New-Lagoon days

ある日、新潟で

弥彦山 山じまい

2018-12-10 01:03:39 | 山歩
11月30日。
おそらく俺にとって最多登頂回数を数えるであろう弥彦山。その弥彦山が今年はじめて「山じまい式」を行うというので、面白そうだから行ってみることにしました。
「山じまい」、山開きがあるのであれば、開いたら閉じる式もあるのですね。


弥彦神社拝殿。
生憎と天気悪い。
天気予報レーダーによれば、雨は降らないようだけれど、山頂に行くには低い雲(というかガス)を抜けていかなくてはいけない感じです。
一応、カメラも持って行きましたが、天気も悪いしサクッと登ってサクッと帰ってこようと、ポケットに【Cyber-shot DSC-RX0】を突っ込んで登山開始です。


表参道コースを登り始めてすぐにある「茶屋」は、この日ですでに営業終了していました。
上で知りましたが、この茶屋の夫婦も山じまい式に出席するために登っていたようです。


おひとり様登山なので、久しぶりに息が上がるペースで登ってみる。1時間ちょっとで登れればいいかと思ってスタートしたけど、意外と調子がいい。まだペースを上げられそうだ。あー、でも早く着いてしまうと式まで上で暇だ……。ということでまだペースは上げられそうだけど、時間調整のために上げきらないというちょっとモヤモヤするペースで。


さすがに登山道の紅葉も終盤過ぎ。足元は星屑のよう。濡れてはいるけどぐちゃぐちゃにはなっていなくて良かったです。


下から見上げた時は、上はガスっていない様でしたが、どんどん下から上がってきて、結局、周辺は白くなってしまいました。


1時間くらいで山頂に登頂。
上からの眺望は期待はしていませんから案の定というか、よく言えば雲海。


天候が良くなかったこともあり、山じまい式に集まったのは、どうも関係者だけみたいでした。SNSでも呼びかけがあったので、もう少し一般登山者がいるかと思いましたが、俺くらい?
ということで関係者に紛れて参加するのも申し訳ないので端で見学することに決めました。
式が始まるのを待っているうちに、ポツポツと雨が。幸い強くはないので濡れることはなさそうですが、さすがに何もしないで待っているには寒くなり、山頂をグルグルと歩き回る。不審者このうえなし。






山じまい式が執り行われました。

弥彦神社奥宮の社務所が11月末で閉じられることが多いので、それに合わせてこの日になったようですが、今年は12月の頭が休日だったので社務所はこの日には閉じられなかったようです。
山じまいとなりましたが、弥彦山ロープウェーは冬季も営業していますし、登山道も立ち入り禁止になったわけではなく、あらためて自己責任の意識を高めてもらう事を目的として、今年から「山じまい式」を行うことになったそうです。
弥彦スカイラインは通年通り、この日を最後に冬季閉鎖となりました。


年内にまた登るかはわかりませんが、今年は回数が今回を含めて登頂3回と少なかったものの、新潟市内から眺めることを含め弥彦山には楽しませていただきました。
お弥彦さま、ありがとうございました。

雨も降ってきたので、下りもササっと久しぶりにほぼ駆け下ってきて、この日はいい運動になりました。


「山じまい式」を終え、表参道コースの登山口にある鳥居には、このような看板が設置されていました。(俺が登り始めた時間には、まだ紙が貼られて看板が覆われていました)
やはり、1月の事故を受けての山じまい式開催となったんですね。なお、他の登山口にも同様の看板があるかは未確認です。


雪の弥彦山も気持ちいいですが、来シーズンはどれだけ登りに来られるかな。

【Cyber-shot DSC-RX0】
コメント

過ぎた季節 秋

2018-12-08 00:50:37 | 新潟の風景
今年の紅葉はどうかなぁ、まだ早いなぁ……
なんて言っているうちに秋終わった。

ということで、今回は秋の総集編的にお送りいたします。


今年も弥彦の菊まつりには足を運ぶことができました。


さらっと一通り見ただけでしたが、様々な菊の花に楽しませてもらいました。
今年の「大風景花壇」は日光でしたね。菊で出来た華厳の滝は面白かったけど、やけになだらかな男体山が気になりましたが……


菊まつりよりも、見ごろだと聞いた「もみじ谷」の方がメイン。神社から歩いていきました。ってわざわざ書くと遠そうですが、そんなに遠くはない。
休日ということで、観月橋あたりは人出が多かったですね。


ライトアップが始まる時間帯にいたのですが、この日はとても冷え込んだ日で、あまり防寒を意識していかなかったため、ここで風邪をひいたらたまらん、ライトアップは改めて防寒をしっかりしてから来ましょう。と言ったにもかかわらず、結局、今年はこの1日しかもみじ谷には行かなかった……


そろそろ、近場の紅葉はなんだか終わり始めているようだぞ……というころ、新津の中野邸を訪ねました。

中野邸というと、近年はこうして道路沿いの塀から飛び出している紅葉を楽しむくらいでしたが、今年は数年ぶりに中に入ってきました。前に入った頃は【α700】を持って行ったように記憶しているので、そのくらい前の話です。

余談ですが、俺が所有する唯一のデジタル一眼レフ【α700】は、しっかり保管されています。Aマウントレンズも3本はあるので、使おうと思えば使えるんですが、EVFに慣れてしまうと光学ファインダーに戻ろうと思いませんね……


紅葉の終わりころということで、中野邸も終わりかけかなーという紅葉の具合でした。


でもまぁ、まだまだ俺には楽しめましたが。


なんだか像は傾いてたり、ちょっとさびれましたでしょうか?


今回、新たな試みとしてウチの母を一緒に連れ出してみました。
以前は母のストレス解消にと、連れて行けと言われたところに連れて行ったり、ご飯を食べに行ったりしていたのですが、そういう機会もだいぶ減ったので、ストレスたまっているんだろうなーと、3人で出かけてみた。
結婚して半年ちょっと経ちましたが、母も妻をかわいがってくれているので、大変助かっております。


入館料は高いけど、中野さん家はかなり広大で屋敷も広いので、だんだん値段に納得していくんですが、久しぶりに行ったら高いと思っていた入館料が、さらに高くなっていた(ような気がする)


なんか、紅葉を見に行った!という感じのあまりない秋でした。
シティマラソンの頃、陸上競技場の銀杏が紅葉していてキレイだったと記憶しているので、それから2か月くらい紅葉具合はともかくとして、そのくらいの期間楽しめたハズなんですが、結局、見に行った感がないのは、俺の行動力のなさだったのかなと反省しております。

紅葉が終わったら、今度は雪景色とイルミネーションの季節です。これも楽しみ。

【α7 II】+【Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA】
【NEX-7】+【E 10-18mm F4 OSS】【Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS】


コメント

ごせん紅葉マラソン

2018-11-29 22:55:07 | フォトラン♪
第9.5回!?第10回!?五泉市で開催された「ごせん紅葉マラソン2018」に参加してきました。
俺にとっては唯一、第1回から参加皆勤となっている大好きなマラソン大会です。
第2回大会以降はコスプレをしていて、第3回大会以降はダンボールで作った手作り仮装で参加しています。


(コスプレエントリー写真を撮影)
今年は「なまはげと秋田嫁っこ(大会デビュー)」で、10kmの部に参加です。
妻はマラソン大会デビュー。はじめてのマラソン大会です。はじめてなのに夫、なまはげになってます。自重できなかったのか?ハイ、できませんでした。
はじめてのマラソン大会でコスプレランは酷なので、一応、事前に購入したモノもあったのですが、エントリー用写真だけ参加してもらうことにしました。


なのですが、余ったビニールロープで、髪を結んでくれました。

ゼッケンに「新潟市」と書かれているので、「新潟市からなのになんでなまはげなの?」と尋ねられましたが、妻の出身が秋田県ということで、結婚したらコレをやろうと考えていたネタでした。妻は男鹿の出身ではありませんが。


「チームつるかめ」集合。
コスプレ参加は4人。コスプレで応援は2人。ハーフマラソンに2人、10kmが3人という内訳です。


ごせんといえば、冷たい雨や強風ですが、今年も好天に恵まれて、大会デビューの妻にとっては最高の天気になったと思います。
たっぷり時間をかけて完走を目指す作戦なので、ほぼ最後方からスタートし、あとは妻のペースに合わせてラン。
事前の練習では6kmほど走ったことはありましたが、10km走るのはこの日が初めて。事前に走っておきたかったのですが、結局、ぶっつけ本番になってしまいました。


すれ違うランナーにずっと「頑張れー!」と声をかけていました。コスプレしていると、ただ無言で走っていることができなくなってしまうんですよね。
毎年、ダンボールコスプレの予定外の動きとか、走りにくさに苦労するのですが、今年のなまはげは抑える用のグリップを事前に付けて置いたりしたので、想定内の走りにくさで済みました。……案の定、ずっとグリップを握って走ることになりましたが。
なお、「包丁」(ダンボール製)は振り回して走ると迫力があったと思われますが、さすがにそれはイメージが良くないだろうと考え、走っている間は腰紐にぶら下げておけるようにして、撮影用小道具として作成しました。


なまはげに追われる。

はじめての10km。
やはり声をかけても余裕は感じられず、はぁはぁと呼吸があがっていました。歩いてもいいよーと言うけど歩かず。夏針の折り返し前エイドでだけ、給水しながら少し休憩しましたが、止まったのはそこだけでした。
無事に、はじめてのマラソン大会を1時間22分で完走することができました。がんばりました。


