上善如水

ホークの観察日記

介護職の給料とキャリアアップ

2018-05-22 09:53:34 | 悩み

5月に入って色々あって更新できませんでした〜

何より気力がわかなかった。

新年度に入って4月から給料が五千円アップしたのですが、5月分から処遇改善手当が五千円少なくなることになってしまって。

まあね、考え方によっては支給額は変わらなくても基本給がアップしたんだから、将来的にはプラスなのかも知れないけれど、今年三千円しか基本給上がってない人もいるし、パートさんとか支給額が今までより減ってしまう人もけっこういます。

 

ただでさえ他の職種に比べて十万円も平均給与が低いっていわれているのに、さらに減らしてどうする?

 

さらに介護福祉士の資格も取ったので、キャリアアップを目指して事務所に相談に行ったんです。

そしたらうちの会社でキャリアパス制度を使えるのは一部の人たちだけで、条件が合わないからホークさんは使えないと・・・

しかも条件というのが、能力とか評価ではなく、年齢という、努力や勤務態度なんか関係のない、今からではどうしようもない内容。

これ、入社当初は介護福祉士の資格さえあればよかったのに、毎年のように条件が改定されて、厳しくなってしまったようなのです。

現に私より年上の先輩は介護福祉士の資格だけで一昨年昇格しています。

あ〜、やる気なくなる〜

 

他の介護施設に勤めている人からも「5年働いても全然給料上がらない」なんて話も聞きますし、やっぱり介護って給料面では期待できないみたいです。

それは最初からわかっていましたが、リーダーや管理職にならないと出来ないこともあるから、キャリアアップの道が断たれたのは痛いなぁ〜

「オムツからパンツへ」

「寝たきりの人の離床時間を作りたい」

「もっと美味しい食事を」

と意見をいっても、リーダーさんの「無理」「時間がない」「お金がない」「人手が足りない」でことごとく却下。

やる気のあるリーダーさんばかりじゃないから、その辺いつも歯がゆい思いをしていたんですよね。

今日は愚痴ばかりでスミマセン。

 

他の施設ではキャリアパス制度に能力評価をちゃんと取り入れているところもあるので、うちの施設みたいな所ばっかりではないと思います。

利用者さんに乱暴な口をきいたり、影で「早く死ねばいいのに」なんていってる人が、将来リーダーになっていくなんて、恐怖でしかない。

自分がこれからできることといったら、5年後のケアマネ資格習得くらいかな?(ケアマネ試験は介護福祉士としての勤務経験5年が必要)

 

ケアマネや介護福祉士の資格に勤務経験を課すのなら、理事や施設長にも介護現場の経験年数やケアマネ程度の試験合格を条件につけて欲しい。

会社でこれまで顔を見たことがない、名前も聞いたことがないおじいちゃんが、天下りでいきなり理事になって、ただでさえ足りない介護保険から高額な報酬を持っていくんだから、せめて5年くらいは現場で働いて欲しいわ。

 

今日は愚痴ばかりになってしまったので、最後に甘くて美味しかったスイーツの写真でも。

早番で朝の6時から働いて、遅番で夜は10時まで、それに夜勤もやっているのに先月の給料18万円でしたからね。

食べないとやってられない。

 

 

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

歓送迎会 去る人来る人

2018-04-23 08:37:32 | 通販・買い物

買い物に行って来ました!

夏に向けて上着を新調。

靴も買って来ました。

新しい靴買うの久しぶりだぁ〜

カジュアルにも使える靴が欲しかったので、G.H.Bassのコインローファー。

お値段は 24,840円。

 

 

買ってすぐ職場の歓送迎会があったので、写真は使用済みです(笑)

靴に2万円って、私にとってはとっても贅沢。

ま、介護福祉士にも合格したし、これくらいのご褒美はいいかな🎵

 

歓送迎会の会場はホテルだったのですが、ラフな格好でOKの職場なので、ジャケットにスラックスで参加。

当日遅番勤務の人もいるので、パーカーみたいな普段着の人もいましたが、女性陣はしっかりメイクしていて、ドレスアップした人もチラホラ。

通勤時の私服とは雰囲気も違い、意外な一面が見られる貴重な機会でした☆

介護の職場って入浴介助もあるし、けっこう顔を触られたり、移乗介助で顔が服に接触する場合もあるので、普段はノーメイクに近い人が多いんですよね。

ま、中にはしっかりメイクしている人もいるので、人それぞれですが。

 

