霞んでいたんですが、青空の時に行けば銀杏の黄色と空の青が綺麗ないい場所ですよ。

もっぱらこの俵山にはいろいな名所、珍所があるので秋の紅葉狩り散策がてらに温泉に浸かりながら歩くのもいいかもしれませんね。

さてと、能満寺の銀杏状況は下記の写真で。

そういえば階段下から2本の銀杏の樹を入れて撮影するのを忘れてました(^^;)

たぶん若干庭を掃除されたかもしれませんが、枝にはまだしっかり葉が付いているので今週くらいが見頃と言った感じでしょうか。

そういえば無数のぎんなんが落ちていたので若干異臭がしてましたが(^^;)

で・・・・・・・・・・・・

 

落ち葉といえば・・・・・・・・・・・

お約束の1枚・・・・・この罰当たりが~・・・・・・・・・・この石造の顔を見るとさりげなく置きたくなるんです・・・・・

後で思ったのですが、帽子に挟んでも良かったかな~♪

 

いろいろ見回っているとこういう1枚も。

う~ん、こればかりは自分の手を使ってないので。誰かが挟んでそのままだったのか分かりませんが、偶然にしては不思議なシーンでした。

モミジに比べ銀杏は葉の傷みとかは目立たないですが、この能満寺んも銀杏は落ちてからも綺麗な絨毯になるのでこれからが楽しみですね。

次回は豊田神上寺のモミジ状況です。

 

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

写真展終了

2011年11月27日 21時03分59秒 | 日記・雑記

こんばんは。

今日で宇部写真愛好家写真展が終了しました。

2日間の間にご来場されたお客様、寒い中のご足労ありがとうございます。

またこのような機会を与えて下さり、またいろんなお世話までされたyoshiさん、ちっちさんお疲れ様でした。

2日間がとても早く感じ、いろんな意味で緊張、そして勉強になった写真展にめぐり合えとても有難く思います。

2日間とも午後から会場に行ったわけですが、人の多さに驚いた日々でもありました。

いろんな方とお話もでき、たくさんの情報なども聞けたりととても充実した時を過ごせました。

ありがとうございます。

出展した写真は「秋」という題で、鯉とモミジを撮ったものです。

ただ、遠くから見るとほんと黒が目立つので、一部的にブラックホールのようになっていたかも(笑)

サイズは当初全紙の予定でしたが、ネットプリントの時にサイズ警告が出たので半切にしてしまいました。

が、後で聞けば全紙でも大丈夫らしいということでした(^^;)

来年、もしお誘いがありましたら全紙にてチャレンジしてみたいですね。

来年への抱負と反省として、宇部市を撮影した写真を出展できればと。どうしても宇部に行く機会が少ないので宇部の光景、情景、花などをこれから撮影できればと思います。

その他、人を入れた写真や花など明るい写真などもっと自分が好きな写真なども選択の中に入れてみようと思います。

プリント、照明、サイズなどいろいろ思考錯誤しながら来年に試みたいですね。

 

最後に関係者の方々、2日間お疲れ様でした。

 

 

コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

鯉とモミジ

2011年11月27日 20時33分31秒 | 過去Photo

写真展に行く前に長門市大寧寺に寄ってみました。

実はこの前に俵山の能満寺の銀杏も見に行き、ここで山口ブログのあるお方に遭遇。ふふふ・・・・

これについては後の記事でのお楽しみに(^^)

さて、大寧寺の紅葉、見頃というか昨年に比べると色づきが遅い感じでもありました。

人が入る紅葉写真でもと思ったのですが、今年から緑のフェンスのようなものもあり、遠景での撮影は諦めました。

で、もう一方の撮影はというと「モミジと鯉」のコラボを。

実は写真展に出展した鯉とモミジはこの池で撮影したものなんです。ただ、会場の照明でちと暗い写真になってしまいましたが(^^;)

さて、今年の鯉とモミジは思わぬ出来事もあり、ちょっと面白い写真が撮れました。

大寧寺本殿前の池にはたくさんのモミジの葉が落ちてました。

見ているだけでとても風情がある大寧寺の池でした。

ここで1つ挑戦を。

鯉の流し撮りなんて(汗)

やや無理がありましたが、SSが1/20~1/15くらいで試しみました。脚がないとむづいです(笑)

で、ちょこちょこ撮影していると1匹の鯉が跳ねだしたので、池から顔を出した瞬間を撮影。

驚きました!

この前にこの白い鯉が平を打ちながら泳いでいたので怪しいな~と思ってたんですが、まさか目の前でジャンプするとは。

白い鯉が大きく見えるというより、光の屈折で池の中の鯉のが小さく見えているから目の錯覚に陥っている感じかも。

最近撮影した鯉の写真では納得のいく1枚となりました(^^)

これが間に合えば出展したかったのですが、当日なので(汗)

秋の雅の画から飛び出たような鯉君、また来年よろしくっす!

