「お元気ですか」岡野恵美です

日本共産党の岡野恵美の日常の政治活動や生活を紹介します。

再び武田参院議員と伊勢市、玉城町に災害被害調査

2017年11月29日 | 日記

11月29日(水)

 きょう再び武田参院議員と伊勢市、玉城町の台風

21号災害の調査を行いました。

 伊勢市では2人の市議会議員の案内で伊勢湾漁協を

訪問し、黒のりやアサリの養殖場が漂着ごみで、まと

もに養殖できなくなっている状況をお聞きしました。

 また越流したJR勢田川架橋周辺の勢田川未改修

部分を視察し、床上浸水を受けた方から、現在も日

常生活にも困っているとの訴えを聞きました。

 玉城町では、田丸城址のがけが崩れ、町道が通行止め

になっている現状を調査。

 

その後副町長さん等から当日の避難誘導

の問題やその後の被災者への支援状況をお聞きし、国や

県への要望などを伺いました。

 その後、氾濫した外城田川を見学し、床上浸水した

家人や被害をうけた商店の要望なども聞き取りました。

 

コメント

津市議会議員選挙の日本共産党予定候補者を紹介します

2017年11月27日 | 日記

11月27日(月)

 私は今朝の津駅前の宣伝で、来年1月21日公示28日

投票で行われる津市議会議員選挙の予定候補者を紹介

しました。

 総選挙で候補者発表が大幅に遅れて、候補者宣伝は

あと2か月足らずです。しかも、2人が新人です。通常

考えられないほど運動が遅れています。

 4人全員を当選させなければなりません。ぜひご

支援をお願いします。

できあがったばかりのリーフレットです

 新人は、たき勝弘(まさひろ)さん46歳

  ※勝弘と書いてまさひろ と呼びます。現在党の

職員です。青年運動を担当してくれています。

 竹下さちこさん63歳です。

  ※40年間学校事務職員でした。11月末まで岡野

事務所勤務です。

 現職は、藤本ともこさん56歳

  ※安濃町議14年、津市議3期のベテラン議員で

   会派代表です。

 長谷川ゆきこさん65歳

  ※津市議2期です。津医療生協職員でした。

   若いころは全国青年団のリーダーでした。

 

 勇退するのは

  中川民英さんです。国政選挙の予定候補者です。

   今後ともご支援よろしくお願いいたします。

  豊田みつはるさん。18年間津市議としてがんば

ってくれていました。

 なお、12月17日(日)午後2時~ 津リージョンプラザで

演説会を計画しています。弁士は笠井あきら衆議院議員

(政策委員会責任者)です。ぜひお越しください。

  

 

 

コメント

第68回松阪牛共進会に参加

2017年11月26日 | 日記

11月26日(日)

 第68回松阪牛共進会が松阪農業公園ベルファーム

で開かれたので、はじめて参加しました。

 特産松阪牛50頭が出品されて、毎年クイーンが

選ばれます。今年は大紀町の岡田一彦さんが出品した

ゆうこ号が優秀賞一席に。(※特産松阪牛は兵庫県産

の子牛を導入し、松阪牛肥育地域で900日以上肥育

したものとのこと)

 

 褒賞授与式で一席~5席までの農家が表彰を受けら

れました。主催者のお話しでは、肥育農家の経営が

大変厳しくなっているとのことでした。

 その後せり市が行われました。(一席がいくら

でせり落とされたかな?)。

 会場は、共進会だけでなく、松阪牛まつりという

ことで松阪牛生産地域の特産品等も販売され大変

にぎわっていました。

 

 

 

 

 

コメント

新日本婦人の会第38回三重県本部大会であいさつ

2017年11月26日 | 日記

11月26日(日)

 新婦人三重県本部の第38回大会で来賓あいさつ。

 私は会員ですが、きょうは日本共産党を代表して。

 総選挙の結果や、新婦人の皆さんが取り組んでいる

子ども医療費窓口無料化の限定的実施表明などについて

報告する。

 

コメント

反ヘイトスピーチ講演会に参加

2017年11月25日 | 日記

11月25日(土)

 韓国民団三重県本部主催の反ヘイトスピーチ講演会

が開かれたので参加しました。

 「ヘイトデモを止めた街から。誰もが力いっぱい生

きられるために」と題して川崎市ふれあい館副館長の

崔 江以子(ちぇ かんいぢゃ)さんが講演。

 崔さんは、2016年3月参議員法務委員会でヘイ

トスピーチの被害について参考人陳述し、ヘイトスピ

ーチ解消法が施行されたとのこと。

 川崎市桜本地区にやってくるヘイトスピーチデモに

街ぐるみで取り組んだたたかいを紹介してくださった。

 とにかくひどい。暴力は野放しにしてはいけないと

思った。

 川崎市では人種差別撤廃条例をつくる取り組みが

すすんでいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント