いち子ばーばのお針箱Ⅱ

昭和一桁のばーばが、虜になったウクライナ刺繍を主に、エッグ・アートなどの作品をご紹介して居ります

懐かしい味の贈り物

2009年12月30日 | 到来物

陽だまりに咲いていました

 

 

今日は珍しい飴の御紹介です

仙台九重本舗の霜ばしらです

妹が教えて居たリボンフラワーの仙台の生徒さんが

冬の御土産に持って来てくださった品でした

其の頃はこの兄貴分の晒よし飴と言う

少し大きいサイズで茶筒に入って居る物でした

口に入れるとふっと解けて、其の口熔けの印象を

忘れられずにいましたので、

妹の教室で度々話題にしていました

30年程前はこんなに丁寧な詰め方では無かった様に覚えています

 

そっと取り出してみました

 

昔はこのような肌合いの乱れは無い

見事な霜柱になっていましたが

味に変わりはありません

 

一寸悪戯して砕いてみましたら

キラキラ綺麗でした

この飴は美味しさでは無く口解けの感触を

味わう物ですが、教室で話題になっていた

この飴の事を忘れずに居て

送って下さった生徒さんの心遣いに

感謝、感謝のプレゼントでした

此方でHPが御覧になれます

 

人気ブログランキング ←こちらをポチット応援頂けると嬉しいです
一日一回のクリックがポイントになります
コメントもご遠慮なくお寄せください

 にほんブログ村 ハンドメイドブログへこちらのボタンもポチっとよろしく、お願いします   

 

 

コメント (2)