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

紅葉狩り

2011年11月26日 23時24分43秒 | 過去Photo

山口の紅葉も各地で見頃を迎える所が増え、今回は市内の住吉神社、長府庭園などに行きました。

住吉神社はさほど全体的に色づいてないのですが、部分的に綺麗なモミジが見れました。

赤く色づいたモミジが見れるようになりました。

上記写真は住吉神社での葉の様子の一部です。

写真は長府庭園。かなりの人が紅葉を楽しんでおられました。カメラマンも多かったですね。

小川沿いにはツワブキも咲いてます。

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

宇部のイルミネーション

2011年11月26日 23時11分17秒 | 過去Photo

こんばんは。

今日は午後から写真展会場に行った後、夕方から「太陽がいっぱい」のつよしさんのお薦めで宇部市内にあるイルミネーションの撮影に行きました。今日が点灯式のようでたくさんの人で賑わった宇部市の街中でした。詳しい街の名は知りませんが、写真展会場から歩いて10分くらいでした。

サンタさん、トナカイさん、そしてイルミネーションとクリスマスムードが満載でしたよ(^^)

会場ではこんな可愛いお子さんがサンタの衣装で。

光のトンネルを通る子供達。

その後、海峡フォトグラフのnorinoriさんと全日空ホテル前のサンタのイルミネーション撮影に。

光量が少なくけっこうむづい結果になりました(^^;)

イルミネーション撮影に行くまでにとても香ばしい匂いが漂い店に入りたくなる気分でした(笑)

 

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ぶらり、竹田の町

2011年11月22日 22時39分38秒 | 地域情報

こんばんは。

先週行った竹田の町並みの記事でも・・・・

とはいっても部分的なカットばかりになりますが(^^;)

当日は竹楽の祭典もあって町中に竹灯篭がたくさん置かれています。この廉太郎トンネルも人気のスポットの1つ。十六羅漢の後に通る人気の場所も昼間は人が少なくとても静かです。

一方夕暮れ後、竹灯篭に灯りが灯り出すとかなりの混雑にもなります。今回はここでの竹灯篭の撮影は断念しました。

十六羅漢に行く細道沿いにある白壁の喫茶店。入り口のみならず店の奥まで竹灯篭が置かれている細かさには驚きです。店、そして各家々が一丸となって竹楽が行われています。

一風変わった昔ながらの家もレトロ間溢れる喫茶店として使われていました。軒下には雑貨など小物も置かれちょっと目を引く光景も。

旧竹田荘の小部屋から外に落ちているモミジを眺めながらの1枚。

 

前回行った日田と同じく、白壁の家屋も点々とし、風情ある建物の片隅にある竹灯篭、夜になるとそのイメージが愕然と変わる灯りの力は凄いものです。

竹灯篭だけでなく、竹籠のような灯りもあります。

竹籠にできた灯篭による影。光あるところには影もあり、こういった面白い光景も見れたりします。

2年前初めて見た竹灯篭に彫りを入れたもの。2年前は市役所の前で展示してありましたが、今回はひっそりと街中の片隅で。芸術的な竹灯篭です。

暖かきもてなしの灯り。ぼんやりした竹灯篭の灯りは寒い竹田の町を暖かくしてくれてました。

あっという間の竹田の滞在時間でした。

当日は代表的な竹田の町のコースを昼、夜重ねて3週くらいしたと思います。

駐車場は前と同じく市役所の竹楽専用駐車場。ちょうど竹田駅にロッカーがあったので三脚を入れておいて夕方に取りにいく。比較的例年よりはフットワーク的に良かった部分もありますが、それでも1日じゃ全ては撮りきれないですね。もっぱら人が多いですが、竹田の竹楽はほんとかなりのボリューム感がありまた来年行ってみたくなるイベントでもあります。

一番の魅力は地元と観光客が協力し竹灯篭に点灯する作業かな・・・それは日田でも同じでしたし、なかなか協力しあってできるイベントって少ないですからね。だからここの祭典のリピーターが多いのも理由の1つかな。

撮影合間に写真撮影を頼まれたり、休憩していると他県の観光客の人とお話したりと和みある祭りでもありました。

中には今年臼杵、日田、竹田と全て行かれた方もあられました。

さて、竹田の竹楽は終わりましたが、久住では久住高原ファンタジアが開催されているようです。

撮影してみたかったですが、竹楽オンリーでしたので来年時間をとって1度は撮影してみたいですね。

久住高原ファンタジア(くじゅう花公園HP)

コメント (5)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

写真展のお知らせ

2011年11月21日 22時08分43秒 | 日記・雑記

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんばんは。

今日は写真展のお知らせです。

今週、11月26日(土)、27日(日)に行われる「宇部写真愛好家写真展・2011」に出展することになりました。

宇部市文化会館第2展示室にて展示されます。

26日は10時~17時、27日は10時~16時の開催時間となっています。

昨年初めてこの写真展を見に行ったのですが、yoshiさん、ちっちさんなど先輩方の力作に驚き、今こうして参加していること自体不思議な感じでもあります。

またお誘いの言葉まで頂き、こうして参加できたことがとても嬉しく思います、

yoshiさん、ちっちさん!ありがとうございます。

参加される方々は総勢103名。山口ブログの写真仲間の方々も多く参加され、ジャンルを問わずいろんな素敵な写真が展示されます。

お近くに来られた際、お時間がありましたら皆様方の素敵なお写真を見に寄られてみてはいかがでしょうか。ブログ仲間で参加される方々は下記の通りです。

yoshiさん

ちっちさん

shimaさん

gettenさん

雨さん

けいさん

フリーマンさん

はっしーさん

お城さん

つよしさん

 

