「お元気ですか」岡野恵美です

日本共産党の岡野恵美の日常の政治活動や生活を紹介します。

ドキュメンタリー映画「標的の村」を見た

2014年04月27日 | 日記

4月27日(日)    

今日、ドキュメンタリー映画「標的の村」を見た。

 沖縄配備されようとするオスプレイを配備させない

とする沖縄県民、とりわけヘリパッドの基地に悩む

高江地区の人々の体をはったたたかいの様子を

琉球朝日放送の記者たちが、権力に抗して取材

した労作だった。

 子どもたちが自然の中でのびのびと暮らしていた。

その子ども達も親といっしょに配備許さないとたた

かっていた。私たちの日常には、軍隊はない。しかし

沖縄の人々の日常に、米軍海兵隊がいるのだ。

屈辱に耐えている沖縄県民。そしてやがてそれは

暴走する安倍政権によって、非日常だといえない

状況がつくりだされるかも知れない。

 そうなっては遅い。沖縄の人々と連帯しなければ

と思った。

 

       

コメント

NTT前で労働者に三重支店交渉結果のビラ配布

2014年04月23日 | 日記

4月22日(火)

 22日の早朝、私は三重NTT支部の党員と

NTTで働く人たちにビラ配布を行いました。

 ビラの内容は、3月13日に行ったNTT西

日本三重支店に日本共産党三重県委員会

とNTT支部が行った要請書提出と話し合い

の結果を伝えるもの。

 要請書は、党支部が行った、社員からの

アンケートをもとに①職場に対するもの

②利用者・国民の声についてまとめたもの

になっています。

 私は、日本の労働者の異常な働かせ

方は、日本経済の土台を崩していると

思っています。NTTは、そのお先棒を

かついできたのではなかったでしょうか。

 この間、NTTを初め、大企業は、労働者

に異常な働かせ方を強要して莫大な

内部留保を蓄えました。要求書にあるように、

賃上げ、正規・非正規の区別のない労働

条件にすることなど、当たり前の要求実現

を大企業が率先して行うべきだと思います。 

 

コメント

まいった。娘の入院。

2014年04月21日 | 日記

4月21日(月)

 娘が三重大学病院に入院した。

 足の傷が治らず、皮膚移植も考えなければ

ならないとか。 脊髄損傷は、やっかいだ。

なかなか肉がもりあがらなかったようだ。

 それにしてもまいった。やっかいな仕事が多い

うえに家事や孫のこともあれこれ。気持ちの

余裕がなくなってしまった気がする。

 どう乗りこえるか。

 

   

コメント

息子夫婦に長男誕生。

2014年04月20日 | 日記

4月20日(日)

 東京の息子から、子ども誕生の知らせ。

 2700グラムの男の子。写メールも届く。

母子ともに元気だとのこと。

 私にとっては10年ぶりの二人目の孫となる。

 早速お祝いの電話をかける。お嫁さんは、お産

が終わって、ごはんを食べて、けろりとしている

様子。安心だ。

 私は、二人の男の子のおばあさんだ。

 孫のためにも、ぶっそうな日本にはしてはならない

と思う。

 

 

コメント

腰痛が悪化しています

2014年04月16日 | 日記

4月16日(水)

 ここのところ腰痛が悪化しています。

何しろ40年ぐらいつきあっています。

 松阪市に勤務していたときは相当

ひどかったのですが、最近松阪市と

多気郡の担当になったのと、休めない

ことが災いしているものと思われます。

 今日は朝から休みだったけれど、

そうはならず、仕事に行ってしまいました。

 性分なので仕方がありません。

 

  

  わが家のさくらんぼ、青い実がなっています。

コメント