職場では「Aさん(利用者さん)ウ◯チ出てないね〜」とか、「ちょっと指入れてみて(摘便してみて)」とか、介護現場ならではの会話が交わされているので、他の職場とは職員の関係もちょっと違っていて、ざっくばらんというか、距離が近いというか、生活感が出てしまうんですよね。

夜勤とかで長時間一緒に過ごす機会も多いですし、長いこと一緒に働いていれば、自然とお互いの性格ってバレますしね(笑)

シフトの関係で「子供が熱を出した」「学校から呼び出しが」「◯日は急に子守りをする必要が」と融通を利かす場面も多々あるので、ある程度家庭環境にも理解が必要になってきます。

そういう所は逆に融通が利かないと、働きずらい面もあるし、ただでさえ人手不足だからみんなで協力しないと仕事が回らない。

 

だからこそ、人間関係がむずかしいという面もありますが(苦笑)

 

あと、4月に入った新人さんが、また一人辞めることになりました。

ホントに人の出入り激し過ぎ!

その方は経験者で、前にいた職場がいい条件を提示してきたので、そっちに戻るそうです。

いや、それが本当の理由だとしても、ちょっとは濁して!

「ここの職場はキツイ。前の職場がここより給料上げてくれるっていうし、戻るわ」

って、受け入れたこっちも、戻る方の職場の同僚も、どんな気持ちでいればいいの!?

まぁ、生活のために働いているんだから、少しでも条件のいい職場を選ぶのは、本人の人生なわけですし、当然だとは思いますが・・・

人手不足が深刻で「給料増やすから戻って来て!」てオファーがあったんでしょうね。

話す機会もあまり無いまま辞めることになったので、詳しくはわかりませんが。

 

自分の能力を評価してくれる(給料という面で)所に転職するのは当たり前。

って価値観が介護職の常識になれば、介護業界全体の給料アップにつながるのかな?

 

う〜ん、ちょっと複雑です。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

給料アップ!

2018-04-16 23:05:32 | 家計

介護員4年目。

新年度ということで、昇給がありました。

今年は5,000円

まあ、他業種に比べ、10万円ほど平均給与が低いとか言われている業界ですから、手取りは国の処遇改善手当を合わせても、ぶっちゃけ20万円に届かないのですが、それでも嬉しい。

ちなみに2年目の昇給額は3,000円でした。

 

あまりお金の話をすると嫌がる人もいますが、生活するためにはお金は大事。

社会人になってから社会の仕組みを理解するのでは遅すぎる。

個人的には義務教育でしっかり経済について、お金の大切さについて、特に税金について、教えた方がいいとさえ思っています。

源泉徴収とか、確定申告とか、様々な控除とか、為替や株の仕組みとか、金利とか、日銀とか。

65歳までにいくら年金を払って、何歳まで生き延びれば元が取れるのかとか、保険て本当に必要? とかね。

 

健康に気を使うように、自分の家の家計、経済状態にも気を使わないと。

 

ま、世の中にはそんなこと気にしたこともないようなお金持ちもいるんでしょうが。

さて、先日合格した介護福祉士国家試験。

合格通知が届いたので、さっそく介護福祉士の登録申請を済ませて来ました。

 

まず、登録免許税として、9,000円を収入印紙で納付。

登録手数料として3,320円を振込。(振込手数料130円)

戸籍抄本、または本籍地を記載した住民票、または戸籍の個人事項証明書のうち、いずれか一通を同封。(手数料450円+本籍地のある市役所までの交通費)

それらを専用の封筒に入れ、簡易書留で郵送。(簡易書留代金430円)

 

合計13,200円+ガソリン代


今回の合格者は 65,574人だから、仮に全員が登録したとして、登録手数料だけで約 2億1770万円 !

登録免許税が約 5億9000万円!