さて、出展品ですが、今回は半切サイズでプリントし、秋を題材にしたものを展示しました。

どのようなものかはまだ言えませんが、何しろこうゆう大きな写真展は初めてですから、刺激になりつつもプリントした写真を額縁に入れて見てもらうことに今となって若干照れる思いも正直あります(笑)。あまり長く見ていると写真が恥ずかしがってモミジの色が一層真っ赤になるので、軽くスルーするくらいでご勘弁ということで(笑)

なお、日曜日は会場にいます。土曜日は今の所未定ですが、時間が空き次第会場に行ければと思ってます。

日曜日に宇部市を通ったのですが、木々の色も深い秋色に変わり、より冷たい風も吹き寒い1日でした。

お出かけの際は風邪を引かぬようにお気をつけてくださいませ。

 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

霧幻荒城 ~岡城址の紅葉~

2011年11月20日 19時31分48秒 | 過去Photo

こんばんは。

今日は久々に紅葉記事で。とは言っても先日行った大分竹田の岡城址の紅葉です。

状況的に、色づき的には見頃前、が落葉が目立つと言った状況です。ただ、目を凝らせば色が悪い部分もあります。落葉はこの雨と風で増した部分もある感じに。ただ、今回は朝からの濃い霧のせいで思いがけない岡城址の紅葉の光景が堪能できた部分もあります。

岡城址の紅葉狩りでは今までに体験したことがない深い霧でした。時折小雨が混じり撮影にはちと苦難な状況も。

深い霧で覆われた城跡の石垣とモミジ。荒城を覆う霧が霧幻のごとく・・・

石垣あたりのモミジを撮影していたら、傘にはたくさんのモミジの葉っぱが。それほど落葉が多かったんです。けっしてヤラセではないですよ(^^)

霧も少しづつ消えだし、しばらくすると青空が見えるようになりました。この岡城址には1時間半くらいいました。

 

秋も深まる山々の色。この方向は滝廉太郎のメロディーロードの音が聞こえてきます。

 

陽が当たりだし、霧が消え去ろうとし、また違った荒城の紅葉を見る事になりました。

霧幻が消え、本来の荒城の秋がそこにありました。

1時間半くらいの間にこういった移り変わりは今まで見たことがなかったです。

晴れだした後、もっとゆっくりと散策してみたかったですが、竹田の町の散策もあったので。

ここ最近の紅葉狩りでは一番綺麗な色が見れた場所でもありました。

 

 

コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

竹田・竹楽

2011年11月20日 09時07分51秒 | 過去Photo

おはようございます。

今日の午前2時に帰ってきました(笑)

往復で450kmのドライブを兼ねて、片道ほぼ4時間。でもその疲労をかき消してくれるように素敵な竹灯篭のイベントが大分県竹田で行われました。

行きは湯布院、やまなみハイウェイ、久住のルートで行き、帰りは久住から九重までがかなり深い霧になっているので、小国、日田経由で。2週連続日田に行くことになりました。

さて、竹田の竹楽。とても幻想的なイベントです。人気のスポットをはじめ、様々の演奏、灯篭の配置など行くごとに期待とボリュームが増しています。

たくさん撮影したのですが、一部ほど掲載し、残りはデジブックで「竹撮物語(たけとり物語)」として作成します(笑)公開は未定ですが、日田の千年あかりを含め作成します。

夕暮れ後、竹灯篭が点灯しモミジのライトアップがはじまった直後の撮影です。今までは真っ暗の中で撮影してたので綺麗な赤色が出ていたのですが、時間も気になり他の人への配慮も気になるので次の場所へ。

なんだってこの場所。ちと忘れましたが、この近くの屋台村からとてもいい匂いも立ち込めていました。

旧竹田荘下の石垣。竹灯篭の道に沿う石垣に映る人影を入れて撮影。

昨年も撮影した武家屋敷前のミラーより。町にあるカーブミラーなど映るものは全て被写体でもあります。

同じく武家屋敷前の屋敷での演奏風景。

お琴の音色が城下町にはとてもマッチしてました。

輝く竹灯篭でできた、まるで花のような花灯篭。

キリシタン礼拝堂で行われていたハーブの演奏。ハーブと綺麗な歌声が響き渡ります。僅かな光を頼りに手持ち高感度撮影。身体のブレがなければ若干スローで撮り演奏する時の腕の動きを流れるように撮れたならと思いながら撮影したんですが、難しかったです(涙)

狛犬?少し狐に見えたけど竹灯篭とのコラボ。狛犬にはライトアップはされてないので、持参の照明にて狛犬をライトアップ。

でも一番好きなのはこの1枚かな。なんか妙に落ち着きます(笑)

 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする