「お元気ですか」岡野恵美です

日本共産党の岡野恵美の日常の政治活動や生活を紹介します。

終日、藤井知事候補といっしょに訴える

2015年03月31日 | 日記

3月31日(火)

 今日は、藤井知事候補と終日行動を共にしました。

 午前と午後あわせて街頭宣伝は12カ所。

 夜は演説会。

 帰宅後、そのまま眠ってしまい、慌てて起きる始末

です。

コメント   トラックバック (1)

候補者カーの反応が良くなっている

2015年03月30日 | 日記

3月30日(月)

 今日はとても良い天気。

 午後から候補者カーで藤井知事候補とともに

 旧一志郡内を訴える。

 5日前の告示日に候補者カーに乗りましたが、反

応がずいぶん良くなってきているように思いました。

 

                                                                                                                          

 

                               

コメント

母の葬儀に思う

2015年03月29日 | 日記

3月29日(日)

 母は自宅でご近所の方に来ていただいて

皆さんにお別れをした。出棺は自宅から。

でも、通夜と葬儀は家族で相談して葬儀場をかりて

家族葬にした。

 お香典も、一切いただかなかった。

 地域の若い人が減って、なにかと大変だから

そうしたが、今までの地域のつながりや、風習は

どうのと言われる古老の方もあった。

 さみしい気持ちには違いない。

 お坊さんは「葬儀」は、これから生きる人が

幸せに生きるようにするものだと言われた。

コメント

母が旅立ちました。

2015年03月28日 | 日記

3月28日(土)

 今日の午前、母が旅立ちました。

 戦争の時代を生きぬき、3人の女の子を

育てた女性の最後は、枯れるように静かで

した。老衰。88歳でした。

 

コメント (1)

母は闘っている。そして私も。

2015年03月27日 | 日記

3月27日(金)

 昨日の昼すぎ妹から連絡があった。母の体温が

はかれなくなった。息をしていない時間が長くなって

いる。

 朝見舞ったときは、それほど悪くなっているとは

思わなかったが、全身がむくんでいるのは気になった。

 母は闘っている。

 私は、今日「やさしい会」の宣伝カーに乗る。

 母は、母は大正15年9月7日生まれ。常日頃

から「勉強もせずに、三瀬谷神社と三瀬谷駅へ

行って、出征兵士を送った。あんなつまらんこ

とをなあ。」と言って、戦争を批判していた。

 戦争を知らない世代が増え、戦争そのものが

わからないまま、政治家がえらそうに「戦争

する国」にしようと意気込む。

 国民は「政治家は自分達は戦争に直接

行かないではないか。」と、憤る。

 私は、少なくても戦争について少しは知って

いる世代だ。ましてや、戦争反対を貫いた

唯一の政党、日本共産党員だ。憲法9条は

日本のたからだ。国民みんなが生み出した

ものだ。

 だから、私は社会を進歩させるために頑張る

真の政治家になるのだ。

 

 

 

 

コメント