ただでさえお金の無い介護士さんや学生さんから、そんなにお金取らないでよ〜

 

何でも財務省は、訪問介護の生活援助サービスについて、介護職員の代わりに地域の住民やボランティアを活用して費用を抑える事を考えているそうですが、こういう試験や登録をやっている「財団法人社会福祉振興・試験センター」みたいな所こそ、ボランティアで運営したらどうなのさ?

てか、もう市役所の窓口もボランティアでいいよ。(乱暴な意見)

 

4月から私なりに一生懸命仕事を教えていた新人さんが、今月、4月いっぱいで一人辞めることになりました。

教育係は上司なので、私はあくまで同僚の範囲でのお付き合いでしたが、ベテランだけの方が仕事が早いのに、新人さんに合わせてシフト組んだり、業務の内容をわかりやすく文章にして渡したり、利用者さんの座る配置や物品の置き場所を写真で掲示したり、みんなでいろいろ工夫していたので残念です。

「命にかかわる仕事がプレッシャーだから」

て、理由だそうです。

わからんでも無いけど・・・

でも、財務省はそんな仕事を「介護職員の代わりに地域の住民やボランティア」に背負わせようとしているんですよ?

何だかチグハグだなぁ。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

伝えたいこと

2018-04-10 11:05:33 | 悩み

4月から新人さんが入って、教える場面も増えました。

言葉で説明するものの、伝わっているのかいないのか。

相手も初めての連続でいっぱいいっぱいなのがわかるので、伝えたいことを全部押し付けるのも気が引ける。

でも、伝わって欲しいなぁ〜

 

私が大切にしている言葉。

 

認知症になったって、感情は亡くなるその時まで働いている。「優しさを感情に訴える」(ユマニチュード)

「相手の世界にお邪魔する」大谷るみ子

「動かさせない、はケアじゃない」「思いも支えてこそ介護」加藤忠相

「(認知症の相手に)わからせてやろうか」、「(どうせ)わかるわけがない」という言動は虐待。高口光子

 

業務を覚えることも大切だけれど、技術を習得することも大切だけれど、それは枝葉で、幹の部分は気持ちなんだよ。

て、伝わっているかなぁ。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

第30回介護福祉士国家試験合格発表

2018-03-28 19:21:45 | 日記・エッセイ・コラム

合格しました!!

1月に受けた介護福祉士の国家試験。

今日3/28が合格発表日でした!

やったー!!!

 

第30回介護福祉士国家試験、今回の合格基準。

筆記試験の条件は次の2つ。

総得点125点に対し、得点77点以上の者。

上記の条件を満たした者のうち、以下の「11科目群」すべてにおいて得点があった者

①人間の尊厳と自立、介護の基本 ②人間関係とコミュニケーション、コミュニケーション技術

③社会の理解 ④生活支援技術 ⑤介護過程 ⑥発達と老化の理解 ⑦認知症の理解

⑧障害の理解 ⑨こころとからだのしくみ ⑩医療的ケア ⑪総合問題

 

そして実技試験の合格基準は、筆記試験の合格者のうち、総得点100点に対し、得点60点以上の者。

 

受験するだけでも結構条件があって厳しいのに、実際の試験の合格基準もキビシかったです。

 

私は実務者研修を受けたので実技試験は免除。

筆記試験は何とか90点をオーバーすることができていました。

勉強したからなぁ〜

 

今回の受験者数は 92,654人。

そのうち合格者は 65,574人。

合格率は 70.8 % 

ちなみに前回が 72.1 %で、前々回が 57.9 %でした。

 

まだネットで確認しただけなので、正式な合格通知は届いていません。

合格通知と共に送られてくる申請書に必要書類と登録手数料の振込み領収書、登録免許税分の収入印紙を付けて(またお金がかかる・・・1万2千320円)登録を申請。

試験に合格しただけではダメで、登録されて初めて介護福祉士となることができるわけです。

まだまだ面倒くさいなぁ。

 

とりあえず職場のお世話になっている先輩に報告。

会社には必要書類を頼まなきゃいけないので、近日中に報告する予定です。

こんな苦労して合格した国家資格ですが、だからって仕事内容が激変するわけでもなく、手当は5,000円/月

受験にかかった費用を回収するのに、2年近くかかる。

頑張って働かなきゃ。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加