ごせんのコースには、現地の方々が作ってくれたプラカードがたくさん立てられているのですが、なんと「つるかめ」の応援看板まで作っていただけたそうです。ハーフのコース上にあったらしいので、俺は直接は見ることができませんでしたが。ありがとうございます。
写真提供は村松のKさんです。
ごせん紅葉マラソンは、前回大会後のゴタゴタで、今年の開催に向けては実行委員会の方々も苦労したのではないかと思いますが、今年もこの楽しいマラソン大会が今年も開催されて、とても嬉しかったです。ありがとうございました。

また来年も開催してくれるかな?俺はフルがなくても全然いいので。


今回は、俺もカメラを持って走っていましたが、「つるかめ」メンバーからの写真を使用させていただいて記事を作成しました。ありがとうございます。

【Cyber-shot DSC-RX0】※俺撮影分のみ。


最後に、なまはげを含めた「来訪神」のユネスコ無形文化遺産登録おめでとうございます。
コメント

弥彦山へ

2018-11-02 00:17:16 | 山歩
秋晴れの休日、山に行きたい!と言って妻を弥彦山に連れていきました。

この2週間ほど前にも登りに来たのですが、菊まつりの準備が進められていて、この日は「大風景花壇」もほぼ完成形になっていました。


まだまだ麓は青々としています。

昨冬の登山道崩落等による閉鎖があって、2週間前に来たのが、再開後初だったのですが、1合目付近はだいぶ木を切って整備したようですが、あちらこちらで斜面が崩れている様子もまだありました。「里見の松」手前は大きく(新しく?)崩れており、開放されたもののどうも全体的に脆くなっているような印象を受けました。


4合目から国上山方面を見下ろすのはお約束ですが、2週間ほど前にもここでスズメバチらしきものが、ものすごい勢いで飛び去って行くあたり近くに巣があって偵察部隊なのかもしれません。


ゆっくりゆっくり登っていきます。
4合目あたりまで来ると、ようやく木々に紅葉の兆しが見えてきました。




登山道にいる間は、秋晴れと言ってもなかなか空は見えませんが、日差しが降り注ぐと森はキラキラしています。


山頂手前、もう少しでてっぺんだよ~


山頂到着。多宝山ごしの新潟平野もお約束。
多宝山山頂付近は、紅葉と言うよりも茶色が濃いようにも見えます。今年の紅葉はどうなんでしょうね。


お湯を持って行って、あんぱんとコーヒー。定番です。


やっと夫婦で弥彦神社の奥宮に参拝することができました。
これまで俺が何かと「報告」に来ていたのが、この奥宮です。妻と麓の拝殿には来ていましたが、奥宮ははじめて。やっと、といってもまだ半年なんですが。
アメカゴさん、今後ともよろしくお願いします。

菊まつりも始まりましたが、そろそろもみじ谷も気になってきますね。

【NEX-7】+【E 10-18mm F4 OSS】

コメント (1)

福島潟感謝祭

2018-10-29 23:55:51 | 新潟の風景
新潟市北区にある福島潟で毎年9月23日に開催される「福島潟感謝祭」です。
今年は長野へ旅行に行っていたのですが、長野から戻って帰宅せずに福島潟へ寄り道しました。


1万5,000本のロウソクの灯りが、福島潟を訪れる冬の渡り鳥を迎える大きな灯りとなりました。

今年の「雁迎火」はオオヒシクイの親子ですね。


風もなく、きれいに浮かび上がっています。
数年前に作られた堤防のおかげで、横線が入ってしまうのは、いまだ解決策を得られないようです。というか俺くらいしか気にしていないのか?


毎年恒例の「ビュー福島潟」でのジャズコンサート。今年も浸りたかったのですが、時間的にちゃんと聞いている時間がなかったので、始まった頃にそそくさと外へ。


「雁迎火」の灯りの中へ。


この灯りの中に立っていると、時間を忘れていつまでも浸っていたくなります。
今年はスピーカーから元 名誉館長である加藤登紀子さんが、福島潟で作った「水鏡」という曲がエンドレスでリピートされていました。この曲を子どもの合唱で聞きながら、この灯りの中に立っていると涙が出ます。


灯りの中には、何かの拍子に紙コップを燃やして炎上してしまうものもあります。


その炎がまたきれいで癒しだったり。
まぁ、こうして燃え上がってしまうことで「雁迎火」を構成する灯りがひとつ、またひとつと消えてしまうのですが……


灯りもいいけれど、ビュー福島潟の建物もまたきれいなんですよね。


ビュー福島潟は現在、屋根と外壁の修繕工事のため、周辺に足場がくまれています。
これがまたステキ。

旅行からの疲れもありましたが、今年も素敵な灯りに癒されました。
渡り鳥さんたち、いらっしゃ~い。

【NEX-5T】+【E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS】【FE 50mm F2.8 Macro】

コメント